日々雑感 2013

 2013.12.31(火)(大晦日)
今日で1年の最終日を迎えました。朝、高崎を出発し、徳島に帰ってきました。途中少し渋滞もありましたが、無事到着することが出来ました。紅白歌合戦では、北島三郎の「まつり」良かったと思います。来年もよろしくお願いします。
 2013.12.27(金)28(土)29(日)30(月)
27日の早朝、家を車で出て、一路栃木県宇都宮市に向かいました。親戚の家で、食事をいただきながら、歓談しました。
そして、高崎市の妻の実家に向かいました。高崎の父母も元気で何よりでした。年末はゆっくりと高崎ですごしました。ありがとうございました。
 2013.12.25(水)26(木)(年末掃除等)
早いもので、年末となりました。1年間、お世話になりました。家の掃除、片付けなどに専念しました。
 2013.12.24(火)(年末掃除等)
朝から、掃除、片付け、年末の仕事を一生懸命こなしました。クリスマスイブでしたが、ケーキは食べていません。
 2013.12.23(月)(LCクリスマス家族会)
私の所属する、徳島眉山ライオンズクラブの例会、クリスマス家族会がありました。例会場のワシントンホテルには、ご家族の方々、職場の方々、子供さんも、多くの参加があり、盛大に開催することが出来ました。
阿波人形浄瑠璃研究会青年部の皆様による、人形浄瑠璃の上演会があったり、風船匠(バルーンアート)のジョニーさんのすごい技も見ることが出来ました。実際あの長い風船をふくらますのは非常に難しいです。しかし、ジョニーさんはいとも簡単にふくらませています。匠の技です。

 2013.12.21(土)、22(日)(同窓会)
大学時代の同窓会が、大坂であり、参加しました。鶴橋、北新地、など楽しい時間を過ごしました。大坂の街は活気があります。今、人気のスポット、「梅田スカイビル」にも行ってきました。寒い中でしたが、空中庭園からの大坂の景色は絶景でした。

 2013.12.20(金)(年末掃除)
県議会も、昨日閉会しました。様々なご助言をいただいた皆様方に、感謝いたします。
さて、年末を迎え、家の中、外の整理整頓、掃除等を行っています。
 2013.12.19(木)(県議会閉会
定例県議会が、閉会しました。今議会は、代表質問もさせていただき、非常に充実した県議会であったように思います。閉会後は、選挙区検討委員会、県行動計画について、議員全員勉強会もありました。これから、年末に向かいますが、皆様方お身体ご自愛下さいませ。
 2013.12.18(水)(会長幹事長会)
今日は、県議会、会長・幹事長会、議会運営委員会、さらに、4常任委員会が開催されました。私は、県土整備委員会委員として、審議にのぞみました。総額133億円あまりであり、明日の、閉会日の本会議に提案されます。
公共事業や、J1昇格緊急対応なども、盛り込まれました。
 2013.12.17(火)(議会の準備)
明日の会長・幹事長会、議会運営委員会の準備、ならびに、明日緊急提案される、補正予算について、調査、研究を行いました。閉会間際の、提案は過去にあまり例を見ませんが、消費税増税対策予算になっています。
 2013.12.16(月)(特別委員会)
県議会の特別委員会が開催されました。私は、環境対策特別委員会に出席しました。私は、最近大きな話題となっています、大気汚染物質(特にPM2.5)対策について、質問し、県民への広報の仕方について、議論しました。ホームページや、すだち君メールだけでなく、テレビ局にもお願いをして、濃度が高い時には、放送していただくことも重要な事だということを、提言しました。
 2013.12.15(日)(高知へ)
久しぶりに、高知に行ってきました。私の大学時代の同級生(H君)が、県庁を退職し、6次産業化を実践するための店をオープンしました。高知日曜市のすぐ近く、ひろめ市場のすぐ横の、大橋通り商店街の「高知はちきん屋」のお祝いに行ってきました。
土佐ジロー、はちきん地鶏、などを使った、チーズケーキや、ドレッシング、芋ケンピなどもありました。
同級生、頑張っています。
 2013.12.14(土)(ライオンズクラブ合同防災研究会)
336A地区、8R、9Rの合同防災研究会が開催され、北島町にある、防災センターに行ってきました。東日本大震災を教訓として、日頃からの避難準備、避難路の想定、水や非常食などの確保等の重要性が示されました。
また、施設内での消火訓練や、震度7の体験などもさせていただきました。
 2013.12.13(金)(会派総会)
会派総会を開き、常任委員会での審査、請願審査の状況等について、協議しました。県議会の閉会は、19日となります。
 2013.12.12(木)(常任委員会2日目)
県土整備委員会2日目は、企業局関係と危機管理部関係の審査です。私は、動物愛護法の改正について、以下のポイントを県民に分かり安く周知すべきだという立場で質問しました。改正ポイントは、@対面販売と幼齢動物の販売禁止A飼育者の責務としてペットを死ぬまで飼い続ける「終生飼育義務」B行政は引き取り拒否が出来ることC虐待、遺棄は犯罪であり、犬猫の譲渡が県の努力義務となった。ことなどです。この度の法改正は処分頭数を大きく減少させる方向性を示した、画期的なものと考えています。県民の方々に、周知し、不幸な犬やネコが限りなく少なくなるように求めました。
夕刻からは、徳島眉山ライオンズクラブ事務所で、懸案事項について協議しました。
 2013.12.11(水)(常任委員会)
県議会の常任委員会(県土整備部関係)が開かれ、出席しました。私は、道路や、橋梁、トンネルなど、社会資本の老朽化対策について質問しました。山梨県の中央高速、笹子トンネルの崩壊事故で9名がお亡くなりになってから、1年が経過しました。
高度成長期に、多くのインフラ整備が行われましたが、その、適切な維持管理が重要です。
また、設計労務単価が、今年度から10数%アップしましたが、その効果が、下請け、孫請け等の労働者への賃上げ効果となっているのか質問しました。県としても、アンケート調査を実施し、効果はあらわれて来ているとの、見解が示されました。
労働者の賃金が上がらなければ、景気は良くなりません。
 2013.12.10(火)(TPP交渉)
シンガポールで7日から開かれていたTPP閣僚会合は、交渉の年内妥結を断念し、閉幕しました。拙速な妥結はしてはいけない。と思っていたので、あたりまえのことだと感じました。特に日本は、コメ、麦、牛・豚肉、乳製品、砂糖の「重要5品目」の関税維持を目指しており、これを譲ることは、今の政権の公約違反でもあるわけで、しっかりと頑張っていただきたいと思います。
 2013.12.9(月)(徳島反戦集会)
12月8日は。太平洋戦争開戦の日です。私たちは、この日を風化させず、二度と戦争をしないための取り組みとして、徳島人権平和運動センターが中心となって、集会等を実施しています。
この日は、1日遅れましたが、午後6時からあわ銀ホールにて、表記集会が行われました。私も、参加して、連帯の挨拶をさせていただきました。
記念講演として、徳島大学の中里見先生から、「憲法をめぐる情勢」と題して、先の国会で成立してしまった、特定秘密保護法案の危険性について、講演がありました。これから、廃案に向けての取り組み、世論の盛り上がりが重要だといわれました。
 2013.12.8(日)(徳島ヴォルティス勝利)
サッカーJ2所属の徳島ヴォルティスが、J1昇格をかけて、京都サンガと最終戦を戦いました。これに勝てば、念願のJ1昇格です。前半、おされながらも2点を先取しました。そして、後半戦も守りきり、2対0で勝利しました。素晴らしい試合で、感激しました。
徳島からも、バスなどで、多くのサポーターが競技場に向かいましたが、いい試合が間近で見ることができて良かったですね。
 2013.12.7(土)(ライオンズクラブ10周年)
336−A地区 8R-1Z徳島すだちライオンズクラブの結成10周年記念例会、祝宴があり、徳島眉山ライオンズクラブを代表して、参加しました。すだちライオンズクラブは、新会員、メンバーが増えており、また、若いメンバーも多く、元気いっぱいでした。
これからも、共に、頑張っていきます。
 2013.12.6(金)(ネルソンマンデラ氏)
 南アフリカで同国初の黒人大統領となり、ノーベル平和賞も受賞したネルソン・マンデラ氏が5日夜、ヨハネスブルクの自宅で死去したとの報道がありました。95歳でした。反アパルトヘイト(人種隔離)政策闘争の指導者として活躍した同氏の言葉を紹介し、哀悼の意を表します。

「生まれながらにして肌の色や出身や宗教を理由に他人を憎む人は誰もいない。憎しみは後から学ぶものであり、もし憎しみを学ぶことができるなら、愛することも教えられるはずだ。愛はその反対の感情よりも、人間の心にとって自然になじむものだから」

「どこであっても自由への歩みは容易ではない。我々の多くは、望むものの頂上にたどりつくために、死の影の谷を何度も何度も通り抜けなければならない」

「自由や正義への我々の闘争は人々の力を合わせて行うものだ。そこに生きるすべての人のために、より良い世界を作り出すのはあなた自身だ」

「あまりにも長く続いた途方もない人間の苦しみの経験からは、すべての人が誇りを持てる社会が生まれなければならない」合掌

 2013.12.5(木)(一般質問)
一般質問が行われました。丸若祐二議員(自民県民会議)、岡佑樹議員(維新の会)、児島勝議員(自民県民会議)の3氏が登壇しました。丸若議員は、警察署の統廃合について機動力を発揮できる体制を求めました。岡氏は「いけるよ徳島行動計画」について、県民に分かりやすくとの注文をつけた。児島氏は、ワカメの生産量拡大などを求めました。
議会途中、休会し、議会運営委員会が開かれました。昨日の議会運営委員会に、新風・民主クラブから提案していた、「特定秘密保護法案の慎重審議を求める意見書」自民党提案の「早期成立を求める意見書」についての取り扱いを協議しました。
国会では、参議院特別委員会での可決成立が予想されており、意見書の送付は、日程上厳しいため、取り下げることとなりました。いずれにしても、国会での拙速な審議に対し、憤りを感じます。
 2013.12.4(水)(代表質問)
県議会代表質問が行われました。藤田豊議員(自民県民会議)、中山俊雄議員(明政会)、そして私庄野昌彦(新風・民主クラブ)、岡本富治議員(自民県民会議)の4議員が登壇しました。藤田議員は、食の適正表示の厳格化を求めた。中山議員は、防災学習の推進を求めた。私は、@「宮脇方式」の森の防潮堤をつくり、大津波に備えること。A生物多様性徳島戦略。B動物愛議改正法の啓発に努力することC狂犬病対策D中小零細企業の支援についてE県職員の処遇についてF高齢者の消費者被害の防止についてG防犯カメラの整備をはじめとする地域防犯力の強化対策について。質問しました。
全文は、また後ほど、掲載させていただきます。
 2013.12.3(火)(議会で用務)
明日の代表質問を控え、議会控え室において、発言内容等について、最終チェックを行いました。そして、質問内容を、議会事務局に通告しました。森の防潮堤を含め、8項目の質問をいたします。
 2013.12.2(月)(議会で用務)
特定秘密保護法案が参議院に送られ、審議中ですが、まだまだ、採決は拙速と思います。自民党石破幹事長がデモ行為をテロだとブログで公表したのには驚きと、怒りを覚えました。発言は撤回したようですが、特定秘密の範囲が曖昧であり、デモもテロの範疇に入れられたら、たまったものでありません。
こんな、国民の声を「良識の府」といわれる参議院は、受け止めてもらいたいと思います。会派から、「特定秘密保護法案の参議院での慎重審議を求める意見書(案)」を4日の議会運営委員会に提出しようと考えています。
今日も、議会で頑張りました。
 2013.12.1(日)(師走)
今日から12月です。最近非常に日々、月が過ぎるスピードが速く感じます。早、あと1ヶ月で今年も終わりです。元気で、乗り切っていきます。4日は、代表質問です。
 2013.11.30(土)(質問準備)
今日も、質問の準備です。また、徳島市交通労働組合の定期大会に出席し、連帯と激励の挨拶をさせていただきました。地域住民の移動手段として、守っていく必要があります。
 2013.11.29(金)(県議会開会)
11月定例会が開会です。条例案や、補正予算案が飯泉知事から提案されました。
また、連合徳島、高退連の21回定期大会があり、出席し、連帯の挨拶をさせていただきました。社会保障制度の後退に怒り心頭です。
 2013.11.28(木)(議会準備)
議会控え室にて、質問の準備です。合間をぬって、ライオンズクラブの会合や打ち合わせに参加しました。
 2013.11.27(水)(議会で準備)
12月4日の代表質問に向けて、準備中です。みどりの防潮堤、多重防御の考え方、高台移転、「事前防御」の考え方などは、重要です。
 2013.11.26(火)(事前常任委員会
南海トラフ地震における県の想定が公表されました。県内の避難者は、発生から1週間後に最多の36万2600人になるとの被害想定が出ました。津波被害を受ける9市町で避難者が人口の50%を超え、徳島市が15万2800人となっています。
7月に公表した人的被害などの想定と合わせ、各市町村は地域防災計画や避難計画を見直すことになります。
想定では、県内の経済的な被害は、6兆4000億円となります。
また、南海トラフ巨大地震による浸水被害が想定される10市町の約200kuを「津波災害警戒区域」に指定する方針も示されました。徳島、鳴門、小松島、阿南、松茂、北島、藍住、美波、牟岐、海陽の10市町です。10市町は、津波浸水域を示した津波ハザードマップの作成、病院などの公共施設は避難計画の策定や避難訓練の実施が義務づけられることになります。
事前県土整備委員会が開かれ、出席しました。委員会の中でも、津波想定などの説明がされました。
 2013.11.25(月)(議会運営委員会)
県議会、議会運営委員会が開催され、出席しました。11月定例議会の日程について協議し、29日開会、12月19日閉会の21日間となりました。4日が代表質問は、5日が一般質問です。私は、4日の1時45分から登壇します。
 2013.11.24(日)(特定秘密保護法案は危ない)
特定秘密保護法案の撤回を求めて、県内野党4党による、街宣活動を実施しました。私は、民主党県連を代表して、主張させていただきました。何が秘密になるのか、指定の範囲が非常にあいまいで、政府が恣意的に運用する恐れがあり、言論の自由や、国民の知る権利を奪うことに繋がる危ない法案です。
 2013.11.23(土)(勤労感謝の日)
今日は、朝から、県の行事がありました。徳島市と石井町の間にある、飯尾(いの)川、加減堰の右岸工事側撤去工事が完了し、その完了式典があり、出席しました。堰によって、下流への水の流れが制限され、上流部では、内水被害が多く出ていましたが、この堰の撤去により、少しは、安心安全となりそうです。
また、午後からは、徳島県運転免許センター開所記念式典が松茂町の前空港ターミナルビル(改装)で行われました。立派なセンターに仕上がりました。
 2013.11.22(金)(いい(11)夫婦(22)の日)
テレビでも、多く報道されていましたが、今日、11月22日は、いい夫婦の日だそうです。語呂合わせですが、ボージョレヌーボーの解禁と相まって、「夫婦で仲良くワインなどを飲みながら夕食、という場面が、日本中であったのではと思います。仲良く、元気でが一番ですね。
さて、今日は、連合徳島の定期大会に出席して、連帯の挨拶をさせていただいた後、議会で、質問の準備でした。
 2013.11.21(木)(代表質問の準備)
寒くなってきました。気温の変化がありますので、風邪などひかないように、お気をつけ下さい。
さて、代表質問の準備を進めています。先日、東京、宮城で勉強した、「森の防潮堤」について、本県でもその理念を活かせないものか、調査中です。
今、衆議院で審議中の、特定秘密保護法案については、慎重さを求める声が多い。新聞各紙も、同様の意見が掲載されています。野党(みんな、維新)は、修正協議で合意したとの報道がありますが、私は、どうも拙速すぎるとおもいます。わずか2週間の審議、そして、国民の声も、十分聞けてないと思います。国民の知る権利を奪い、恣意的に情報を隠蔽する可能性があります。この法案は危ないと考えます。
 2013.11.20(水)(献血表彰)
県庁にて、平成25年度献血功労表彰式が行われ、徳島眉山ライオンズクラブを代表して、式典に参加しました。厚生労働大臣表彰状、同感謝状、徳島県知事感謝状(団体)(個人)、日本赤十字社金色有功章(20年にわたる献血協力)、日本赤十字社銀色有功章(15年にわたる献血協力)の表彰がありました。
私が今、会長を務めさせていただいている徳島眉山ライオンズクラブは、20年の協力という、日本赤十字社金色有効章を受章しました。立派な盾をいただきました。これも、今までずっと支えてこられた、諸先輩方のおかげです

 2013.11.19(火)(質問準備)
12月4日は、本会議代表質問の日です。今日も、県議会控え室にて、質問の準備、調査活動を行いました。県職員の給与カットが6年続いています。来年度から「禁じ手」を解消し、本来の姿に戻すことを強く提案しようと思っていましたが、知事から、そのようなことが、表明されたので、ほっとしました。
給与を上げ、可処分所得を増やし、消費マインドを高め、内需を拡大することは、デフレ脱却の近道です。このことを呼び水にして、民間給与のアップにもつなげていかなければなりません。
また、県内の海岸部に、多重防衛の考え方で、植樹をしていくことを提案しようと考えています。
 2013.11.18(月)(徳島県議会 会長・幹事長会)
11月定例県議会の開会日等を決定する、会長・幹事長会が開かれ、出席しました。開会日は、11月29日(金)です。議会運営委員会は、25日(月)、26日は事前の常任委員会、27日、28日は、事前特別委員会、代表質問は12月4日(水)、一般質問は12月5日(木)となります。
12月4日、3番目は私の順番です。登壇予定は、午後、1時45分から、70分間です。しっかり頑張ります。
 2013.11.17(日)(森の長城プロジェクト2)
高橋氏の論文続きを紹介します。
「2年9ヶ月前、東日本大震災が発生しました。依然として、14万人を超える人々が避難生活を送っています。被災地では、生活再建が最優先課題であり、住宅地住宅地の高台移転のための大規模造成や嵩上げ造成が一部始まっています。(中略)そうした中、公益財団法人瓦礫を活かす森の長城プロジェクト(細川護煕理事長)は、東日本大震災で被災した沿岸部に瓦礫を活かして、ほっこらとした盛り土をし、その上に土地本来の植生の広葉樹のポット苗を混植・密植し、鎮魂の思い込めた”命を守る森の防潮堤”を築こうと昨年7月に設立されました。
このプロジェクトは、青森県から福島県までの沿岸地域で、瓦礫と土を混ぜて高さ5メートル程度の盛り土を築き、シイ、タブ、カシなど常緑広葉樹のポット苗を、多くのボランティアと共に植樹する計画です。木々の根は瓦礫を抱いて地中4〜6メートルまで根が張るため、津波で倒れることもなく、約15〜20年で頑丈な”命を守る森の防潮堤”や「命の山」と呼ばれる森の丘となります。
本年は、既に宮城県仙台市若林区荒浜、同県岩沼市「千年希望の丘」創造事業、福島県南相馬市などで計4回の植樹を行い、述べ約6万本、ボランティア約8500人が参加しました。植樹に必要な苗木や苗木資材、植樹祭運営費のほとんどを、多くの皆様からのご寄付で賄いました。(中略)
森の長城プロジェクトは、地球規模の環境問題を抱える現代において、東日本大震災を経験した我が国が、森づくりによって自然環境に寄与するだけでなく、津波からの減災をはかるという、世界に範を示す復興事業です。森の防潮堤は、近い将来、少子化の時代を迎える我が国において、多大なメンテンナンスコストを必要としない選択です。漁業や養殖業が盛んな太平洋沿岸地域にとって、森のミネラルが河川や海に注がれることで、海川も豊かになり、住民の生活も豊かになります。子どもから大人まで、多くの人々がどんぐり拾いや育苗や植樹、そして草取りという育樹のサイクルの参加することで、自然と上手に共生してきた日本人の心の復興にも繋がる事業になればと願っています。
私たちの子孫へ、麗しい自然環境のある豊かな郷土を残せるよう、このプロジェクトを是非応援して下さい。」
・会派研修で、東京都中央区八重洲の「森の長城プロジェクト」事務局を訪問させていただき、高橋氏をはじめ、事務局の方々から研修を受けたことは、本当に良かったと思います。
宮脇昭先生は、何度も徳島にも来ていただいています。徳島県沿岸は、津波で襲われる危険性が高いです。被害想定でもそのようになっています。私は、津波で被害を受けてからの復興ではなく、受ける前に先手を打って、メンテナンスコストの低い、植樹で、多重防護をしていくことは、大変重要なことだと考えています。
2013.11.16(土)(森の長城プロジェクト1)
先日、会派研修で公益財団法人「瓦礫を活かす森の長城プロジェクト」事務局を視察させていただきました。そこで、説明していただいた、高橋氏(瀬田多摩川神社)から、「森の長城プロジェクトと心の復興」という、高橋氏が書き下ろした、文章を読みました。とても、印象に残ったので、少し、紹介させていただきます。(全文ではありません)
「東日本大震災からの復興は、;心の復興;にしなければならない。世界の人々に向けて、自然との共生・人間同士の強調や助け合いがいかに大切かということを発信するものだと、考えています。
最近は、地球環境問題が深刻化し、我が国でも経験したことのない大雨や大規模な台風被害、また、熱中症患者の増加など、年を追うごとに被害が増大しているように感じます。しかし一方では、災害とは人間にとってのものであり、自然にとっては浄化作用でもあります。
古来より日本人は、自然に対する畏敬の念を持ち、自然との共生を大切にしてきました。我々の生活に大きな恵みをもたらす自然は、それを犯しすぎるといずれ自分たちに大きなしっぺ返しが来ることを、長い生活の経験と知恵から体得してきました。
森林で言えば、人間が生活する上で、最低限必要な材料を得るための区域を里山といいますが、そこは薪用の芝刈りをしたり、山菜やキノコをとったり、あるいは農地に必要な肥料を得たりと、生活に必要な最低限の自然の恵みを戴く区域でした。里山に対して、人間が犯してはならない山を奥山といい、いわゆる神々が宿る山であり、森林の機能としては、国土を保全し水源を涵養するほか、鳥獣の生息環境を維持する山でした。そして、しばしば里山と奥山境には、山の神々を祀る神社や祠が点在していました。
しかし、現在の日本の山はどうでしょうか。国土の66%、3分の2が森林といわれますが、そのほとんどが人間の手が加えられた森であり、自然のままの森は、神社の鎮守の森などを残し、わずか0.04%でしかないそうです。里山と奥山の境なく、切り出された後に植えられた木は、杉・松・檜であり、昭和後期までは売れて循環する木でした。現在では成木したものの、採算の都合で切り出されず、間伐や下草刈りなど手入れも施されない森が増えてしまい、花粉症や松食い虫被害、また竹林が増大し、ドングリなどの実のなる木の減少などから野生動物が里に下り、人間生活を犯す被害が発生するなど、大きな社会問題になっています。
我が国の古来の山は照葉樹の山です。その森づくりを60年以上実践し、これまで4000万本以上の植樹かつどうを行って来たのが、植物生態学者で森の長城プロジェクト副理事長の宮脇昭先生です。」
高橋氏は、宮司さんですが、このプロジェクトに共感し、事務局で頑張っておられます。
私は、12月4日、県議会の代表質問で登壇予定ですが、南海トラフ巨大地震、津波対策として、非常に危険な地域に、多重防御としての植樹を提唱しようと考えています。
 2013.11.15(金)(どうなるTPP交渉)
今日の朝刊に、TPP交渉で、米国が日本に対し、コメを除く農産品と工業品の関税を全て撤廃するよう要求したと報じれれました。もちろん、日本は拒否したといいます。米国の強硬な姿勢が見て取れます。
日本は、衆議院、参議院での付帯決議でも、重要5品目(コメ、麦、牛・豚肉、乳製品、サトウキビなど甘味資源作物)が守られない場合には、TPP交渉から撤廃することとしています。日本の農業をどのように守り、担い手、後継者が育つ、希望のあるものにするのはどうしたらいいのか。今、国民みんなで考えねばならないと思います。
 2013.11.14(木)(会派研修3日目・今日は仙台)
昨日、PHP研究所での研修を終え、新幹線で仙台まで移動しました。今朝は、仙台です。かなり冷え込んでいます。今日は、宮城県岩沼市役所を訪問し、「千年希望の丘事業について」の調査、そして、国土交通省が造っています、岩沼海岸の堤防、そして植樹の様子を見に行く予定です。しっかり研修してきます。

朝、10時、、岩沼市役所を訪問し、津波から、どのように住民を守っていくのか、ということをお聞きしました。岩沼市建設部、復興整備課、課長補佐の星さんから、岩沼市の取り組み「千年希望の丘事業について」説明をしていただきました。堤防や、その陸側に、植物(木・常緑広葉樹)を植えて、出来るだけ自然に近い森を創り、森の防潮堤としての役割を果たしていこうとするものです。(多重防御)説明の後、昨年植樹した、実証実験の植樹現場、そして、今年の6月9日に植樹(3万本の苗木)した、第1号丘の植樹状況を視察しました。
また、1号丘の海岸部に造られている、防潮堤(国土交通省の事業)の陸側のり面に盛り土をして、広葉樹を植えた(約7000本)現場、についても、1号丘から、見ることが出来ました。岩沼市頑張っています。さらにスピードアップできるよう、祈念しています。星さん、ありがとうございました。私達の県も、南海トラフの巨大地震、津波がいつ襲ってくるかも分かりません。木を植えて、多重防御を危険な地区からやっていくことはとても重要な事だと改めて感じました。

 2013.11.13(水)(会派研修2日目)
午前中は、公益財団法人「瓦礫を活かす森の長城プロジェクト」事務局・東京都中央区八重洲を訪問し、プロジェクトの概要をお聞きしました。プロジェクトの理事長は細川護煕元首相、副理事長は宮脇昭横浜国立大学名誉教授です。宮脇先生は、徳島県にも何度も足を運んで下さり、潜在自然植生の森づくり、ポット苗の植樹のご指導、お手伝いをいただいています。
新風民主クラブが4年前に主催した、「生物多様性シンポジウム」にも、講師先生として来て下さいました。先生は、東日本大震災の被災地に、瓦礫を有効活用した、海岸防災林(常緑広葉樹の植樹)を造り、今後予想される津波被害を軽減しようとしています。素晴らしい取り組みです。その概要を、事務局総務・渉外担当の高橋氏から説明いただきました。6月9日には、宮城県岩沼市「千年希望の丘」創造事業に参画、6月30日には、国土交通省主催の宮城県岩沼海岸植樹式に参画し、植樹祭を実施しています。(このときには、700名で、7千本の植樹をしました。
明日の、研修は、宮城県岩沼市を訪問し、「千年希望の丘事業」「岩沼海岸植樹について」研修予定です。
また、午後からは、東京都千代田区一番町、政策シンクタンク・PHP研究所を訪問し、政策力アップ講座「アベノミクスと地方財政の行方」という講演を受けました。講師先生は、田中秀明(明治大学公共政策大学院教授)氏でした。司会進行は、南学(神奈川大学人間科学部特任教授)でした。田中氏は、日本の予算制度、どうしてここまで借金が増大してきたのかについて、日本は、予算編成の制約条件がないこと、予算編成の透明性が低いこと、財政法が禁止している特例公債の発行が恒常化していること、支出コントロール(特にシーリングは抜け穴だらけ、など、多くの指摘がありました。
地方税(地方法人2税)などは偏在性があり、東京都に集中している、是正が検討されるべきだろうと述べた。私は、アベノミクスでは、地方は良くならないと痛感しました。

 2013.11.12(火)(会派研修)
今日から、新風・民主クラブの会派研修です。今日は、午後から、地球環境国際議員連盟の勉強会で「EUのグリーンインフラ戦略と自然資本」について勉強します。場所は、衆議院第一議員会館1階国際会議室です。

勉強してきました。衆議院第一会館国際会議室という、新しくなった議員会館の素晴らしい環境の中で、地球環境国際議員連盟(GLOBE Japan)と日本生態系協会の共催で行われました。挨拶は、GLOBE Japan 会長の小池百合子議員、日本生態系協会の池谷奉文会長から、「どういった強じん化を私達は求めていけばいいのか」「コンクリートインフラの特徴は、「劣化」です。造ったものは、耐用年数が過ぎれば、すべてゴミになる」「グリーンインフラは、おいておけば豊かになる。」といった問題提起がありました。
その後、講演として、ゴーム・ディエ氏(欧州環境庁 EU域内環境・政策・経済分析プロジェクト・マネージャーから、EUにおける、グリーンインフラの重要性、すばらしさについて講演がありました。グレーインフラからグリーンインフラへの転換が重要です。

 2013.11.11(月)(高退協県要請)
連合徳島高齢退職者協議会からの要望事項について、県知事、関係当局との話し合いが行われました。私達、新風・民主クラブの議員も、同席しました。各企業の退職者からは、年金問題、介護の現場の状況、病院の入院期間の問題など、切実な訴えがなされました。
県知事、県当局からは、それぞれ、要望事項についての回答が示されました。今後も、継続して要望実現に向け、頑張っていこうではありませんか。
今日から、少し寒くなってきました。
フィリピンの台風被害はすさまじいです。風速90メートルは信じられません。地球温暖化、異常気象なのかも知れません。私達も、南海トラフ巨大地震等に備えましょう。
 2013.11.10(日)(藤だな剪定)
徳島眉山ライオンズクラブのアクトとして、今日は、江南ライオンズクラブからいただいた、徳島城公園内にある、藤棚の選定作業を行いました。雨が心配されましたが、おかげで大丈夫でした。約1時間余りの作業でしたが、見事に刈り取りました。来年も、美しい花を咲かせてくれると思います。その後、とくぎんトモニプラザで、例会を行いました。お疲れ様でした。

 2013.11.9(土)(釣り大会)
県庁漁友会、県職労の共催で職員磯釣り大会が開催されました。海部郡美波町の渡船で、33名が釣果を競いました。朝6時から納竿の2時まで私も、頑張って釣りました。結果、スマガツオ、グレ、イサギ、アイゴを釣ることが出来ました。
参加者にとっても、天気に恵まれ、いい気分転換になったと思います。

 2013.11.8(金)(組合定期大会)
病院局労働組合中央病院支部の定期大会、全水道徳島水道労組の定期大会があり、出席し、連帯の挨拶をさせていただきました。県立中央病院は、新築され、ドクターヘリの運行、高度ガン治療器(リニアック)も導入されており、大きな期待を集めています。24時間営業の病院として、そこで働く看護師さんなど、職員さんの努力で成り立っていると思います。元気で、職員さんも定年まで働ける病院目指してみんなで頑張っていただきたいです。
 2013.11.7(木)(第57回徳島県社会福祉大会)
57回社会福祉大会が開かれ、出席しました。飯泉知事の挨拶の後、社会福祉に功績のあった方々の表彰が行われました。本当におめでとうございました。また、大変ご苦労さまでした。これからも、共に支え合う社会を築いていくために頑張っていきましょう。会場は、あわ銀ホールでした。
その後、四国林野労組の方々が、本県議会に来られて、意見交換がありました。本県林活議連の岡本議員と私で、対応をさせていただきました。
 2013.11.6(水)(東北復興と海岸林再生セミナーに参加)
午後から、林野庁と公益社団法人「国土緑化推進機構の主催で開催された、標記セミナーに参加しました。場所は、東京都千代田区朝日生命ビルで行われました。スケジュールは、次の通りですが、大田氏の講演は、津波対策として、海岸防災林を整備していくことは、大変重要な視点だと、ご教授いただきました。本県も、南海トラフ巨大地震が予想されますが、海岸防災林をより強固にしていく必要性を痛感しました。黒松、タブ、シイなどの広葉樹林も有効です。ありがとうございました。

◆第1部◆「東北復興と海岸林再生」セミナー2013
【講演】
(1)「地域の暮らしを守る海岸林の再生に向けて」
太田 猛彦(東京大学名誉教授/東日本大震災に係る海岸防災林の再生に関する検討会 座長)
(2)「企業・NPOと農山村地域の協働による海岸林再生と地域づくり」 竹田 純一((株)森里川海生業研究所/農山村支援センター 事務局長)     

◆第2部◆「企業・NPO等参加による「海岸林再生活動」説明会」
【話題提供】
(1)「海岸防災林再生の現状について 〜被害状況と復旧の最新状況」 林野庁 治山課
(2)「国有林における協定方式による海岸林再生活動への参加団体の募集について 〜2012年参加団体の活動状況と2013年の公募内容〜」林野庁 経営企画課
(3)「海岸林再生活動に参加する企業・NPO等へのサポートについて」 林野庁 森林利用課、(公社)国土緑化推進機構

 2013.11.5(火)(高野山へ)
四国88カ所は、すべて参拝しましたが、高野山参りが残っていました。早朝、南海フェリーに乗船し、一路高野山へ車を走らせました。高野山に到着すると、そこは素晴らしい紅葉の世界でした。金剛峯寺を参拝させていただき、お寺のなかの庭園なども見せていただきました。さすが世界遺産だけあって、大勢の参拝客で賑わっていました。
気温は低く、寒かったです。帰りも南海フェリーでした。フェリーもいいですよ。
 2013.11.4(月)(むつみ祭)
徳島市国府町芝原「むつみ祭25周年」に参加しました。副実行委員長の辻本氏からは、むつみ祭の歴史や、伝統文化の継承について、人権の確立の重要性などについて、ご挨拶をかねて、報告がありました。
その後、県教育委員会、徳島市教育委員会から激励の挨拶がありました。
神楽太鼓の演奏や、猿回し、三番捜箱回しも披露されました。これからも、伝統文化の継承、人権が尊重されるよう共に頑張っていきましょう。うどんも美味しかったです。
 2013.11.3(日)(阿南道路開通式)
国道55号阿南道路(阿南市津乃峰町西分〜阿南市橘町大浦)開通式典が、阿南市たちばな小学校であり、私も出席しました。今回の開通区間は、1.7キロメートルですが、随分便利になります。
式典は、国道事務所、県、市関係者や工事関係者、地元関係者多くの方が参加されました。天気にも恵まれ、良かったと思います。
 2013.11.2(土)(連合運動会)
連合徳島の運動会が、吉野川河川敷であり、出席し、挨拶をさせていただきました。心配されたお天気も、雨が降ることなく、みんな、しっかり頑張っていました。
私も、リレーなどに出ました。
 2013.11.1(金)(霜月)
11月に入りました。旧暦では、霜月といわれます。寒くなってきますので、お身体お気ををつけください。今日は、阿南市福井町の実家で、掃除等を行いました。両親には、いつまでも元気でいてもらいたいです。
 2013.10.31(木)(食材偽装にはうんざり)
有名ホテルのレストランで、食材の偽装が行われていた。芝エビ、信州そば、肉、お客さんをだます有名レストランにはうんざりです。食品は、信頼関係が一番です。
 2013.10.30(水)(狭山事件の再審を求める県内集会)
再審を求める県内集会に参加し、民主党を代表して、連帯の挨拶をさせていただきました。再審弁護団の木村清志弁護士から、現在の三者協議の状況、再審請求の現状などについて講演を受けました。
弁護団の請求で開示された、事件当時の捜査報告書に、捜査方針に合うよう内容が書き換えられたような跡が見つかったことなどが紹介されました。そして、「再審開始は近いと確信する。みんなで頑張っていきましょう」と締めくくりました。無実の証拠が次々と出てきています。再審の開始を祈念しています。
 2013.10.29(火)(三好市視察)
決算認定委員会終了後、会派のメンバーと共に、三好市の松尾川温泉に宿泊しました。最高の温泉でした。朝食後、三好市庁舎を訪問し、黒川市長さんと市政全般について意見交換をしました。その後、三好市役所、産業観光部観光課長桧尾さん、水原さん、大境さんから、西阿波観光の取り組みなどの説明を受けた後、大境さんに案内をいただき、落合集落などを視察しました。古民家を守り、観光客を取り込み、地域を活性化させる、いわゆる一石二鳥の取り組みに感心させられました。
親切に、丁寧に対応していただいた市役所の皆様に感謝いたします。ありがとうございました。

 2013.10.28(月)(決算認定委員会4日目)
普通会計決算認定委員会4日目です。今日は、農林水産部関係、県民環境部関係、保健福祉部関係、商工労働部関係の審査が行われました。
私は、県内中小零細企業の現状、今後の支援策などについて聞きました。電気料金の値上げに加え、消費税増の影響は、中小企業にとって脅威だと思います。
 2013.10.27(日)(運動会)
先週の雨で延期されていた、大松小学校の運動会があり、参加しました。今日は、台風一過、非常にいい天気に恵まれて、素晴らしい運動会が出来ました。大松小は、生徒さんと、保護者の方が一緒に参加するメニューがあり、親子仲良く楽しそうに、頑張っていました。
昼食時には、ご家族そろって、ごちそうを食べていました。
 2013.10.26(土)(炊き出し講習)
連合徳島、ボランティアサポートチームの講習会があり、参加しました。今日は、「災害時における、炊き出し」ということで、湯煎のみで、カレーライスと、ポテトサラダをつくりました。ジャガイモ、ニンジン、コメなど、ポリ袋に生食材を入れて、沸騰したお湯の中に、約30分入れると、できあがりです。
いろんな所で、応用も出来ると思います。いい経験をさせていただきました。
 2013.10.25(金)(決算認定委員会3日目)
台風接近の中でしたが、普通会計決算認定委員会が開催されました。今日は、教育委員会関係、政策創造部関係、県土整備部関係の調査でした。私は、教育委員会関係で、県立みなと高等学園について、現状をお聞きしました。先生方、地域の方々に支えられて、しっかりとスキルを身につけ、頑張っている様子であり、安心しました。全国からも、視察に多くの方が見えられているようです。
政策創造部関係では、神山町、美波町等に進出している、サテライトオフィスについて質問しました。
 2013.10.24(木)(台風に気をつけて下さい)
台風27号、そして28号も日本に迫ってきています。伊豆大島では、高齢者の島外避難などもはじまりました。四国も、大きな雨が予想されています。海陽町では、避難勧告も出されました。
出来る限り、台風に備えましょう。
 2013.10.23(水)(決算認定委員会2日目)
今日の決算認定委員会は、公安委員会、経営戦略部、危機管理部でした。私は、公安委員会関係で、防犯カメラの設置について質問しました。今年の警察白書でも、防犯カメラの設置の必要性が述べられています。
夕刻からは、徳島地区労の定期大会があり、出席しました。
台風が来ています。備えましょう。
 2013.10.22(火)(決算認定委員会)
県議会で平成24年度の県普通会計決算認定委員会が開催されました。私も委員として出席しました。今日は、会計担当者から、全般的な会計処理について説明がありました。
明日からは、各部局別の決算認定委員会が開かれます。
 2013.10.21(月)(県議会閉会)
本会議が再開され、経済雇用対策、地震津波対策などを中心とする、補正予算案247億円を可決しました。また、議員提案の意見書@「林業・木材産業の成長産業化に必要な財源の確保を求める意見書」A「農地転用の権限の地方移譲を求める意見書」についても、可決しました。
夕刻からは、10.21反戦集会が、徳島人権平和運動センター主催で開催され、私も出席し連帯の挨拶をさせていただきました。その後、参加者で、デモ行進を行いました。憲法9条の改正問題、TPP交渉問題、など大きな課題があります。
 2013.10.20(日)(大里まつり)
伊豆大島では、大きな被害が出ています。また、大雨も予想されていることから、避難勧告が出されました。島外に避難する方も出ているようです。お見舞いを申し上げます。また、台風27号もゆっくりと北上しています。備えが重要です。
また、予定されていた、大松小の運動会は、雨のため延期されました。
海陽町大里の秋祭りに行ってきました。だんじりが勢いよく走ります。小雨の中でしたが、各地域から5台のだんじりが出ました。また、露店もたくさん出ており、盛り上げていました。祭りは、地域の伝統文化です。

 2013.10.19(土)(世界食料デー)
10月は世界食料デー月間です。、世界の食料問題を考える日として国連が制定した日、それが毎年10月16日の「世界食料デー」です。1979年の第20回FAO総会の決議に基づき、1981年から世界共通の日として制定されました。
世界の一人一人が協力しあい、最も重要な基本的人権である「すべての人に食料を」を現実のものにし、世界に広がる栄養不良、飢餓、極度の貧困を解決していくことを目的としています。
その、行動として、食とみどり・水を守る徳島県民会議と徳島県農協労連の共催で、徳島駅前にて、街宣行動を行いました。少し雨が降りましたが、本県産の新米とすだち、ビラを配布しました。日本は、食糧自給率40%です。6割を輸入する中、多くの食品が廃棄物として捨てられています。こんな事も考えなければなりません。
 2013.10.18(金)(議会運営委員会)
県議会の閉会を21日に控え、議会運営委員会、会長・幹事長会が開かれました。その後、会派総会を開き、本会議での会派の態度について協議しました。夕刻は、徳島人権平和運動センターの総会があり、出席し連帯の挨拶をさせていただきました。
 2013.10.17(木)(台風の影響)
台風26号の影響が深刻です。伊豆大島では、土砂災害で、多くの死者が出ています。全国各地でも、水難事故が発生しています。心からお悔やみを申し上げますと共に、被災された方々にお見舞いを申し上げます。今年は自然災害の発生が多いです。
本県も、いつ何時、南海トラフ大地震、津波が来るか分かりません。日頃からの備えが大切です。
 2013.10.16(水)(ライオンズクラブ例会)
徳島眉山ライオンズクラブの理事会、例会があり、出席しました。10月6日にクラブ主催で開催した、少年剣道大会の報告などがありました。青少年の健全育成、献血事業の推進など重要なことをみんなで推進しています。
 2013.10.15(火)(環境対策特別委員会)
環境対策特別委員会が開かれ、出席しました。私は、エコエネルギー・太陽光発電の普及促進について、質問しました。本県の佐那河内村にて、ミツバチソーラー発電が開始されます。一般から出資を募り、発電所を耕作放棄地などに設置し、売電で得た収入を、地域特産品、例えばすだちなどで還元します。地域の産業振興にもつながりますし、大変良い取り組みだと思います。
 2013.10.14(月)(徳島市・アニメの街)
アニメを中心とした複合型エンターテインメントイベント「マチ★アソビ」12日〜14日では、多くの方が訪れ、眉山山頂も賑わったと聞きました。アニメを中心とした街おこしはとても注目されています。
いま、ゆるキャラグランプリも行われていますが、本県のすだちくんにも頑張ってもらいたいです。
また、今日は、暑いくらいの天気でした。ユネスコの文化遺産登録を目指している「四国88カ所遍路文化」について、私も、順次お参りをしながら、その文化に触れて来ましたが、本日、残っていた、86番札所・志度寺、87番札所・長尾寺、そして88番札所・大窪寺を参拝しました。約、5年かけて1番から88番まで参拝しました。あとは、和歌山県高野山です。
 2013.10.13(日)(TPP交渉)
政府と自民党は、TPP交渉で、聖域と位置づけていた重要農産物5品目の関税見直しに着手したことが報道されています。関税上の分類で586品目に分かれる重要5品目は、自民党が交渉からの離脱も辞さない覚悟で守るとし、また、先の参議院選の公約でも主張してきた事です。
安易な、関税率の変更は、公約違反だと思います。それと、交渉の情報が余りにも公開されておらず、国民不在といわれても仕方がないと思います。
 2013.10.12(土)(日本女性会議2013in阿南)
日本女性会議IN阿南(阿南市才見町)に参加しました。オープニングは、阿南のミュージカルグループが、東日本大震災への支援、思いを歌ってくれました。また、記念講演では、本県出身の料理研究家「浜内千波」さんのトークがありました。
家庭で料理を作り、家族で食べることの重要性を述べられました。
 2013.10.11(金)(県職連合定期大会)
県職連合労働組合の定期大会があり、出席し、連帯の挨拶をさせていただきました。地域公共サービスを担い、現場で一生懸命頑張っておられます。これからも、共に頑張っていきましょう。
また、夕刻からは、企業局労働組合の定期大会もあり、出席し、連帯と激励の挨拶をさせていただきました。
 2013.10.10(木)(県土整備委員会2日目)
今日の、県土整備委員会は、県土整備部関係です。交通体系、道路網の整備、港湾、住宅等、多岐にわたっています。私は、先日の台風18号による、地元地域の道路冠水、通行止めに関して、質問し、非常時の連絡体制、見回りに強化を求めました。
また、職員さんの人員が削減される中、本年2月より、14ヶ月予算ということで、多くの公共工事予算が付きましたが、それを消化するための人材は大丈夫なのか、超過勤務はひどくなっていないのか。等について質問しました。
 2013.10.9(水)(県土整備委員会)
県土整備委員会が開かれ、出席しました。今日は、企業局関係、危機管理部関係です。企業局関係では、工業用水道における、埋設管などの耐震化について質問しました。今後、時間がかかりますが、順次耐震化を進めていくことになります。
危機管理部では、9月から施行されている、改正動物愛護・管理法について、質問しました。改正法では、動物は「終生飼養」することが義務づけられました。犬やネコを人間の都合で飼育できなくなったからと言って、自治体は引き取りを拒否出来るようになりました。
神山町にある、動物愛護管理センターを拠点として、不幸な犬やネコが少しでも少なくなるように頑張っていきましょう。
 2013.10.8(火)(TPP農業重要5項目)
コメ、麦、牛肉・豚肉、乳製品、甘味資源作物、の重要5品目について、雲行きが怪しくなってきました。政府自民党は、「聖域」に手を付ける方針に転換した事が報道されています。石破幹事長は「関税分類上の細目の中で、関税撤廃を検討するものがあれば検討すると行っている。5項目を守るという党公約を変更する意味ではない」といっていますが、どうも、しっくり来ない発言です。
5品目の細かな分類は計586品目あり、コメでは、58に分類されています。公約違反との声が、与野党からあるというのも、当然です。
しっかり、国民に説明する事が重要です。
 2013.10.7(月)(TPP関税交渉)
インドネシアのバリ島で開かれていたTPP交渉の閣僚会合は、6日、全品目の関税を撤廃する自由化の原則を維持することで一致し、閉幕したことが報道されています。
ここで、心配なのが、農業の、重要5品目の関税維持が守られるのかどうかです。守られないとなると、国会の決議にもありますし、本県からも意見書を送付していますが、政府は、TPP交渉からの脱退も視野に入れないといけなくなると思います。
 2013.10.6(日)(小学生・中学生剣道大会)
徳島眉山ライオンズクラブ主催の第43回小学生・中学生剣道大会が、開催されました。午前9時の開会式には、小学校・中学校、88チーム、約600人の選手が集合し、盛大に行われました。私は、今期、会長ということで、挨拶をさせていただきました。
剣道は、錬成や試合を通じて人間として、人間らしい行動の規範となるべきものを学びます。私達は、こうした剣道の特性を生かし、次代を担う青少年の健全育成をはかると共に、小中学生剣士相互の交流を深める事を目的に実施しています。
その後、地元勝占神社のお祭りに参加し、勇み神楽「みのり・さっせー」を空高くみんなで放り上げました。乗り子の4人も、一生懸命太鼓をたたいてくれました。
お祭り最高です。
 2013.10.5(土)(剣道大会準備)
6日の剣道大会を控え、徳島眉山ライオンズクラブのメンバーとともに、会場となる、徳島市立体育館に集合し、会場設営を行いました。明日は、7時30分集合です。
 2013.10.4(金)(議会で用務)
代表、一般質問が終了しました。来週からは、4常任委員会(総務、経済、県土整備、文教厚生)が開かれます。私は、県土整備委員会に所属しています。県土整備委員会は、企業局関係、県土整備部関係、危機管理部関係を審議します。
委員会審議のための準備をしています。住宅地の浸水対策、道路整備、改正動物愛護管理法など、いろんな課題があります。
 2013.10.3(木)(一般質問2日目)
本会議3日目です。今日は、森本議員(みんなの党)、岸本議員(自民党県民会議)、西沢議員(自民党県民会議)の3氏が登壇しました。阿南市新野東小学校の生徒さんも、傍聴に見えられました。
県企業局が四国電力に売電している電気料金の価格についての質問、農産物の海外輸出、災害時の水の確保等について質問、提言等がありました。
夕刻からは、食とみどり、水を守る徳島県民会議の幹事会があり、出席しました。世界食料デーの街宣活動を19日に徳島駅前で行う事などを決めました。
 2013.10.2(水)(一般質問)
本会議2日目、一般質問です。有持議員(自民党県民会議)、来代議員(明政会)、Kア議員(新風・民主クラブ)、大西議員(公明党)の4氏が登壇、質問に立ちました。Kア議員の質問時には、阿南市伊島小学校の全生徒さんが先生方と共に、傍聴に来てくれました。
Kア議員は、震災時の避難、災害時にペットとどう逃げるのか、避難所の感染症対策などについて、分かりやすく、質問をしていました。
 2013.10.1(火)(代表質問)
県議会、代表質問です。樫本議員(自民党県民会議)、重清議員(明政会)、松崎議員(新風・民主クラブ)、藤田議員(自民党県民会議)、の4氏が登壇しました。我が会派の、松崎清治議員が、県財政の健全化、地方交付税制度、受動喫煙防止条例について、改正労働契約法への対応について、水道管路の耐震化について、人権啓発の推進について、しっかりと議論しました。
また、安倍首相が、消費税を来年の4月から8%にすることを表明しました。所得、年金が下がる中、また、ガソリンや生活必需品が上がる中、消費税が上がることに、心配する方々が大変多くおいでます。
低所得者対策など、しっかりとした制度設計が必要です。
 2013.9.30(月)(議会で用務)
本会議代表質問、一般質問が明日からはじまります。その後、各常任委員会、特別委員会となります。議会にて、その準備にあたりました。環境、エネルギー、防災対策など、課題は多いです。
 2013.9.29(日)(JP労組大会)
日本郵政労働組合(JP労組)徳島中央支部定期大会があり、出席しました。日本郵政グループは、2012年の組織統合で、郵便事業株式会社と郵便局株式会社が統合し、日本郵便株式会社となりました。あと、ゆうちょ銀行株式会社、かんぽ生命保険株式会社の3グループで運営されています。
全国津々浦々、ユニバーサルサービスを提供していただいています。JP労組は、東日本大震災の復興支援ボランティアも、積極的に行っています。連帯と激励の挨拶をさせていただきました。今後とも、共に頑張っていきましょう。
 2013.9.28(土)(汚染水国会審議)
衆議院経済産業委員会で、汚染水の閉会中審査がやっとはじまりました。2020年の東京五輪への影響を考えたのかどうかは分かりませんが、審議が遅い!と感じるのは私1人ではないと思います。
首相はじめ、政府の責任者も出席して、きちんと、国民に説明すべきと思います。
 2013.9.27(金)(自治労県本部大会)
自治労徳島県本部第86回定期大会が、徳島グランビリオホテルであり、出席しました。県下各地から代議員の方々が出席し、盛大に開催されました。私は、自治体議員団を代表して、連帯と激励の挨拶をさせていただきました。
自治体職員さんは、住民に身近なところで、公共サービスを行っています。大変重要なセクションです。地域のセーフティーネットを守っていきましょう
 2013.9.26(木)(議会で用務)
議会にて、質問項目や、地域の要望事項などの整理を行いました。
夕刻からは、防犯カメラ設置について、八万団地の皆様方と協議を行いました。秋らしい気候になってきました。
 2013.9.25(水)(9月県議会開会)
県議会が開会しました。南海トラフ巨大地震対策などを盛り込んだ、総額247億円の一般会計補正予算案等が提案されました。また、議員提案で、本四高速の全国共通料金導入に関する意見書を全会一致で可決しました。TPPに関する意見書も賛成多数で可決しました。
10月1日は、代表質問、2日、3日は一般質問となります。
 2013.9.24(火)(特別委員会)
事前の、環境対策特別委員会が開かれ出席しました。環境部局からは、生物多様性地域戦略、環境行動計画などの説明がされました。環境問題も多様化しています。温暖化、集中豪雨、竜巻、外来生物、など、いろんな課題がありますが、真摯に取り組みます。
 2013.9.23(月)(動物愛護の集い)
今日は、秋分の日です。3連休の最後の休みです。関東地方の高速道路は、渋滞が発生しているようです。
さて、今週は、動物愛護週間です。その中日の今日、神山町にある徳島県動物愛護管理センターにて、動物愛護の集いが行われ、県下各地から多くの方が参加しました。私も、出席し、お祝いの挨拶をさせていただきました。
ご長寿犬・ネコの(家族)に対しての表彰や、動物の絵の優秀生徒の表彰などがありました。また、今年は、災害時におけるペットとの関わりということで、起震車も登場していました。いい天気に恵まれ、賑わいました。
 2013.9.22(日)(消費税)
来年の4月から消費税が5%から8%に上がることが首相から公言されました。地方ではガソリンなど物価は上がっていますが、収入はむしろ低下している場面が多いと思います。こんな中、税率アップは厳しいと考える方は多いのではないでしょうか。
社会保障費の増加や、公債費の増を考えると、税収をどこでまかなうかというのは、非常に重要な事ですが、税率アップ分は、すべて社会保障に使うことや、国会議員定数の見直しなど、国民に負担を押しつける前に、国会がすべきことがあるのではと思います。
消費税増税に備えた政府の経済対策のうち、予算措置を伴う施策が発表されました。その内容は、公共事業が中心で、東京5輪に向けた首都圏3環状道路や京浜港の整備予算。農業の6次産業化の推進、低所得者向け現金給付、中小企業向け設備投資支援策なども含まれていますが、地方の所得向上策、雇用対策などが十分に行われないとより厳しい状況になると考えます。、
 2013.9.21(土)(後援会総会)
ライオンズクラブの会長、環境委員長を対象にした、献血研修会があり、出席しました。その後、情報労連徳島県協議会総会に出席し、私の後援会総会に出席しました。後援会の皆様方、3連休の初日で大変忙しい中、多くの皆様方が出席して下さり、盛大に開催することが出来ました。心から感謝申し上げます。
これからも、初心を忘れずに、頑張ります。
 2013.9.20(金)(TPPに関して要望を受ける)
JA徳島中央会とJA徳島農政協議会から、県議会に対して要望がありました。各会派の議員27名が出席し、意見交換を行いました。要望事項は、交渉方針の情報開示を求めることや、国内の関係団体と協議して交渉にあたること、重要5品目(コメ、麦、牛肉・豚肉、乳製品、サトウキビなど甘味資源作物)の関税が維持されない場合は、交渉から即時撤退を求めています。
県議会としても、この要望を真摯に受け止め、開会日(9月25日)に国への意見書を議決する予定となっています。
 2013.9.19(木)(事前常任委員会)
事前の4常任委員会が開かれました。私は、県土整備委員会に出席しました。企業局関係、県土整備部関係、危機管理部関係の説明等がありました。
委員会終了後、徳島眉山ライオンズクラブの代表として、第59回青少年非行防止県下中学校生徒弁論大会・平成25年度少年の主張徳島県大会に出席しました。会場は、文化の森にある、21世紀館でした。
徳島県内9ブロックからの代表者9名による弁論大会は、とても素晴らしいものでした。最後の講評では、岩佐博久委員長より、身近な人(おじいちゃんやおばあちゃん、父母、地域の方々)から、学んだことを題材に選択し、主張していることが感銘を受けた。これからも地域社会の中で頑張ってもらいたいとの、言葉がありました。
国府中学校のOさんが、最優秀に選ばれ、中四国大会に参加します。頑張って下さい。、
 2013.9.18(水)(議会運営委員会)
9月定例会の日程等を決定する、議会運営委員会が開かれ、出席しました。25日が開会です。10月1日、代表質問、10月2日、3日は一般質問となります。我が会派からは、代表質問が松崎議員、一般質問が、Kア議員です。
夕刻からは、徳島眉山ライオンズクラブの理事会、例会があり、出席しました。10月6日は、当クラブの大きな行事の、少年剣道大会があります。
 2013.9.17(火)(ゆるキャラ)
ゆるキャラの日本一を決める「ゆるキャラグランプリ2013」の投票が今日から始まりました。徳島県内からは、すだちくんをはじめ、11体がエントリーしました。11月8日まで、インターネット投票が行われ、順位が決まると言います。くまもん、ばりいさん、ふなっしーなど、結構ご当地をアピールするのに大きな力を発揮しています。すだちくん、をはじめ、県内のゆるキャラの検討を祈ります。
 2013.9.16(月)(敬老の日)
今日の敬老会に備えて、昨日準備を行いましたが、午前6時に、警報が出ていたため、中止と決定されました。お世話人が、地域役員に電話連絡を行いました。そして、体育館に集合し、机や、イスの片付けを行いました。出席予定者への紅白まんじゅうの配布についても、みんなで協力してすすめました。
道が、冠水して大変な状況も見られました。水の排水対策がもっともっと、望まれます。

 2013.9.15(日)(敬老会準備)
明日の敬老会に備えて、会場(大松小学校体育館)に地域のお世話人が集合し、机を並べたり、イスを出したり、みんなで準備を行いました。午後からは、風雨が強くなってきました。明日の敬老会が心配です。
 2013.9.14(土)(ボランティアサポート)
連合徳島ボランティアサポートチームの研修会があり、出席しました。今日の課題は「災害時のボランティア活動支援について」、県社会福祉協議会の重松氏から、ご自身の体験、石巻市ボランティアサポートセンターでの支援活動の状況、心得などについて、講演をいただきました。ありがとうございました。
また、台風が近づいています。16日は、勝占中部地区の敬老会です。少し心配です。
 2013.9.13(金)(町村評議会総会)
自治労徳島県本部町村職評議会44回総会が、那賀町(旧相生町)であり、自治体議員連合を代表して、連帯の挨拶に行ってきました。地域公共サービスを最前線で行っている方々の集まりです。これからも、しっかり頑張っていただきたいです。
 2013.9.12(木)(東京はいい天気です)
東京都町田市で宿泊しました。今日は、友人の葬儀に行きます。午後からの飛行機で徳島に帰ります。

友人S君の葬儀に行ってきました。ご冥福をお祈りします。合掌
 2013.9.11(水)(会長・幹事長会)
9月定例県議会がもうすぐ開会します。その日程などを決める、会長・幹事長会が開かれます。
その後、午後からの飛行機で、東京に向かいます。今夜は、麻布大学の同級生、獣医師として活躍していたS君のお通夜に出席します。
お通夜に参列し、サカキをまつらせていただきました。合掌。
 2013.9.10(火)(ライオンズクラブ)
今期、徳島眉山ライオンズクラブの会長の任務につかせていただいています。今日も、昨日に引き続き、様々な活動について、協議させていただきました。ライオンズクラブは、46,000のクラブと135万人の会員で、ライオンズは世界最大の奉仕クラブ組織になっています。ライオンズは、最も効率的な奉仕組織でもあります。ライオンズは地域社会を支援するために必要なことは何でもします。私たちはどこで奉仕をしようとも、親睦を築きます。眼鏡を必要とする子どもたち、十分な食料がない高齢者、そして一度も出会うことのないかもしれない人々とも親睦を築きます。世界一の奉仕団体として、頑張っていきたいと思います。
 2013.9.9(月)(TOKYO 2020)
2020年のオリンピック、パラリンピックの開催地が、東京に決定しました。関係者のご努力に敬意を表したいと思います。アスリートの皆様もおおいに励みになると思います。また、7年後ですから、ジュニアの育成強化が今後課題となってくると思います。
一つの懸案事項は、やはり、原発事故の対処だと思います。安倍首相は、「すべてコントロールされている」とプレゼンしましたが、福島での声は、冷ややかだったように思います。今後、政府が責任を持って、汚染水への対処、非難されている方への思いやり。など、もっともっと、福島に目を向けることが必要不可欠だと思います。
 2013.9.8(日)(同窓会2日目・鳴門)
昨夜の、宴会では、盛り上がりました。宴会のあとは、有名連の「ささ連」の踊りもあり、参加者も飛び入りで踊りました。鳴門グランドホテルの皆様、お世話になりました。ありがとうございました。
ホテルを出てからは、鳴門公園、大谷焼、一番札所「霊山寺」徳島ラーメン、そして観潮船に乗りました。観潮船は、ちょうど大潮でして、すばらしい渦を見ることが出来ました。

 2013.9.7(土)(同窓会)
今日、明日と麻布大学同窓会(麻布丹沢会)が鳴門市であります。幹事県として、県外の方々を受け入れします。少し天気が心配ですが、大丈夫だと思います。明日は、鳴門観潮船、大谷焼、88カ所一番札所など計画しています。
 2013.9.6(金)(宮崎駿監督)
「僕の長編アニメーションの時代は終わった」と記者会見したのは、宮崎監督です。つい先日は、「風立ちぬ」を見ましたが、アニメを大人から子どもまで、多くの世代の方から支持をえてきました。
引退というのは寂しい気がしますが、スタジオジブリの中でまた、私達を楽しませていただきたいものです。
 2013.9.5(木)(五輪招致)
2020年の夏季オリンピックの開催地選考が大詰めを迎えています。東京か、マドリードか、イスタンブールか、ブエノスアイレスでは招致活動が熱心にすすめられているようです。日本優勢との報道もありますが、汚染水問題は、かなり日本にとって厳しい評価となっているようです。日本の説明不足ととられているようです。
それほど、原発事故の影響は、諸外国では、深刻ととらえられています。もっともっと、日本は、原発事故の終息に向けて、情報を公開し、力を尽くすべきです。
 2013.9.4(水)(大雨)
台風17号は、温帯低気圧に変わりましたが、本県各地で大量の雨が降りました。道路は冠水し、JRも運休になるなど大きな影響が出ました。夕刻から予定されていた、眉山ライオンズクラブの例会についても、中止を検討するほどの風雨でしたが、天気図を検討し、予定どうり行うこととしました。夕刻からは、雨も弱まり、無事行うことが出来ました。
関東では、竜巻もあり、異常気象?みたいな感じですね。
 2013.9.3(火)(敬老県民のつどい)
「第44回 徳島県敬老県民のつどい」が開催され、出席しました。台風の影響からか、朝はすごい雨でした。しかし、会場に来てみると、県下各地から大勢の方々が出席されていました。
主題としては「高齢者の笑顔の花咲く徳島を目指して」でした。高齢者福祉功労者に対しての県知事表彰、米寿の記念品贈呈など、各種表彰が行われました。これからもお元気で、頑張って頂きたいと思います。
 2013.9.2(月)(JR四国労組大会)
JR四国労組徳島支部第27回定期大会があり、出席し連帯と激励の挨拶をさせて頂きました。私はよく、JR牟岐線を利用します。渋滞の心配はないし、時間は正確だし、公共交通として、これからもしっかりと県民の移動手段として存続して頂きたいです。
 2013.9.1(日)(防災の日)
1923年(大正12)9月1日10数万人の死傷者を出した関東大震災と、台風が襲ってくると昔から言い伝えられている二百十日にちなんで、1960年(昭和35年)に「防災の日」として設定されました。今年は、ちょうど90周年となりました。
ちょうど台風15号がこちらに向いていたこともあって、本県の防災訓練は中止されましたが、政府は、初めて南海トラフの巨大地震を想定した総合防災訓練を実施しました。テレビでも、特集が組まれていました。関東から九州まで、南海トラフの影響を受けます。
本県においても、他県と協力しながら、備えていかねばなりません。
 2013.8.31(土)(台風15号)
本県への影響も大きいといわれていた、台風15号が、温帯低気圧に変わりました、その影響もあって、今日の徳島は、温度も上がり、蒸し暑い日となりました。明日から9月になりますが、まだまだ暑い日が続きそうです。
また、ダムの水が心配ですが、台風の発生も心配です。9月1日は、防災の日です。そして、防災週間がはじまります。南海トラフの大地震にも備えましょう。
 2013.8.30(金)(汚染水の国会審議)
放射能汚染水が、漏れた事故について、野党が国会審議を求めていましたが、衆議院の経済産業委員会は、五輪招致への影響があるとして、審議日程を先延ばしし、9月7日の国際オリンピック委員会(IOC)総会後となる見込みとなった様です。
汚染水問題よりも、五輪招致を優先したとの声も聞かれます。これでいいのでしょうか。
 2013.8.29(木)(汚染水漏れ)
東京電力福島第一原発の放射能汚染水漏れによる被害が深刻です。特に漁業関係者は大変な状況です。今まで、東電に対策を任せきりにしてきた国(政府・安倍政権)に対して、不満が噴出しているようです。
事故原発内部には、まだメルトダウンした、どろどろの核燃料が高温で存在し、強い放射能を出しています。これからも汚染水は増え続けます。もっともっと、国が責任を持った対応が必要です。
 2013.8.28(水)(日本柔道)
ブラジルのリオデジャネイロで開催されている、柔道世界選手権で、日本勢が健闘しています。海老沼が、金メダルを獲得しました。オリンピックでは、苦杯をなめただけに良かったと思います。日本柔道の復活を心から期待しています。上層部がごたごたしていますが、選手は一生懸命頑張っています。私も、柔道をすこしかじっていましたので、今後ともしっかり頼みます。
 2013.8.27(火)(イプシロン打ち上げ中止)
宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、鹿児島県肝付町の内之浦宇宙空間観測所で予定していた新型固形燃料ロケット「イプシロン」の打ち上げを予定時刻の19秒前に中止しました。ロケットの姿勢に異常があるとコンピューターが判断したため、自動停止したといいます。
打ち上げが中止され、多くの見学人は、落胆の声を上げていました。今度は、是非とも成功してもらいたいですね。
さて、気温が少し下がり、すごしやすい1日でした。秋の気配がしています。
 2013.8.26(月)(フレッセ知事交渉)
全徳島建設労働組合・フレッセの知事交渉に同席しました。フレッセは、住宅建設や土木工事に携わる事業主・1人親方・職人などが加入し、建設労働者・職人の労働条件の維持改善、技術・技能の取得、共同福祉の増進、社会的地位向上、生活の安定をはかることを目的に1965年に発足し、現在県下で約7900人の建設労働者、職人さんが加入しています。
今回の要請行動は、@地域の雇用と経済を支える優秀な中小建設業者の受注機会が確保されるように、分離・分割発注と、ダンピング受注排除A住宅耐震改修助成制度の更なる拡充B公契約条例の制定C国保組合が行う特定検診・保健指導に対しての助成制度の継続
これらの項目、4点について、知事に要請しました。知事からは、フレッセさんには、耐震シェルターなどにも、大変お世話になっています。との挨拶があり、前向きな話し合いが出来ました。
 2013.8.25(日)(親善剣道大会)
早朝、ゴルフ大会に参加するメンバーを送り、朝食後、江南市の剣道場に向かいました。第38回目の親善剣道大会です。徳島県の少年剣士、江南市の少年剣士、10名ずつの対戦を2回行いました。迫力ある試合を間近で見させていただきました。
青少年の健全育成、健康な成長に今後とも力を尽くしていこうと思います。
2日間大変お世話になりました。江南ライオンズクラブの佐藤会長さんはじめ、関係各位に深謝いたします。
 2013.8.24(土)(江南ライオンズクラブとの親善行事)
徳島眉山ライオンズクラブと、姉妹提携を結んでいる、愛知県江南ライオンズクラブとの親善行事(合同例会、親善ゴルフ、親善少年剣道大会)に向け、早朝徳島を出発しました。少年剣士10名の他、保護者の方々、剣道の先生方、そしてクラブのメンバー総勢40名で江南市に向かいました。
途中、彦根城も見学しながら、江南市に到着し、夕刻からは、合同例会、そして懇親会が行われました。ありがとうございました。

 2013.8.23(金)(漁友会総会)
釣りクラブ、「県庁漁友会」の総会があり、出席しました。歴史と伝統のある釣りクラブです。県職労との共催で、ファミリーフィッシング大会(9月14日)鳴門市ウチノ海のイカダ釣りも予定されています。
私も、グレ釣りや、アオリイカ釣りにたまに行っています。海はいいですよ。徳島の魅力の一つです。
 2013.8.22(木)(稲刈り)
阿南市福井町の田んぼで稲刈りです。今日はいい天気(暑いです)に恵まれ、順調に刈り取りました。弟と私で刈り取りました。刈り取ったもみは、ライスセンターに運び込み、玄米にしてもらいます。農業は、生活の基本です。守っていきたいですね。

 2013.8.21(水)(渇水)
厳しい暑さが続く中、水が心配になってきました。四国のみずがめの早明浦ダム、本県の長安口ダムいずれも、貯水率が減少し、取水制限がとられています。恵みの雨を望みます。
 2013.8.20(火)(中学生弁論大会)
徳島保護司会主催の59回徳島地区中学生弁論大会が、文化の森、21世紀館で行われました。18名の各中学校代表の生徒さんが、今考えていることなどを5分間主張します。私は、審査員の1人として(徳島眉山ライオンズクラブの会長)参加、出席しました。
審査の結果、国府中学、徳島中学の生徒さんが、最優秀に選ばれました。このお二人は、徳島県大会に出場します。頑張って下さい。
夕刻からは、眉山ライオンズクラブの理事会があり、出席し、協議しました。24日、25日は愛知県江南ライオンズクラブとの友好交流行事があり、江南市に向かいます。
 2013.8.19(月)(会派総会)
お盆そして阿波踊りも終わり、残暑ということになってきました。しかし、まだまだ暑いです。気をつけて下さい。もうすぐ9月を迎えますが、9月は定例県議会が招集されます。11日には、会長・幹事長会が予定されています。
それに向けて、「新風・民主クラブ」の総会を実施し、懸案事項などについて協議しました。
甲子園の高校野球大会、鳴門高校は惜しくも敗れました。しかし、非常にいい試合だったと、高評価です。岩手県の花巻東高校、次も、全力で頑張って下さい。
 2013.8.18(日)(桜島噴火)
鹿児島の桜島で、大きな噴火がありました。噴煙は、5000メートルを超えたそうです。火山活動が活発化しているのか、地震などとの関連はどうなのか。いろんな不安要素があります。桜島周辺では、市民生活も大変だろうと思いますが、少しでも早く日常に戻れることを祈ります。
まだまだ、暑い日が続きます。熱中症で倒れる方の報道もあります。気をつけて下さい。
 2013.8.17(土)(民主党県連幹事会)
民主党県連の幹事会があり、出席しました。7月の参議院選挙では、厳しい結果となりました。今日は、その総括を中心に行いました。頑張っていくしかないということです。平和の追求、雇用の拡大、格差拡大を許さないことなど、多くの課題があります。
 2013.8.16(金)(花火)
夏の風物詩といえば、花火があげられます。納涼花火大会など、全国各地で打ち上げられ、楽しませてくれます。しかし、京都で起きた、屋台の爆発事故は、人々を震撼させました。徹底的な安全対策が望まれます。
 2013.8.15(木)(終戦記念日)
1945年8月15日の終戦から、68回目の記念日です。徳島人権平和運動センターの皆様方と一緒に、徳島市東新町アーケード付近において、平和の大切さや、憲法9条の意義等について、街頭宣伝、ビラ配りなどを行いました。
阿波踊りの最終日でもあり、観光客や踊りをされている方々もいらっしゃいました。平和があるからこそ、阿波踊りも楽しめます。
エジプトの治安悪化が心配です。
 2013.8.14(水)(麻布阿波踊り)
12日に続き、母校の麻布大学同窓会徳島県人会連の阿波踊りを実施しました。両国演舞場と新町演舞場で踊ることが出来ました。暑い日でしたが、みんなで頑張りました。いい汗をかきました。
 2013.8.13(火)(猛暑)
日本各地で、連日35度を超える猛暑が続いています。四万十市では、40度を超えています。徳島市では阿波踊りが開催されています。熱中症対策、重要です。
 2013.8.12(月)(阿波踊り)
徳島市の阿波踊り初日です。私は、母校麻布大学同窓会徳島県人会連で踊ります。1年ぶりの踊りです。暑い日です。何とか頑張ります。午前中は、北島ライオンズクラブ主催の、東日本大震災支援カヌー大会を見に行きました。息子たちは、元気に、楽しそうにカヌーを楽しんでいました。

 2013.8.11(日)(お墓掃除)
阿南市福井町の実家に子どもたちと行き、お掃除やら、お墓参りなど、ご先祖様にお祈りをしました。暑い日です。皆様方、お身体ご自愛下さい。
また、久しぶりに、田井ノ浜海水浴場に行きました。海はいいですね。
 2013.8.10(土)(バーベキュー)
大変暑い1日でした。お盆を前に、帰省した息子たちと、福井町にて、バーベキューを楽しみました。これからも、元気でがんばっていきましょう。
 2013.8.9(金)(長崎原爆の日
68年目の原爆の日を迎えた長崎市では、原爆犠牲者慰霊平和式典が行われました。この中で田上市長は、「日本政府に、被爆国としての原点に返ることを求める」と述べ、核兵器廃絶に積極的な姿勢を示さない政府を批判しました。
4月の核拡散防止条約(NPT)再検討会議の準備委員会で、核兵器の非人道性に関する声明に政府が賛同しなかった事を「世界の期待を裏切った。核兵器の使用を状況によっては認めるという姿勢で、原点に反する」と糾弾した。
 2013.8.8(木)(経済委員会視察2日目
朝、名古屋市内のホテルを出て、三重県議会に向かいました。三重県議会では、三重県の観光施策を勉強しました。お伊勢さん、松阪牛、鈴鹿サーキット、伊賀忍者、など、多くの観光資源があります。それを一つのロゴとして全国公募し決定されたのが「実はそれ、ぜんぶ三重なんです」という言葉でした。
観光パスポートなども作成し、非常に力を入れています。
昼食は、町並み景観保存の勉強も兼ねて、亀山市、関宿のあいず屋にて、おそばをいただきました。その後、6次産業の勉強で、伊賀市のモクモク手作りファームを見学させていただきました。非常に暑い中でしたが、お世話になりました。ありがとうございました。

 2013.8.7(水)(経済委員会行政視察)
経済委員会の視察に参加しています。今日は、名古屋市中区大須の大須商店街の活性化について、商店街連盟の近藤さんから詳しく説明をいただきました。B級グルメや、若者の好むファッションの店などの出店もあり、元気が出てきています。
本県とは、人口規模が違いますが参考になりました。
明日は、三重県庁、伊賀の里「モクモクファームを訪問します。

 2013.8.6(火)(68年目)
1945年8月6日午前8時15分、米国軍が広島市に人類史上初めて原子爆弾を投下しました。この一発の兵器により当時の広島市の人口35万人(推定)のうち9万〜16万6千人が被爆から2〜4カ月以内に死亡したとされています。
68年目を迎えた、本年は、沖縄で、米軍ヘリが墜落するなど、いまだに、平和な社会とは言い難い状況です。今日を機会に、2度と戦争をしてはいけない。平和があってこそ、自由があるということを、確認していこうではありませんか。
 2013.8.5(月)(夏休み親子県議会)
県議会初の取り組みとして、親子県議会が開催されました。午後2時40分開会し、県内小学校の4年生、5年生、6年生の児童21人が登壇し、県議か議員に質問しました。私も、答弁者として出席し、2名の児童からの質問に答えました。
閉会は、午後4時45分でした。なかなか鋭い質問がありました。本会議終了後は、1階ロビーにて、参加者全員で記念撮影をして終了しました。
 2013.8.4(日)(伊座利っ子、頑張る)
3日、東京大学で伊座利小学校6年生5人が、地域づくりや防災への取り組みを発表したことが、新聞で報道されています。伊座利小学校は、徳島県海部郡美波町にありますが、漁師や、地域の方々と協力しながら「コミュニティースクール」や、地域の食材を生かした「カフェ」など、独特の取り組みが評価されています。
南海トラフの大地震、津波が予想される中、防災の取り組みを進めています。「温かい人のつながりで乗り越えられるはず」との言葉が印象的でした。
頑張れ!伊座利っ子!
 2013.8.3(土)(麻生副総理の発言)
麻生副総理が、憲法改正をめぐって、戦前のドイツのナチス政権を引き合いに出し、「あの手口を学んだらどうか」などと発言したことは、言語道断である。発言の撤回だけでは国民の理解は得られない。
国会で、真意ただしてもらいたい。また、そうする責任が政府にはあると思います。衆参大きな勢力を占めた自民党。ゆるんでいるのではないのですか。私は、そう思います。もっと、今の国民生活(庶民の暮らし)に気配りをしていただきたいとおもいます。
 2013.8.2(金)(社会保障切り下げ)
政府の社会保障制度改革国民会議は、最終報告書案の各論部分を議論し、大筋で合意したことが報道された。介護保険の「要支援」の方を、介護保険サービス対象から切り離すことや、70歳から74歳の医療費窓口負担の1割から2割への引き上げも含まれています。
負担増の様相が見えてきます。
 2013.8.1(木)(値上げの夏)
参議院選も終わり、じりじりと値上げが続きます。ガソリン、そして、電気料金も上がります。アベノミクスは一定の評価を得て、参議院選では自民党が圧勝しましたが、地方の暮らしは、大変です。物価は上がる、しかし、所得はむしろ減少傾向。これではたまりません。
きちんと、国会では、野党がしっかりと、地方の声を発言していく必要があります。
 2013.7.31(水)(オスプレイ追加)
米軍普天間飛行場に追加配備される、オスプレイ12機が、30日、岩国基地に到着しました。沖縄県では、大きな反発があります。オスプレイは、開発段階から事故が相次ぎ、沖縄では、配備直後から、合意に反した運用実態が指摘されています。
本県上空でも、訓練が開始されており、危険な訓練に、不安を覚えます。
 2013.7.30(火)(会派研修2日目)
2日目研修は、大阪市浪速区にある、公益財団法人 大阪人権博物館(リバティーおおさか)を訪問し、事務局長の前田さんから、この間の市、府からの補助金がカットされる中、カンパを募り、維持管理費を削り、開館してきている現状をお聞きしました。
会派のメンバーも、時間をかけて、館内を見学し、勉強しました。あらゆる差別をなくしていくために、みんなで協力して頑張っていきたいと思います。

 2013.7.29(月)(会派研修1日目)
会派「新風・民主クラブ」の研修で、大坂府堺市の株式会社「栗本鐵工所」を訪問しました。日本ダグタイル鉄管協会の方も来て下さり、水道管路の現状(ライフラインである、水道管の耐震化を図る必要があること)、四国周辺の地震史、ダグタイル鉄管についての説明などを受け、工場内を案内していただきました。
コークス、キューポラで鉄を溶融し、鉄管をつくる現場は、とても高温で汗が噴き出てきました。作業している方はたいへんです。説明いただき本当にありがとうございました。しっかり、徳島県にも生かしていきます。

 2013.7.28(日)(ライオンズクラブ諮問会議)
2013〜2014年度 地区ガバナー公式訪問・第1回ガバナー諮問委員会が、徳島市内のワシントンホテルで行われます。今から行ってきます。
 2013.7.27(土)(連合の森、親子サマーキャンプ)
今日から、美馬市木屋平、中尾山・平成荘周辺において、連合徳島主催の親子サマーキャンプが行われます。私も参加します。私は、今日1日の参加になりますが、木工教室や、山の散策、バーベキューの準備などお手伝いをしてきます。今日も、暑くなりそうです。

約2時間ほど、徳島森林管理所の職員の方の案内で、山の散策に参加しました。やはり、山はいいです。涼しいです。
夕刻からは、みんなでバーベキューを楽しみました。
 2013.7.26(金)(土木評議会大会)
県職労土木評議会35回定期大会があり、出席しお祝いの挨拶をさせていただきました。大会終了後は、35周年記念式典と、懇親会が開かれました。なつかしい先輩にも会うことができました。環境に配慮をした公共工事のありかたを追求してきた事などが思い出されました。
今、公共事業を担当する職場は、人員削減が進んでおり、事業費が急に増えても、対応することが非常に難しくなってきており、そのため、超過勤務が増えることになり、職員の健康が心配されます。適正な人員配置が重要です。
暑い日が続きますが、ご自愛下さい。
また、今日は、新三好市長の黒川征一さんと県議会で会うことができました。元気そうで何よりでした。これからも、市民目線で頑張っていただけると思います。頑張って下さい。
 2013.7.25(木)(研修2日目)
徳島県議会議会運営委員会の研修2日目は、神奈川県議会です。神奈川県議会の議会運営の状況をお聞きしました。神奈川県の人口は、900万人を超えており、本県とは規模がちがいますが、議会運営のあり方は大いに参考になりました。
9月定例議会、11月定例議会を合わせ、長い会期の中で、チェック機能を強化し、災害時にも対応できるようにしていました。
 2013.7.24(水)(議会運営委員会研修)
徳島県議会、議会運営委員会の行政視察で、栃木県議会を訪問し、議会改革、特に通年議会について勉強しました。都道府県では全国で初めて平成24年度から通年議会制度を導入しています。良いところは、専決処分を減らすことが出来、議会のチェックが出来るということ。災害などが発生した場合、迅速に議決が可能となることなどが示されました。
本県でも、参考に出来ることが多くありました。栃木県議会事務局の皆様、ありがとうございました。
明日(25日)は、神奈川県議会を訪問します。

 2013.7.23(火)(これからの県政)
参議院選挙が終わり、新しい参議院の体制が決まりました。TPP、憲法改正、円安の進行など、懸案事項がたくさんありますが、国民生活の安定、向上に向けて、与党はしっかり取り組んでほしいと思います。野党もしっかりとチェックていただきたいです。
本県では、人口減少が進んでいます。中小零細企業が多く、雇用の確保と同時に、将来に向けた安定した雇用(正規採用)を増やしていく必要があります。若者が、定着し、結婚、子育てが進んでいくような徳島県にしていく必要があります。
 2013.7.22(月)(すべてが信任されたわけでない)
与党が、衆参でともに過半数を占めるという結果になってしまいました。しかし、国民は、すべてを信任したわけではありません。丁寧な国会運営を望みます。投票率の低さは問題と言えるでしょう。
暑い日が続きますが、ご自愛下さいませ。
 2013.7.21(日)(選挙結果)
参議院選挙が投開票されました。自民党が圧勝するという結果になりました。衆議院、参議院ともに巨大な与党が誕生しました。この結果におごることなく、国民の声に耳をかたむけ、真摯な国会運営をお願いします。社会保障の切り下げは絶対にしないでいただきたい。また、憲法96条の改正はしないでいただきたい。少数意見を切り捨てずにしっかりと両院で議論をしていただきたいと思います。
私は、民主党を応援していましたが、厳しい結果になってしまいました。残念です。しかし、国民の生活は待ったなしです。物価が上がり、賃金が上がらなければ生活は厳しくなってきます。若者の雇用は、非正規が非常に多くなっています。安定した雇用が重要です。
また、徳島県三好市長選挙も行われました。同じ県議会会派で、ともに頑張ってきた「黒川征一」さんが、見事当選しました。おめでとうございます。お疲れ様でした。これからも、頑張って下さい。うれしい!!
 2013.7.20(土)(選挙カーに同乗)
選挙カーを使っての選挙運動も、今日が最終日です。私は、終日「中谷智司」選挙カーに乗り込み、候補者と一緒に、支持を訴え、走りました。午後からは、候補者は、自転車に乗り換え、汗だくになりながら、訴えました。
暑い日でしたが、頑張りました。午後7時45分から事務所前にて、マイク納めを行いました。明日の投票箱が閉まるまで、支援を訴えていこう!とみんなで確認しました。
明日は投票日です。祈ります。
 2013.7.19(金)(選挙真っ最中)
暑い日が続きますが、参議院選挙終盤戦です。ねじれ解消が争点などといっていますが、ねじれが解消してしまったら、与党のいわば「暴走」が始まるのではないかと、危惧しています。
「良識の府」とよばれる、参議院のチェックを期待します。「中谷智司」頑張ろう!!
 2013.7.18(木)(ねじれはだめなのか)
与党は、「ねじれ解消)をこの参議院選で一番に主張していますが、私は、ねじれは、参議院での熟議を生み、衆議院の議決をチェックし、与党の暴走を止める役割があると思います。
参議院は、解散がなく、任期も6年と長くなっています。国民生活の事を第一に考え、長期的に政策を考え提案する、すなわち「良識の府」と呼ばれるゆえんです。
両院とも、巨大な与党が占めるようなことになると、十分な審議が行われずに、重要法案が強行的に採決される危険性があります。進行する少子高齢化社会での年金や、医療、介護などの社会保障制度が切り捨てられ、国土強じん化と称して、公共事業予算に大きく振り替えられやしないか。など、心配しています。また、憲法9条の改正も心配です。
 2013.7.17(水)(選挙も終盤戦)
暑い日が続きます。参議院選挙も終盤戦です。本県選出の民主党「中谷智司」さんは、6年間、一生懸命、本県のために、また日本のために頑張ってくれました。特に、参議院、農林水産委員長として、その能力を発揮してくれました。TPPに関しては、重要品目が守れない場合は交渉からの脱退も辞さない。とする、付帯決議をまとめました。
また、中小企業振興策について、雇用確保対策についても、力を入れました。
妖怪の様なアベノミクスという、円安政策が進むと、格差がますます拡大します。分厚い「中間層」をつくる。すなわち、労働分配率を高くして、労働者の可処分所得を上げて、購買力を高めていくことが、デフレ脱却につながると考えます。
民主党・中谷智司頑張ろう!!!
 2013.7.16(火)(終日選挙カーに同乗)
中谷智司さんの選挙カーに乗り込み、支持を訴えました。今日は、徳島市内中心の活動でした。途中、京都から民主党参議院議員「福山哲郎」議員、民主党幹事長「細野豪志」議員も徳島入りしてくれました。暑い日でしたが、頑張りました。

 2013.7.15(月)(海の日)
3連休の最終日です。海の日ですが、なかなか海には行けません。徳島県内の海水浴場は、非常に、水質がいいので、みなさん、海遊びに、海水浴にどんどん行っていただけると、ありがたいです。
麻布大学徳島県同窓会総会があり、出席しました。現在の大学の状況など、報告をいただきました。麻布大学同窓会は、8月12日、14日と徳島市阿波踊りに参加します。ご参加をお願いします。
 2013.7.14(日)(三好市長選告示)
前市長の辞任に伴う、三好市長選挙が告示され、3氏が立候補の届け出をしました。県議会の同じ会派で、14年間一緒に活動してきた、黒川征一氏が市民の要望にこたえて、立候補しました。徳島県を愛し、地元の三好市のことを誰よりも心配している、黒川氏。どうか、頑張って下さい。
参議院選も、熱を帯びてきました。「中谷智司」頑張ろう!
 2013.7.13(土)(選挙カー)
今日は、一日「中谷智司」候補の選挙カーに乗り、支援を訴えました。非常に暑い日でしたが、昼過ぎから、徳島市は、豪雨になり、選挙カーも大変でした。しかし、1時間くらいで天気は回復し、少し涼しくなって、元気いっぱいで頑張れました。
中谷候補も、日焼けして精悍な顔つきになり、必死で支援を訴えました。
反応もなかなか良かったです。「アベノミクス」では、私達の暮らしは良くなりません。円安の影響で、物価は上がるが、給料は上がりません。原料費の増加を、価格転嫁できなければ、給与を下げるしかない。こんな現状が見えます。
 2013.7.12(金)(青少年育成徳島県民会議)
青少年育成徳島県民会議の平成25年度総会が、とくぎんトモニプラザであり、徳島眉山ライオンズクラブの代表として、出席しました。すべての議案が可決された後、「現代の若者とうつ」ー電話相談から見てーと題して、県民環境政策課分室 青少年活動推進員の加藤勇平氏から講演がありました。
最近は、高齢者の次に若者の自殺が多いこと。自殺前の目撃情報では、うつ病様症状を呈している事が多いこと。励ますのではなく、最後まで聞いてあげる・傾聴 が重要だと言うこと。成果だけでなく、努力にも目を向ける。こんな事を話されました。
今、非正規雇用が増えています。将来に希望が持てるような施策が必要です。
 2013.7.11(木)(景気回復?)
日銀が、景気が回復したというメッセージを示しましたが、我が徳島県にはその恩恵は今のところ届いていません。株高、円安で、日銀は、行く先に自信を持っているようですが、生活必需品の油や小麦ガソリン、電気代などが高騰し、生活者を直撃しています。
収入が上がれば、まだ許せるのですが、給与は減少し、住宅ローン金利(10年固定)は、安倍政権発足時に、年、1.30%だったのが、1.65〜1.70%へと上昇するなど、ローンの返済にも負の影響が出ています。
景気は、回復してほしいですが、そのためには、労働者への賃金分配率を上げること、可処分所得を増やし、購買力を高める。そのことによって、内需拡大を図っていくことが重要な視点だと思います。
選挙戦の大きなテーマだと思うのですが・・・。
 2013.7.10(水)(漁業への影響)
サンマ漁が、解禁され、全国トップを切って、釧路や根室では、漁に出て、サンマが水揚げされています。脂ののったサンマは非常に美味しく、多くの方が待ち望んでいるといわれています。 今年は魚群の薄さが懸念されている上、燃油高も影響して、現状では出漁を見合わせる漁師が多く、初日の釧路港からの出漁は十数隻と、例年の3分の1程度にとどまった。といわれています。
円安は、国民生活を苦しめています。燃料を海外に頼るしかない日本では、円安は致命的です。
 2013.7.9(火)(猛暑)
35度を超える気温が全国で観測されています。暑いです。猛暑の中の参議院選挙です。我が、中谷智司陣営は、一丸となって、民主最後の1議席を死守すべく頑張っています。物価が上がる中、所得が増えなくては暮らしはますます厳しくなります。憲法9条の改悪改正(自民党は、自衛隊を国防軍にしようとする草案を発表しています)させないためにも、憲法96条の先行改正には反対していきます。
 2013.7.8(月)(選挙カー)
今日は1日、「中谷智司候補」の選挙カーに乗り込み、マイクを握りました。大変暑い1日でしたが、中谷候補の必勝に向け、ウグイスさんと共に、頑張りました。「頑張って」というたくさんの声援を受け、元気が出ました。
高松地方気象台は、本日8日、四国地方が、平年よりも10日早く梅雨明けした発表しました。本格的な夏になります。熱中症対策が必要です。休息と、水分補給重要です。選挙戦頑張ります。
 2013.7.7(日)(吉野川清掃)
徳島眉山ライオンズクラブの「アクト」奉仕活動として、今年も早朝、吉野川河川敷の清掃活動を実施しました。8リジョン、9リジョンの合同アクトです。例年行っているため、ゴミはだんだんと少なくなっているように感じます。
きれいになった河川敷では、例年阿波踊りの練習が行われます。徳島市の阿波踊りは、今年も8月12日〜15日までの4日間です。
また、午後からは、フレッセ国府支部の48回定期大会があり、出席し、挨拶をさせていただきました。突然の雷雨に驚きました。

 2013.7.6(土)(ねじれ)
今日の新聞でも、「ねじれ解消か?」などと、参議院選の状況が書かれています。今、衆議院は、与党が3分の2以上の議席を占めています。この上、参議院でも圧勝ということになると、衆議院で通った議案がすんなり参議院でも通ります。
参議院はよく「良識の府」といわれていますが、カーボンコピーになってしまう恐れがあります。もちろん、国民生活に不可欠な法案は通過して当然ですが、エネルギー問題や、社会保障、憲法など、国民の考え方が大きく異なるような法案について、強行採決がなされるおそれが出てきます。いわゆる、与党の好き放題の事がなされてしまうということです。
参議院不要論もそんな背景があるからだと思います。「ねじれ」も重要なのです。
 2013.7.5(金)(勝占演説会)
県職労青年部の大会があり、出席し連帯と激励の挨拶をさせていただきました。これからの組合の将来を担う、若者たちです。連帯して頑張っていただきたいです。
夜は、中谷智司さんの個人演説会が、私の地元のJA勝占であり、ご挨拶をさせていただきました。頑張れ!中谷智司!必勝だ!
 2013.7.4(木)(参議院選挙)
参議院選挙が、公示されました。21日が投開票となります。徳島選挙区は、1人を選ぶ選挙です。私は、民主党現職の「中谷智司」さんを応援しています。中谷さんは、6年間まじめに取り組み、参議院農林水産委員長として、しっかり頑張っています。
アベノミクス効果は、本県にはあまり関係のない出来事です。賃金が上がらないのに、円安の影響を受け、油や小麦といった生活必需品の値段が上昇しています。生活者にとっては、厳しい経済状況です。
 2013.7.3(水)(ライオンズクラブ)
徳島眉山ライオンズクラブの役員就任式、例会、新会員入会式がありました。私は、今期(2013〜2014年度)の新会長になりました。歴史と伝統のある、眉山ライオンズクラブがますます発展し、たくさんの奉仕活動が出来るように頑張っていきたいと思います。
 2013.7.2(火)(憲法改正は慎重に)
安倍首相は、「戦後レジームからの脱却」を主張し、憲法改正をはじめとした改革を行うことに、非常に熱心で、自民党憲法改正草案(国防軍の設置など)も発表されています。私は、国防軍の設置は、徴兵制につながっていく可能性があります。
また、憲法96条の先行改正を行い、憲法改正のハードルを下げようとしていますが、これは、いけないと思います。
憲法は、時の権力者が安易に改正することが出来にくいように定められたものです。今度の参議院選では、大きなテーマになります。
 2013.7.1(月)(値上げの夏)
今日から7月です。梅雨があけると本格的な夏がやってきます。熱中症に気をつけて下さい。水分補給と、休息が重要です。さて、円安傾向が続く中、原材料価格高騰の影響もあって、食料品をはじめ暮らしに欠かせない幅広い品目が7月1日から値上がりしました。
家庭用小麦は約2〜7%値上げ、食パン、菓子パンも値上げとなります。食用油は、4月の値上げに続き、今年2回目の値上げで、1キロ当たり20円以上の値上げ、マヨネーズ、ハム・ソーセージ、ラーメン、電気、ガス料金、航空運賃も値上げとなります。
家計に厳しい夏となりそうです。これで、賃金や年金が上がらない(収入が増えない)事になると、生活はますます苦しくなります。アベノミクスとは生活者にとって、厳しさを押しつける政策なのか。デフレ脱却のためには、賃金増、可処分所得の向上、購買力の増大、内需拡大、景気回復だと思います。参議院選挙では、暮らしの安定、将来の希望が争点になりそうです。
民主党「中谷智司」頑張ろう!!
 2013.6.30(日)(公益社団法人 日本オストミー協会)
公益社団法人 日本オストミー協会 徳島県支部の定期総会があり、出席しました。私は、縁あって当会の特別顧問の任についています。公益社団法人日本オストミー協会は、オストメイト(人工肛門・人工膀胱保有者)が安心して暮らせる社会を目指しているオストメイトによるオストメイトのための障害者団体です。
会員数は、全国で9500人くらいですが、オストメイトの方はもっともっと多いといわれています。オストメイト対応トイレの設置も進んできました。オストメイト対応トイレマップも出来てきました。障害のある方が、普通に暮らしていける社会をみんなでつくっていきましょう。
夕刻からは、フレッセ津田支部の定期大会があり、出席し、連帯の挨拶をさせていただきました。
 2013.6.29(土)(黒川征一事務所開き)
新風・民主クラブ会員である、黒川征一県議会議員が、7月21日投票予定の三好市長選挙に向けて、三好市池田町中西に後援会事務所を開設しました。その事務所開きが行われました。私も会派の会長として出席し、激励と連帯の挨拶をさせていただきました。炎天下ではありましたが、300名を超える方々の出席を得て、盛大に開催されました。
必勝あるのみ!頑張れ!黒川征一!!
 2013.6.28(金)(県議会閉会)
6月定例県議会が閉会しました。意見書として、地方財政確立を求める意見書が全会一致で可決され、関係大臣等に送付されます。地方財政の確立は重要です。
また、午後からは、連合徳島2013年度地方委員会が開かれました。私も、連合議員ネットワークの一員として、出席し、連帯の挨拶をさせていただきました。参議院議員選挙では、選挙区は「中谷智司」各産別の比例候補者の必勝をみんなで確認しました。頑張ろう!!
 2013.6.27(木)(議会運営委員会)
議会運営委員会が開かれ、出席しました。明日(28日)閉会日における、議事順序などについて協議しました。その後、会派総会を開き、会派の採決態度等を協議しました。
夜は、県職労衛生評議会の総会に出席し、議会の報告等行いました。
 2013.6.26(水)(国会閉会)
第183通常国会が閉会しました。参議院選は7月4日公示、21日投票が確定しました。アベノミクスの副作用が出てきています。物価が上がり、所得が減少する傾向があります。このようなことが続くと、格差がますます拡大します。
 2013.6.25(火)(特別委員会)
環境対策特別委員会が開かれ出席しました。生物多様性徳島戦略の案が示されました。私は、この戦略に、環境教育の視点を盛り込むべきである。との視点で、学校ビオトープの推進などを求めました。
また、四国88カ所の世界文化遺産暫定リスト入りを目指していますが、遍路道のゴミの不法投棄問題について質問しました。
 2013.6.24(月)(0増5減)
衆議院の小選挙区定数を「0増5減」する新区割り法が、衆議院本会議で再可決され、成立しました。次の衆議院選挙から、福井県、山梨県、徳島県、高知県、佐賀県では、選挙区が3から2になります。
このことは、賛成ですが、抜本的な定数見直しが伴っておらず、小手先の削減になってしまったことは残念です。安倍首相は、野田首相(当時)の党首討論で、0増5減も含め、定数削減をすると言い切っていたのに、約束を反故にした責任は重大です。
 2013.6.23(日)(富士山世界遺産に)
カンボジア・プノンペンで開催されていた「ユネスコ」世界遺産委員会は、日本政府が推薦した「富士山」景勝地の「三保松原」を含めて世界文化遺産に登録することを決めました。山岳信仰の対象で、浮世絵など多くの芸術作品に描かれた日本の象徴として文化的な価値が高く評価された結果といわれています。
報道でも、富士山が多く紹介されていました。うれしく思います。ただ、多くの人が押しかけて、ゴミや環境破壊などがおこらないか心配です。対策が必要となるでしょう。
 2013.6.22(土)(心の病)
過労や仕事のストレスから、うつ病などの「心の病」になって労災を認められた人が、2012年度は、前年度比1.5倍の475人だったことが報道されました。3年連続で過去最多を更新しています。うち、93人が自殺や自殺未遂しており、過去最多となっています。
心に病である、精神障害と認定された人のうち、時間外労働が月80時間以上の人は200人を上回っており、働く時間の長さと精神障害との関わりが裏付けられました。ディーセントワーク(働きがいのある人間らしい仕事)が重要です。
 2013.6.21(金)(恵みの雨)
台風4号の影響で、梅雨前線を刺激し、本県でも那賀町などでまとまった雨が降りました。ひと安心です。
円安が進む中、飼料が高騰し、国が緊急対策として国費で補填することになりそうです。急激な円安は、生活者を苦しめます。
いじめ防止対策推進法、本日参議院本会議で可決され、成立しました。いじめ対策が法制化されるのは初めてで、今秋にも施行されます。
 2013.6.20(木)(労働局要請行動)
午前10時から、就職採用試験時における人権侵害が起こらないような配慮を求め、徳島労働局に対して、解放共闘会議のメンバーと共に、要請活動を行いました。労働局も、県内企業に対して、広報活動などを行っていますが、さらなる取り組みを求めました。
台風4号が近づいています。梅雨前線を刺激し、各地で雨が降っています。本県でも降っています。恵みの雨になればいいと思います。
 2013.6.19(水)(経済委員会2日目)
商工労働部関係の経済委員会が開かれました。委員会では、部長から冒頭、県が県内企業121社を対象に行った調査結果(急激な円安の影響調査)が報告されました。アベノミクスで、株高などで一部浮かれている業種もありますが、中小零細企業がほとんどを占める本県では、円安が悪影響だと答えた企業が6割を占め、輸入に頼る原油や小麦、大豆の高騰で、原材料費の負担が深刻になっていることが明らかになりました。
原材料費の高騰を価格転嫁出来ない場合、人件費を抑制せざるを得ず、賃金デフレはますます進みます。物価が上がり、賃金が上がらないと、ますます、経済は失速します。私も、このことについて質問しました。
 2013.6.18(火)(経済委員会)
労働委員会、農林水産部関係の経済委員会が開かれました。渇水対策や、TPP影響県内などについて、議論がなされました。私は、県内における海女・海士(こちらは男性)の状況や、アワビやサザエの漁獲量について質問しました。また、密漁対策についても状況を聞きました。
NHK朝の連続テレビ「あまちゃん」効果で、県南部、漁業の活性化を期待します。
 2013.6.17(月)(議会で用務)
明日から、委員会審議です。経済委員会での審議に備えて、議会にて質問の準備です。労働委員会関係、農林水産部関係の審査が明日行われます。
それにしても、暑い日が続きます。長安口ダムの貯水量も減少しています。雨がほしいですね。
 2013.6.16(日)(フレッセ入田支部定期大会)
フレッセ入田支部の定期大会が、神山町の「栗本」さんで開催され、出席し、お祝いの挨拶をさせていただきました。公契約条例の制定や、耐震リフォーム工事の推進など、多くの課題がありますが、共に頑張っていきたいと思います。
中谷智司参議院議員、仙谷由人前衆議院議員もかけつけてくれました。
夕刻からは、あわぎんホール(前郷土文化会館)にて、中谷智司総決起集会が行われました。暑い中でしたが、多くの方が参加してくれました。応援には、京都府選出の、福山哲郎参議院議員が駆けつけてくれました。
「頑張ろう!!」
 2013.6.15(土)(ライオンズクラブ)
ライオンズクラブ国際協会336−A地区 9リジョン第4回ガバナー諮問委員会・引継会が、徳島市内のワシントンホテルであり、出席しました。7月からは徳島眉山ライオンズクラブの会長に就任予定です。一生懸命頑張ります。
 2013.6.14(金)(県議会一般質問)
一般質問が行われました。喜多議員(自民党県民会議)、岡田議員(明政会)、達田議員(共産党)の3名が登壇しました。憲法96条問題や、米軍機低空飛行訓練の中止を求める質問等がありました。
終了後、会派総会を開き、委員会の対応等について協議しました。
夕刻からは、県職連合新入組合員歓迎の夕べが行われ、出席しました。これからの県庁生活、身体に気をつけて頑張って下さい。
 2013.6.13(木)(県議会代表質問)
代表質問が行われました。竹内議員(自民党県民会議)、嘉見議員(明政会)、黒川議員(新風・民主クラブ)、笠井議員(自民党県民会議)が登壇しました。
我が会派の黒川議員は、憲法96条の改正議論について、知事の考え方を聞きました。96条改正よりも、先に、憲法の何を改正したいのかが重要だとの答弁でした。あたりまえだと思います。また、空き屋対策などについても、質問しました。
お疲れ様でした。
 2013.6.12(水)(株安)
株安、乱高下が続いています。また、円安から円高の傾向が見られます。先日、同志社大学の浜教授の講演を聞く機会がありました。以下、内容を紹介します。(同じ会派の、松崎清治議員のブログから、引用させてもらいました。
「危ない!アベノミクスの悲劇」

「アベノミクス」という妖怪がマスコミや世間を賑わせています。その正体を見極めようと、「妖怪アベノミクスの本性」(連合徳島中央・西部・南部地協主催)の浜矩子同志社大学院教授の講演に多数の人が耳を傾けました。

ずばり!5つの大罪=弱点・本質は?

@ 時代錯誤の成長至上主義である。
安倍政権の「国土強靭化」の矢は、「人からコンクリートへ」「福祉から防衛へ」「地方から中央へ」と見事に時間が逆流しています。これらは戦後の成長期に自民党政権が行ってきたバラマキ政治「浦島太郎の経済学」なのです。
今政治に求められるのは、経済成長一辺倒でなく、成長から生まれた「富の分配」の大きなしくみを
創り「貧困や格差問題」に正面から取り組む事なのです。
そして、全ての人々が役割りを果たし、活かされる社会を目指す事が大切なのです。

A 円安は神風か?輸出立国主義の時代遅れ!
「輸出立国ニッポン」の観念に囚われた円安待望論は「円安」を神風のように喜んでいます。しかし、すでに日本の生産体制は、グローバル化しており、「日本製品」の多くは輸入部品や輸入素材に頼っています。
(国内オンリーの自己完結型は時代遅れになっているのです。)
一方でエネルギー資源や食料品など輸入品に頼っている分野も多く、円安による食料品などの値上げラッシュは庶民の生活を直撃しています。すでに、アベノミクスの円安神風論(円が安ければよい。)は通用する時代では無くなっているのです。

B「通貨の番人」がバブル製造装置に!賃金デフレは深刻化!
日本銀行は通貨価値の番人です。
しかし、日銀はチームアベの相棒にされて「国民の為の中央銀行」ではなくなりました。そして「異次元の金融緩和?」という庶民には理解できない「質的・量的金融緩和」をやってのけました。要は、デフレ退治と称して「銀行券」をジャブジャブと印刷し、政府の国債(借金)を買い取る「自民党政権の金貸し業」に商売替えをした事を物語っています。
淡い期待としてのバブルによるデフレ退治の効果は、私たちの賃金にも波及するのでしょうか?残念ながら、2%の物価値上げ目標が達成されたとしても、企業の生産コストは上がり、円安により輸入コストも上がります。
結局は、人件費にしわ寄せする形で総額コストを抑え込む事が考えられます。そうすれば、賃金デフレ(引き下げ)はかえって深刻化することになりかねません。
「資産バブル」の一方で、「実態デフレ」の同時進行という恐ろしい現象が日本で起きる可能性が高まっているのです。
行き着く先は、国債の暴落と金利の暴騰という見たくない現実です。

C成長戦略の矢は「市場に振り回される!」
アベノミクスの成長戦略は勝ち組みと目する分野(市場)へ人々を誘導するという狙いが全面に出ています。
そして、政策では強者を見出し、強者をより強くしようとしています。
小泉政権下で行われた規制緩和と弱肉強食の政策の焼き直し版です。
しかし、ゆきすぎた市場との対話は「市場との一蓮托生の関係」になる可能性があります。
市場の仕事を国の政策が代行する必要は無いのです。
(やってはならない事をやってはなりません。)
むしろ、市場が出来ない事、落ちこぼれる者、痛む者を支えるためにこそ、政策という装置が市場の外に準備されているのです。

D生活防衛と投機の危うさ!
正直、預貯金の金利が低い事から、今回の株高を狙って、株式投資へ走っているとの報道もされています。格差が拡大する下で生活防衛型の投機に走ると生活そのものが破壊される心配があります。
また、日本の円安が続けば、自国の通貨の切り下げ競争(1930年代)を生じて為替戦争に突入する心配(教訓)があります。終わり無き消耗戦と言われる、その役割を日本がやろうとしているのです。
バブル風船を作ろうとしているアベノミクスの危険性(本性)をしっかり見抜き参議院議員選挙を戦う必要があります。

(なお、質疑では、自民党政権は日本の財政破綻への道を進んでいる。これにブレーキをかける野党の民主党への叱咤激励と原点に返った政策への期待が寄せられました。)

参照:「妖怪アベノミクスの本性」同志社大大学院 浜 矩子教授
「アベノミクスの真相」 浜 矩子教授著(中経出版)
 2013.6.11(火)(ライオンズクラブ準備)
7月から、ライオンズクラブは新体制になります。その準備として、計画委員会、準備理事会が開かれ、出席し、みんなで予算案、計画案を協議しました。新会員の加入をどう進めていくか。大きな課題です。
 2013.6.10(月)(県議会開会)
6月定例県議会が、開会しました。補正予算案、10億4287万円など、14議案が提案されました。又、四国88カ所霊場と遍路道の世界遺産登録について、2016年度の暫定リスト入りを四国4県で目指していくことを表明しました。
また、県南部の道路整備・ミッシングリンク解消、TPP対応に向けた取り組み、13年を震災対策条例元年と位置づけ、ハード ソフト両面による取り組み強化、県版サマータイムの実施、ひとり暮らしの高齢者対策、などが表明されました。
代表質問は13日、一般質問は14日です。13日には、7月の三好市長選挙に出馬を予定している我が会派の黒川征一議員が登壇します。頑張って下さい。
 2013.6.9(日)(フレッセ大会)
全建総連フレッセ南徳島支部の定期大会があり、出席しお祝いの挨拶をさせていただきました。大工さんなど、職人さんの組合です。耐震リフォーム工事など、大変お世話になっています。
耐震リフォーム工事は、南海トラフの大地震が近い将来、発生が予想されていますが、大変重要な工事です。費用もかかりますが、県からも、補助がありますので、是非ともご検討下さい。
 2013.6.8(土)(ライオンズクラブ次期会長・幹事・会計研修会)
私は、今、徳島ライオンズクラブに所属しています。次期(7月から1年間)会長となる予定です。
今日は、ライオンズクラブ国際協会 336−A地区(四国地区)のライオンズクラブ次期会長・幹事・会計研修会が、高松市の高松国際ホテルで開催され、幹事、会計と共に、参加しました。多くのことを学びました。しっかり頑張っていこうと思います。
 2013.6.7(金)(特別委員会)
事前環境対策特別委員会が開かれ、出席しました。所管事項の説明がありました。
この特別委員会は、生活環境の保全に関する調査、地球温暖化の防止に関する調査、・水資源(森林の保全による水源かん養)の確保及び鳥獣の保護・管理に関する調査を行います。
これからも、しっかり議論していきたいと思います。
 2013.6.6(木)(勝占地区コミュニティー連合会総会)
勝占地区(東部、中部、西部)コミュニティー連合会総会が、中部コミセンであり、出席しました。青少年健全育成の支援をしたり、遺族後援会の支援(戦没者慰霊祭)、敬老会や、夏祭りの支援など、地域の行事に積極的に参加しています。
私も、しっかり、頑張っていきたいと思います。
 2013.6.5(水)(経済委員会)
事前の経済委員会が開かれ、出席しました。労働委員会関係、商工労働部関係、農林水産部関係の、議案、補正予算案などが提案されました。
夕刻からは、徳島眉山ライオンズクラブの、理事会、例会が行われました。来期は、会長となる予定です。忙しくなりそうです。
 2013.6.4(火)(議会運営委員会)
県議会、議会運営委員会が開かれました。5日は、事前常任委員会、6日、7日は事前特別委員会、10日が開会となります。そして、13日が代表質問、14日は一般質問です。
その後、会長・幹事長会が開かれ、「いけるよ徳島行動計画」を議会議決事案とすることを決めました。
サッカー日本代表、ワールドカップ出場決定!おめでとうございます。本田選手のPK素晴らしかったですね。
 2013.6.3(月)(司法基盤についての意見交換会)
日本弁護士連合会、徳島弁護士会主催の、「徳島における地域の司法基盤に関する意見交換会」が、徳島市グランビリオホテルであり、出席しました。徳島弁護士会の大西聡会長から、本県の裁判所の現状の報告があり、裁判官の支部常駐が望まれる理由などを、述べられました。
会場からも、地域を理由に、裁判の機会均等が補償されないのはおかしい。など、意見が表明されました。
 2013.6.2(日)(フレッセ定期大会)
全建総連 フレッセの48回定期大会があり、出席して、連帯の挨拶をさせていただきました。大工さんや左官屋さんなどの職人で構成する労働組合です。私も、大変お世話になっています。公契約条例の制定や、仕事確保が大きな課題です。
中谷智司参議院議員も出席し、アベノミクス・円安で、国民の暮らしが危うくなってきている。賃上げ、雇用確保が重要ですと、訴えました。
午後からは、「NO NUKES 徳島集会」に参加し、民主党の政策(原発ゼロ社会の実現3原則)を報告しました。@40年運転制限を厳格に適用する。A原子力規制委員会の安全確認を得たもののみ、再稼働する。B原発の新設・増設は行わない。この、3つの原則を厳格に適用する中で、2030年代に原発稼働ゼロを可能とするよう、あらゆる政策資源を投入します。
これらを、訴え、連帯の挨拶をさせていただきました。
 2013.6.1(土)(支援米田植え)
食とみどり・水を守る徳島県民会議(私が議長の任にあたっています)主催の、アジア・アフリカ救援米の田植え(徳島市応神町の休耕田・1反)を実施しました。構成組織の組合員さんや、子供さんの参加し、手植えと、機械植えで、約1時間30分くらいで植え付け完了しました。秋には、刈り取り、国連を通じて、おそらく、本県の場合はカンボジアへの支援米となる予定です。
過去にも、東日本大震災支援米として送るなど、県民会議の取り組みとして、定着しています。

 2013.5.31(金)(パソコン値上げ)
アベノミクスにより、円安になりましたが、アップルのi-padや、パソコンが値上がりしています。また、住宅ローン金利が2ヶ月連続で上昇し、生活を圧迫しています。
自動車産業は、輸出が好調で、工場は活気があふれていると言いますが、雇用は、非正規社員が増加しているといわれています。雇用と、賃金の改善が伴わないと、デフレは解消しないと思います。「雇用」「賃上げ」重要です。
 2013.5.30(木)(会派研修2日目)
昨日の杉並区研修とも関連がありますが、千代田区にある三菱総合研究所を訪問し、「プラチナコミュニティー構想について」説明を受けました。平成24年度厚生労働省セーフティーネット支援対策事業で全国調査した結果報告「高齢者居住を中心とした自治体間連携に関する調査」について、詳しく説明をしていただきました。
今後、高齢化問題は深刻化してきます。そのための対策をしっかり県議会でも議論していこうと思います。
夕刻からは、公益社団法人徳島県獣医師会の総会に出席しました。

 2013.5.29(水)(会派研修)
会派研修として、東京都杉並区議会を訪問しました。課題は、「高齢者居住を中心とした自治体間連携について」です。杉並区は、静岡県南伊豆町に昭和49年から南伊豆健康学園を設置し、虚弱児童等の転地療養のための区立全寮制養護学校(小学校)を設置し、交流がありました。健康学園の廃止に伴い、跡地に特別養護老人ホームをつくり、杉並区の待機高齢者の意向を聞いて、送り出そうという計画です。
今後、増加する、高齢者の対策として、全国からも注目されています。

 2013.5.28(火)(会長・幹事長会)
県議会の会長・幹事長会が開かれ、出席しました。6月定例会は、6月10日が開会です。6月4日は議会運営委員会、事前常任委員会は5日、事前の特別委員会は6日、7日です。
午後から会派総会を開きました。
 2013.5.27(月)(梅雨入り)
今日から、四国は梅雨入りとの報道がありました。平年より、少し早い梅雨入りです。5月は、雨量が少なく、長安口ダム、小見野のダムの貯水量が10%程度となっています。取水制限も強化されます。
恵みの雨を期待しています。
 2013.5.26(日)(偲ぶ会)
上勝町職員であった、「東ひとみさんを偲ぶ会」が上勝町の月ケ谷温泉であり、妻と共に出席しました。本年1月に突然の病で亡くなられましたが、在職中のご奮闘、ご活躍をたたえ、惜しむ声が多く聞かれました。東さんは、環境問題に正面から取り組み、ゴミを燃やさない。可能な限り、分別を行う。そして日本初のゴミゼロ宣言、「上勝町ゼロウエイスト宣言」にも尽力いたしました。県外からも環境問題で関係のあった方々も来られ、思い出を語っていただきました。
ご冥福をお祈りいたします。
 2013.5.25(土)(軟式野球大会)
四国4県議会の軟式野球大会が鳴門市にある、ポカリスエットスタジアムで行われました。1回戦は愛媛県議会チームと対戦しましたが、惜しくも敗れました。私は、レフトを守りました。
2回戦は、高知県議会チームと対戦し、勝利しました。総合3位という成績でした。いい天気に恵まれ(暑いくらいでした)、また、四国各県の議員さんとの意見交換、交流が出来ました。
 2013.5.24(金)(四国4県議会議員連盟総会)
四国4県の県議会議員で構成している、四国観光議員連盟、四国公共交通議員連盟、森林・林業・林産業活性化促進議員連盟の総会が、徳島市内のホテルであり、出席しました。四国88カ所霊場と遍路文化の世界遺産登録に向けた支援や、14年度の本州四国連絡道路への全国共通料金の導入により影響を受ける公共交通機関への支援を国に求めていくことなどを決めました。
 2013.5.23(木)(株価乱高下)
順調に上昇してきた株価が、乱高下し、日経平均株価は1日の値幅が1400円をこえ、23日の株価は、最終1143円安ということになりました。この下げ幅は、ITバブルが崩壊した00年4月17日の1426円安以来、過去10番目の大きさといいます。
アベノミクスで、金融と財政を通じて思い切りお金をばらまく政策は、有識者が指摘するように、株価上昇を景気回復と勘違いしてはいけないということです。「日銀は年間50兆円超の金を、国債や株式の市場に流し込み、意図的に資産バブルを起こそうとしている。だから短期的に株価が上がるのは当然の結果。ただ、市場にお金をじゃぶじゃぶと流し続け、株価を上げ続けることが出来ないことがこの政策に潜む危うさ」
今、貯蓄していても、金利はゼロに近いので、この際株を買おうという個人の方の注文が増えてきているということを聞きましたが、これは、危ないと思います。

世界最高峰、エベレスト山頂へのアタックを行っていた80歳の冒険家、三浦雄一郎さんが、日本時間の23日午後0時15分標高8848メートル頂上に到達し、世界最高齢での登頂記録を塗りかえました。「すごい」そしておめでとうございます。
 2013.5.22(水)(金利上昇)
日銀の黒田総裁は記者会見で、大規模な金融緩和後に長期金利が急上昇していることについて、過度な変動は回避しなければいけないとのべた。長期金利の指標になる「満期10年国債」の金利は、緩和前の年0.5%から、22日には0.9%となった。
このことは、国民の暮らしに大きな影響が出ます。住宅ローン金利や、企業の資金調達にも影響が出ます。また、国地方自治体の借金の返済にも大きな影響が出ます。住宅ローンで、特に短期固定金利選択型や変動金利型などを選んだ人達にとってはとても深刻な問題です。金利上昇期には、自己破産の件数が増えるとのデータもあります。アベノミクスは危ない。
 2013.5.21(火)(マヨネーズ値上げ)
円安が続き、1ドルが100円を超えてきました。日銀の金融緩和策(日本銀行が民間の銀行を通じてたくさんのお金を出回らせることで、会社や私たち個人(こじん)がお金を銀行から借りやすくする)をとり、円を売り株を買うという傾向もあるようですが、株価は上がってきています。
しかし、円安のため、輸入品は価格が上昇し、小麦、原油価格、輸入パルプなども価格上昇が続いています。マヨネーズや、パン、うどん、パスタ、ティッシュペーパーなどの価格も上昇です。お総菜屋さんでは、ガス、パック、原材料などすべてが価格上昇しても、それを販売価格に転嫁しづらい。といわれています。そうなると、従業員の労賃を圧縮するようになるのでデフレは解消しないと思います。行きすぎた円安は非常に怖いと思います。
また、輸出業者にしても、原材料を輸入して国内で製品にして輸出している事業者にとってはそれほど円安の恩恵はないと、同志社大学の浜教授が言っていました。アベノミクスは危ない。
 2013.5.20(月)(移動店舗事業協同組合)
第62回徳島県移動店舗事業協同組合の総会があり、出席しお祝いの挨拶をさせていただきました。移動店舗事業は、お祭りや、10日えびすなど、県下各地で行われる、伝統行事に賑わいの華を添えてくれています。たこ焼きや、イカのフライ、おもちゃなど、子どもたちや、もちろん大人も楽しみにしています。
これからも、協同組合の発展を祈念しています。
 2013.5.19(日)(ライオンズクラブ家族会)
私の所属する、徳島眉山ライオンズクラブの家族会があり、出席しました。貸し切りバスにて、神戸中華街、姫路白鷺城に行ってきました。小雨が降る中でしたが、楽しい家族会でした。お世話になりました。

 2013.5.18(土)(築地)
昨日は、都内で宿泊しました。午後の飛行機で徳島に帰ってきました。その間を利用して、築地市場に行ってきました。お天気も良く、築地は超満員でした。お寿司屋さんには長蛇の列が出来ていました。私は久しぶりにウナギをいただきました。

 2013.5.17(金)(自治体議員連合全国学習会)
東京都で学習会が開催されます。私も出席します。朝の飛行機で向かいます。しっかり勉強してきます。内容について報告します。
・講演1 「安倍政権はどこに行く。地方分権を中心に」講師は、諏訪 雄三氏(共同通信 編集委員兼論説委員) 講演2 「2013年度の地方交付税の実情と課題」講師は 飛田 博史氏(地方自治総研・研究員) 中平・自治労本部政策局長からは、「地方財政確立に係る地方自治法99条に基づく議会採択の取り組みについて」報告と依頼などがありました。
 2013.5.16(木)(議会で用務)
本年の医療政策について、担当者からお話を伺いました。医師の確保や、災害に強い医療体制を構築していかなければなりません。また、6月議会対策についても準備など行いました。
 2013.5.15(水)(食とみどり・水を守る徳島県民会議)
先日、食とみどり・水を守る徳島県民会議主催で「竹林を見る会」を開催しましたが、今日は、幹事会を開きました。諸活動の報告や、アジア・アフリカ支援米の田植えの日程などを決めました。支援米の植え付けは、6月1日、徳島市応神町の休耕田をお借りして「田植え」を行います。
飢餓や貧困のない、平和な地球の創造を!
 2013.5.14(火)(歴史認識)
安倍首相の歴史認識が問題視されています。アメリカ議会調査局は、「安倍総理大臣は日米同盟の力強い支持者ではあるが、一方で、歴史問題への対応しだいではアメリカの国益が損なわれる可能性があり、安倍政権が外交面でうまくかじ取りをやっていけるかが問われている」などとした報告書をまとめました。
これについて、安倍総理大臣は参議院予算委員会で、「アメリカ議会の公式見解を示したものではないので、政府として内容にコメントすることは差し控えたいが、わが国の考え方が十分に理解されていないことは残念だ。正しく理解されるよう、積極的な情報収集や発信に努めていく」と述べました。
そのうえで安倍総理大臣は、「間違いならば訂正を求めるべきだ」と指摘されたのに対し、「間違いであるわけだから、そのつどしっかりと訂正を求め、こちらの意見を伝えていくのは大切な姿勢だ」と述べました。
また、維新の会代表の橋本大阪市長は、従軍慰安婦は必要であった。と述べたことは、人権無視の差別発言だと思います。また、在日米軍幹部に対して、海兵隊員による風俗業者の活用を求めた事も明らかになっており、ひんしゅくをかっています。
 2013.5.13(月)(議会で用務)
午前中、親戚の方の葬儀があり参列しました。午後からは、県議会にて、懸案事項の調査活動を行いました。又途中、ライオンズクラブの用務もあり、クラブ事務所を往復しました。
 2013.5.12(日)(母の日)
母の日です。阿南市の実家に向かい、母に花を届けました。これからも、元気でゆったりとすごしてほしいです。夕刻からは、大学の同窓会の段取りで、会合を持ちました。
 2013.5.11(土)(後援会事務所開き)
参議院議員中谷智司後援会事務所開きがあり、出席しました。多くの方が、マリンピア沖洲の事務所に集結し、再選を目指し共に行動することを確認しました。
頑張ろう!
 2013.5.10(金)(議員フォーラム2日目)
地方議員フォーム2日目です。細野豪志幹事長、古本伸一郎自治体局長から、民主党の改革創生の取り組みについて説明があり、会場からは、数点の要望や質問がありました。
続いての講演は、今テレビにも多く出演している、浜 矩子 (はま のりこ)氏より「グローバル時代の浦島太郎」と題して90分の講演がありました。アベノミクス5つの大罪 @浦島太郎型公共事業の復活 A円安神風型輸出立国主義への回帰 B相棒つぶし型金融大緩和 Cゆきすぎた市場との対話 Dデフレ下のバブル経済化
の説明がありました。賃金を上げないとデフレは解消しない。特に印象深かったです。

 2013.5.9(木)(2013年度 地方自治体議員フォーラム)
今日、明日(10日)の日程で、民主党地方自治体議員フォーラム総会・全国研修会が東京都のホテルで開催され、出席しました。研修会は、@全体講演として 北海道大学大学院法学研究科教授の山口二郎氏から「民主政治の危機をどう凌ぐかー政治を諦めないための処方箋ーと題して講演を受けました。非常に元気が出る素晴らしい講演でした。
A櫻井政調会長から、参院選マニフェストについて B党代表の海江田万里氏から挨拶がありました。

 2013.5.8(水)(議会で用務)
国政の方は、川口委員長が、帰国が遅れ開催することが出来ず、野党から国会軽視、委員会軽視として解任決議案が提出される事になりました。危機感の欠如としか言いようがありません。情けないです。
県議会にて、6月議会に向け、諸準備を行いました。アベノミクスで世の中浮かれているようですが、県内中小企業や、年金生活者、サラリーマンは収入も上がらず、厳しい経済状況は続いています。雇用の確保が重要ですし、非正規雇用が増えてきていますが、正規雇用の増大が重要です。
 2013.5.7(火)(アトランティス?)
少し、肌寒く感じる日でした。議会にて、諸準備、調査活動を行いました。各常任委員会の県内視察も進んでいます。
さて、本日夕刊に、アトランティスか?といった記事が出ていました。場所は、ブラジル・リオデジャネイロ沖で、海底台地を発見し、そこで、陸地でしか組成されない花こう岩が大量に見つかったといいます。
アトランティスは、私が小学生の頃にも、古代文明国家が存在したとして、話題になった記憶がありますが、地球の活動は、地殻変動や、火山の爆発、地震や津波の歴史ですから、そこに、アトランティス大陸・文明が存在していたとしてもなんら不思議ではありません。
沖縄県与那国島の海底にある、遺跡群も過去に水没したものといわれています。地球は、誕生から46億年と言われています。今私達が暮らしている時代(文明)は、地球の歴史からすると、ほんの一瞬です。過去の歴史に学び、今を大切にしなければと思います。紛争のない、平和な地球が一番です。
 2013.5.6(月)(雨乞いの滝)
大型連休の最終日です。今日は天気にも恵まれました。神山町の道の駅や、上分花の隠里(かくれざと)雨乞いの滝、神山温泉などで楽しみました。

県内にも、観光スポットがたくさんあります。私も、雨乞いの滝、花の隠里は初めて行きましたが、大変素晴らしいところです。また、神山温泉横の公園では、今、藤が満開です。是非見に行って下さい。「いつ行くの?」 「今でしょ」
 2013.5.5(日)(こどもの日)
菖蒲を飾り、こどもの日を祝いました。これからも元気で成長していってもらいたいです。全国各地で、鯉のぼりを飾る映像が流れています。また、交通渋滞のニュースも流れています。
非常にいい天気でした。家の周辺の草刈りなどに汗を流しました。
 2013.5.4(土)(BBQ)
連休を利用して、親せきの方々と、バーベキューで、舌鼓。親交を深めました。阿波牛やサザエ、タケノコ、カツオなど旬の食材が素晴らしかったです。
 2013.5.3(金)(憲法記念日)
1947年5月3日に施行された日本国憲法。67年目を迎えたこの日は、各地で集会や後援会がもたれました。徳島市ふれあい健康館においては、9条の会主催で「保守護憲の系譜ー自民党・安倍改憲を斬る」と題し、佐高信氏から90分の講演がありました。
講演内容は、過去からのデーター、発言内容を示しながら、現安倍首相の改憲論は非常に危ない。国防軍、徴兵制、の危険性を指摘しました。
今、自民党、維新の会、みんなの党は憲法96条を改正し、憲法改正のハードルを下げようとしていますが、国民はそんなことを望んでないと思います。もっと、慎重であるべきと思います。
 2013.5.2(木)(富士山世界遺産に)
ユネスコの世界文化遺産に、「富士山」の登録が勧告されたことが報道されました。喜ばしいことだと思います。以前、2003年にゴミの不法投棄などを理由に、世界自然遺産の対象から外された苦い経験があるだけに、関係者のご尽力に敬意を表します。
本県も、四国の各県と共に、「四国88カ所霊場と遍路道」の文化遺産登録を目指しています。かなり厳しい道のりとは思いますが、何とか実現したい課題です。
 2013.5.1(水)(メーデー)
今日から5月・ (May) 「皐月」(さつき) です。徳島中央メーデーが開催され、出席し連帯と激励の挨拶をさせていただきました。賃上げと、雇用確保が重要です。また、非正規雇用労働者が増加しています。何とか、正規雇用に結びつけていかなければなりません。
また、ディーセントワークも重要です。

 2013.4.30(火)(薬草で地域振興)
上板町にある、県立果樹試験場の見学に行きました。試験場は、石井町に今春完成した、徳島県農林水産技術支援センターに統合されましたが、果樹の試験圃場は存続しています。今果樹は、鳥獣被害で大変です。特に、上板は、桃や梨、柿がありますが、猿による被害が顕著だそうです。
また、近くの耕作放棄地を利用して、薬草を栽培している現場も見せていただきました。農家の方の利益につながればと思います。
 2013.4.29(月)(動物ふれあいフェスタ2013)
神山町にある徳島県動物愛護管理センターにて、動物ふれあいフェスタ2013が開催され、出席してお祝いの挨拶をさせていただきました。今年で11年目を迎えますが、着実に動物愛護思想の啓発かはかられています。犬やネコの処分頭数は着実に減少しています。また、犬やネコの譲渡も進んでいます。
これからも、この施設を拠点に愛護啓発が進むことを期待しています。
 2013.4.28(日)(LEDアートフェスティバル)
午後1時から、徳島駅前にて、政府が主催する「主権回復式典」に反対し、沖縄と連帯する思いで、街宣活動を行いました。県内野党4党(民主、共産、社民、新社会)が、共闘しました。沖縄では、宜野湾市で抗議集会「4.28屈辱の日沖縄大会」が同時刻に開かれました。
1952年4月28日、サンフランシスコ講和条約で、米の統治から日本が事実上独立した日とされていますが、そのときに、沖縄、奄美、小笠原は、引き続き米の統治下におかれ、日本からは切り離されてしまいました。1972年本土復帰をしましたが、沖縄県民はこの日を屈辱の日として心に刻んでいるといいます。
今なお、米軍基地は沖縄県で大きな面積を占め、米軍の暴行事件もあとをたちません。私達は、もっと、沖縄の現状を認識し、基地縮小に向け努力していかなければなりません。
夜は、LEDアートフェスティバルを見に行きました。とくしま城公園周辺にてLEDアートを楽しみました。

 2013.4.27(土)(竹林を見る会)
食とみどり・水を守る徳島県民会議主催で、竹林を見る会が開催されました。開催地は阿南市福井町の竹林です。子供さんも参加しみんなでタケノコを掘りました。昼食はタケノコの炊き込みご飯でした。大きくなったタケノコで器を作り、ご飯や、おかずを盛って、いただきました。
 2013.4.26(金)(企業局中央委員会)
徳島県企業局労組の中央委員会があり、出席し連帯と激励の挨拶をさせていただきました。企業局は、24日に、西日本初の公設メガソーラーを設置しました。職員さんのご苦労は大きなものがあったと思います。ご苦労様です。
今後本県の再生可能エネルギーの普及の大きな広告塔になると思います。
 2013.4.25(木)(タケノコ掘り)
福井町の竹林で、竹の子掘りをしました。収穫したタケノコは、皮をむき、大きな釜でゆであげ、水で冷やします。旬のものは美味しいです。竹林は、手入れをするのが大変です。最近では、放置竹林が問題となってきています。
 2013.4.24(水)(メガソーラー開所式)
徳島県企業局が徳島市のマリンピア沖洲にある廃棄物最終処分場跡地2.7ヘクタールに建設していた大規模太陽光発電所(メガソーラー)の開所式があり、私も出席しました。雨が降り、風も強い中でしたが、とくしま科学技術高校の学生さん70名をはじめ、多くの関係者が集い、開所を祝いました。
太陽光パネル(1枚240ワット)を8784枚備え、出力は2メガワット。年間発電量は238万9千キロワット毎時で、一般家庭660世帯分の年間消費電力に相当します。発電した電気は、直流を交流に変換し、全量を四国電力に売電します。(1キロワットあたり42円)年間1700万円の利益を見込んでいます。
石油を使った火力発電に比べて、年間1670トンの二酸化炭素削減効果があります。再生可能エネルギーの始動です。これからも、風力や小水力発電等も普及させていきましょう。

 2013.4.23(火)(ネット選挙解禁)
インターネットを使った、いわゆるネット選挙が今夏の参議院選挙から解禁になりました。若者の投票率の上昇には効果がありそうです。しかし、心配されている、候補者なりすましや、ブログやネット掲示板などに候補者への誹謗中傷が書き込まれた場合など、心配事は多くあります。
今後、その対策が重要となってきます。
 2013.4.22(月)(アベノミクス)
株価が上がり、円安が進行しています。1ドルが99円後半になってきました。しかし、浮かれてばかりではいられません。海外からの輸入に頼っている、オイル、石炭などの燃料資源、小麦やトウモロコシ大豆などの食料品など、値上の兆候が見えています。電気料金も上がります。
これら輸入品は、国民生活に欠かせないものです。値上げが続くと、生活はより一層苦しくなります。雇用と、賃金を上げ、可処分所得を増やすことが重要です。内需を拡大していくことが重要と考えています。
 2013.4.21(日)(とくしまマラソン2013)
とくしまマラソンのスタートを見に行きました。1万人の方がスタートしました。ランナーそれぞれ、個性的なユニフォームでそして笑顔で走っていました。
その後、鳴門ライオンズクラブの50周年記念式典、祝賀会が鳴門グランドホテルで行われ、出席しました。150人もの方が参加され、盛大に開催されました。
 2013.4.20(土)(退職者会総会)
県庁退職者会・徳島第一支部の総会があり、出席しました。久しぶりに、なつかしい先輩方とお話をさせていただきました。退職後も、趣味や地域活動をされています。いつまでもお元気で、ご指導をお願いします。
徳島市で、LEDアートフェスティバルが開幕しました。29日までの10日間開かれます。会場は、新町・両国、眉山、幸町、城山、万代の5カ所です。是非見に来て下さい。
 2013.4.19(金)(はな・はる・フェスタ開幕)
徳島の春の祭典、はな・はる・フェスタが開幕しました。藍場浜公園で行われています。阿波踊り、徳島ラーメン、各地の物産展など、春のイベントとして、定着してきました。
 2013.4.18(木)(鳥インフルエンザ)
中国の鳥インフルエンザウイルス(H7N9型)の感染者は、88人(死者17人)になったことが報道されています。上海市では、生きた鶏など家禽を扱う市場を閉鎖したり、ペット用の鳥の販売を禁止するなどしているといいます。
人から人への感染は、まだ明らかにされてはいませんが、注視していかねばなりません。本県でも、防疫体制の強化が求められます。
 2013.4.17(水)(各地で地震)
先の13日に、淡路島地震が発生し、徳島でも震度4の揺れがありましたが、17日午後9時03分ごろには、宮城県沖を震源とする強い地震があり、石巻市などで最大震度5弱を観測しました。また、同日伊豆諸島の三宅島では、午後5時57分震度5強の地震が発生しました。
三宅島は、過去にも噴火があり住民が避難するなど、大きな災害が発生しています。本日の地震が、富士山の活動に影響があるのではないか。とか、南海トラフに関係しているのではないか。とか言われていますが、十分に備えておく必要がありそうです。
美波町では、「マイ避難路」などを利用した、訓練が行われています
 2013.4.16(火)(ボストンマラソンで爆発)
ボストンマラソンのゴール付近で大きな爆発が2回あり、8歳の男児を含む3人が死亡、少なくとも144人が負傷したことが報道されました。FBIは、テロ攻撃との見方を強めているといいます。あってはならない非人道的な行為であり、絶対に許すことが出来ません。
 2013.4.15(月)(会派総会)
会派総会を開き、4月以降の日程調整や会派研修について、協議しました。また、調査依頼をしている、徳島地方自治研究所から、地方自治体における、清掃業務委託などの状況について、報告を受けました。やはり、公契約条例の制定が急務です。
また、受動喫煙防止条例の制定を求めている「スモークフリーキャラバンの会」(東京)の方々が、県庁、県議会に来られました。私達の会派も、陳情に同行しました。キャラバン隊は2011年から条例制定を求めて全国を巡回しており、徳島は33都府県目であり、神奈川県、兵庫県では、条例が制定されています。本県でも、条例化を目指すべきと考えます。
 2013.4.14(日)(淡路島地震)
淡路島地震での被害状況が報道されました。損壊した住宅は1200戸を超え、淡路島では住宅が被災した人を受け入れる避難所も開設され、復旧に向けた作業が始まりました。みんなで支援していきましょう。
朝日新聞の波聞風問(はもんふうもん)に原編集委員のコラムがのっていました。民主党政権の大いなる遺産と題して、事業仕分けの事がかかれています。次世代スーパーコンピューター開発予算をめぐり、文部科学省の役人に対し、「2位じゃだめなんでしょうか」と問い詰め、当時、「科学技術をないがしろにするのか」と物議をかもした。だがこの質問はぶっつけ本番で飛び出したものではなく、2回の事前審査でも同じ問いを重ねていたのである。1千億円を超える税金をつぎ込んで巨大スパコンを開発しても、誰が、何のために使いこなすのか。巨額予算に見合う価値があるのか。繰り返し説明を求めても、官僚らの答弁は判で押したようで同じ。「世界一の研究には世界一の装置を」「国民に夢を与える」わかったようで、わからない官僚答弁に再説明を求めたのが、あの場面だったと指摘しています。
あれがなければ世界一のスパコン開発は問答無用の聖域だったかもしれない。仕分けを機に、世界一にはこだわらず、大学や企業と連携し、効率的に開発することになった。仕分けの成果は、実はこれからだと指摘しています。
シンクタンク構想日本代表の加藤秀樹氏は、「仕分けの最大の成果は国民に対し、予算の「見える化」を実現したことだと言っています。」
大きな成果であった「事業仕分け」の意義を私達はしっかり認識し、予算のチェックを果たしていかなければなりません。国民もしっかり、「未来に生きる予算」なのかどうか見極める必要があります。
 2013.4.13(土)(早朝の地震)
午前5時33分、大きな地震で目が覚めました。あわてて、テレビをつけ、状況を確認しました。津波の心配はないということだったので少し、安心しましたが、今何をしなければならないのか。考えていました。
もしも、南海トラフの大地震だったら、どこに連絡をし、どう行動するのか。しっかり準備し、備えようと思いました。今回の地震は、淡路島付近を震源とするマグニチュード6.3、淡路市で震度6弱、徳島市では、震度4を計測しました。未知の活断層が動いた可能性があるといわれていますが、余震に警戒する必要があります。
 2013.4.12(金)(議会で用務)
新年度を迎え、人事異動があり、新しい部局体制になりました。慣れてくるまでしばらく時間がかかりますが、しっかり、頑張っていこうと思います。
インターネットを使った選挙運動を解禁する公職選挙法改正案が、衆議院を通過し、4月内に成立する見通しになり、7がつの参議院選挙からの解禁に向け、与野党は運用の指針を定める「ガイドライン」の作成に入った事が報道されました。
国民により身近に政治、選挙のことを知ってもらうには、大変良いことだと思います。しかし、指摘されているように、なりすましや、誹謗中傷書き込みが不安視されています。より踏み込んだ、国民の意見も聞きながら、成立させてほしいと思います。
 2013.4.11(木)(主要国 G8 外相会合)
G8外相会合が、ロンドン郊外で開催されたことが報道されました。北朝鮮情勢が主要議題であり、挑発行為自制要求を求め、強く非難した。当然のことと思います。
本県でも、危機管理体制を強化し、職員が交代で24時間待機し、政府からの情報収集に努め、市町村と緊密に連絡を取り、緊急事態に備えるとしています。
諸外国を挑発し、ミサイルの恐怖をあおることは決して、北朝鮮の利益にはならないと思います。平和的、有効的な手段で、国際紛争を解決していくべきと思います。
 2013.4.10(水)(大松幼稚園入園式)
徳島市立大松幼稚園の入園式があり、出席しました。少し肌寒い日でしたが、子供さんは、元気いっぱいに登園してました。保護者の皆様方も、笑顔いっぱいでした。芋掘りや、遠足、夏祭り、敬老会など多くの行事がありますが、友達と仲良く、すくすくと成長していって下さい。
夕刻は、部落解放徳島地方共闘会議の第1回幹事会があり、出席しました。メーデーでのビラ配布、第3次狭山再審闘争について、協議しました。
 2013.4.9(火)(小学校入学式)
私の子どもたちもお世話になった、徳島市立大松小学校の入学式に出席しました。天気にも恵まれ、素晴らしい式となりました。これからも、元気にすくすくと成長していって下さい。
 2013.4.8(月)(東電福島原発汚染水)
東電福島第1原発構内の地下貯水槽から、放射性物質に汚染された水が漏出していたことが報道されました。地下貯水槽は、掘り下げた地面に3層の遮水シートを敷いて、汚染水の漏出や地下水の流入を防ぐ対策がとられていたが、何らかの原因で漏出したらしい。
メルトダウンした核燃料を冷やすために、今後も汚染水は増え続きます。自然界に及ぼす影響は甚大です。脱原発依存を進めていく必要があるでしょう。
 2013.4.7(日)(田植え)
天気が心配されましたが、今日は、田植えが出来ました。少し風が強かったですが、弟と一緒に無事田植えを終了しました。これから日々の管理が大変ですが、8月中旬の収穫に期待です。

 2013.4.6(土)(爆弾低気圧)
大荒れの1日でした。発達した低気圧の影響で、徳島県はもとより、全国各地で風雨の被害が出た模様です。本県でも、フェリーや空の便に影響が出ました。イベントも中止されたものもありました。自然現象は仕方がないことですが、情報を事前によくチェックして、備えましょう。
中国の鳥インフルエンザにも備えましょう。死者も出ています。心配です。旅行される方は、十分に気をつけて下さい。
 2013.4.5(金)(徳島県立農林水産総合技術支援センター)
徳島県農林水産技術支援センターが完成し、開所式が行われ、私も出席しました。テープカットや、記念植樹等もありました。センターは、「もうかる農林水産業」を実現する「知の拠点」として、今後多くの方々にしっかり利用していただきたいと思います。
また、センターは、農業・果樹・林業の各試験研究機関、県内全域を対象として新技術の普及や産地づくりを支援する高度専門技術支援担当、農業の担い手育成に取り組む農業大学校の施設を集約し、一体的な運営を図ります。
農林水産業は、本県の基幹産業です。みんなで盛り上げていきましょう。

 2013.4.4(木)(鳥インフルエンザ心配)
中国、上海で鳥インフルエンザが発生し、人にも感染し、死者が出ています。大変心配しています。中国では、豚の大量死骸投棄が起こったり、伝染病の疑いもあり、早く終息してほしいものです。日本への感染も心配されていますので、本県においても、徹底した防疫体制の強化が求められます。
夕刻からは、連合議員ネットワークの会議があり、出席しました。
 2013.4.3(水)(ライオンズクラブ例会)
桜が満開となりました。小学校の入学式まで桜の花が残っているかなー。夕刻からは、私の所属する、徳島眉山ライオンズクラブの例会があり、出席しました。
アメリカ大リーグが開幕しました。レンジャーズのダルビッシュが、完全試合まであと1人という、快投、快挙を成し遂げました。素晴らしい。また、選抜高校野球決勝戦が行われ、浦和学院が初優勝しました。四国愛媛の済美高校も頑張りました。
 2013.4.2(火)(総合選対会議)
早朝高崎を出発し、高速道路を安全運転で帰ってきました。夕刻からは、徳島市内で「中谷智司」参議院議員の総合選対会議があり、出席しました。頑張ろう!
 2013.4.1(月)(新年度)
今日から新年度が始まりました。今年度も健康でありますように。
今日は、暖かい日です。前橋市、嶺公園の水芭蕉を見学にみんなで行ってきました。大勢の観光客で賑わっていました。水芭蕉は尾瀬が有名ですが、嶺公園のも素晴らしかったです。

 2013.3.31(日)(群馬県)
宮城県から群馬県高崎市(妻の実家)に帰ってきました。息子夫婦も合流し、父の米寿のお祝いをしました。これからも、健康で暮らしていってください。
 2013.3.30(土)(被災地へ)
松島で宿泊し、東松島市野蒜周辺を見学しました。野蒜の被災した住宅街は、ほとんどが更地になっていました。野蒜小学校周辺は、周囲の山を切り開き、住宅の高台移転の工事が行われていました。
これからも私達は、被災地の事を考え、出来るだけの支援をしていかねばなりません。

 2013.3.29(金)(宮城県へ)
高速道路を乗り継ぎ、宮城県東松島市の仮設住宅を訪問しました。過去に、ボランティアに行ったお家の方と今でも交際があり、復興状況の調査もかねて、訪問させていただきました。仮設住宅は思ったより狭くて、暮らしていくのは大変だと感じました。
石巻町も訪問しましたが、まだ、復興は道半ばという感じがしました。石ノ森章太郎萬画館がリニューアルオープンしていました。非常に賑わっていました。

 2013.3.28(木)(会派研修2日目)
旧相生町の現場(薬草・ミシマサイコ)の栽培現場を見せていただきました。耕作放棄地や休耕田を利用して、薬草を栽培し、地域の活性化に取り組んでいます。
この取り組みには、多くの方が、期待感を持って見つめています。是非とも、成功するように祈っています。
 2013.3.27(水)(会派研修)
那賀町(旧相生町)での会派研修を実施しました。森林組合で、本県林業の現状を教えていただきました。杉の価格が低迷する中、林業従事者の高齢化や、担い手の育成などが大きな課題になっています。
雨が降る中でしたが、実際に、伐採している現場も見せていただきました。ありがとうございました。
宿泊は、紅葉川温泉でお世話になりました。
 2013.3.26(火)(一票の格差)
一票の格差が最大で「2.43倍」となった、昨年末の衆議院選挙において、弁護士グループが「法の下の平等を定めた憲法に違反する」として、選挙の無効(やり直し)を求めた訴訟で、広島高裁は、25日、広島1区、2区について「違憲で無効」とする判決を言い渡しました。
国政選挙の無効判決は戦後初めてであり、異常事態となりました。2011年3月に最高裁判決で、現行区割りが違憲状態とと判断され、判決から昨年実施の衆議院選まで1年9ヶ月の期間があったにもかかわらず是正されなかった事が今回の無効判決に結びついているようです。
国会は、速やかに違憲状態を解消するために、与野党協議すべきです。そして、まとまれば、新区割りで、速やかに解散総選挙を実施すべきと考えます。
 2013.3.25(月)(キプロス危機)
人口86万人の地中海の国、キプロスで財政危機が起きています。ギリシャの財政危機に端を発したユーロ圏危機は、キプロス議会が、預金課税案を否決したため、キプロス金融破綻が懸念されていましたが、欧州連合(EU)と国際通貨基金(IMF)との間で、最大100億ユーロの金融支援を受ける条件として、同国の大手2銀行を整理再編し、高額預金者に一定の損失負担を求めることで基本合意したことが報道されています。
ひとまず、金融破綻は回避したことになりますが、財政危機は依然として残っています。
日本も、財政規律をしっかりしないと、危機に突入する恐れがあります。健全野党がしっかりチェックしていかなければなりません。
 2013.3.24(日)(眉山清掃)
私の所属する、徳島眉山ライオンズクラブの奉仕活動「アクト」の一つである、眉山中腹休憩所周辺の清掃をクラブメンバーで行いました。日曜日の眉山は、散歩をする人、写真撮影をする人、花見の人、多くの方で賑わっていました。
引き続き、眉山山頂の眉山ライオンズクラブの50周年記念事業で、徳島市に寄贈した、「眉華鏡(まゆげきょう)」眉山山頂LED万華鏡モニュメントの清掃を行いました。
眉華鏡(まゆげきょう)は、徳島県沿岸に津波警報(津波、大津波)発表された場合、赤色に点滅するよう設定しています。モニュメント運用時間の日没から22:30までの間に限り赤色に点滅します。
 2013.3.23(土)(選抜高校野球)
第85回選抜高校野球大会2日目、徳島県代表の鳴門高校は2対1で初戦突破しました。大震災から2年が経過しましたが、いまだ、避難されている方々は30万人を超えています。福島原発事故は、復興に大きな影を落としています。
高校野球は、本当に一生懸命で人々に感動を与えます。純粋で、一生懸命なプレーで、被災地や、避難されている方々が元気になるよう祈っています。
 2013.3.22(金)(アジア・アフリカ支援米発送式)
食とみどり・水を守る徳島県民会議の大きな事業である、アジア・アフリカ支援米の発送式を徳島駅前で行いました。飢餓と貧困の撲滅を訴える街宣行動も行いました。構成組織から組合員もビラ配りなど協力いただきました。休耕田をお借りして、私達で田植えをし、稲刈りをし、収穫したお米420キロを、カンボジアに送り、同時に被災地支援米150キロを宮城県大崎市へ送りました。
また、TPP交渉参加反対の街宣も同時に行いました。
 2013.3.21(木)(国際人種差別撤廃デー)
本日は、1966年の国連総会で制定された、国際デーの一つである、国際人種差別撤廃デーです。1960(昭和35)年のこの日、南アフリカのシャープビルで、人種隔離政策(アパルトヘイト)に反対する平和的デモ行進に対し警官隊が発砲し、69人が死亡しました。この事件が国連が人種差別に取り組む契機となりました。
また、今日は、34回部落解放徳島地方共闘会議総会があり、私も出席しました。人権侵害救済法の早期制定と人権救済機関の設置を求めていくこと、狭山事件第3次再審闘争勝利に向けた取り組み、等を全員で確認し、総会は終了しました。あらゆる人権侵害を許さない取り組みが今後も重要となってきます。
 2013.3.20(水)(春分の日)
あたたかい日でした。東京では、桜が咲き、花見をしている様子が報道されています。今年は、桜の開花が早いようです。
黄砂がたくさん飛んできているようです。今年は、PM2.5、さらに、スギ花粉も多く飛散しているようで、マスク着用が増えそうです。
東電福島第一原発の停電で、使用済み核燃料プールの冷却システムなどが停止した事が報道されました。これからも、終息まで大変な日数と労力がかかります。
 2013.3.19(火)(幼稚園修了式)
徳島市大松幼稚園の修了式があり、出席しました。園児は、園長先生から1人1人、修了証書を受け取りました。成長した姿に、保護者の方々は、涙ぐんでいました。4月からは、小学校1年生ですね。元気で、成長していってください。
南海トラフ巨大地震被害想定が内閣府から発表されました。県内経済被害は、7兆円とされています。被災から1ヶ月後の避難者数は、2人に1人の39万人とされています。断水、停電は9割以上とされています。
備えが重要です。
 2013.3.18(月)(小学校卒業式)
徳島市立大松小学校の卒業式に出席しました。天候は、強風、小雨も降る中でしたが、おごそか、かつ楽しい卒業式でありました。卒業生全員による歌の合唱に、感動しました。
これからも元気で、活躍してください。
 2013.3.17(日)(シラスウナギ不漁)
県水産課によると、2月末までの県内シラスウナギの漁獲量は59キログラムで、前年同期の116キロを下回ったといいます。過去10年で見てみると最高が05年度の566キロ、最も少ないのが04年度の326キロというから、今年度がいかに少ないかがわかります。
ウナギ稚魚の高騰で、鰻丼は、高嶺の花となりそうです。研究は大分進んでいると聞いていますが、完全養殖は出来ないものでしょうか。
 2013.3.16(土)(TPP県内に与える影響)
TPP交渉参加へ大きくカジを切った自民党。農業新聞では、「農業団体などは大反発」との記事が出ています。徳島県の農業などに与える影響も大きいものがあると思います。私の所属している、食とみどり・水を守る徳島県民会議でも、反対をしています。今後とも、動向を注視していきます。
徳島新聞夕刊にTPP参加した場合の、県内の産出額が、213億円減少すると、載っています。米や牛肉などの主要農林水産物11品目について、2010年の県内総産出額539億円の39.8%にも及ぶ額の減少です。
 2013.3.15(金)(会派で知事に要望書)
昨日、議会閉会後に飯泉知事に、会派の要望書を提出したことが、本日の徳島新聞に掲載されています。会派として、6項目の要望を行いました。@業務量を勘案し、県職場における適正な人員配置につとめること。A賃金カット問題については、職員団体と十分に協議し、県内経済を更に疲弊させることのないように処置すること。B男女共同参画課の再設置すること。C「徳島県公共サービス基本条例」・「徳島県公契約条例」の制定に向け、県として取り組みを進めること。等のです。
私から、知事に対して説明し、知事からも、前向きな回答がありました。引き続き、実現に向け、取り組みます。
 2013.3.14(木)(県議会閉会)
2月定例会が閉会しました。2013年度一般会計当初予算(4620億7500万円)、12年度一般会計補正予算(135億8960万円減額、累計額4949億4767万円)そして、議員提案条例2件「とくしま文化の日を定める条例」「徳島県人と人の絆を紡ぐ条例」を採択しました。
また、議員提案意見書2件「MVー22オスプレイの低空飛行訓練に関する意見書」「環太平洋連携協定(TPP)交渉参加に関する意見書」についても可決しました。新議長に杉本氏、新副議長に川端氏が選出されました。
これからも、一生懸命頑張ります。どうか、よろしくお願いします。
 2013.3.13(水)(議会運営委員会・防災勉強会)
14日に閉会となる、県議会に向け、議会運営委員会が開催されました。議会提出条例案などの説明と議事順序の確認などが行われました。その後、会派総会を開催し、会派の態度などについて、協議しました。
引き続き、県議会南海、東南海地震対策議員連盟主催の勉強会に参加しました。講師先生は、徳島県の地震津波減災対策検討委員会の副委員長を務める中野晋・徳島大教授でした。県内の防災、減災対策の課題や相次いで発表された暫定津波高、浸水予測図の活用方法について講演を受けました。大変勉強になりました。先生ありがとうございました。
夕刻からは、八万団地の班長会があり、出席し地域の安全確保対策について協議しました。
 2013.3.12(火)(メタンハイドレード)
経産省は、愛知県渥美半島沖の深さ1千bの海底の地下約330bにある「メタンハイドレード」から天然ガスを取り出したと発表しました。メタンハイドレードは、メタンと水が結びついて結晶化しシャーベット状になっているといいます。分解すると170倍の体積のメタンガスが発生し、天然ガスなので、燃やしたときに出る二酸化炭素は、石油の7割だといわれてます。
日本は、エネルギー資源のほとんどを海外から輸入しています。原油価格の高騰が家計を圧迫します。将来の国産燃料として期待されています。
 2013.3.11(月)(東日本大震災から2周年)
あらためて、被災された方々に心から哀悼の誠を捧げます。そして、ご家族やご友人の皆様に心からお見舞いを申し上げます。これからも、息の長い支援をみんなで協力していきましょう。
今日は、県議会の会長・幹事長会です。閉会を14日に控え、委員会構成などを協議します。

午後から会派総会を開きました。来年度の所属委員会の協議を行いました。
 2013.3.10(日)(東日本大震災追悼式)
東日本大震災2年目を明日に控え、被災地各地で追悼式が行われています。あらためて、被害の大きさを再認識すると共に、お亡くなりになった方々、未だ行方不明の方々に哀悼の誠を捧げます。
また、ガレキ処理、放射能汚染の除去作業など、まだまだやらねばならぬ事はたくさんあります。私達は、自らの地域の防災力を高めていくことはもちろん重要ですが、被災地支援の輪を広げ、これからも息の長い支援を続けていかなければなりません。
 2013.3.9(土)(黄砂)
今日は、大変あたたかい日でした。日中の最高気温が25度を超える「夏日」となったところも多くあったようです。体調管理に気をつけましょう。また、中国からの黄砂が徳島でも見られました。全体に、霞がかかったみたいに、視界が悪いです。
また、PM2.5問題もあり、マスクの着用が増えそうです。地球上で、国はそれぞれ分かれていますが、環境問題などに国境はありません。みんなが、地球一家として対処すべきだと思います。野生動物にも国境はありません。「
Think Globaly Act Localy ・地球規模で考え、地域から行動しよう」そして、LOVE&PEACE が重要です。平和な地球を望みます。
 2013.3.8(金)(春闘決起集会)
連合徳島主催の2113春闘決起集会が、徳島市藍場浜公園で行われ、参加しました。今春闘は、どうしても賃上げを勝ち取り、労働者の生活の安定を実現させなければなりません。
政府は、インフレターゲットとして、2%の物価上昇を企んでいます。その上、円安の影響で、ガソリンの値上げや、輸入小麦や、飼料穀物の値上げも重なってきます。こうした中、労働者の賃金が上がらなければ、家計に大きくひびきます。
雇用確保、非正規雇用から正規雇用に向けての闘い、ディーセントワークの実現、そして賃上げ今春闘は、とても重要です。
 2013.3.7(木)(オスプレイ訓練反対)
在日米海兵隊の沖縄県普天間飛行場に配備されている新型輸送機MVオスプレイ3機がオレンジルート(和歌山県から四国上空)での低空飛行訓練が、私達の不安の声を無視し、開始されてしまいました。多くの目撃情報もあったみたいです。
8日まで行われる予定ですが、本県では、ドクターヘリの運行も始まっており、米軍から飛行前に訓練内容も何も連絡がないままオスプレイが飛ぶことは、危険きわまりないと思います。もっと配慮がいると思います。
 2013.3.6(水)(特別委員会)
広域連合特別委員会が開かれました。米軍のオスプレイの飛行訓練が、オレンジルートで行われるとの情報があり、徳島県南部地域を通過する可能性があるため、本県のドクターヘリ運航に支障があるのではないかと、質問しました。
あまりにも一方的、かつ突然な訓練の強行には断固、反対です。県議会としても、意見書を出してはどうかと、提案しました。
 2013.3.5(火)(出羽島アート展)
出羽島アート展を企画した、牟岐町商工会議所経営指導員の湊川さんの記事が、徳島新聞に掲載されています。2月3日〜3月31日まで、海部郡牟岐町の離島・出羽島(人口100人)で開催されています。
私も、20数年前に島に行った事がありますが、今このような企画があることを知り、是非行ってみたいと思いました。離島振興、活性化につながることを期待しています。
 2013.3.4(月)(国の温暖化対策計画)
新聞報道によると、3月末で終了する国の地球温暖化対策の計画継続が当面策定されず、4月以降、半年程度の空白期間が出来ることとなったという。原発の稼働などエネルギーの基本政策が不明確で、新たな温室効果ガスの削減目標が決められないことが理由にあげられています。
これまで、再生可能エネルギーの導入促進や、クールビズ、ウオームビズ、自動車の燃費の改善、公共交通の利用促進、森林整備や都市緑化の推進といった取り組みがなされてきましたが、約半年の空白が出来るということになると、少し心配です。
 2013.3.3(日)(初節句)
初孫の初節句でした。娘夫婦の家で、祝いました。竹の子入りのちらし寿司はとても美味しかったです。すくすく成長してください。
午後3時からは、あわ銀ホールにて、民主党徳島県連の定期大会がありました。中谷智司参議院議員を県連代表に再選しました。新しい幹事会体制も決定しました。新幹事長に、松崎清治県議、私は副代表ということで再選されました。今夏の参議院選挙の勝利に向け全力で頑張ります。
 2013.3.2(土)(竹やぶ掃除)
阿南市福井町にある、実家の竹の子山の掃除を弟と共にしました。山に落ちた笹を掃除していくと、小さいながらも竹の子が見つかりました。明日の孫の初節句にいいおみやげが出来ました。

 
 2013.3.1(金)(総務委員会2日目
今日から3月です。総務委員会2日目は、政策創造部関係、県民環境部関係の審査が行われました。私は、県南部振興について、特に、全国丼サミットの開催について質問しました。また、県民環境部では、再生可能エネルギー、特に、県有施設の屋根貸し事業について進捗状況について、聞きました。
委員会終了後は、超党派の勉強会「ウイング21(私は、今会長です)」を開催しました。今日の講師先生は、徳島往診クリニック院長の吉田医師です。「徳島県の在宅医療の現状と課題」と題し、約1時間講演があり、質疑も行われました。先生、お忙しい中、ありがとうございました。
 2013.2.28(木)(総務委員会)
今日で、2月も最後です。早く感じます。県議会、総務委員会が開かれ、出席しました。公安委員会関係では、防犯カメラの設置について質問しました。経営戦略部では、公務員の賃金について、公共事業予算が増えましたが事業を施行していくだけの人員の配置は大丈夫なのか、質問しました。
明日から、3月です。新年度ももうすぐです。
 2013.2.27(水)(議会で準備)
明日(28日)から、常任委員会の審議が行われます。私は、総務委員会です。公安委員会関係、経営戦略部関係、県民環境部関係、政策創造部関係、監察局関係の審議です。
PM2.5問題、再生可能エネルギーの積局的な推進など、多くの課題があります。しっかり審議したいと思います。
 2013.2.26(火)(県議会一般質問2日目)
2議員が登壇しました。北島議員(自民党県民会議)は、道州制と関西広域連合について、大規模災害時における空港の活用について、新運転免許センターについて、林業振興等質問しました。岸本議員(自民党県民会議)は、若年労働者の離職防止対策について、工業用水道について、河川整備等質問しました。
終了後、徳島文理大学総合政策学部の南波浩史教授による講演会、演題は「日本経済の課題と経済政策の有効性」を拝聴しました。デフレからの脱却など勉強になりました。
夕刻は、民主党県連、政策調査会があり、出席しました。2月議会対策等、協議しました。
 2013.2.25(月)(県議会一般質問)
県議会一般質問4議員が登壇しました。藤田豊議員(自民党県民会議)は、農林水産物の海外輸出戦略について、本県畜産業の振興について、観光振興について質問。岩丸議員(明政会)は、過疎対策、文化振興、自殺予防対策、教育問題などについて質問。
我が会派の長池文武議員は、防災対策に絞って質問。啓発、企業防災、防災教育、防災情報の発信・分かりやすく地図情報をホームページで一元化し、表示することなど答弁がありました。
長尾議員(公明党)は、地籍調査について、優先調達推進法、等の質問がありました。
それぞれ持ち味を発揮していました。
 2013.2.24(日)(S・O日本・徳島総会)
スペシャルオリンピックス(S・O)日本・徳島の理事会、総会があり出席しました。S・Oは、知的障害のある方々にスポーツプログラムを提供し、知的発達障害のある人たちに年間を通じて、オリンピック競技種目に準じたさまざまなスポーツトレーニングと競技の場を提供し、参加したアスリートが健康を増進し、勇気をふるい、喜びを感じ、家族や他のアスリートそして地域の人々と、才能や技能そして友情を分かち合う機会を継続的に提供しています。
徳島でも、トーチラン、映画の上映、スポーツプログラムの提供など、様々な活動を行っています。
 2013.2.23(土)(徳島地区労学習会)
徳島地区労働組合の春闘学習会があり、出席し、連帯と激励の挨拶をさせていただきました。政府はインフレを起こそうとしていますが、それに伴い労働者の賃金が上がらないと暮らしはますます厳しくなります。
今春闘では、雇用と賃上げを確実なものとするため、団結して頑張って下さい。と申し上げました。
 2013.2.22(金)(県議会代表質問)
4議員が登壇しました。川端議員(自民党県民会議)は、本県の社会資本の老朽化対策、安心・安全なまちづくり、生活保護について等質問しました。森田議員(明政会)は、防災・減災対策について、PM2.5などの大気汚染対策について、農業振興について等質問。
3番手は、我が会派の臼木春夫議員です。臼木議員は、道州制について、財政問題について、地方公務委員の給与削減について、建設工事現場における労働者の安全対策強化について、NPOとの協働について、サイバー犯罪の被害防止対策について等、質問しました。
最後の、元木議員(自民党県民会議)は、スポーツ振興、地域医療再生計画、臓器移植について、観光振興、農業振興など、質問しました。知事、理事者からは、丁寧な答弁がありました。
一般質問は、25日です。4議員が登壇予定です。

午後6時からは、私が議長をつとめています「徳島県食とみどり・水を守る徳島県民会議」の総会がありました。1年間の総括と運動方針を決定しました。その後、「水循環基本法について」リクライミングパグリックウオーターの関一広先生の講演があり、みんなで勉強しました。
 2013.2.21(木)(電気料金どうなるのか)
四国電力が、経済産業省への電気料金値上げ申請を20日に行いました。人件費のカットや経営合理化などあらゆる企業努力をするが、どうしてもやっていけないということでの申請だといいます。伊方原発の全停止に伴う財務状況の悪化が主因です。
給与、所得が年々低下する中で、電気料金の値上げは厳しいです。再生可能エネルギー(風力や太陽光、小水力など)の割合をみんなで増やしていく努力と、徹底的な省エネが必要になってくると思います。
しかし、電力に頼っている、中小企業は、値上げは、直接ひびきます。政府として、の支援も必要となると考えます
 2013.2.20(水)(ライオンズクラブ例会)
徳島眉山ライオンズクラブの例会があり、出席しました。今日は、「徳島子ども俳句の会」副代表の白井宏様(四国大学)をはじめ、平川様、中村様も出席してくださり、挨拶をいただきした。毎月、5000句を超える投稿があり、先生方が選考しています。
そのご尽力は、想像を絶するものがあります。徳島眉山ライオンズクラブも、アクトの中心として、後援、ご支援させていただいていましたが、今年で、最後ということになりました。
とても寂しい気がします。また、どこかで、「復活」の声を聞きたいものです。俳句の文化はすごいと思います。
今年の特別賞の一句を紹介します。徳島県知事賞です。「子どもたち去ったプールに空の色」 季語は、プール(夏)です。
 2013.2.19(火)(議会で調査)
県議会が開会しました。今日は、雪が降って大変寒い日でした。徳島のシンボル「眉山」も雪化粧し、とても風情のある風景でした。県議会控え室にて、予算案の調査等を行いました。14ヶ月予算として、大きな公共事業を中心とする予算が提案されていますが、うまく経済状況が好転しなければ、税収も上がりません。そうなれば、県に借金がのしかかることになります。
将来の徳島県の事を考え、財政健全化についても、みんなで考えていかなければなりません。
環境省は、PM2.5対策として、健康への悪影響を防ぐため、大気中濃度が高い日に、外出や屋内の換気を控えるよう市民に注意を呼びかける事を盛り込んだ指針の骨子案をまとめたことが報道されています。都道府県や政令指定都市など130自治体との連絡会も開催し、PM2.5測定地点を増やすよう要望しました。
これから、春の黄砂飛来の時期になります。注視し、防御しましょう。
 2013.2.18(月)(県議会開会)
2月定例県議会が開会し、知事が所信表明を行いました。内容は、14ヶ月予算として編成した2013年度一般会計当初予算案(4620億7500万円)と12年度一般会計補正予算案(292億1108万円)など、64議案が提案されました。
また、議会の役割や責務を明文化した県議会基本条例案を全会一致で提案し、可決しました。私達の会派も、かねてより他県の調査を行い、制定を求めていただけに、感慨深いものがあります。これからも、開かれた議会、2元代表制の一翼を担う、信頼される県議会を目指して、頑張っていきたいと思います。
又、議員提案の意見書2本(@公共工事に携わる建設労働者の賃金引き上げを求める意見書 A電力会社の電気料金値上げ認可の際は、国民生活や企業活動に影響が出ないように配慮する事を要請する意見書)を可決しました。
 2013.2.17(日)(大気汚染深刻)
ロシアに落下した隕石は、いわゆる自然現象であり、簡単には、防ぐことができない。人類は、自然の力に対し、畏敬の念をもって、接していかなければならないと思う。
ところで、PM2.5などという言葉が、多く使われています。中国の大気汚染は深刻です。急速な経済発展による車の急増や渋滞が主な原因といわれています。インドネシアの首都ジャカルタでも同様のことが起きているといいます。
PM2.5は、直径が2.5μm以下の超微粒子。微小粒子状物質という呼び方もある。大気汚染の原因物質とされている浮遊粒子状物質(SPM)は、環境基準として「大気中に浮遊する粒子状物質であってその粒径が 10μm以下のものをいう」と定められているが、それよりもはるかに小さい粒子。PM2.5はぜんそくや気管支炎を引き起こす。それは大きな粒子より小さな粒子の方が気管を通過しやすく、肺胞など気道より奥に付着するため、人体への影響が大きいと考えられている。
これらの大気汚染は、人間が経済活動のため起こっているもので、自然現象ではない。持続的な経済活動を行っていくために、もっと環境に配慮すべきである。
 2013.2.16(土)(ロシアに隕石)
このニュースには驚きました。ロシアに隕石が落ちて、1000人が負傷したといいます。人口密集地への落下は免れたようですが、衝撃波で建物や、ガラスが壊れ、切り傷などで多くの負傷者が出た模様です。
「今回の隕石は、比較的小さく、突如落ちてくるものには対処のしようがない」と国立科学博物館の方は話しています。自然現象とはいえ、一歩間違えば大惨事につながることを考えれば、怖いです。
また、今日は、実家の阿南市福井町の竹林の掃除を行いました。古い竹などを伐採、整理しました。竹の子掘りに備えます


 2013.2.15(金)(ガソリン高騰)
安倍政権の「アベノミクス」の影響による円安が原油輸入価格を押し上げている。との新聞報道がありました。経済産業省資源エネルギー庁が発表した12日時点のレギュラーガソリンの全国平均小売価格は、1リットル当たり前週(4日)比2円10銭高の153円80銭と10週連続で上昇。灯油も11週連続で値上がりし、18リットル当たりの店頭価格は前週比18円高の1821円となりました。
円安は、海外からの輸入に頼っている穀物(小麦、トウモロコシ、大豆など)の価格上昇にもつながります。食料品の価格高騰、又、畜産農家は、輸入穀物に頼っているので、飼料代金がかさみ大変になります。卵や、肉、牛乳なども値上がりする可能性があります。行きすぎた円安は、怖いと思います。
 2013.2.14(木)(特別委員会)
広域連合特別委員会が開催され、出席しました。政権が代わり、道州制の考え方が示されています。広域連合として、国出先機関の委譲がかなうのかどうか、道州制を実施して、委譲をするのかどうか。少し先が見えにくくなってきました。
関西広域連合は、道州制に移行するものではない。ということを、県議会付帯決議として確認しています。私は、市町村合併の県版になることは避けなければならないと考えています。
 2013.2.13(水)(総務委員会)
今日は、4常任委員会が開かれました。私は、総務委員会に出席しました。補正予算、新年度予算、条例など、多くの提案がありました。私は、職員の給与削減について質問と提案を行いました。県職員は、今もなお、「禁じ手」と言われている、給与カットを行っているのに、その上、国に準じて、7.8%のカットはすべきでない。県内経済が疲弊する。との主張を行いました。
また、多くの公共事業予算が提案されていますが、公共事業職場、土木、農業、林務職場は、人員が削減され、事業をこなしていくにも厳しい状況がある。人員の適正配置につとめ、きちんと、事業実施計画を立てるべきであると申し上げました。
夕刻からは、徳島県婦人団体連合会と、県議会議員との意見交換がありました。ウイング21勉強会の一環です。
 2013.2.12(火)(議会運営委員会)
議会運営委員会が開催され、出席しました。2月議会に提案される、補正予算案、新年度予算案、条例案などが提案されました。多額の公共事業予算が提案されています。しっかり審議していきます。
昼食をかねて、マスコミの方々と、ランチミーティングがあり、Kア幹事長と共に出席し、マスコミの方々と、意見交換を行いました。明日は、常任委員会です。
 2013.2.11(月)(四国霊場回り)
四国88カ所霊場、遍路文化をユネスコの文化遺産に登録しようと言うことで、四国4県は協力して取り組みを進めています。そんな意味もあって、四国88カ所を順番にお参りをしています。
少し、間があきましたが、今日は、3カ所お参りに行ってきました。香川県の83番札所 一宮寺、84番札所 屋島寺、85番札所 八栗寺をお参りしました。あと、3カ所で88カ所となります。

 2013.2.10(日)(春節を祝う会)
旧暦の正月にあたり、中華圏では、この日が、最も祝われる日です。本県でも、日本中国友好協会などの団体が、主催をし、本県への中国人留学生も参加をして、盛大に開催されました。私も出席し、交流を深めました。
今ちょうど、尖閣問題に端を発し、日本、中国の関係は冷え込んでいますが、民間交流を深めていく事は、とても重要な事だと思います。
 2013.2.9(土)(2013春闘徳島県共闘会議)
連合徳島を中心とした、2013春闘徳島県共闘会議は、8日、春闘開始宣言集会を徳島市内で開催しました。労働者の賃金を上げていかなければ、内需は拡大しません。団結して頑張っていただきたいと思います。
春闘方針は、@企業規模間・男女間・地域間の賃金格差など労働条件の引き上げ A非正規労働者の処遇改善 Bワークライフバランスの実現 等です。共に協力して頑張ります。
 2013.2.8(金)(道州制)
政権交代以降、道州制の事が多く取り上げられています。徳島新聞でも、特集を組んでいました。本県は、関西広域連合に参加していますが、その議決の際に、道州制に移行するものではない。との議会決議も行っています。
私も、道州制が、市町村合併の、県版になってしまったのでは、地域間格差が大きくなってしまい、ますます、過疎化が進む地域が出てくる。事を心配しています。今後、県議会でも、議論していきたいと思います。
 2013.2.7(木)(春闘)
昨日の6日、連合が東京・日比谷公会堂で2013年春闘の闘争開始を宣言する中央決起集会を開きました。「脱デフレ」に向けて、賃上げ、労働条件の底上げを目標に掲げています。
政府の言う「2%のインフレターゲット」が実行されるとなると、ものの値段が上がります。しかし、給与、所得が同じカーブを描かないと、家計はより苦しくなります。内需拡大→景気回復のためには、賃上げ、が不可欠だと私は考えます。労働組合の皆様方と連携して、頑張っていきたいと思います。
 2013.2.6(水)(会長・幹事長会)
会長幹事長会が開かれ、出席しました。2月定例会の開会は、2月18日に決定しました。また、開会日に、議会基本条例の議決も行われることとなりました。議会各会派の代表者で協議してきた、議会基本条例。我が会派も、かねてより制定を目指してきただけに感無量です。
午後からは、会派総会を開き、2月定例会の提出議案、2月補正予算の説明を受けました。

夕方からは、連合徳島の街宣活動(徳島駅前)なんでも相談ダイアル、に参加し、マイクを握らせていただきました。
 2013.2.5(火)(オスプレイ反対行動)
徳島人権平和運動センターの行動として、午後4時30分から県庁にて、熊谷政策監に対して、「MVー22オスプレイ配備と飛行訓練の中止を求める要請書」を手渡しし、意見交換を行いました。県議会からも、我が会派から、私を含め、4名が出席し、要望いたしました。
オスプレイは、開発段階から墜落事故が多発しており、これまで、30名を超える方々が亡くなっています。また、徳島県はオレンジルートにも含まれており、県民を危険にさらします。また、今年度ドクターヘリを運航しており、その障害になることは許されません。これからも、一緒に取り組んでまいります。
 2013.2.4(月)(食とみどり・水を守る徳島県民会議)
食とみどり・水を守る徳島県民会議の議長をさせていただいていますが、総会が22日に開催されることとなり、そのうち合わせをかねて、新年会を行いました。多くの課題が山積していますが、しっかり頑張っていきたいと思います。
 2013.2.3(日)(節分)
朝は、佐那河内村ふれあいまつりに行ってきました。多くの方で、賑わっていました。巻き寿司や、木製品を購入しました。野菜も買ってきました。
そして、今日は節分です。節(季節)を分ける日であり、豆まきをして、福を呼び込みます。また、心の鬼を追い出し、優しい心を呼び込むとも言われています。明日から、立春です。暦の上では春です。みんなが笑顔でがんばれますように。
午後からは、フレッセ徳島市連合会のボーリング大会に参加しました。ありがとうございました。
 2013.2.2(土)(後援会幹事会
私の、後援会幹事会、新年会がありました。私の政治活動を支えていただいている皆様方に心から感謝申し上げます。これからも、コツコツと頑張っていきたいと思います。
 2013.2.1(金)(日常活動)
今日から2月に入りました。昨年の総選挙で、政権交代して以降、地方がどうなっていくのか心配しています。やはり、地方交付税に頼っている、財政力の弱い県は、地方交付税を減らされると、県民へのサービス提供が極端に窮屈になってきます。
それを防ごうとすれば、職員の給与カットなどで一時しのぎをしようとする自治体が増えてきます。
しかし、職員の給与が低下すると、それは、民間にも波及し、賃金のデフレスパイラルとなり、購買力も低下し、内需が低下していきます。今、政府は、インフレを起こそうとしています。インフレで物価が上がり、しかし、給与が低下すれば、国民生活は、ますます厳しいものとなります。このことをもっと考えなければ行けないと考えます。
 2013.1.31(木)(議会で用務)
1月も、今日で最後です。議会にて、2月定例議会に向けての準備を行っています。道州制の議論も今後どのようになって行くのか、心配です。地方交付税の縮小も心配です。
 2013.1.30(水)(国会論戦)
衆議院本会議が開かれ、民主党、海江田代表、維新の会、平沼氏の代表質問がありました。安倍首相の経済対策について、これからも掘り下げた議論を期待しています。インフレをおこして、国民の所得・給与が上がらなければ、暮らしはますます厳しくなります。また、円安が続くと、大きく輸入に頼っている、原油価格が上昇し、ガソリンや、燃料費が上昇します。また、輸入に頼っている、小麦やトウモロコシと言った、飼料作物価格も上昇し、畜産農家を直撃します。
憲法改正についても、とても心配しています。
 2013.1.29(火)(日常活動)
寒い季節ですが、皆様、インフルエンザや、風邪などをひかないようにしてください。保温、水分補給、帰宅したときは、手洗いと、うがい、顔も洗うといいと思います。
知人の葬儀に出席したり、お見舞いに行ったり、また、地域の安全対策について、意見交換をしたり、日常活動で、移動の多かった1日でした。
 2013.1.28(月)(会派総会)
会派総会を実施し、2月議会へ向けての準備を行いました。又、勉強会として、西阿波観光圏の取り組み、徳島県の重要要望、政策提言についても説明を受けました。
 2013.1.27(日)(子ども俳句の会表彰式)
四国大学交流プラザにおいて、徳島子ども俳句の会の表彰式が行われ、眉山ライオンズクラブの一員として、出席しました。平成24年は、県内85校の小学校から、総計5万7696句の応募があった中から、特別賞13句、特選40句、準特選212句が選ればれました。
徳島県知事賞は「子どもたち 去ったプールに 空の色」でした。皆さんおめでとうございました。これからも、頑張ってください。
 2013.1.26(土)(初節句)
初孫に、お雛さまを届けました。会うと、笑顔で応えてくれます。元気で成長してください。
 2013.1.25(金)(深層崩壊セミナー)
表層崩壊は、比較的浅い、表土部分が崩落して土砂崩れなどの被害を起こしますが、深層崩壊は、その深部が崩れ、山が一つなくなるような甚大な災害を発生させます。平成17年、和歌山県や奈良県を襲った深層崩壊は多くの犠牲者を出し、集落の孤立化が起こりました。
田辺市長、国土交通省砂防部長、藤田正治京都大学防災研究所教授を招いて、徳島市内のホテルでセミナーが行われ、出席しました。県内自治体からも多くの関係者が参加しました。
 2013.1.24(木)(雇用を守ろう)
今の日本のデフレを食い止めて行くには、雇用をしっかり守り、創出し、かつ、あたりまえに働けば、あたりまえの生活が出来るだけの、労働者の賃金を確保していく必要があります。労働雇用形態は、従前の、終身雇用、正規雇用から、非正規雇用、パート、派遣、等へとシフトしています。低賃金、不安定就労からの脱却こそが、デフレ脱却につながると私は思います。
賃上げ、そして、購買意欲の創出、内需拡大が解決の道だと思います。
2013.1.23(水)(日本人も犠牲)
アルジェリアのイナメナスで起きたテロ攻撃は、本当に悲惨な結果となっています。人質の日本人も犠牲になったようであり、大変遺憾であり、ご家族の方々には、哀悼の意を捧げたいと思います。
まさか、こんなことになるとは・・。海外勤務の日本人も多いと思いますが、細心の注意と、情報収集が必要となりそうです。
夕刻からは、ライオンズクラブの例会があり、出席しました。
 2013.1.22(火)(議会で勉強会)
県の基本計画等を審議する勉強会が議会で開催されました。第2次徳島県教育振興計画について、現在の案が示されました。議員からそれぞれ、質問等がありました。2月定例会に提案され、審議されます。
これから、いよいよ、2月定例議会の準備です。
 2013.1.21(月)(ライオンズクラブ)
私の所属する、徳島眉山ライオンズクラブのアクト、徳島子ども俳句の会の展示準備を行いました。徳島市の四国大学交流プラザで、今週中、展示されます。興味のある方は、どうぞ見に行ってください。表彰式は、27日(日)に同プラザで行われます。
また、夕刻は、上勝町の友人のお通夜に出席しました。痛恨の極みです。
 2013.1.20(日)(新年会)
フレッセ入田支部の新年会が、神山温泉で行われ、出席しました。温泉に入ってから、新年会の開始です。アルコールは、いただきませんでしたが、美味しい食事をいただき、カラオケで盛り上がりました。
夕刻からは、小林ゆうき徳島市議会議員の新年会、後援会総会があり出席し、激励の挨拶をさせていただきました。
これからも、共に頑張っていきましょう。
 2013.1.19(土)(県職員釣り大会)
毎年恒例の、県職員磯釣り大会が行われました。例年なら11月頃に実施するのですが、荒天のため、延期され、1月の実施となりました。現在釣りクラブ(県庁漁友会)の会長を務めている関係から、開会式でも挨拶をさせていただきました。
大会は、海部郡美波町(旧日和佐町)の磯で行われました。良い天候に恵まれ、全員事故もなく良い大会となりました。ただ、水温が13度と、低下していたため、釣果は少なめでした。私は、ヒラバエにあがり、タカノハダイ、ガガネを釣りました。1.2キロでした。優勝者は、50センチのグレ、チヌなど、5キロの釣果でした。素晴らしい。
久しぶりに、ゆっくり楽しみました。
夕刻からは、JP労組の旗開きに出席しました。

 2013.1.18(金)(食とみどり・水を守る)
食とみどり・水を守る徳島県民会議の幹事会があり、出席しました。アジア・アフリカ救援米の発送式について、また、県民会議総会の日程などについて協議しました。食、みどり、水いずれも私達が生きていくために必要不可欠なものです。各組織ともしっかり連帯し取り組みを進めていきたいと思います。
 2013.1.17(木)(阪神・淡路大震災から18年)
1995年1月17日、未曾有の大震災が発生し、6434人が犠牲となりました。あれから18年。復興は進みましたが、いまだ、苦しんでいる方もおいでると思います。また、一昨年、3月11日には、東日本大震災が起こりました。私達は、このことを忘れることなく、ずっと、支援していくことが重要だと考えます。共生・共助の社会の実現が課題です。
 2013.1.16(水)(イドム新年会)
ボーイング787機が、高松空港に緊急着陸したことが報道されています。この機種は、いろんなトラブルが報告されていますが、きちんとした、安全確認をしてもらいたいです。乗客は、肝を冷やしたと思いますが、無事で良かったです。
夕刻からは、一番亭、担々麺で有名な、株式会社「イドム」さんの新年互礼会があり、出席しました。これからも、成長していっていただきたいです。
 2013.1.15(火)(議会で用務)
通学路の安全確保対策などについて、県議会で担当者と協議をしました。これからも、地域の要望について、真摯に向き合い、コツコツと取り組んでまいります。
 2013.1.14(月)(新年会)
大松長寿会の新年会があり、出席しました。雪まじりの大変寒い中でしたが、ご長寿の皆様方、多くの方が出席されていました。今年も、笑顔で、健康に暮らしていきましょうとの、挨拶をさせていただきました。
大阪市立桜宮高校、バスケット部の主将が自殺した事件は、とても悲惨です。体罰と言うより、暴行致死事件なのかもしれません。逆らうことの出来ない学生への、言葉の暴力や、体罰はだめです。
 2013.1.13(日)(成人式)
今日は、各地で成人式が開かれました。私は、地元の勝占地区、多家良地区の合同成人式(多家良コミセン)に出席しました。南部中学を卒業した、新成人200人が出席して、盛大に開催されました。寒い中でしたが、新成人代表のお礼の挨拶は、新鮮で、すがすがしいものでした。
これからの、生活が、明るく健康であることを願っています。
 2013.1.12(土)(新年会)
新年会が続きます。夕刻からは、前衆議院議員、仙谷由人さんの後援会「花の会」新年会、合わせて、仙谷由人さんの誕生会が阿波観光ホテルであり、出席しました。民主党、細野豪志幹事長も駆けつけてくださり、盛り上がったものとなりました。
これからも、仙谷由人さんには、元気でご活躍、ご指導をいただきたいと思っています。
引き続き、フレッセ西徳島支部の新年会にも、出席しました。今年が、健康で、元気な年でありますように。
 2013.1.11(金)(旗開き)
自治労自治体議員連合総会があり出席しました。衆議院選の感想や、各自治体議会での課題などについても、議論しました。また、夕刻からは、自治労県本部旗開きがありました。私も、自治体議員連合を代表して、挨拶をさせていただきました。
今年も、頑張っていきます。
 2013.1.10(木)(えべっさん)
今日は、本えびす。徳島市通町にある、事代主神社にお参りに行きました。とても寒い日でしたが、多くの参拝客で賑わっていました。福笹を購入し、いい年でありますように、お祈りしました。
夕刻からは、県職連合旗開きに出席しました。今年も、よろしくお願いします。
 2013.1.9(水)(新年互礼会)
連合徳島、労福協合同の新年互礼会があり、出席しました。多くの方と、新年の挨拶が出来て、とても良かったと思います。
どうか、今年もよろしくお願いします。。
 2013.1.8(火)(新年挨拶)
今日も、新年挨拶回りでした。経済界も、新春互礼会で賑わっているようです。

円安、株高が続いているようで、景気浮揚に期待感が大です。しかし、財政規律を心配する方も、多くいます。
 2013.1.7(月)(新年挨拶)
新年の挨拶回り、企業、労働組合など、昨年に引き続き、本年もよろしくお願いいたしますとの思いを込めて、ご挨拶をさせていただいています。総選挙で、民主党は大きく議席を減らしただけに、今後どのように立て直していくのか。そんな話題が多く出ます。
コツコツと頑張っていこうと思います。
 2013.1.6(日)(消防団出初め式)
徳島市消防団出初め式が、アスティー徳島で開催され、出席しました。消防団は、日夜、生命財産を守るため、頑張っていただいています。心から感謝いたします。特に本県は、南海トラフ大地震、大津波など、大きな自然災害の発生が予想されています。
今後とも、県民生活の安心・安全の確保に向けて、ご尽力をお願いいたします。
 2013.1.5(土)(桑ちゃんカップ)
「桑ちゃんカップ」(大松小学校を中心とする、ジュニアバレーボールの監督さんに敬意を表して、作られた親睦の大会)が大松小体育館であり、出席しました。私の娘が小学校を卒業の年に第1回目を開催してからもう16回目になります。中学生や、大学生、OG等も参加し、同窓会のようでもあります。地域のつながりの一環としても、素晴らしいことだと思います。
私も、数セットに出場しました。
夜は、株式会社アライフーズの新年会に出席し、挨拶をさせていただきました。今年もよろしくお願いします。
 2013.1.4(金)(仕事始め)
県庁などの官公庁、多くの企業や団体も今日が仕事始めです。私も、県議会に行き、今年もよろしくと、挨拶をさせていただきました。また、少し、県民からの要望事項についても、理事者に伝えました。私も仕事始めです。
夕刻からは、フレッセ中央支部役員会の新年会があり、私も出席して、新年の挨拶をさせていただきました。今年が平和で、みんなで頑張っていけますように。
 2013.1.3(木)(新年の挨拶)
新年の挨拶なども行いながら、箱根駅伝や、ラグビー、アメフトなど、新春恒例のスポーツも楽しませていただいた。徳島では、明日から3日間徳島駅伝です。16郡市のチームが競い合います。頑張って下さい。
笹子トンネルの天井板の崩落事故があり、公共物のメンテナンスの重要性が議論されています。そんな中、大阪ー和歌山を結ぶ、国道371号線、紀見トンネルでもコンクリート製の側壁の一部がはがれ落ちた。幸い、事故にはつながらなかったようだが、全国のインフラ(社会基盤)の点検の強化や、維持補修費用の増額が必要であろう。
  2013.1.2(水)(早朝徳島へ)
早起きをして、早朝、高崎を出発しました。雪もなく、順調に帰ってきました。途中、大津付近で渋滞があったため、京滋バイパスで、京都へ行き、伏見稲荷を参拝しました。はじめていきましたが、大変な人混みでした。一年の無事と健康を祈願し帰ってきました。
 2013.1.1(火)(あけましておめでとうございます)
新年は、群馬県高崎市で迎えました。比較的あたたかくおだやかな新年となりました。昨年に引き続き、近くの進雄(すさのお)神社にお参りをし、健康と安全を祈願いたしました。昼からは、息子夫婦も高崎に来て、賑やかに過ごしました。
今年が、平和で、景気も向上する1年となりますように。また、どうかよろしくお願いいたします。