わたしのめざす政策
メインテーマ「共生・共助の社会(まち)づくり」「自然派宣言」
 
 私は小さい頃から動物が好きでした。というより、自然に好きになったのかもしれません。家は農家、まわりは、山、川、たんぼでした。ヤギを飼っていて、(私が生まれた頃は乳牛がいたそうです)乳をしぼってみんなで飲んだり、余った分は、乳どうふをこしらえて食べました。貴重なタンパク源でした。子供を産み、私もよく世話をしました。又、近くの川では、ウナギやエビ、アユなども水泳をしながらよくつかまえたものでした。でも今は、川で泳ぐことは禁止され、子供はプールで泳ぎます。自然の中にとびこんでいくということが、大人の都合で今ではほとんどできなくなっています。(子供→大人となる過程で、自然とどれだけかかわってきたかということは重要であると思います。)

 私の考え方の第1は自然とのつきあいをなくしてはいけないということです。 人間は、自分たちだけで生きていけるはずもなく、地球上のあらゆる生物、植物、水、空気、土壌、などと共に生きています。

 地球温暖化、オゾン層の破壊問題、生態系(エコシステム)の変化、日本固有の種の減少、など、人間にとっても危機的な状況はますます、大きくなっています。山が荒れ、田舎で生活する方々が減少したのか、今、田舎、山では、もちろん里山付近も含め、鳥獣被害が増大しています。さる、いのしし、鹿など、家の近くまでやってきて、果樹や野菜、稲などまで被害に遭っています。
 

 徳島県、上勝町では、ゼロウエイスト宣言(ゴミゼロ)が全国で初めて行われました。素晴らしいと思います。上勝町は、他にも、「いろどり」という、どこにでもある、「つまもの」で、高齢化が進むまちに、全国から注目される、システムを作りました。今では、タブレットを片手に、ご高齢の方々が、しっかりと収入を上げています。良好な自然生態系のおかげで、私たちは生かされています。そういう意味では、核とは共存出来ないと思います。核は、人類が作り上げた破壊兵器です。自然界には存在しないものに、振り回されてはいけないと思います。人間の生命そのものがどうなるかの大きな課題です。

 考え方の第2は高福祉社会を構築していくこと、そして将来に対して希望と安心が、享受できる政策をうち立てることです。“まちづくり”には必ず社会的に弱者といわれる方々(障がいのある方々、子供、高齢者など)の意見を取り入れることが大切です。東日本大震災を経験し、私たちはできることはやっていくことが重要だと痛感しました。行政の力、助けももちろん必要ですが、ともに地域社会の中で助け合い、そしてともに生きていく「共生・共助の社会」が重要だと考えています。

 考え方の第3はあらゆる差別をなくし、人権を確立しそして、平和でみんなが安心して暮らしていける国際社会をの実現をみんなで考えることです。今、世界的に人権、性差(ジェンダーフリー)、障がい者、子供などの差別解消に向けたとりくみがなされています。日本も国際条約に批准したり、法律をつくったりしていますが、世界的には各地で紛争がおき、罪もない、子供たちが死んだり、飢えに苦しんでいます。男女共同参画社会の実現、子供の権利条約の理念の徹底、ユニバーサルデザインの徹底など、やるべき課題はたくさんあります。皆様と共に考え行動したいと考えています。
今は、狭山闘争、第3次再審闘争に勝利し、石川一雄さんの無罪を勝ち取る闘争に連帯して頑張ります。

2015年に発表した私の政策

      
共生・共助の社会をめざして!

東日本大震災から4年、この間、多くの方が、被災地への支援、被災された方に寄り添ってきました。本県も、南海トラフ巨大地震対策が急がれます。これからも、共に助け合う社会、「共生・共助」の温かい社会の実現を目指し、皆様方とともに頑張っていきます。
(私の政策)
@南海トラフの巨大地震・津波対策の推進
・木造住宅の耐震化
・学校や公共施設の耐震化
・みどりの防潮堤・命山公園の推進

A雇用・仕事確保と労働環境の充実
・若者の県内での就職拡大
・中小零細企業への支援策の充実
・非正規雇用(パートや派遣)労働者の処遇改善
・真の男女共同参画社会実現
・職業訓練の充実と雇用再チャレンジ施策の推進
 
B子育て支援強化と教育の機会均等
・所得格差による子育て、教育機会の不平等をなくす
・保育所、学童保育の充実など、子育て支援の強化
・児童虐待防止、こども女性相談センター機能強化

C持続可能な社会保障制度の構築
・年金、医療、介護保険制度の安心感強化
・ユニバーサルデザインに基づくやさしいまちづくりの推進

D農林水産業政策強化で、環境保全と雇用創出を目指す
・農商工連携、産官学連携を進め、産業を起こし、雇用創出
・地産地消の推進と6次産業化で地域活性化。
・安全な水と土壌を守り、食料自給率の向上を目指す

E豊かな自然環境を守る
・生物多様性地域戦略策定を契機に、更なる環境保全を進める
・食、みどり、水を守る取り組みを進める
・PM2.5対策を進める

F平和な社会、あらゆる人権が尊重される国をめざす
・平和憲法を守り、集団的自衛権の行使容認は許さない
・あらゆる差別、人権侵害は許さない