日々雑感2011 庄野まさひこのメールアドレス info@shonom.eek.jp
2012.12.31(土)(高崎市へ向かう)
早朝徳島を出発し、妻の実家がある高崎市に向かいました。高速道路も順調で、約8時間で到着しました。夜は、紅白歌合戦を見ながら、お酒を飲みながら、談笑でした。今年1年間、大変お世話になりました。
今年は、3.11東日本大震災が発生し、日本全体がつらく悲しい気持ちになりました。でも、みんなで復旧・復興に向けたあたたかい気持ち、取り組みがあり、繋がっていると感じています。これからも、みんなで力を合わせてみんなが笑顔になれるまで、頑張っていこうではありませんか。

2012.12.30(金)(甥のお祝いの会)
兄の長男の結婚を祝して、お祝いの会を開催しました。ご近所の方々にも祝っていただきました。お祝いの会は、楽しく、歌でも大いに盛り上がりました。これからの人生に幸あれと願います。

2012.12.29(木)(大掃除パート2)
年末の仕事はたくさんあります。お風呂掃除やトイレ掃除。今年の出来事を思い出しながら、整理整頓です。夜は、久しぶりに帰ってきた兄夫婦、甥夫婦と談笑しました。

2012.12.28(水)(大掃除)
阿南市福井町の実家の大掃除です。お餅もたくさんつきました。

2012.12.27(火)(民主党幹事会)
民主党徳島県連の幹事会があり、出席しました。今年最後の幹事会でした。1年を総括し、新年の定期大会の日程などを決めて終了しました。


2012.12.26(月)(議会で用務)
防災対策について、徳島市の松浦機械製作所の代表者と話し合いました。内容は、電源を喪失したときや、携帯電話が繋がらなくなったときに、無線LAN移動中継システム、移動衛生通信システムを使って、通信を回復する仕組みを教えていただきました。安価で、もしもの時に備えるシステムであり、本県にとっても、南海東南海東海の3連動地震発生時の備えとして、有効であると感じました。
また、勉強会なども企画したいとおもいます。

2012.12.25(日)(加村ゆうじ徳島市議後援会総会)
本年春の統一自治体選挙において、徳島市議会議員に初当選した、加村ゆうじ氏の後援会総会、懇親会が徳島市、阿波観光ホテルで開催され、私も出席しました。140名を超える方々が、参加され、盛大に、和やかに開催されました。今後共、県市協力して頑張っていきたいと思います


2012.12.24(土)(年末雑感)
寒波が来ています。寒さも厳しくなってきました。徳島県西部は雪が降り、高速道路も通行止めとの情報もあります。運転は気をつけてください。家周辺の掃除、整理に精を出しました。
年末を迎え、被災地の宮城県、福島県などにも、ミュージシャンが歌や、募金のボランティアに出ているようです。被災された皆様の支え、支援、これからも必要です。頑張っていきましょう


2012.12.23(金)(ライオンズクラブ家族会)
私の所属する、徳島眉山ライオンズクラブ恒例のクリスマス家族会が行われました。クラブ員のご家族の方々、子供さんも大勢参加し、盛り上がりました。ジャグジングの出し物や、ビンゴゲーム、などもありました。今年は、3.11の大震災があり、家族の「絆」の大切さを再認識しました。


2011.12.22(木)(研修3日目、メガソーラー)
午前中の視察は、長野県佐久市にある、有限責任事業組合・「佐久咲くひまわり」を訪問し、太陽光発電メガソーラー事業について勉強し、現地を視察しました。
環境省のメガワットソーラー共同利用モデル事業として、採択され、有限責任事業組合(LLP)という、今までにない、経営形態で、行っており、13の異なった企業が組合を作り、それぞれの企業の屋根などを使い、1000キロワットの太陽光発電を設置しており、、平成20年には、「地球温暖化防止活動環境大臣表彰」受賞しています。
発電実績は、良好で、19年度〜22年度の合計では、計画比122.6%を達成しています。商工会議所がこの取り組みの事務局をつとめています。お世話になり、ありがとうございました。
午後は、長野県から東京都に移動し、参議院会館内の中谷智司事務所にお世話になり、農林水産省、経済産業省の担当者から、新規就農支援事業について。そして、6次産業化の支援対策などについて、説明を受けました。
寒い中でしたが、多くの貴重なお話をお伺いすることができました。この3日間の関係各位に心から感謝申し上げます。



2011.12.21(水)(研修2日目、川上村役場)
午前中の研修は、高原野菜、特にレタス出荷ナンバーワンの長野県南佐久郡川上村役場です。藤原忠彦川上村村長、そして、由井美成川上村議会議長も同席していただき、野菜づくりの取り組みについて、レタス栽培組合の運営について、詳しく教えていただきました。昼食も、ご当地の名物である、信州そばを、村長さんも一緒にいただきました。600戸の栽培農家で、155億円売り上げです。後継者の平均年齢は29歳と、若く、今後とも、大いに期待できます。
また、午後は、長野県佐久市岩村田本町商店街振興組合を訪問しました。阿部眞一理事長から、空き店舗をいかになくしていくか、そして、商店街の活性化は、若手の人材育成が一番大事である。大型店舗とも、良好なつきあいをする。事などをお聞きしました。その後、約250メートルの商店街の特徴的な店舗について、現地視察をさせていただきました。
商店街の中に、子育て支援の「子育てお助け村」や、「岩村田寺子屋塾」、商店街直営のお総菜店「おかず市場」などがあり、一体として、うんえいされており、振興組合の皆様の熱い思いが伝わってきました。大いに徳島でも参考になりそうです。ありがとうございました



2011.12.20(火)(会派研修で長野県に向かう)
今日から、3日間、会派研修で長野です。今日は、飛行機、新幹線と乗り継いで、佐久市の佐久総合病院に向かいます。
JA長野厚生連佐久総合病院にて、副診療部長、地域ケア科医長の北澤彰浩氏から、若月健一先生の教えを引き継ぎ、訪問診療、在宅医療を実践している病院の実態を教えていただきました。「医は算術でなく、仁術である」そして、若月先生の目指したものは、@平和A医療の民主化であったことなども、ご教授いただきました。
ドクターへりについても、現場を見させていただきました。
地域医療とは何なのか、ということを学ばせていただき、本当に、ありがとうございました。


2011.12.19(月)(年末の用務多忙)
年賀状書きや、車の冬用タイやの装着、掃除、知人のお見舞い、新聞の原稿など、結構年末は忙しいものである。北朝鮮のトップが亡くなったとの報道もあり、日本国全体がバタバタしている感があります。来年は、政治も少し安定してもらいたいです。
夜は、眉山ライオンズクラブの理事会があり、出席しました。剣道大会の収支決算などが報告され、承認されました。

2011.12.18(日)(藤棚剪定と植樹)
私の所属する、徳島眉山ライオンズクラブのアクトとして、藤棚剪定(徳島城公園内にあり、姉妹クラブの愛知県江南ライオンズクラブから贈られたもの)を早朝から実施、その後、眉山中腹(花見で毎年賑わうところ)に、国際森林年にちなんで、蜂須賀桜5本をメンバーで植樹しました。
新聞社からも取材がありました。きれいな花を咲かせてください。午後からは、阿南市福井町の実家に向かい、年末のお手伝いでした。1年が過ぎるのが早く感じます。


2011.12.17(土)(第30回徳島県障がい者の集い)
徳島市、あわぎんホールにおいて、標記集いが開催されました。私も、文教厚生委員会委員として、出席しました。また、連合徳島、ボランティアサポート養成講座があり、出席しました。宮城県でのボランティア活動について、報告をさせていただきました。

2011.12.16(金)(民主党自治体議員政策懇談会)
東京都の民主党本部において、標記会議が開かれ、徳島県から私が出席しました。全国から40名が参加しました。古本伸一郎組織委員長・党税制調査会事務局長から、税制改正の中身について、非常にわかりやすくポイントを絞った報告がありました。また、吉良州司党経済連携PT事務局長から、TPPへの取り組みについての説明がありました。
夜の飛行機で帰ってきました。日帰りでした。

2011.12.15(木)(議会で用務)
議会にて、懸案事項の整理などを行いました。また、午後からは、県職労徳島支部の定期大会があり、出席し、連帯の挨拶をさせていただきました。
夜は、星屑の会(清掃ボランティア)の忘年会に出席しました


2011.12.14(水)(議会閉会)
11月定例議会が、閉会しました。今議会は、、代表質問に立たせていただき、喫緊の課題について、議論をさせていただきました。これから、年末に向け、各種行事が目白押しですが、しっかり頑張っていきたいと思います。

2011.12.13(火)(議会運営委員会)
会長・、幹事長会、議会運営委員会、に続き、議会改革検討会議が開かれ、出席しました。議会として、広報をどのように行うか。などを議論しました。
その後、会派総会を開催し、明日の会派としての態度などを決めました。

2011.12.12(月)(議会で用務)
14日の閉会を控え、議案についての検討などを行いました。


2011.12.11(日)(大阪見学)
弟夫婦と一緒に、通天閣、新世界、周辺を散策させていただきました。久しぶりの大阪でしたが、難波周辺も、すごい賑わいでした。さすが大阪です。
そして、結婚披露宴の余韻に浸りながら、徳島に帰って来ました。

2011.12.10(土)(結婚式)
兄の息子(私のおい)の結婚式が、大阪であり、弟夫婦と私たち夫婦の4人で、車に乗って、朝出発しました。昼過ぎに無事にホテルに到着し、礼服に着替えて、結婚式場に向かいました。おじいちゃん、おばあちゃん、親せきのビデオレターを作成していたので、式場にて、上映してもらいました。いい、結婚式でした。これからもお幸せにね。
終了後、月食を眺めながら、ホテルに帰って眠りにつきました。

2011.12.9(金)(防災対策特別委員会)
県議会防災対策特別委員会が開かれました。私も委員として出席し、港湾におけるBCP、避難所対策などについて質問しました。各委員、熱心に議論しました。

2011.12.8(木)(会派総会)
太平洋戦争の開戦日(1941年12月8日)です。この日を、二度と戦争をしないと決意する日にしたいと思います。
また、会派総会を実施し、閉会日における議決態度について協議しました。


2011.12.7(水)(文教厚生委員会2日目)
教育委員会関係の審査が行われました。私は、高等学校のユニバーサルデザイン化、その中でも、トイレの洋式化の推進について質問しました。補正予算を活用して、今年度中にすべての高校に、少なくても、男女1基ずつの様式トイレが設置される見通しとなりました。
あと、学校飼育動物、小学生の読書の大切さ、人権を守る取り組み、高校の中途退学者対策などについて質問しました。

2011.12.6(火)(文教厚生委員会)
県議会文教厚生委員会(保健福祉部関係、病院局関係)が開かれ、委員として出席し、審議を行いました。私は、集団予防接種時の、注射針の使い回しによる、肝炎患者の対策や、まだ、検査を受けていない感染の恐れがある方に対する、検査態勢の充実を求めました。
また、徳島大学病院と県立中央病院の連携、メディカルゾーン構想について質問しました。救急医療や、周産期医療体制の充実、県民にとって、使いやすく、信頼される病院にならなければなりません。

2011.12.5(月)(議会で用務)
県民からの、公共事業に関する要望を受けました。重層下請け構造の中で、下請け、孫請けのおかれている、厳しい状況をお聞きしました。公契約条例を制定する必要性を感じます。
明日からの文教厚生委員会の調査を行いました。


2011.12.4(日)(実家の掃除)
年末を控え、両親の住む福井町にて、掃除や片付けを行いました。実家で、二人暮らし、おかげで元気、少し病弱ですが元気で長生きしてもらいたいです。この10日が、兄の子供の結婚式なので、お祝いのメッセージビデオを撮影しました。ただいま、編集中です。

2011.12.3(土)(介護フォーラム)
第2回の介護フォーラム総会が、徳島市ホテルクレメントであり、出席しました。博愛記念病院の武久洋三先生が代表理事を務められ、仁木博文衆議院議員が顧問を務めています。私も、お祝いのご挨拶をさせていただきました。
特別講演として、民主党の石毛えいこ衆議院議員から、介護法案をめぐる取り組みについて、詳しくお話がありました。
ありがとうございました。

2011.12.2(金)(議会運営委員会)
徳島県の補正予算案が議会運営委員会で説明されました。補正額は、201億2150万円、11月補正としては、過去10年間で最大となっています。主な歳出は、地域医療再生、緊急雇用創出事業臨時特例、森林整備加速化・林業飛躍の3基金に総額99億913万円を積み増します。
夕刻からは、国保労組の団結忘年会、などがあり、出席しました。忘年会のシーズンです。

2011.12.1(木)(師走)
早いもので、今年もあと1ヶ月となりました。1年1年が本当に早く感じます。12月定例会の各常任、特別委員会が開催されます。頑張ります。


2011.11.30(水)(一般質問)
県議会本会議2日目です。一般質問4人が登壇しました。岡議員、中山議員、森本議員、児島議員です。各議員持ち味を発揮していました。また、我が会派、新風・民主クラブより、議会版BCPを定めるための検討会を設置していただくよう、岡本議長に要請いたしました。BCP(大規模災害時に議会を開くことができない場合、知事が専決処分する可能性があり、議員の役割である、行政のチェックが果たせなくなる恐れがあるので、いざという時に備え、議会機能の回復に向けた事前計画を策定しておく必要がある。)岡本議長からは、前向きな回答がありました。

2011.11.29(火)(代表質問登壇
11月定例県議会、代表質問です。午前中は、北島議員、福山議員、午後からは、庄野、そして、南議員が登壇し、県政の重要課題について、質問しました。知事はじめ、理事者からは真摯な答弁がありました。
私は、公共サービス基本条例、公契約条例の制定、自転車の安心、安全条例の制定、就労支援などを求めました。また、全文を記載したいと思います。ご指導をいただいた皆様方に感謝申し上げます。

2011.11,28(月)(B型肝炎対策について要請を受ける)
議会控え室で、明日の質問準備をしています。そんな中、予防注射針の使い回しにより、B型肝炎に感染した方々、そして、訴訟団の弁護士が、県議会に来てくれました。会派の長池議員、共産党の議員と共に、お話をお伺いしました。
徳島県は、感染者が少なく、本人が知らない間に、感染していることもあるので、是非、保健所等で検査を受けてもらいたいと述べられました。


2011.11.27(日)(質問準備)
29日の代表質問に向け、準備です。注目していた、サッカー徳島ボルティスは、今日サガン鳥栖と対戦し、3対0で負けてしまいました。残念。

2011.11.26(土)(県職員磯釣り大会)
今年は、第51回の釣り大会です。県庁漁友会は今年で61周年を迎えます。歴史あるクラブです。私は、縁あって、数年前から漁友会の会長をさせていただいています。釣りに行く機会は年に数回ですが、釣りは大好きです。グレ釣り、アオリイカ、とてもGOODです。
今日は、海部郡、美波町(旧日和佐町)での磯釣りです。港に5時30分に集合し、私も挨拶をさせていただきました。そして、久しぶりに私も釣りに参加しました。午後2時の納竿まで、心地よい海風を感じながら、楽しませていただきました。結果は、3.5キロで、5位となりました。イサギ、アイゴ、サンノジなどを釣りました。
全部愛情を込めて料理しました。イサギは刺身、サンノジは味噌漬けにしました。

2011.11.25(金)(連合徳島定期大会)
阿波観光ホテルにおいて、連合徳島定期大会があり、出席しました。小松会長は、この大会で勇退されます。会長には、大変お世話になりました。今後とも、ご指導をお願いします。また、今後のご活躍を祈念しています。
その後、写真家の荒井けんじ氏の葬儀に行き、ご冥福をお祈りしました。合掌。

2011.11.24(木)(県議会開会)
11月定例会の開会です。知事から議案説明、所信表明がありました。政策創造部の新設、29億5千万円の補正予算がが提案されました。29日が代表質問、30日が一般質問です。

2011.11.23(水)(勤労感謝の日)
代表質問、11月29日にむけて、項目を整理中です。

2011.11.22(火)(防災対策特別委員会)
議案説明のための、事前委員会が開かれ、出席しました。
その後は、代表質問の準備です。

2011.11.21(月)(宮脇昭先生講演会)
昨年、会派主催で開催した、生物多様性シンポジウムに講師として参加していただいた、国際生態学センター長の宮脇昭先生が、本県に来てくださり、講演がありました。「いのちを守る森づくり」と題して、東日本大震災で、潜在自然植生、シイ、タブカシなどの常緑広葉樹植樹の森は、津波災害から地域を守った事例などを紹介し、植樹の大切さを私たちに教えてくれました。
22日は、マリンピア沖州で、植樹を行います。
夕刻、6時からは、「TPPに関する学習会」を開催しました。私が議長をさせていただいている、食とみどり、水を守る徳島県民会議の主催で行いました。講師は、服部信司先生(日本農業研究所客員研究員、東洋大学名誉教授)です。TPPに入ることへの懸念などについて講演いただきました。


2011.11.20(日)(大松長寿会50周年記念行事)
徳島市大松町の老人クラブ(大松長寿会)が50周年を迎え、その記念として、記念誌を発刊しました。会長の吉峰さんには頭が下がります。そのお祝いもかねて、中部コミセンにて式が行われました。私も、出席し、祝辞を述べさせていただきました。
また、記念講演として、三輪真治氏、住友医院の桜井えつ氏から、どう楽しく生きるかといった、講演を受けました。これからも、お元気で楽しく生きていきましょう。昼食をはさんで、午後からは、博愛病院デイケアサービス部から、笑いと涙の体操とゲームが行われました。

2011.11.19(土)(質問準備)
朝から天気が悪く、雨模様です。29日県議会本会議の代表質問の準備をしました。パソコンに向かい、限りなく文章を打ち込んで行きます。公契約条例、公共サービス基本条例制定ほ必要性、NPO法改正に伴う、認定NPO 法人取得に向けての県としてのバックアップと、県市町村民税の税額控除に向けた条例整備など、現在考えています。新しい公共について、奮闘中です。

2011.11.18(金)(事前常任委員会開催)
文教厚生委員会があり、委員として、出席しました。教育委員会関係、保健福祉部関係、各提出議案の説明が行われました。私は、保健福祉部関係で、「指定管理者の選定、そして管理、運営を選定業者に委託するようになるが、そこで働く労働者にきちんと賃金が支払われるよう、しっかり県として注視していただきたい」と述べました。施設を利用する方々の安全の確保が大切であり、安かろう悪かろうではいけません。
委員会終了後、県議会の超党派の勉強会「ウイング21」があり、今回は、日本貿易振興機構(ジェトロ)徳島貿易情報センター所長の松尾修二氏より、世界の状況や、タイの日本企業のことなどをお聞きしました。ありがとうございました。
夕刻は、自動車総連徳島地域協議会政策研修会に出席し、自動車関係諸税の抜本改革についての活動や、要望についてお聞きしました。大変勉強になりました。

2011.11.17(木)(議会運営委員会)
県議会、会長・幹事長会に引き続き、議会運営委員会が開かれました。私も、黒川会長と共に出席しました。県から、11月定例県議会に提出される議案の説明がありました。開会は、11月24日、代表質問は11月29日、一般質問は11月30日と決定しました。
今議会から、本会議の開会は10時からとなり、午前中に2名、午後は、1時45分に再開し、午後も2名の議員が質問に立ちます。今議会、私は代表質問です。29日の午後1時45分の登壇です。頑張ります。


2011.11.16(水)(徳島眉山ライオンズクラブ例会)
学習会から徳島に帰ってきました。夕刻からは夕刻からは徳島眉山ライオンズクラブ理事会、引き続き例会があり出席しました。国際森林年の行事として、クラブでも植樹をすることが決まりました。眉山の中腹にソメイヨシノを植樹します。
プロ野球日本シリーズは、ソフトバンクが勝ち2勝2敗となり盛り上がってます。又、女子バレーは、ケニヤに勝ち、現在4位です。3位以内がオリンピック出場権を得ます。あと2試合。頑張れニッポン。サッカーザックジャパン。も頑張れ。

2011.11.15(火)(自治労自治体議員連合全国学習会)
東京都で開催された、学習会に参加しました。全国から、日本教育会館に200名あまりが出席し、熱心に講演を聞きました。学習会のNO1は、「公契約条例の現状と課題」です。条例制定の必要性は、委託や公共工事などにおける低価格落札のため下請けや孫請けで働く労働者に適正な賃金が支払われていないことが大きな問題となり、「安かろう、悪かろう」ではなく、公共が発注する業務は、地域の生活者などにとって、安全、そして良質であることが求められています。
学習会NO.2は、「地域防災で自治体議員が果たす役割とは・・東日本大震災の経験から」で、講師は、宮城県石巻市議の千葉眞良議員。と、気仙沼市議の村上議員です。被災直後からの生々しく、厳しい現状を述べられました。
学習会NO、3は、元ニセコ町長で、現民主党衆議院議員の逢坂誠二氏でした。「地域主権改革の現状と自治体議員の役割」と題して、今年度はじめて実現した地域自主戦略交付金(一括交付金)5120億円のことについても言及されました。
とてもためになる学習会でした。これらのことを生かしていきたいと思います。


2011.11.14(月)(議会にて用務)
11月29日は、本会議、代表質問の日です。私は、予定では、3番目、午後1時45分からの登壇となります。公共サービス基本条例、NPO法人を支援するための新しい条例作り、生物多様性地域戦略、防災対策など課題は多いです。準備を進めています。
また、15日は、東京で自治労自治体議員学習会があり、出席します。新しい情報があれば参考にします。

2011.11.13(日)(第41回小中剣道大会)
朝7時より、会場で受け付けなどを手伝いました。早くから剣士が集合です。頑張ってください。私は、9時前に体育館を出まして、阿南市福井町での親戚の法事に出席しました。暖かい日でした。親戚では昔話に花が咲きました。

2011.11.12(土)(徳島眉山ライオンズクラブ。剣道大会準備)
午後から、都市交通労働組合、徳島市バス労働組合の定期大会があり、出席し連帯と激励の挨拶をしました。地域の公共交通として、市民の足を守っていただいている。これからも、共に頑張っていきましょうと、述べました。
また、夕刻からは、私の所属する、徳島眉山ライオンズクラブの大きなアクト(行事)である、小中学生剣道大会を13日に控え、その準備作業を行いました。会場は、徳島市立体育館です。県下各地から、500名もの剣士が集まります。


2011.11.11(金)(TPP交渉参加表明)
今日は、1が6桁重なる日です。各地では、記念切手なども発売されたようです。そんな日ですが、野田首相が、TPP交渉に参加す旨の表明をしました。このことについて、賛成、反対、様々な意見が聞かれます。私も輿石幹事長に交渉参加見送りを直に要望したこともあり、大変心配です。県内の農業や、畜産のことなど、あまりにも情報が少ない中、多くの国民も不安をぬぐえないでいると思います。
しかし、首相が交渉参加を表明した以上、国益を守るために、断固たる態度で、交渉に臨み、情報をきちんと国民に提示し、決してアメリカの外圧に屈しない交渉をしていただきたいと思います。
夕刻からは、徳島駅前で、連合徳島の皆様と共に、何でも相談ダイヤル、人間らしい働き方を追求する「ディーセントワーク」について、街宣活動を行いました。


2011.11.10(木)(会長・幹事長会)
11月定例会に向けて、県議会、会長・幹事長会が開かれました。開会日は、11月24日と決まりました。引き続き、議会改革検討会議が開かました。今11月議会から、本会議の開会時間を30分早め、代表、一般質問の開始時間を午前10時からとし、午前中に2名、午後は、1時45分から2名ということになりました。開会時間の前倒しは、職員の超過勤務削減や、エネルギーの省力化などが目的です。そのほか、質問事項の議会ホームページへの前日公開も決定しました。
午後からは、会派総会を開き、財政課から提出議案の説明を聴取しました。

2011.11.9(水)(イタリア国債最安値更新)
ギリシャの金融危機に引き続き、イタリア国債を売る動きが加速しています。売られれば、国債の価値が低下し、低下すれば、金利が上がる悪循環です。政府の借金のため発行している国債は、各国にとって大変重要です。
1999年に欧州通貨「ユーロ」ができてから一番の危機です。国債の金利が上がれば、借金の利払いが増えるため、財政運営が厳しさを増します。市場ではどうやら7%ガ自力で財政運営できるかどうかの節目とされています。
日本も、巨額の借金があります。金利が1%上昇するだけでもその利払いは重くのしかかります。財政再建という大きな課題、そして、安心安全の確保、社会保障の充実、など、将来を見据えた、税のあり方など、真剣に議論しなければならない。

2011.11.8(火)(自治体議員フォーラム2日目)
分科会が午前中開かれました。私は、「原発と自然エネルギー」の分科会に参加しました。2人の講師先生が、事例も含めしっかりと、講演いただきました。
夕刻、徳島に帰ってきました。午後、5時30分からは、食とみどり。水を守る徳島県民会議と徳島人権平和センターとの共催で、徳島駅前において、「TPP参加反対の街宣活動を実施しました。私も、県民会議の議長という立場で、マイクを握りました。参加の皆様、ご苦労様でした。

2011.11.7(月)(民主党自治体議員フォーラムに参加)
東京都で開催された、標記フォーラムに参加しました。前原政調会長も出席し、挨拶と、マニフェストの検証を報告していただきました。また、東日本大震災の被災地の議員からは、震災以降の活動報告を3名の方からいただきました。本当に苦しい報告でありました。フォーラムには、全国から約500人が出席しました。意見交換もできました。

2011.11.6(日)(徳島マラソン)
「東日本大震災復興支援チャリティー・とくしまマラソン」が開催されました。春に予定していましたが、大震災の影響で延期されました。しかし、全国から5799人の方々が出場し、阿波路を駆け抜けました。マラソンはすごいなーと思います。お金を払って、これだけ多くの方が来てくれるのです。
走り終わったランナーは、徳島市内の新町川水際公園周辺で、足湯や、後夜祭などで疲れを癒したそうですが、お疲れ様でした。ちょうど、徳島マルシェや、NPO法人の方々のブースもあり、にぎわったことと思います。

2011.11.5(土)(徳島県の公共サービス基本条例・公契約条例をめざすシンポジウム)
11.5公共サービスシンポジウム徳島県実行委員会主催で、標記シンポジウムが開催されました。朝から、かなり雨が降りましたが、会場には200人を超える方々の参加をいただき、盛大に開催できました。私も実行委員の一人です。
まず、第一部は千葉県野田市、の根本崇市長の講演です。野田市は全国ではじめて公契約条例を制定しており、2年前には会派研修でも勉強に行った市です。一定額以上の公共工事と、清掃などの請負契約について、労働者に適切な賃金が支給されるような仕組みを、条例で作ったのです。
全国からも多くの方が視察に来ているようです。根本市長ありがとうございました。
また、第2部は、パネルディスカッションです。根本市長さん、奈良女子大学名誉教授の澤井勝さん、全建総連フレッセ書記長の新居良雄さん、そして、庄野昌彦、私です。コーディネーターは、徳島県公務労協議長の藤岡一雄さんです。
徳島県からも、海野政策監補が参加してくれました。
私は、公契約条例、公共サービス基本条例の制定を県に求めた、本会議場での質問内容、答弁について説明をさせていただきました。実行委員会の皆様、会に出席していただいた皆様、ありがとうございました。条例が制定されるまで、しっかり粘り強く頑張っていきます。

2011.11.4(金)(議会で用務)
明日、5日は、「徳島県の公共サービス基本条例・公契約条例をめざすシンポジウム」が徳島市のホテルで開催されます。私は、パネルディスカッションのパネラーとして参加する予定になっています。そのための事前の頭の整理を、議会控え室でしっかりと行いました。
また、11月定例会が近づいています。その準備も行いました。TPPの問題が大きくなってきました。


2011.11.3(木)(文化の日)
少し雨模様ですが、多くの催しがありました。私は、憲法公布記念日に合わせた「徳島九条まつり」に参加しました。会場は、徳島市水際公園、野外ステージです。美味しい手打ちうどんもいただきました。200円とは安い!又、メインのお客様として、脱原発に向けて活動する俳優の「山本太郎さん」の講演もありました。山本さんは、この活動をはじめて、収入は10分の1以下になったが、原発を止めなければ明日はない。との思いで頑張っています。頭が下がります。
福島第一原発では、今、2号機の原子炉内にある溶けた燃料で、核分裂反応が連続する「臨界」が起きた可能性が取りざたされています。東電は、「自発核分裂」と言っていますが、不安です。



2011.11.2(水)(地域医療支援センター)
徳島県では、県南部などに医師が不足し、その解消を求める声が多く出ています。そのような中、11月1日に、医師の地域偏在解消向けて、医師の配置調整や育成支援を行う「徳島県地域医療支援センター」が、県から委託された徳島大学病院に設置されました。県南や県西部の病院に配属して医師不足の解消を図る。症例の多い中核病院に勤務し医師としての経験を積。県内での勤務を希望する医師の相談受付。など、今後の医療体制に一筋の光が見えたようです。

2011.11.1(火)(燃油勉強会・幹事長に要望)
午前9時30分から、参議院会館会議室にて、農林漁業に関して、燃油税制の現状と対策について、農林水産省の各担当者から説明を受けました。現在軽油では、1リットルあたり、32円の免税措置があり、全国で、漁業では、130億円、農業で、103億円、林業と木材産業で24億円の措置がされていますので、合計257億円となっています。A重油では、1リットルあたり、2.04円の免税となっており、施設園芸で、11億円、漁業で25億円の計36億円の措置がなされています。これが、なくなると、農林漁業者は大変となります。県議会でも、燃油税制の特例措置の継続を全会一致で決議し、意見書を関係省庁に送っています。
午後からは、民主党前原誠司政調会長、輿石東民主党幹事長にお会いし、県議会新風・民主クラブとして、本県の現状を伝え、全部で14項目の「2012年度予算・税制・施策に関する要望書」を提出しました。
要望内容は、@農林漁業燃油税制の特例措置継続@TPP交渉の参加見合わせ@地方自治体に勤務する獣医師確保@阿南安芸自動車道・福井道路の新規事業採択など、大規模地震・津波に対応可能な緊急輸送路の整備促進@高速道路全国一律料金制度の実現、基盤整備の推進による「食料・農業・農村」の振興などを要望しました。
又、岩本司農林水産副大臣にも会うことができ、台風12号で破損した中林漁港海岸の、護岸対策、獣医師の確保対策、処遇改善についても求めました。
かなり、ハードスケジュールでありましたが、無事大役をこなせました。県選出の中谷智司参議院議員、高井美穂、仁木博文衆議院議員、そして、秘書の皆様、大変お世話になりました。ありがとうございました。


2011.10.31(月)(会派研修)
31日、11月1日の2日間、会派研修です。東京にて、今問題となってい、TPPについて、学びます。又、11月2日は、県の要望事項などを、輿石民主党幹事長に会って、要望活動をする予定となっています。しっかり頑張ってきます。
本日の日程
午後2時〜午後4時30分・・TPP協定交渉の概括的現状について、参議院議員会館会議室にて、内閣府、経済産業省、農林水産省の職員さんから、それぞれ説明を受けました。
午後6時30分からは、「やっぱりTPPでは生きられない」震災復興に乗じたTPPにNO! 講演会、シンポジウムに参加しました。パネルディスカッションでは、鴨桃代(全国ユニオン会長)、色平哲郎(佐久総合病院医師)山下惣一(佐賀県農業)、らがTPP問題について討論を行いました。
次に、金子勝氏(慶応大学教授)から、「平成の属国化:TPPの嘘」と題して講演がありました。内容はすべて紹介できませんが、TPPで何を交渉するのかも明らかにされていない。中国やインドは入らない。経済外交戦略がない。などと熱く語りました。いい講演でした。


2011.10.30(日)(徳島県総合防災訓練)
徳島県小松島市において、近畿2府7県が参加をする、近畿府県合同防災訓練・緊急消防援助隊近畿ブロック合同訓練が行われました。小雨が降る中でしたが、私も出席しました。小松島市の小学生も参加し、避難訓練を行いました。炊き出し、被災した方の救出など、ヘリを使った訓練など行われました。いざというときに備えましょう。
午後からは、徳島マルシェの会場・新町川ボードウオークに行きました。女川町のサンマも、支援という意味で販売されていました。徳島の地場産品が多く販売されており、雨の中でしたが、賑わいがありました。


2011.10.29(土)(健康福祉祭)
徳島ねんりんピックの開会式に出席しました。朝早くから、多くの方が参加していました。グランドゴルフ、ゲートボールなど、とても盛んです。元気で年を重ねるということはとても大事なことです。運動をすることによって、足腰が丈夫になります。これからも、お元気でいてください。
午後は、「郵便局を救おう」の趣旨で、今、国会に提出されている、「郵政改革関連法案」の一日も早い成立を求める街宣行動があり、参加し、連帯の挨拶をさせていただきました。JP労組主催での行動です。内容は、民営化を維持したまま、郵便局の分社化を整理し、効率的な「3事業を一体とした」経営体制をつくることです。これからも頑張っていきたいです。
夕刻からは、阿南選挙区の松崎清治県議の後援会総会があり、出席し、お祝いの挨拶をさせていただきました。松崎県議は。民主党県連の政調会長でもあり、会派、新風・民主クラブの副幹事長です。これからも共に頑張っていきます。

2011.10.28(金)(棚田サミット)
勝浦郡上勝町にて、第17回全国棚田(千枚田)サミットが開催されました。私も、午後の分科会から参加しました。田野々の棚田というところにも行って、写真を撮りました。全国各地から、600名を超える参加者がありました。
棚田米や、棚田米を使ったお酒など、工夫をしながら、地域の存続、活性化を目指します。又、小水力発電にも力を入れています。



2011.10.27(木)(勝占地区戦没者慰霊祭)
午前中は、勝占地区戦没者慰霊祭があり、出席し、心から、玉串を捧げさせていただきました。悲惨な戦争を二度と繰り返さないようにしなければなりません。
午後からは、林野労組からの要望があり、県議会の林活議連のメンバーで、要望を受け止めました。県の担当者も出席し、意見交換を行いました。
18時からは、県職労社会保障研究会主催の講演会があり、出席し、講演を聴きました。講師先生は、新しい自立化支援塾代表の、森本初代さんです。ホームレス支援の状況などを話されました。様々な方の人権を守るため、頑張りましょう。


2011.10.26(水)(定期大会)
全水道徳島水道労働組合第60回定期大会が開催され、出席して、お祝いと連帯の挨拶をさせていただきました。また、終了後、県土地改良事業団体労働組合の定期大会にも出席し、お祝いのご挨拶をさせていただきました。これからも、連携して頑張ります。

2011.10.25(火)(議会で用務)
11月議会に向けて、議会で少し準備です。生物多様性地域戦略をどのように策定していくのか。公共サービス基本条例の策定に向け、シンポジウムを開催するので、その準備などを行いました。忙しくなりそうです。

2011.10.24(月)(会派総会)
徳島県の重要要望、、会派の要望活動を月末に控え、会派総会で打ち合わせをしました。TPPについての聴取も行います。防災・減災対策、経済・雇用対策、にしぼった活動になりそうです。
夕方からは、眉山ライオンズクラブの理事会があり、出席しました。剣道大会の打ち合わせなどを行いました。


2011.10.23(日)(全国一般定期大会)
地場中小企業の労働者で組織する、全国一般労働組合の定期大会があり、出席し、連帯と激励の挨拶をさせていただきました。終了後、国府町芝原に向かい、第23回むつみ祭に出席しました。阿波でこ箱回しを復活する会の中内さん、南さんがちょうど、人形浄瑠璃(傾城阿波の鳴門)を演じている最中でした。いつ見ても、素晴らしいですよ。
昼ご飯は、会場内で、手作りのうどん、お好み焼き、ぞうすいなどをいただきました。また、むつみ会館内の展示物なども見せていただきました。古い、農機具なども展示されており、文化的にも非常に価値の高いものだと思いました。


2011.10.22(土)(後援会総会)
午後2時から「改正NPO法制度説明会を、会派主催で開きました。松原明氏(NPO法人シーズ)を講師にお迎えし、4時30分まで、質疑も含め、熱い会になりました。県も、市町村も条例を作ることによって、NPO法人にとって、有利な制度となります。
午後、6時からは、私の後援会総会がありました(阿波観光ホテル)。東日本大震災の支援活動として、宮城県の東松島市にボランティアとして行ってきたことなどを報告しました。多くの方に参加いただきました。ありがとうございました。

2011.10,21(金)(食とみどり、水を守る徳島県民会議幹事会)
今日は、企業会計決算認定委員会の最終日です。病院局関係の審査がありました。私は、ヒヤリ、ハットの状況を聞きました。病院内での情報交換を密にして、医療事故がないように求めました。医療はチームで行われます。みんなで、一致協力して頑張ってくださいと申し上げました。
夕刻からは、「食とみどり、水を守る徳島県民会議」幹事会に出席しました。TPPに関して、県民会議としての行動を議論しました。当面、国会議員への要請、学習会への参加などを決めました。
夜は、10.21反戦集会に参加しました。

2011.10.20(木)(秋晴れ)
とてもいい天気に恵まれました。海部郡美波町伊座利の様子を見に行きました。ここは、コミュニティースクールで有名ですし、漁師のご家族がとても元気です。「イザリーノ」というカフェ、食事どころがあり、この日も、お魚定食をグループで食べに来ていました。地域活性化のヒントがあります。これからも元気なまちでありますように。

2011.10.19(水)(後援会総会準備)
年に一度の後援会総会の打ち合わせ。総会は、22日(土)です。東日本大震災におけるボランティア活動や、現地の状況などを報告し、本県での防災対策に役立てていこうと思います。

2011.10.18(火)(企業会計決算認定委員会2日目)
今日は、企業局関係の委員会です。企業局は、公営企業として、水力発電などの電気事業、工業用水道事業、企業誘致のための土地造成事業、駐車場事業の4事業を行っています。私は、震災対策、液状化対策について質問しました。


2011.10.17(月)(企業会計決算認定委員会)
今日から企業会計決算認定委員会です。企業局と、病院局の昨年度の決算について、審議します。今日は、各局から説明を受けました。気候もよくなってきました。食欲の秋、スポーツの秋です。徳島が元気になるようにしっかり頑張っていきます。11月議会は、私が会派を代表しての質問になります。雇用確保、中小企業支援、など、課題は多いです。

2011.10.16(日)(同窓会2日目)
午前中は、松江城見学.。お城の周りの堀(4キロメートル)を、堀川遊覧船で、50分かけて散策です。ゆったりと時間が流れ、素晴らしい観光資源があるなーと、感心しました。
午後からは、鳥取県境港に移動しました。水木しげるロードを散策、魚市場にも行きました。白いかを買ってきました。これはうまいです。松葉ガニもとてもおいしかったです。お世話になった皆様に感謝です。


2011.10。15(土)(同窓会)
大学の同窓会があり、出席しました。毎年四国、中国、近畿を中心に場所を移して開催しています。「麻布丹沢会」といいます。今年は、島根県の宍道湖温泉でありました。高速道路を使って行きました。少し早く着いたので、出雲大社を参拝させていただきました。夜は、楽しく過ごしました。島根、鳥取の皆様には大変お世話になりました。



2011.10.14(金)(県職連合大会)
県職連合の定期大会があり、出席し、議会報告等をさせていただきました。徳島市議会議員の加村ゆうじ氏も一緒に参加させてもらいました。また午後からは、企業局労組の大会、病院局労組の大会に出席しました。
夕刻は、徳島地区労第25回大会があり、出席しました。平和を守り、人権を守る。これからも連携して頑張ります。


2011.10.13(木)(県議会閉会)

9月定例県議会が閉会になりました。東海・東南海・南海の3連動地震対策や、中小企業支援など経済雇用対策に重点配分した2011年度一般会計補正予算(66億2380万円、累計4625億円)などを可決しました。また、議員提案の意見書については、「太平洋新国土軸構想の実現と日韓トンネル建設の早期着工を求める意見書」については、黒川会長が反対討論を行いました。
本会議終了後、スポーツ振興議員連盟の勉強会があり出席しました。また、夕刻からは、徳島県議会水産振興議員連盟と漁業協同組合の皆様方との意見交換会があり、出席しました。漁船用の燃油への非課税制度の堅持を求める意見がありました。これについては、県議会でも全会一致で意見書を採択しています。私たちも、政府に要望したいと思います。

2011.10.12(水)(議会運営委員会、会派総会)
閉会を明日に控え、会長・幹事長会議、議会運営委員会がありました。議員提出の意見書案が提出されました。午後からは、会派総会を開き、議案採択の態度や、意見書案についての賛否などを協議しました。自民党会派から提出された「太平洋新国土軸構想の実現と日韓トンネル建設の早期着工を求める意見書」については、震災復興に大きく予算計上しなければならない時期に、又、国地方の借金、負債状況を見るととてもこの意見書には賛同できないと言うことで、黒川会長が反対討論をすることになりました。

2011.10.11(火)(徳島市老連8ブロックの集い)
市老連8ブロックは、徳島市南部中学校区の広い地域が対象です。この地域の集いが、丈六コミセンでありました。私に防災対策、宮城県でのボランティア活動の話をしてほしいとの依頼があり、パワーポイントを使って、写真を紹介しながら、少しお話をさせていただきました。皆さん、熱心に聞いていただきました。
その後、博愛記念病院のスタッフの方が、健康体操などの講習をしてくださいました。昼食後、歌や踊りなど演芸大会があり、私も最後まで楽しませていただきました。80歳を超えても、素晴らしい歌声を披露してくださっています。
これからも元気で長生きです。
夕刻からは、公共サービスシンポジウムの実行委員会があり、出席しました。

2011.10.10(月)(体育の日)
素晴らしい天気です。県内でも様々な催し物がありました。徳島市の新町橋周辺ではアニメの祭典「マチ☆アソビ」最終日。アニメソングライブやコスプレファッションショーなどがあり、1万人を超える人でにぎわったようです。また、阿波牛バーベキュー大会が、吉野川河川敷でありました。
食欲の秋、行楽の秋です。又、紅葉もきれい時期です。高の瀬峡などへも行ってみたいと思います。


2011.10.9(日)(徳島勝占神社お祭り)
今日は、勝占神社の本祭りです。朝早くから、乗り子が乗り込んだ「勇み神楽」をみんなでひきます。そして、昔の馬場(現ガラススタジオ前)で、この神楽をみんなで上に放り投げます。4人の乗り子は、空中に放り投げられても元気に太鼓をたたきます。
地域の伝統文化だと思います。これからも地域の絆を大切にしていきたいと思います。

2011.10.8(土)(福井祭り)
阿南市福井町の村祭りです。久しぶりにお参りに行きました。そして、夜の花火大会を楽しみました。素晴らしい花火でした。村祭りは、少子化の影響もあり、年々縮小傾向にありますが、伝統文化を守り、次世代に継承していく取り組みが必要です。
菅直人前総理大臣が、四国霊場88カ所参りを再開しています。これからも頑張って下さい。

2011.10.7(金)(防災対策特別委員会)
特別委員会が開かれ、出席しました。私は、先日の台風12号、15号により浸水被害を受けた私の地元西須賀町などの対策について、排水対策、河川改修について要望しました。これからも頑張ります。

2011.10.6(木)(会派総会)
午前中は、佐那河内村に出かけました。Kさんから、長井長義(日本薬学界の父)先生の功績をたたえるために、何ができるのか。について、話をしました。
昼からは、会派総会を行い、議会の採決について、相談しました。


2011.10.5(水)(文教厚生委員会2日目)
今日の文教厚生委員会は、保健福祉部、病院局です。私は、学童保育の充実強化、子育て家庭への訪問支援、オストメイト対応トイレマップの作成、保育所における保存食などの備蓄状況などについて質問しました。
夕刻は、徳島人権平和運動センターの総会があり出席しました。その後、徳島眉山ライオンズクラブの例会に出席しました。
日本のプロ野球も終盤にさしかかってきました。セリーグはとうとうヤクルト、中日が並びました。又、大リーグでは、地区シリーズが行われています。迫力あるプレーで楽しませてくれます。

2011.10.4(火)(文教厚生委員会)
文教厚生委員会、教育委員会関係が開かれ、委員として出席し、議論に参加しました。幼小中学校の通学時の安心安全対策や地域との連携などについて質問しました。また、学校における、災害時におけるマニュアルの早期作成を重ねて求めました。
さて、気温も低くなってきました。季節の変わり目、体調をくずさないように気をつけてください。


2011.10.3(月)(街の電気屋さんの知恵)
滋賀県大津市の電気屋さんが、考えたエコ照明のことが、新聞に載っています。太陽光を直接、間接に家や工場に取り込むことで、電力ゼロ照明を実現しています。設置価格は8畳間を照らす設備で、25万円程度といいます。
豪州の先駆企業(ソーラーチューブ)と契約を結び、採光ドームやアルミ製の筒を使用しています。自然の光を利用することは、基本です。光と共に、自然の風をうまく取り入れ、冷房の電気費用を節減できれば、よりいいと思います。

2011.10.2(日)(北極でもオゾンホール)
国立環境研究所などの国際チームは、北極上空で、これまでにない規模のオゾン層破壊が進み、南極にできるオゾンホールに匹敵する大きさになったのを初確認したことを、発表しました。報道によると、北極上空は南極よりも冬の気温が高く、オゾン層を壊す物質ができにくいが、今年は春まで厳しい寒さが続き、破壊が進んだと言われています。
(今冬初めからオゾンの破壊が進行、破壊はスカンディナビア半島を含む直径約3000キロの範囲におよび、北極圏のオゾン総量の40%以上が破壊されたという。南極では84〜85年にオゾンホールが発見され、北極でも96年以降断続的に小規模なオゾン破壊が観測されていたが、今回は最大規模)と報道されています。
オゾンはフロンなどに含まれる活性塩素によって破壊されると言われていますが、エアコンのガスや、スプレーなどの廃棄には、みんなが気をつけなければなりません。外出時の、紫外線対策は、今後、より慎重が求められます。


2011.10.1(土)(今日から10月)
台風12号、15号の影響がどの程度だったかというデータが公表されました。県内では、10観測地点のうち、6地点で月降水量が過去最多となり、最も多いのは、那賀町木頭出原の1797ミリで、徳島市でも1008ミリを記録(過去の9月平均は210ミリ)しました。温暖化の影響もあるといわれており、台風による豪雨災害が増える中、浸水、排水対策、避難情報の伝達強化が求められているとしています。紀伊半島の土砂災害も想像を超える規模であり、地域防災力の強化が求められている。

2011.9.30(金)(自治労県本部大会)
自治労徳島県本部の定期大会が開催され、自治体議員連合の一員として、出席しました。県下各地から多くの代議員が参加し、会場は熱気あふれていました。藤岡委員長から、東日本大震災で被災された地域への支援活動について、自治労としての取り組みの紹介があり、各単組へのお礼と、県知事から表彰を受けた旨の説明がありました。
私も、自治体議員連合として、お礼や、現状報告をさせていただきました。

2011.9.29(木)(会派研修・上勝町へ)
かねてから計画していた、会派研修を行いました。インターンシップで私の会派に勉強に来ている、文理大学の真田さんも一緒に参加し、総勢7名で出発です。
まずはじめに、彩(いろどり)について、上勝町のJA出荷場にて、彩りの出荷状況等について、カミカツーリストの溜本代表取締役より、説明を受けました。続いて、月ゲ谷温泉にて昼食をとり、温泉2階の株式会社 いろどりの事務所会議室にて、代表取締役社長の横石知二氏より、1時間、説明を受けました。
和料理のツマもの(なんてんや、柿の葉っぱなど)を90歳を超える高齢のおばあちゃんたちが、元気にインターネット端末(タブレット)を見ながら、仕事をしている。なんて素晴らしいんだろうと、感激しました。
横石氏曰く、「元気になっていく福祉を推進することが大切ではないか」といいます。わたしも全くその通りだと思います。また、「人、地域、商品が輝く舞台づくり」が大事であり、組織で動くことも大事だが、個が動くことがより大事だと言われました。本当にいい話を聞くことができました。ありがとうございました。今後の政治活動に生かしていきます。
その後、上勝町役場敷地内のコミセンにて、全国棚田サミット(10月28日、29日)の準備状況について、上勝町山本?壽副町長、産業課の久米繁樹さんから、詳しく説明を受けました。
次に、小水力発電について調査しました。上勝町役場産業課の東ひとみさん、地職住推進機構設立準備室室長の小林篤司さんに案内していただき、あめご養殖をしている、笹山さん宅に出向き、実物を見せてもらいました。3キロワットの出力が出るそうです。また、太陽光発電パネルも設置しており、先進地事例として、今後、どんどん発信し、普及を目指したいと思いました。視察にあたり、お世話になった方々にお礼を申し上げます。

2011.9.28(水)(県議会一般質問)
本会議2日目、一般質問4名が登壇しました。1番目は、自民党県民会議、岸本議員です。オンリーワン徳島行動計画中期プラン、LED産業について、河川砂利の活用について質問。2番目は、明政会、岡田議員です。男女共同社会の推進について、ドクターヘリの導入について、観光振興についてなど質問。
3番目は、共産党の達田議員です。原発事故について、自然エネルギーの転換について、財政問題について質問。4番目は、公明党の長尾議員です。災害・減災対策について、聴覚障害対策について質問しました。
終了後、会派総会を行い、付託議案、誓願の対応等について協議しました。その後、全農林労働組合、中国四国地方本部徳島分会の第5回定期大会に出席し、議会活動報告などをさせていただきました。

2011.9.27(火)(県議会代表質問)
9月定例会の代表質問です。3会派4名の議員が登壇しました。1番目は、自民党県民会議、木南議員です。震災対策、湖南省との交流等について質問。2番目は、明政会、重清議員です。県南地域の道路整備、海部病院の整備などについて質問。3番目は、私の会派「新風・民主クラブ」から、松崎清治議員です。地方分権改革について、財政健全化について、防災(自然との共生)について、改正NPOに対する県の対応について、インターネット上の人権侵害防止の取り組みについて、地域医療再生支援について質問。4番目は、県民会議の喜多議員です。防災対策、健康寿命の伸長について、県産材の利用促進について、など質問しました。県からは、前向きな答弁も多く、聞き応えがありました。


2011.9.26(月)(新米価格上昇)
2011年度産米の取引で、JA全農が卸業者に販売する相対取引価格が前年同期比で、10〜20%値上がりしていることがわかったと言います。東日本大震災の影響から、品薄感、放射能汚染不安が影響しているようですが、11年産米が不作となる懸念も少なく、コメの放射性物質検査でもこれまで基準値を超えたところはなく、農林水産省も「安心して食べられる」としています。コメは、国民の主食です。安価で、安心のお米をみんなで食べたいものです。

2011.9.25(日)(原発反対集会)
作家の大江健三郎さんらが呼びかけた、「さようなら原発」集会に6万人が明治公園集結したと言います。東電福島第一原発事故による、放射能汚染、被爆への恐怖ははかりしれません。自分の家を追われ、避難所暮らしを強いられるストレスは、私の想像をはるかに超える厳しいものだと思います。
今後、原発のあり方をみんなで考えていかなければなりません。学校給食も大変です。

2011.9.24(土)(アニメ映画祭)
徳島県内では、初開催のアニメ映画祭が始まりました。美馬市のオデオン座、北島町シネマサンシャイン、徳島市徳島ホール、阿波踊り会館の4会場で、計25作品が上映されます(10月10日まで)。エースをねらえ、などの懐かしいアニメも上映されます。アニメで街おこし・・若者を中心に徳島市にも活気がでてきています。


2011.9.23(金)(野田首相国連演説)
野田首相は、国連総会で、演説を行いました。東日本大震災での各国の支援に感謝すると共に、財政健全化、経済成長を強調し、実直で、好感の持てる演説でした。アメリカオバマ大統領とも首脳会談を行いました。しっかりと日本の代表として、しっかりと地に足をつけて、頑張っていただきたいと思います。

2011.9.22(木)(自治労第42回町村評議会大会)
町村評議会の大会が、勝浦郡上勝町月が谷温泉であり、自治体議員連合を代表して、連帯と激励の挨拶に行ってきました。上勝町は、徳島市から約1時間です。道路も整備が進み、車での移動が便利になりました。
上勝町は、葉っぱビジネス(彩・いろどり)がで有名です。また、今年は「棚田サミット(10月28日、29日」も開催されます。笠松上勝町長さんも挨拶に来てくれました。小水力発電にも力を入れている、元気いっぱいの町です。皆様も一度訪れてみてはどうですか。


2011.9.21(水)(県議会開会)
早朝、議会事務局から連絡があり、今日の議会開会時間は、10時30分から、午後1時30分になりました。台風15号の影響です。午前8時には、和歌山県潮岬沖に台風の中心があり、今後、日本を縦断するかもわかりません。かなりの雨量が予想されますので、今後、予断を許しません。
道路も冠水し、大渋滞になっているとの情報も入りました。車の運転もどうか気をつけてください。(午前8時45分記)
午後1時30分に本会議が開会し、知事が、議案説明を行いました。約1時間で本会議は終了しました。その後、市内の状況を調査。かなり広い範囲で浸水しています。お見舞い申し上げます。

2011.9.20(火)(特別委員会)
台風15号が近づき、雨、風がすごいです。気をつけてください。そんな中、防災対策特別委員会が開催され、委員として、出席しました。各委員は、震災対策、津波対策について質問しました。
私は、先日の台風12号の被害状況を紹介し、本県での深層崩壊についての見解を求めました。
夕刻から、風雨がひどくなりました。夜も、徳島市は大変な雨量でした。1日の雨量が、500ミリを超えたという報道もあり、道路の冠水、床上、床下浸水も心配されます。どうか、気をつけて下さい。

2011.9.19(月)(敬老の日)
今日は、敬老の日で祝日です。恒例の勝占中部地区敬老会が開催されました。台風15号の影響を心配しましたが、朝から非常にいい天気に恵まれました。午前10時から、大松小学校の体育館に集合しました。76歳以上の方に招待状を出し、123名の方が出席してくださいました。私も、挨拶をさせていただき、長寿のお祝いを述べさせていただきました。
式典終了後、祝賀宴があり、お弁当を食べながら、幼稚園、保育所の児童の踊りや歌、そして、地域の方々による、大正琴、ハワイアンダンス、舞踊、カラオケなどで盛り上がりました。私も、飛び入りで、1曲歌わせていただきました。
これからも、お元気で、ご指導をお願いします。

2011.9.18(日)(実家の掃除)
福井の実家の屋根が傷み、雨漏りがひどく、今、葺き替え作業中です。その手伝いと、家の大掃除を手伝いました。押し入れの大掃除も大変ですが、過去からの品物などが発見でき、少し、新鮮な気持ちにもなりました。
昔の家は、屋根瓦の下に、稻わらを混ぜた、赤土を盛ってあり、屋根瓦をはがした後の片付けは大変です。また、壁は、竹を荒縄で編んだ上に、稻わら入りの赤土を塗り固めてあり、震災にも、非常に強いことを、聞きました。又、湿度の調整を土壁が行ってくれるため、1年中快適なのだそうです。エコハウスとして、再び、クローズアップされたらいいなと思いました。

2011.9.17(土)(大会出席、挨拶)
午前中は、JP労組徳島連協の総会が、徳島市内のワシントンホテルであり、出席し挨拶をさせていただきました。JP労組は、3.11大震災を忘れない取り組みとして、毎月11日を「心ひとつにDay」として、支援の取り組みを行うとしています。宮城県の仙南支部へも、ボランティアに行くとのことでした。支援の輪が広がり、早期復旧、復興をみんなの力で成し遂げましょう。
午後からは、情報労連第10回大会が、徳島市内の阿波観光ホテルであり、出席し連帯のご挨拶をさせていただきました。また、大会終了後、勝浦町議を10期連続で勤められた、西浜氏の慰労パーティーがあり、引き続き参加し、みんなで祝い、ねぎらいました。ご苦労様でした。

2011.9.16(金)(県議会で用務)
今日の議会は、関西広域連合調査特別委員会、人権・少子・高齢対策特別委員会です。会派の委員がそれぞれ、出席し議案の調査を行います。私も、自分の担当について、調査に入りました。また、午後から、恒例の県知事との意見交換を行い、喫緊の課題などについて、意見交換を行いました。


2011.9.15(木)(県議会文教厚生委員会)
議案説明を行う、事前の常任委員会が開かれました。私の所属は、文教厚生委員会です。教育委員会関係、保健福祉部関係、それぞれ、説明がありました。鳴門渦潮高校と、徳島大学との連携、放射能を調べるための「モニタリングポスト」など、提案説明を受けました。16日、20日は、特別委員会、そして、21日は、開会日となります。
野田政権は、台風12号での、紀伊半島の被害を、激甚災害に指定する方針を固めました。復旧費を今年度の第3次補正予算案に盛り込むことになります。早期成立、早期復興を希望します


2011.9.14(水)(県議会議会運営委員会)
9月定例会開会を21日に控え、議会運営委員会が開かれ、出席しました。9月補正予算の説明が行われ、総額72億3080万円となりました。3連動地震対策や、経済・雇用対策に重点配分しています。放射線量を測定する機器「モニタリングポスト」を新たに3台設置し、計4台で監視体制を強化します。
また、経済雇用対策では、厳しい円高の影響による中小企業の資金繰り悪化を回避するため、セーフティーネット資金などの融資枠を拡大します。
また、議会運営委員会終了後、議会改革検討会議を開き、アンケートの実施、常任委員会、特別委員会の議事録のホームページ公開などを決めました。いよいよ、議会始まります。

2011.9.13(火)(3連動地震対策)
徳島県は、3連動地震(東海、東南海、南海)対策として、津波高の暫定値を策定するため、有識者などでつくる、「津波浸水・地震動被害プロジェクトチーム」を発足させるということが、わかりました。9月中に発足させ、県独自に震源モデルをつくり、年内にも暫定値をだします。
想定しうる限り、最大の高さを示す見込みといいます。このことにより、避難場所の変更等も行うことになります。早期の、浸水予測地図策定が望まれます。


2011.9.12(月)(公共サービスシンポジウム実行委員会)
朝、宍喰から阿南、そして徳島へと帰ってきました。まだ、残暑というか日差しは強く、暑いです。夕刻からは、「公共サービスシンポジウム」の実行委員会があり、出席しました。
公契約条例、そして公共サービス基本条例の制定を求めていくため、徳島市で実施されます。日程は、2011年11月5日(13時〜17時)、徳島市センチュリーホテルであります。
紀伊半島の台風被害の状況が報道されています。被災された方々、お亡くなりになられた方々に心から哀悼の意、お見舞いを申し上げます。国あげての支援が必要です。

2011.9.11(日)(福井の実家清掃そして、海洋町へ)
台風の影響で傷んだ福井の実家の清掃を行い、その後、海部郡海陽町宍喰へと向かいました。宍喰では、1泊でのバーベキューです。A先輩の別荘があり、お世話になりました。家の裏には小川(清流)が流れ、静かで心地よい日となりました。

2011.9.10(土)(四国地区獣医師大会開催)
9月2日に予定されていた、県職労運転者評議会が、台風で延期になり、今日の9時から開催となり、出席しお祝いと連帯のご挨拶をさせていただきました。
その後、すぐに車で、高速道路を通り、高知市に向かいました。第62回四国地区獣医師大会に出席するためです。今回は、四国地区で、獣医師功労者表彰があり、私は、今回ありがたく表彰していただきました。ありがとうございました。
大会では、各県提出の決議も採択されました。@家畜伝染病防疫体制の強化について。A地方自治体勤務獣医師の待遇改善と雇用の確保について。B狂犬病予防対策の徹底について。C動物愛護管理の推進について。以上4点採択され、今後、自治体や政府に要望していきます。


2011.9.9(金)(防災対策委員会視察3日目)
朝、仙台空港を出発、伊丹空港に到着し、午後から、淡路島、南あわじ市、福良港津波防災ステーションを視察しました。県議会に帰ってきたのは、午後4時でした。この成果を議会で生かしていきたいと思います。
夕刻からは、全水道徳島水道労働組合結成60周年記念レセプションに出席し、みんなで、お祝いしました。ありがとうございました


2011.9.8(木)(防災対策委員会視察2日目)
朝、伊丹空港を出発、昼に仙台空港到着。昼食後、バスで、大きな津波補害を受けた、石巻市、、女川町の現場を視察しました。石巻では、がれきが山のように積まれた状況もありました。
女川町では、想像を絶する高さの津波が来たことがわかりました。小高い20メートルもある、丘の上に立つ「町立女川病院」の1階まで、津波が押し寄せたことを聞き、また、見学し、驚きました。また、海岸線は、約1メートルほど沈下していました。魚が泳いでいました。
バスでの、移動中、車窓から被害の状況をガイドさんからお聞きし、当時の悲惨な状況に心を痛めました。引き続きの支援の必要性を痛感しました。その後、仙台市内で宿泊。2日目の研修を終えました


2011.9.7(水)(防災対策特別委員会視察)
7日〜9日までの日程で、徳島県議会、防災対策特別委員会の行政視察が行われます。私も委員として参加します。日程は、7日、和歌山県「稲村の火の館」(有田郡)、8日は、宮城県石巻市、女川町を訪問します。9日は、南あわじ市の「福良港津波防災ステーション」です。しっかり、勉強してきます。

2011.9.6(火)(会長・幹事長会議)
台風12号の被害を心配しています。県内でも、JRに被害が出たり、農産物、漁業などにも、被害が報告されています。お見舞いを申し上げます。
さて、台風一過といいますか、今日は、青空、さわやかな風、すがすがしい1日となりました。秋という感じです。こんな中、県議会会長・幹事長会が開かれ、9月議会の開会日を21日と決定しました。また、徳島文理大学との包括連携事業の一環として、学生さんのインターンシップを受け入れることになり、大学3年生(総合政策学科)のSさんを我が会派で受け入れることになりました。
学生さんが、政治に興味、関心を持っていただくことは、大変重要なことです。できるだけ、会派としても、お手伝いをしたいと思います


2011.9.5(月)(紀伊半島の被害甚大)
テレビ、新聞等で、段々と被害の状況が明らかになってきています。和歌山県や、奈良県の被災地で、行方不明者の捜索も始まりました。また、大規模な、深層崩壊が起き、広い範囲の杉の木が生えている山、前田尾が崩落し、河川を埋め尽くし、土砂ダムで水を堰き止め、2次被害も心配です。
また、道路、ライフラインも途絶え、1万人を超える方々が孤立しているようです。国をあげて、救出、支援を早急にする必要があります。改めて、自然災害の驚異を再認識すると共に、被災された方々に心からお見舞い申し上げます。今年は、大きな災害が続きます。

2011.9.4(日)(台風被害深刻)

台風12号は四国を抜けて北上し、岡山に上陸、北上しました。ゆっくりとした台風は、四国をはじめ、和歌山、三重などにも土砂崩れなどで、甚大な被害をもたらしました。死者、行方不明者も多数でており、被害の拡大が心配されます。心からお見舞いを申し上げます。

2011.9.3(土)(台風四国直撃)
台風12号が、四国を直撃しました。大変ゆっくりとしたスピードで、北上していましたが、高知県に上陸しました。風雨が強く、被害が心配されますが、皆様方大丈夫だったでしょうか。被害に遭われた方々にお見舞いを申し上げます。
また午後からは、少し、風雨も弱まり、農協労連の定期大会があり、出席し、お祝いと、連帯のご挨拶をさせていただきました。徳島県、食とみどり、水を守る徳島県民会議の諸活動に大変お世話になっています


2011.9.2(金)(台風12号襲来)

いよいよ、四国に上陸しそうな雰囲気です。風も強くなって来ました。今日予定されていた、県敬老県民の集いは、中止となりました。ほかの行事も中止の知らせが入りました。明日のブドウ狩りも中止です。農作物への被害も心配されます。十分に注意をしてください。
野田内閣のメンバーが決まりました。適材適所だと思います。国民のためにしっかりと頑張ってください。期待しています。

2011.9.1(木)(防災の日)
今日は、防災の日です。全国各地で防災訓練が行われました。本県でも、夜間避難訓練などが行われたようです。日頃から、いざというときのために備える、訓練をしておく、ということは、防災の基本です。いざというとき、どこに逃げればいいのか、また、避難経路はどうなのか、確認しておく必要があります。
ただ、津波の場合、想定がどのくらいになるのかにより、避難場所の変更もあると思いますので、これから、確認が必要になります。
なでしこジャパン、タイ戦勝利しました。おめでとうございます。また、今日は、JR四国労組徳島県支部の25回大会があり、出席し、連帯のご挨拶をさせていただきました。公共交通の主力である、鉄道は、とても重要です。分割、民営化され、経営状況は厳しいですが、皆さん非常に頑張っておられます。これからも、地域の方々の足を守るために連携して頑張っていきます。

2011.8.31(水)(残暑)
台風が近づいているせいか、蒸し暑い日でした。8月も最終日です。8月は、委員会の県外視察や、恒例の阿波踊りなど、あわただしく過ぎた感がします。また、コツコツと頑張ります。


2011.8.30(火)(野田新首相誕生)
民主党新代表に選出された野田佳彦氏は、30日の衆参両院本会議で、第95代首相に指名されました。指導力、統率力はまだ、未知数ですが、コツコツと頑張っていただきたいでです。これから、組閣、党人事ですが、国民のために仕事ができる布陣をしいてもらいたいです。
まだまだ、残暑厳しいですが、こちらの方も、9月定例県議会に向けて、しっかり頑張りたいと思います。


2011.8.29(月)(民主党新代表選出)

民主党の代表選が行われ、決戦投票の結果、野田佳彦新代表が誕生しました。野田氏は、私と同い年ですが、とてもしっかりしています。今の厳しい日本の政治の舵取り役として、力を尽くしていただきたいと思います。
野田氏は自分を「どじょう」と例え、都市型ではなく、泥臭さのイメージで、中庸の政治を目指すと言います。震災復興、原発処理、金融対策、雇用対策など、課題は山積していますが、しっかり頑張っていただきたいと思います。


2011.8.28(日)(江南ライオンズクラブ親善行事2日目
親善ゴルフ大会と、親善少年剣道大会が開かれました。私は、剣道大会に出席し、会場設営のお手伝いなどをさせていただきました。徳島県から参加した少年剣士は、夕べは、江南市の剣士のお家にホームステイでした。
暑い中でしたが、一生懸命頑張ってくれました。素晴らしい試合の連続でした。お世話になった、江南ライオンズクラブの武馬会長さんはじめ、会員の皆様方、ありがとうございました。帰りは、名古屋市港区金城ふ頭にある「リニア・鉄道館」を見学しました。子供たちは大喜びでした。夜、8時に帰宅しました。


2011.8.27(土)(江南ライオンズクラブとの親善行事)
私の所属する、徳島眉山ライオンズクラブと姉妹提携をしている、愛知県江南ライオンズクラブとの恒例の親善行事が、あり、クラブの仲間、そして、少年剣道教室の先生、少年剣士剣士、保護者と共に、貸し切りバスに乗車し、江南市に向かいました。夜は合同例会、懇親会があり大いに盛り上がりました。
2011.8.26(金)(郵政退職者会総会)
郵便職場で働いておられた方々(OB)、の総会があり、出席して挨拶をさせていただきました。現役の時代から、頑張ってこられ、今でもなお、社会保障制度の充実などに力を発揮されています。現役の方々とも連携し、社会のセーフティーネットの構築に向け、団結され、前向きに取り組んでおられる姿にいつも、敬意と感謝です。これからも、ご指導をよろしくお願いいたします。
2011.8.25(木)(リビア政権崩壊)
エジプトの隣のリビア政権が崩壊と、報道されています。産油国のリビアの内情は、国民にとって、非常に厳しいものだったことが伺えます。大佐個人の資産が海外にあったり、国民不在の独裁が続いていたことが伺えます。政治は大事です。民主主義の構築が求められます。
2011.8.24(水)(細川佳代子氏講演会)
NPO法人 スペシャルオリンピックス日本・徳島主催の特別講演会があり、聞きに行きました。題は「スペシャルオリンピックスの魅力〜可能性への挑戦〜」で、講師は現スペシャルオリンピックス日本、名誉会長の細川佳代子氏です。

細川佳代子氏は、長年SO(スペシャルオリンピックス)日本の理事長を務められ、長野オリンピックを実現し、トーチラン、映画制作など大きな力を発揮してきた方です。元首相の細川氏のお連れあいさんでもあります。1時間の講演は、すばらしく、障害があっても、みんな一緒に生活ができていける社会・インクルージョンな社会をみんなで目指していこうというものでした。ノーマライゼーション社会をみんなで実現しましょう。
講演会終了後、細川氏を囲んで懇親会がありました。阿波踊り、ダンス、マジックショーなど、盛りだくさんで大変盛り上がりました。
2011.8.23(火)(前原氏代表戦へ)
民主党の前原氏が、出馬を決めたようです。前原氏は、吉野川第十堰問題の時にも徳島にやってきて、私もそのとき同行したことがあります。はっきりとモノを言う、筋の通った方です。今後、様々な方が立候補を表明すると思いますが、しっかりと議論をし、国民に訴えてもらいたいです。

東日本大震災の復興支援、福島第一原発事故の収束に向けた取り組みと被害補償、円高対策(特に中小企業対策)社会保障の財源確保策など、課題は山積、待ったなしです。国民の生活の安定、希望のために身を粉にして頑張っていただきたいと思います。
2011.8.22(月)(メガソーラー)
福島第一原発事故を契機として、脱原発、新エネルギーへの転換を目指す動きが大きくなってきています。節電をする、そして、電気になるべく頼らない構造物を作っていくことは、もちろん必要です。その上で、メガソーラー、小水力発電などの取り組みを今後積極的に進めていく必要があります。

徳島県も、その優位な環境を最大限生かして、小水力発電での、電力の自給自足、メガソーラー発電の活用に、力を入れようとしています。メガソーラーの候補地も、阿波踊り空港の臨空用地、マリンピア沖洲の廃棄物最終処分場跡地、鷲敷工業団地、など5カ所を候補地にあげています。自分で作った電気が売れる時代がやってきます。そんなことを考えると、自給自足生活も楽しめるかもしれません。
2011.8.21(日)(8月も終盤です)
ここのところ、比較的涼しく感じられます。延長国会も終盤です。公債発行特例法、再生エネルギー特別措置法が成立する見込みになってきました。そうすると、菅直人首相が退陣表明し、民主党代表選が行われます。野田氏、海江田氏、をはじめ多くの方の立候補が取りざたされています。

選挙後、そして、代表選出、首相選出の後は、党内一致、野党とも協力して、しっかりと頑張ってもらいたいです。東日本大震災の復興支援、原発事故対応、円高、株安対策、多くの課題があります。
2011.8.20(土)(エネルギー講演会)
徳島市のふれあい健康館にて、「原発に頼らない社会へ」と題して、田中優講師先生の講演会があり、参加しました。主催は、「地球温暖化を考える市民アクション徳島ミツバチぶんぶん実行委員会」です

東電福島第一原発事故で、放射能汚染が広がり続けている。子供、そしてこれから子供を産もうとする女性が特に危険。空気と食べ物に気をつけなければならない。今後原発に頼らない社会を構築していかなければならない。

そのために、まず、みんなが率先して節電し、原発が稼働しなくても社会は真っ暗にはならないということを実践し、その後、自然エネルギーの大々的な普及を目指すべきである。また、電気を3分割し(発電、送電、配電)送電線を誰もが自由に使える仕組みを政府が行うべきだとも述べました。

今、自然エネルギー買い取り法案が通過しようとしていますが、この法律が通れば、大きく一歩踏み出すことになると思います。いい講演を聞くことができました。ありがとうございました。
2011.8.19(会派研修2日目・山嶺登山)
三嶺(みうね/さんれい)は、四国の剣山国定公園の西端に位置し高知県と徳島県にまたがる山である。標高1,893メートル、高知県最高峰だが山頂部は徳島県と二分している。高知県側では「さんれい」と読む。高知県側の物部川源流域の山でもある。日本二百名山および四国百名山に選定されている。(ウイキペディアより抜粋)
私にとっては初めての登山でしたが、天候にも恵まれ、無事、頂上までたどり着くことができました。登りが、2時間30分、下りが2時間でした。頂上では、お弁当を食べましたが、すばらしい味でした。上り下りの途中で、シカの食害により枯れた木々、クマザサの荒れた状況を見ることができました。シカ害対策として、防護ネットを張ってある様子も見ることができました。
2011.8.18(木)(会派研修1日目・山城町柴川ダム
午前9時に県議会を出発し、三好市山城町、柴川ダム建設予定地に向かいました。2年前にも、訪問させていただきましが、今回は、国土交通大臣からダム検証の要請を受け、県および、三好市で構成する「柴川生活貯水池検討会」の内容などを県から聞き、地域住民の方々の意見を聴取し、今後の議会発言に生かしていこうという趣旨で行いました。
新風・民主クラブメンバー6名、徳島県流域進行課課長、山城総合支所長、地元市議、地域住民の方々など、30名を超える方々の出席の元、建設予定地を見学、その後、集会所で、意見交換を行いました。地元からは、とにかく早くやってほしい。水道水を確保してほしい。などの意見が出されました。今後、私たちの役割として、住民生活の安心に向け、委員会等で発言をしていきたいと思います。
昼食後、宿泊所(いやしの温泉郷・三好市東祖谷菅生)に向かいました。そして、大変人気がある、奥祖谷観光周遊モノレール(延長・4600メートル、高低差・590メートル、最大傾斜度・40度、最高標高・1380メートル)の乗ることができました。乗車時間65分間のありがたい、ふれあいでした。
夕食後、明日の山嶺登山(目的は、近年ひどい状況が報告されているシカの食害の状況と対策について見るためです)に備え、早めに就寝です
2011.8.17(水)(川の事故)
浜松市天竜区二俣町二俣の天竜川で、川下りをしていた船が転覆し、乗っていた23人全員が川に流されるという事故が起きました。女性1人が死亡し、1人が重体、子供も、行方不明になっているようです。安全、安心とは何なのか、私たちも自分の身の回りのことについても、検証してみる必要がありそうです。
2011.8.16(火)(徳島県から政策提言を受ける)
徳島市の阿波踊りも昨夜で終了しました。私も、2日間踊りました。「踊る阿呆に見る阿呆、同じ阿呆なら踊らなそんそん」いっぱい汗をかいて頑張りました。また、来年も元気で踊りたいです。
さて、表記の件について、徳島市内のホテル千秋閣にて、徳島県の熊谷政策監をはじめ、各部局の担当者から「政策提言・国難を打破する政府補正予算編成に向けて」を受けました。全部で32項目です。
@安全・安心対策A経済・雇用対策Bエネルギー・環境戦略、大きく分けて、三つの分野での要望となっています。18日には知事が東京に行き、政府関係者に要望、説明を行います。ご苦労様でした。

2011.8.15(月)(終戦記念日)
1945年8月16日の終戦から、66回目の記念日です。徳島人権平和運動センター主催で、街宣活動があり、私も参加して、マイクを持たせていただきました。徳島市でも、1945年7月4日の大空襲で焼け野が原になりました。17000世帯、70000人が罹災し、死傷者は3000人を超えました。
日本全体では、300万人、アジアでは2000万人以上が犠牲となりました。また、広島、長崎には核爆弾、原子爆弾が落とされました。今もなお、放射能被害で苦しんでいます。そして、今年は、3.11東日本大震災により、東電、福島第一原発が、津波を受け、原子炉建屋の水素爆発、放射能汚染が続いています。
「人類と、核は共存できない」ということを訴えていかなければならないと思います。こんなことを訴えさせていただきました。暑い中、ビラ配布の皆様、ご苦労様でした。
2011.8.14(日)(麻布大学同窓会阿波踊りです)
午前中は、お墓参りに行ってきました。ご先祖様に感謝です。そして、今日は、麻布大学同窓会徳島県人会の阿波踊りの日です。また、頑張って踊ってきます。
麻布大学同窓会連、今年2日目の踊りは最高でした。先輩の皆様、在校生の皆様、そして、ご家族の皆様、ご苦労様でした。

2011.8.13(土)(野外コンサート
阿波踊り、2日目です。今日も暑いです。待ちに待った、コンサートの日です。「エキサイティングサマー INわじき」大塚製薬主催の野外コンサートです。今回は、なんと「ドリームズカムトウルー」がやってきました。
インターネットで入場券の応募をしていたところ、当たりました。大変暑くて大変でしたが、すばらしい声で、元気いっぱい歌ってくれました。吉田みわさん、すばらしかったですよ

2011.8.12(金)(徳島市阿波踊り初日
徳島の一大イベント、阿波踊りが今日初日を迎えます。大変、暑い中ですが、市内は踊りでごった返します。私も、12日、14日の2日間、麻布大学同窓会連で踊ります。1年に1度の踊りです。大学の先輩、後輩、ご家族が参加して、和気あいあいで踊ります。楽しく、頑張りたいと思います。

2011.8.11(木)(議会で用務)
昨日までの、文教厚生委員会の視察は、暑い中でしたが、有意義なものとなりました。関係各位に感謝です。その後、鳴門市の阿波踊りに行ってきました。1年ぶりでしたが、やはり、心がうきうきしてきます。
本日は、議会に行き、たまっていた仕事、用務をこなしました。甲子園の様子が気になりましたが、徳島県代表の「徳島商業」は、勝利しました。がんばれ!
また、県職労、税務評議会の定期大会があり、市会議員の加村氏とともに出席し、連帯と激励の挨拶をさせていただきました。これからも、頑張っていきましょう。
2011.8.10(水)(行政視察3日目・福井県議会

午前中、福井県議会を訪問。福井県は、全国学力・学習状況調査において、毎年全j国全国トップクラスの結果をおさめています。その対策の調査です。冒頭、広部福井県教育長から、挨拶がありました。昭和38年から、ずっと体力テストをやっているし、また、今年で60回目になりますが、全科目独自の学力試験をやっています。

何が得意か、何が苦手かを分析している。また、福井県は3世代同居家庭が多く、共働きは全国1位です。また、小中学生は、塾に行っている生徒が非常に少なく、「家族全体で家庭を支える」というのが特徴のようです。じいちゃん、ばあちゃんが、積極的に孫の勉強を見ている光景が思い浮かびます。

また、図書館が充実し、人口当たりの入館者数は全国1位だそうです。一人あたりの個人貸出数は全国2位だそうです。また、学力向上システムの確立のため、教育委員会内に「ふくいっ子学力向上センター」を設置し、@学力調査部会・・PISA型問題の研究など、A教育力向上部会・・核となる教員の育成(コアティーチャーの育成、授業名人の技の伝承など、B「福井の教育」発表部会など、先進的に活動している姿が伺えました。

「いかに、現場の先生にやる気をもってもらうか」ここに力点を置いていると、課長さんは力説しました。大いに参考になりました。ありがとうございました。視察終了後、バスにて、徳島に帰ってきました。


2011.8.9(火)(行政視察2日目・福井県)

午前中の視察は、福井県坂井市にある、社会福祉法人「かすみが丘学園」です。理事長の本田氏も出席してくださり、親切に説明、そして、園内の案内と説明をしていただきました。かすみが丘学園は、知的障害のある方(18歳以上)への、入所厚生施設、近隣に働きに出かけている方のための通勤寮、就労支援センター、グループホームを運営しています。

ここでの施設を運営していくうえでのモットーは、「その人が理解できることをいかに増やしていくか」そのための支援をするということだそうです。障碍者は、自分で理解できないと不安になります。理事長は、「福祉施設を運営していくために、財政について、将来にわたり心配しながら運営している。そのために、自助努力が必要であり、職員も営業努力を続けている」と述べられました。委員会でも、越前和紙を使ったカレンダー2012年版を購入予約をさせていただきました。とても、すばらしい入所者の手作りカレンダーです。(1部1000円です)                                       

午後からは、福井市の福井県立病院を訪問しました。福井県立病院は、がん診療連携拠点病院であり、がん医療センター、緩和ケア病棟、そして、平成23年3月に新たに開設された陽子線がん治療センターが整備されています。
陽子線治療は、保険がきかず、高額ですが、例えば、前立腺がん、肺がんなど、がん組織を狙い撃ちし、痛みなく治療していくという仕組みで、大変参考になりました。ただ、1台60億円と高価です。陽子線治療機は全国で、8か所あるそうですが、四国にはまだ設置されていません。四国で連携して、設置と同時に、医療技術者の確保も需要になってきます。
                     
午後最後の研修は、一乗谷(朝倉氏遺跡)福井市、を視察しました。国の特別史跡に指定されており、戦国時代、越前国主であった朝倉氏の本拠地であり、その後、越前の首府として栄華を極めた場所の遺跡です。文化庁の事業で、買い取り、発掘事業がなされ、発掘事業、管理などは、地権者が行っているといいます。私も初めて見学しましたが、よくここまで、発掘し、保存ができたな。と思いました。ソフトバンクのコマーシャルにも、この場所が使われており、白い犬のお父さんや、ウルトラマンが郵便配達をする場面など、紹介されていました。


2011.8.8(月)(文教厚生委員会行政視察1日目)

朝、徳島をバスで出発。新大阪からJR(サンダーバード)で、金沢駅に到着。バスにて、視察1番目の特別養護老人ホームを訪問しました。特養は、「金沢5番町」という名称で、金沢駅のすぐ近くにあり、町のど真ん中の施設です。

定員は、ショートステイ10名、特養(ユニット型10名×6)60名、計70名の施設です。町の中心にある施設としては、広く、全室個室で、希望者も多く、待機の方も多くいるとのことでした。高齢社会を支える、大切な施設です。

施設の特徴は、入所者を少人数でグループ分けし、担当スタッフを固定してなじみの関係の中で日常生活を送る「ユニットケア」です。入所者の可能性を引き出す取り組みが、丁寧にされている様子が伺えました。・・・梅干しの土用干しをしていました。入所者がしています。また、お米を自分で研いで、食事をつくる様子も見受けられました。何よりも、おしめからの解放を実践していました。


2011.8.7(日)(阿波踊りのシーズンです

午前中は、日本郵政(JP)グループ労働組合の定期大会があり、出席し挨拶をさせていただきました。これからも、国民へのサービス向上を、基本理念に置いた、JP労組と連携し、しっかり頑張っていきたいと思います。

また、甲子園では、連日熱戦が繰り広げられています。岩手県からの出場の花巻東高校はよく頑張りました。できれば勝ってほしかったけど、素晴らしい試合で、みんなに勇気と元気をくれたと思います。(立派でした)

夜は、阿波踊りの連の中でも、有名連である、天水連の踊りが近くの護国神社であり、見に行きました。男踊り、女踊り、やっこおどりなど、息のあった、素晴らしい演舞、鳴り物で、楽しませてくれました。最後の花火も美しかったです。徳島市は、12日から15日まで4日間、踊りが繰り広げられます。


2011.8.6(土)(広島原爆66年)

広島に原爆が投下されてから、66年目の日です。原爆投下の8時15分に黙とうする様子が映し出されています。松井市長は、平和宣言で、「原発に対する信頼は、地に落ちた」と述べ、国にエネルギー政策を早急に見直すように求めた。
また、「がんばろう!日本」のスローガンのもと、東日本大震災の被災地の復興を支援する大会と位置付けられた、第93回全国高校野球選手権大会が阪神甲子園球場で開幕しました。高校生らしい、さわやかで、一生懸命なプレーを期待しています。

2011.8.5(金)(視察2日目)

バスで、移動し、広島県議会に到着。議会運営で感じたのは、例えば意見書を採択する場合、議会運営委員会で、各会派の代表者が、内容をすりあわせ、全会一致の場合に本会議に提案するのが原則ということを聞きました。

これは、本県でも、必要なことだと思いました。

2011.8.4(木)(議会運営委員会視察)

8月、4日、5日と、議会運営委員会の行政視察に出かけます。今日は、山口県議会、明日は、広島県議会です。改革委員会のメンバーも一緒に視察です。しっかり、勉強してきます。

徳島からバスで、移動です。午後2時30分に山口県議会に到着。山口県議会の運営状況、議会活性化への検討事項など、お聞きしました。

2011.8.3(水)(なでしこジャパン国民栄誉賞)

国民栄誉賞おめでとうございます。感動を与えていただきました。スポーツは本当にいいものです。今、小学生の体力低下がいわれていますが、どんどん、運動、スポーツ頑張ってもらいたいです。

台風9号が北上中です。レジャーでは、用心しましょう。

2011.8.2(火)(土用の丑)

7月21日が、今年1回目の土用の丑の日でした。8月2日は、今年2回目の土用の丑の日だそうです。2回目はあまり盛り上がらないといわれますが、皆様はどうでしたか。さて、ウナギも最近はなかなか高値の花となってきました。

シラスウナギがあまり獲れなくなってきたことが原因です。ウナギの生態も段々とわかってきましたが、乱獲、生息域の汚染などは避けなければなりません。土用の丑の日に、ウナギを食べる習慣が続きますように。

夜は、ライオンズクラブの合同例会でした。

2011.8.1(月)(いよいよ8月です)

8月に入りました。暑い日が続いていますが、熱中症にならないように気をつけて頑張っていきましょう。東日本大震災から、5ヶ月が経過しようとしています。いまだ避難所で生活されている人もたくさんおいでます。

暑い中、暮らしも大変ですが、身体に気をつけていただきますよう祈っています。政府、国民、みんなで応援しています。

2011.7.31(日)(親子サマーキャンプ2日目)

夜明けと共に起床、朝ご飯をいただき、8時30分にみんなで集合し、連合の森への植樹に出かけました。県の林務の職員さんから山に広葉樹を植える意義などを教えていただいた後、「こなら」50本をみんなで、植樹しました。

大きく育ってもらいたいです。しかし、今の山は、野生のシカが、木の幹の皮を食べて、木が枯れるということが多く、山の人は大変困っています。シカだけでなく、サル、イノシシなど、山の生活は大変です。

県も、個体調整を進めています。天敵のオオカミがいなくなった以上、人間が個体調整をするほかありません。

サマーキャンプに参加された皆様方、お疲れ様でした。

2011.7.30(土)(連合の森 親子サマーキャンプ)

毎年恒例のサマーキャンプに参加しました。1泊2日で、美馬市木屋平中尾山の、平成荘、体育館で各種行事がありました。参加者は、連合徳島組合員の家族も含め、100名を超えました。

開会オリエンテーリング、木工教室、丸笹山への遊歩道ウオーキング、夕食バーベキューがあり、私も、準備作業に従事しました。ここは、海抜1000メートルを超えていて、夜は寒いくらいの気温でした。

家族で泊まれる、バンガローも整備されていますので、夏の思い出に避暑をかねて行ってはいかがですか。

2011.7.29(金)(暑中お見舞い申し上げます)

暑中お見舞い申し上げます。南の海には台風が発生したようですが、暑い日が続きます。お身体ご自愛下さいませ。今日は、県職労耕地評議会定期大会、県職労社会福祉評議会定期大会があり、出席し、挨拶をさせていただきました。

夜は、八万団地自治会総会、地デジ完成祝賀会があり、私も出席し、お祝いの挨拶をさせていただきました。団地自治会の会長さんはじめ役員の皆様、会員の皆様方に心から敬意を表します。

2011.7.28(木)(放射能の罪悪)

福島県、宮城県など、肉牛の出荷制限(停止も含む)が続きます。一生懸命育てた牛が出荷できない。これほどつらいことはありません。何の罪も。落ち度もない畜産農家はやりきれません。罪は、原発です。

畜産への被害にとどまらず、野菜をはじめとする農産物、水産物など、今後、予測できない被害が出てくる可能性があります。東電、政府は生活者のことをまず第1に考えなければなりません。

2011.7.27(水)(県議会で用務)

県議会での、仕事、研修の整理、県政に対しての要望活動の聴取を行いました。また、県職労本庁支部の定期大会に出席し挨拶をさせていただきました。民主党県連での要望事項の聴取受け止めにも出席しました。

今日は、朝からばたばたと、忙しく走り回りました。高校野球の決勝戦が行われました。生光学園高校VS徳島商業高校です。延長戦の末、徳島商業が優勝しました。甲子園では、頑張って下さい。

2011.7.26(火)(文部科学省)

文部科学省での調査項目は、@放射能と被爆について基礎知識。ASPEEDI(緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム)について。B学校における線量低減のための対応について。C福島原発の現況及び今後の文科省の対応。

これらの項目について、意見交換、質疑を行いました。ちょうど、第2次補正予算が成立し、原発事故対策関連予算についても、説明がありました。本県にも、放射能測定装置などが配分されます。

今回の、会派研修は暑い中、ボランティア活動をしたり、被災地の県庁、県議会を訪問し現場の悲惨さや、職員さんの頑張り、に触れることができました。大きな成果があったと思います。今後、本県の津波対策、防災対策に活かしていきたいと思います。

お世話になった方々に心から感謝申し上げます。

衆議院会館を訪問したときに、玄関で、ばったり仙谷由人副官房長官と出会い、声をかけていただき、昼食を一緒に食べることができました。こんなことがあるのですね。

2011.7.25(月)(宮城県庁、福島県庁を訪問)

仙台で、宿泊しましたが、午前4時前に大きな地震で飛び起きました。30秒くらいの長い横揺れが続きました。すぐにテレビをつけると、宮城県の震度は5弱、4と表示されていました。すぐに館内放送があり、このまま待機して下さいとのこと。さらに5分後くらいに、異常なかったのでエレベーターも使えますとのアナウンスがありました。びっくりしました。

午前中は、宮城県庁で、@被災者の生活・健康状態について。A一次避難所、仮設住宅について。B市町村との連携及び支援について(復興計画、行政機能回復)C震災後の議会・議員の活動について。D議会基本条例について、教えていただき、意見交換をしました。用務多忙の中、ありがとうございました。

午後は、福島県庁です。視察項目は、@農林水産業及び畜産業の被災状況、復興計画について。A小中学校の被災状況、学校運営について、教えていただきました。原発事故が大きく暗雲としてのしかかっている様子がうかがえました。厳しい状況の中、ありがとうございました。復興、復旧を心から祈念しています。

2011.7.24(日)(東松島市で、ボランティア活動)

やはり、東日本の夜明けは早く感じます。4時過ぎから明るくなり、会派の会長などは、早朝から散歩に行くなどしていました。みんなで作業服に着替え、朝食をとり、7時30分に宿舎を出発、道中、野蒜地域を視察しながら、東松島市の災害ボランティアセンターに8時25分に到着し、受付をし、指示を待ちます。

午前中の活動は、新風・民主クラブの6名に加え、プラス2名の8名で赤井地区の被災家屋の清掃です。お家の方も手伝って下さり、当時の話も伺いながら作業し、午前中で終了しました。

昼食は、地元のラーメンをいただき、午後からは、私たち6人に加え、女性ボランティア2名、男性1名計9名で被災家屋に向かいます。床下のヘドロ出し、家周辺のヘドロ出しです。午後からは、太陽の力が非常に強く、汗びっしょりになりながらも、みんなそれぞれ一生懸命の作業でした。

終了後、ボランティアセンターに報告し、本日のボランティア終了です。ボランティアセンターでは、10日前に行ったときに知り合いになった方とも再会することもできました。何か、懐かしいご縁を感じました。

その後、石巻を視察しました。惨状に一同言葉が出ませんでした。高く積まれたがれきの山に圧倒されました。

2011.7.23(土)(会派研修に出発)

会派研修のスタートです。今日は、飛行機、新幹線、仙台からはレンタカーを借りて、宮城県の松島町で宿泊です。

2011.7.22(金)(清掃)

もうすぐ、お盆となりますが、実家(阿南市福井町)にある、ご先祖様のお墓の掃除、草刈りなどを行いました。暑い日が続きますが、ご自愛下さいませ。

2011.7.21(木)(議会で用務)

23日から、会派研修(ボランティア作業含む)に行きます。その下準備などを行いました。又、徳島市議の加村氏と共に、徳島市応神町を訪問し、産業廃棄物処理場について、意見交換を行いました。

汚染牛肉について、政府が買い上げる方針を決めました。早急な対応が望まれます。

2011.7.20(水)(家の掃除、ライオンズクラブ例会)

台風6号は、ゆっくりとすすみ、西日本を中心として被害をもたらしました。本県でも、土砂崩れなどで、被災された家もあります。お見舞いを申し上げます。

合間を縫って、県職労衛生評議会総会、徳島眉山ライオンズクラブの例会に出席しました。

福島県産の牛肉から放射能が検出されました。消費者への対策、生産者への対策が急務です。本当につらいです。

2011.7.19(火)(台風6号上陸)

大型台風6号が接近し、風雨がすごいです。午前中議会にいき、会派研修の準備をしました。午後からもますます強くなっていました。夜に予定されていた会議は、延期となりました。

徳島に一時上陸しました。避難された方々、被災された方々にお見舞いを申し上げます。

2011.7.18(月)(麻布大学同窓会・なでしこジャパンおめでとう)

毎年恒例の、麻布大学同窓会徳島県人会の総会、懇親会が開かれ、出席しました。私が入学したときは、校名は麻布獣医科大学でしたが、在学中に麻布大学となりました。学部が増えたためです。

久しぶりに昔話に花が咲き、楽しい時間をすごすことができました。8月12日、14日は、阿波踊りです。今年も「麻布大学同窓会連」で踊ります。よろしくお願いします。

なでしこジャパンおめでとうございます。素晴らしい試合でした。日本中の方々に勇気と元気を与えてくれました。澤さんMVPよく頑張りました。

2011.7.17(日)(トライアスロン)

海部郡美波町(旧日和佐町)毎年恒例の日和佐ウミガメトライアスロンが開催されました。私の長男がエントリーしているので、応援に行きました。台風の影響で大浜海岸が荒れ、スイムの場所は変更になりましたが、無事スタートしました。

スイム2キロ、自転車40キロ(南阿波サンラインを走る・アップダウンすごい)、ラン10キロだそうですが、老若男女、700名以上の参加で、すごい盛り上がっています。暑い日でしたが、地元スタッフの方々も一生懸命盛り上げていました。

息子も、結構いいタイムで完走しました。素晴らしい大会だと思います。これからも県南の活性化に向けてみんなで頑張っていきましょう。

2011.7.16(土)(林野労組定期大会)

全国林野労組、四国地方本部徳島分会第7回定期大会があり、私も出席し連帯の挨拶をさせていただきました。林業は本県にとっても非常に大事な産業です。価格低迷から、山が荒れ、担い手が不足していますが、川上対策、川下対策にこれからも力を入れていきます。

福島県産牛肉から放射性物質が検出されました。汚染された稻わらの摂取が原因とされています。農家の方々の、苦悩、やるせなさ、怒り、言葉で言い表せないものがあると思います。とても不安です。

2011.7.15(金)(徳島に向かう)

昼過ぎに長い道のりを走破し、無事徳島に着きました。徳島を出発してから2400キロメートル走っていました。

午後6時からは、今春徳島市議会に初当選した、小林ゆうきさんの市政報告会に出席し、激励の挨拶をさせていただきました。それにしても、気温の上昇が激しいです、暑さ対策に気をつけて下さいませ。

震災の復興はまだまだこれからです。進んでいるところもありますが、今回は、東松島市の少し西にある、大きな被害を受けた石巻市にも行きましたが、大きな津波の爪痕が残っています。交差点では、警察官が手信号で交通整理をしており、電気、ライフラインの復興はまだ道半ばです。

橋や建物も、非常に痛んでいます。みんなで復興支援をしていきましょう。又、新たな経験になりました。

2011.7.14(木)(ボランティア活動3日目)

蚊に刺されながら、テントサイト横の駐車場で眠り、6時過ぎに起床。朝食をとり、8時30分にセンターで指示を受けました。昨日のメンバープラス2名で、大曲のお家に行きました。今日の作業は、家の周囲の側溝清掃です。側溝のふたを上げる機械を持参し、みんなで協力してやりました。

このお家は、1階が水没し、テレビは3台やられ、車も流されたそうです。掃除途中にずしんと来る地震があり、一同凍り付きました。直下型の地震だそうです。それにしても、ボランティアに全国各地から来ている皆さん、本当によく働きます。

朝、今日の仕事について、マッチング作業のあと、チームのみんなが集まり、リーダーを決め、作業場に行くわけですが、リーダーは、みんなの健康を気遣い、休息の指示、水分補給、塩飴などを配り、本当に一生懸命やっていました。

2011.7.13(水)(ボランティア活動2日目)

ボランティアテント広場の朝は早いです。夜が明ける頃から、人が動く気配がします。私も、6時頃起きて、歯磨き、顔を洗い、コンビニでおにぎりを買ってきて、簡単な朝食をすませました。8時30分にボランティアセンターに行き、今日の行動について、指示を受け午前の作業に出発です。テント広場ご近所様と一緒の活動になりました。6名での行動です。北九州から車で参加のすごいおじさんもいます。

今日は、牛網地区のお家です。松林まで1.2キロメートル位だそうです。今まで、3ヘクタールの水稲を作付けしていましたが、今年は津波、塩害、がれきなどの影響で、作付けはしていません。3年くらいはだめだろうと、おっしゃっていました。

家の周辺の清掃、泥だしを行いました。午前中では終わらず、午後からも、同じメンバーでこのお家にお伺いし、丁寧に掃除をしました。お家の方も、みんなで手伝って下さり、きれいになりました。

終了後、「ゆぷと」で入浴。コインランドリーで洗濯。スーパーで、食料を買ってきて、テントサイト木陰で、夕食。その後、車で就寝です。今日も蚊に刺されました。

2011.7.12(火)(ボランティア活動1日目)

8時30分、東松島市、災害ボランティアセンターに到着。スタッフの指示を受け、午前、午後合わせて2件の被災宅を訪問しました。1件は、床下の泥だしでした。きつい作業でしたが、家主さんも手伝ってくれまして、思ったより早くきれいになりました。暑い中での作業です。20分くらい作業をして、10分くらい休憩、水分補給、塩分補給が大事です。

午後の作業を終え、近所の「ゆぷと」という、銭湯にて入浴(ボランティアは、30分の制限付きだが、無料で入浴させてくれます)。スーパーで食料を買って、ボランティアセンター横の広場で、食事、そして、車で眠りました。蚊に刺されました。

テントサイト横の駐車場で生活していると、全国から来ているボランティアの方々とも、親しくなり、いろいろな意見交換をしました。徳島県小松島からも、青年が1ヶ月もの長いボランティアに来ています。頭が下がります。若い女性も来ています。みんな頑張っています。

2011.7.11(月)(東松島市に到着)

昼過ぎに、東松島市に到着。小野市民センターで、徳島から避難所の慰問活動にきている「国府芝原、阿波木偶箱廻しを復活する会」の辻本さん、中内さん、南さんと合流しました。避難所は、当初270人くらいいましたが、今は、84人が生活をしています。

その場所で、素晴らしい門付け芸、阿波木偶箱廻しを披露し、大喝采を浴びました。大変暑い中、ご苦労様でした。私も、地元から預かっていた、手作りのティッシュペーパーカバーと、徳島市大松小学校の子ども達が、被災地の皆さんにあてた、激励の手紙を添えて、プレゼントしました。

これから暑くなりますが、元気で頑張りましょう。

2011.7.10(日)(ボランティア活動に出発)

フレッセ勝占支部定期大会、フレッセ西徳島支部定期大会があり、それぞれ出席し、日頃の御礼、そして活動報告をさせていただきました。

その後、宮城県東松島市へとボランティア活動に向かうため、妻と二人で車に乗り、徳島を出発しました。

2011.7.9(土)(ボランティアサポートチーム研修会

連合徳島ボランティアサポートチーム、研修会があり、参加しました。徳島東消防署で、署員を講師に迎え、三角巾を用いた救護法、また、ロープの結び方などを教わりました。もやい結び、丸結びなど、救助に必要不可欠な結び方を教わりました。

2011.7.8(金)(県議会閉会)

県議会が閉会しました。我が会派の、松崎議員が会派提出の意見書(案)被災地の早期復興予算の確保と、地方財政の確立に向けた意見書の、提案理由を正々堂々と、理路整然と述べました。 

午後から県職労105回中央委員会があり、出席し議会活動報告をさせていただきました。

2011.7.7(木)(議会運営委員会)

七夕です。県議会の閉会を明日に控え、議会運営委員会、議会改革検討会議、会派総会を行いました。あわただしい1日です。

2011.7.6(水)(松本復興大臣辞任)

松本大臣が自らの発言の責任をとり、辞任しました。まことに残念です。松本氏は、市民派の議員であり、非常に気さくな方であり、決して上から目線の方ではありません。何度かご一緒しましたが素晴らしい政治家だと思っています。

しかし、どうしてあんな発言をしたのか、いまだに理解できません。何が会ったのか。とても残念です。後任に平野副大臣が決まりました。しっかりと信頼回復、復興に向け取り組んでもらいたいです。

私は、2回目のボランティアに7月10日から15日まで、宮城県東松島市に向かいます。今度は、土のう袋も持って行きます。11日は、被災地の支援、激励にボランティアで行っている「阿波木偶箱廻しを復活する会」の皆様と、東松島市小野市民センターで合流できそうです。

2011.7.5(火)(人権平和センター知事要請)

福島第一原発の事故は、全国に多大な被害をもたらしています。放射能の怖さ、冷却の困難さ、大変な状況です。四国にも、愛媛県に伊方原発があります。3号機は現在休止していますが、再開は、慎重にも慎重を期すべきです。

徳島人権平和運動センターの方々が、知事に要望書を提出することになり、私も同席しました。脱原発に向けた地域での取り組みが今後重要となってきます。

2011.7.4(月)(防災対策特別委員会)

特別委員会が開かれ、出席しました。原発事故を受けて、本県での対策や、避難路、DMATに関しての予算確保についてなど、活発な議論が行われました。

2011.7.3(日)(徳島へ)

昼過ぎに東京を出発、徳島へ向かいました。約9時間の車でのドライブでした。昨夜の思い出話に花が咲きました。みんな元気で頑張ろう。

2011.7.2(土)(東京に向かう)

昼過ぎに高崎を出発し、東京に向かいました。長男の祝い事に出席するためです。祝いの会は、楽しく、和やかでした。久しぶりに我が家も一家6人がそろいました。

2011.7.1(金)(高崎市にて)

早朝に高崎(妻の実家)に到着。少し睡眠をとり、両親と一緒に紫陽花を見に行ったり、買い物をしたり、ゆっくりしました。毎日暑い日が続いており、体調管理が大変です。

夕食は、久しぶりにゆっくりいただきました。

2011.6.30(木)(文教厚生委員会2日目)

早朝、長野県松本市付近を震源に震度5強の地震がありました。とても心配です。

今日は、文教厚生委員会、の病院局関係、保健福祉部関係の審議が行われます。私は、D・MATについて質問する予定です。今日の夕刻から、長男の祝い事で、徳島を出発し、群馬、東京に向かいます。

2011.6.29(水)(文教厚生委員会)

教育委員会関係の委員会が開催されました。委員として出席しました。鳴門市学校給食会の不祥事について意見がありました。また、私の方からは、新学習指導要綱により、来年の4月から、中学で、武道、ダンスが必修化について質問しました。

必修となる柔道については、以前から他の武道より危険性が高いことが指摘されていますが、指導員(教える先生)の資質向上が課題である。きちんと指導しないと危ない。ということを指摘しました。

株主総会が多くの会社で開かれています。電力会社の株主総会では、紛糾しているようです。

2011.6.28(火)(B型肝炎訴訟和解)

全国B型肝炎訴訟は、28日、菅直人首相と原告・弁護団が官邸で面会し、首相は「多くの被害者に対し、心からお詫び申し上げたい」と謝罪し、和解調印となった。長きにわたり苦しんできた原告、被害を受けられた方々にとっては、朗報です。

国の推計では、被害者は全国で45万人といわれている。

2011.6.27(月)(菅内閣改造)

原発事故収束・再発防止担当大臣に細野豪志首相補佐官を起用、復興担当相には松本龍環境省を任命し、復旧復興と原発事故の再発防止に重点を置く布陣をしいた。総務政務官に自民党参議院議員の浜田氏を起用。

これには、さすがに驚きましたが、被災地の一日も早い復興と、被災民の安定安心生活の実現のために、与野党は協力してことにあたってもらいたい。

夜は、自動車総連徳島地方協議会の2011政策研修会があり、出席し、県政報告をさせていただきました。高井美穂衆議院議員も出席し、国政報告を行いました。意見交換会はありがたいです。これからもよろしくお願いします。

2011.6.26(日)(復興構想会議提言を答申)

「復興構想会議」は、「復興への提言」を決定し、菅直人首相に答申しました。提言のポイントは、@被災しても被害を極力少なくする「減災」の考え方が重要。A市町村主体に地域再生。国は確実に支援。B復興財源として国債を発行する場合「基幹税」を中心とする臨時増税を検討。

C基幹と地域を絞って規制を緩和する「特区」制度を検討。漁協を優先する漁業権の取得規制は見直し。D国が責任を持って原発事故を収束し、被災地を復興。福島県に医療産業や再生可能エネルギー研究の拠点を整備。

Eエネルギー戦略を見直し、再生可能エネルギーの導入を促進。F農林水産業は高付加価値化、集約化などで再生。

政府はこのことを真摯に受け止め、必要な法律を早急に成立させるべきです。与野党協力すべきです。

フレッセ佐那河内支部の定期大会があり、出席しました。嵯峨の「渡月」でありました。すごい雨の中でしたが、村長さんはじめ、多くの方が出席し、盛大に行われました。

2011.6.25(土)(復興相に松本氏)

復興対策担当大臣に松本龍氏が就任。という報道がされました。正式には週明けといわれていますが、しっかりと頑張っていただきたいものです。

24日、県は、県内全市町村の防災担当者らに対し、東海・東南海・南海も3連動地震を想定した公共施設や学校、避難所の耐震性、ライフラインなどの総点検を実施するよう要請しました。点検項目は、各施設の津波浸水レベルや耐震強度、食料の備蓄、学校の避難計画の有無など。

点検結果を8月末までに提出を求めたほか、高齢者や障害者など災害時要援護者の名簿作成や福祉避難所の指定、住民への周知方法の実態調査も要請しました。県と、市町村との連携が重要です。

2011.6.24(金)(地デジ完全移行まであと、1ヶ月)

7月24日で、現在のアナログ放送は終了し、地デジに完全移行します。しかし、いまだに未対応の戸建て住宅が本県の場合、3600世帯残っていることが報道されました。マンションの場合、480施設3200世帯が未対応といいます。

このままいけば、デジタル移行後、全くテレビが映らなくなります。デジサポスタッフが回っているそうですが、地デジ難民が出ないようにしっかりとした対応が必要です。行政もしっかりサポートしなければなりません。

医師が、自らの腎不全を改善しようと、暴力団組員に1000万円も支払い、腎臓の提供者を確保しようとして、臓器移植法違反の疑いで逮捕されたといいます。全くとんでもない話です。医師のモラル低下、自分本位、厳しく罰せられるべきです。

2011.6.23(木)(県議会本会議3日目)

本会議3日目、一般質問に4氏が登壇しました。公明党県議団・大西章英議員、自民党県民会議・寺井正邇議員、川端正義議員、藤田豊議員です。やはり、防災対策、減災対策、メガソーラー、LED振興など、それぞれ持ち味を発揮しました。

本会議終了後、会派総会を行い、付託委員会での、会派としての態度を協議しました。それぞれの委員会で、頑張りたいと思います。

2011.6.22(水)(県議会一般質問)

本会議2日目です。自民党県民会議・笠井国利議員、明政会・三木亨議員、新風・民主クラブ・黒崎章議員、共産党・扶川敦議員の4氏が登壇し、質問しました。黒崎議員は、TPP対策について、徳島ブランド戦略の新しい展開について。

津波地震対策における、要援護者対策について、防災教育について。デュアルモード・ビークル(DMV)について、鳴門うどんについて。質問しました。4氏とも、持ち味を生かした質問でした。

国会は、70日延長が決まったようですが、波乱含みの様相です。2次補正予算、再生可能エネルギー促進法など、みんなで議論して、可決してもらいたいです。

2011.6.21(火)(県議会代表質問)

6月定例議会代表質問です。自民党県民会議・竹内資浩議員、明政会・嘉見博之議員、新風・民主クラブ・黒川征一議員、自民党県民会議・西沢貴朗議員の4氏が登壇しました。

知事の政治姿勢、防災対策、津波対策、原発事故について、地籍調査の推進について、住まいの安全・安心なリフォーム支援について、有害鳥獣対策について、災害医療体制の充実強化についてなどが真剣に議論されました。

我が会派を代表して、登壇した黒川会長、ご苦労さんでした。「自然エネルギーの推進を頑張っていきます」との知事の回答を引き出しました。小水力発電にも力を入れる姿勢が明確になりました。

後は、「再生可能エネルギー促進法」の早期国会での可決です。

2011.6.20(月)(太陽光の恵み)

福島第一原発事故を受け、住宅や企業への太陽光発電の普及を進める独自の補助制度を拡充したり、新設したりする自治体が増えていることがわかりました。歓迎です。今までも、私は、積極的導入を主張してきましたが、予算面の課題もありなかなか進んでこなかった面はありますが、安全性、環境への付加を考えると国をあげて推進するべきです。

徳島県場合、2009年度から地球温暖化対策を支援する国の「地域グリーンニューディール基金」を活用した事業所向けの独自事業を実施。太陽光発電とLED照明などの省エネ設備を複合的に整備する場合に、設置費用の3分の1(上限300万円)を補助する。2011年度末までに103事業所が活用する。

神奈川県では、200万戸へのパネル設置を公約に掲げた黒岩知事は「県民負担ゼロでパネルを設置できる新たな仕組みを検討中」としています。

発電電力の全量買い取りが必要です。新しい法律「再生可能エネルギー促進法」を可決し、今こそ国あげて進めるべきです。

2011.6.19(日)(欧州脱原発)

原発再開の是非を問うイタリアの国民投票では、反原発が9割を超えた。ベルルスコーニ首相は、原発に代わるエネルギーの開発に取り組む意向を表明。ドイツでは従来のエネルギー政策を転換し、2022年までに国内17基の原発を停止する法案を閣議決定している。

スイスも34年までの脱原発を決めている。菅首相は、「再生可能エネルギー促進法案」の成立に意欲を見せています。日本も、欧州の脱原発の動きを真剣にとらえなければなりません。この法案を早期に通過させ、原発に頼らない姿勢を明確にすべきと思います。

2011.6.18(土)(福島第1原発事故収集に向けた工程表)

今回2度目の改訂が行われ発表されました。燃料の安定冷却の欠かせない汚染水の浄化装置は稼働目前にトラブルが相次ぎ、また、現場では、高い放射線が復旧作業を困難にしており、大量の放射線被曝を受けた作業員も続出し、行程の困難さを示しています。

今回の工程表の見直しは、新たに被爆管理の徹底と熱中症対策があげられています。内部被爆を測定するホールボディーカウンターを7月末までに4台、その後増やし、計14台配備するとしています。

また、熱中症対策として、冷却剤で身体を冷やせるような着衣を2500着用意し、すべての作業員が着用できるようにしています。今後、作業員の確保が大きな課題となってきます。

2011.6.17(金)(消費税はどうなるのだろう)

政府与党は、社会保障と税の一体改革の修正案をまとめたことが報道された。ポイントは@2015年度までに段階的に消費税率を10%まで引き上げる。A消費税の増収分は、税率引き上げに伴い国と地方の役割分担に応じた配分を実現

B社会保障給付の全体像や費用負担推計は、地方自治体の独自サービス(地方単独事業)を含めて再計算。C改革に地方の意見を反映させるため「国と地方の協議の場」を活用。となっている。

まだ、案の段階ですが、社会保障と税の一体改革は必要だと思います。ただ、10%となると、消費マインドの減退につながりますし、この不況下での導入には、国民・地方議会の意見をよく聞く必要があります。           

2011.6.16(木)(福島県、脱原発で復興を)

有識者会議「復興ビジョン検討委員会」は、15日、福島県庁で第5回会合を開き、基本理念の原案をとりまとめ、発表しました。骨子は、@原子力に依存しない、安全・安心で持続的に発展可能な社会づくり。Aふくしまを愛し、心を寄せるすべての人々の力を結集した復興。B誇りあるふるさと再生の実現。となっています。

福島県には、合計10基の原子炉があります。福島第一原発の1号基から4号基は廃炉が決まっていますが、残りの6基をどうするかが注目されていますが、福島県が大きく脱原発に舵を切ることで、大きな影響を与えそうです。私は、大歓迎です。

2011.6.15(水)(6月定例会開会)

改選後初の6月定例県議会の開会です。知事から23年度一般会計当初予算を肉付けする6月補正予算案(320億3千万)が提案されました。東日本大震災を踏まえ、3連動地震(東海、東南海、南海)を想定した地震津波対策の重要性を強調。

補正予算案は、地震津波対策と経済雇用分野に重点配分している。これからいよいよ、審議です。

2011.6.14(火)(防災対策特別委員会)

防災対策特別委員会の日です。委員として出席しました。各委員活発に議論に参加しました。私も、津波浸水予測地図の完成を早めてもらいたいとの主旨で質問。想定ができなかったら、避難場所の変更、確保が難しくなる。

せっかく避難場所に逃げることができたのに、そこで被災してしまったら何にもならない。このことを申し上げました。

2011.6.13(月)(議案調査)

議案の調査の一日でした。ライオンズクラブ新旧理事会があり、出席しました。震災対策、防災対策多くの課題があります。

2011.6.12(日)(復興会議素案発表)

政府の東日本大震災「復興構想会議」は、第1次提言のたたき台となる素案を公表しました。政府は1次提言を2011年度第2次補正予算案に反映させる方針です。

素案のポイントは@復興財源として国債を発行する場合「基幹税」の増税で償還。A農林水産業は高付加価値化、多角化などで再生。観光業を振興。B一定期間、一定区域に限り規制緩和など支援措置を実施する「特区」制度を検討。

C利用形態別の土地規制を見直し、用途変更の法的手続きを一本化。Dエネルギー政策の見直し、全量買い取り制度の早期実施で再生可能エネルギーの導入促進。E自由貿易体制を推進し日本経済を再生。F「減災」に向け、防波堤の整備や防災訓練など政策を総動員。

このような発表がされました。今後各方面での議論がなされます。

2011.6.11(土)(囲む会)

徳島市議会議員を5期20年間務め、勇退された三木明氏を囲む会が開かれ、出席しました。郵政の組合(旧ゼンテイ、現JP労組)出身であり、地域も私と同じ徳島市南部中学校校区でもあり、ずいぶんとお世話になりました。

中谷智司参議院議員も駆けつけ、ねぎらいの言葉を述べました。私も、心からのお礼と今後共のご指導をお願いしました。

2011.6.10(金)(常任委員会)

今日は、4常任委員会(総務、経済、文教厚生、県土整備)が開かれました。私は、文教厚生委員会に出席しました。教育委員会関係、保健福祉部関係の議論です。

夕刻からは、県議会超党派の勉強会組織(ウイング21)の総会があり出席。その後、県職連合新入組合員歓迎の夕べがあり、出席し、これからの人生に熱いエールを送りました。

2011.6.9(木)(議会運営委員会)

議会運営委員会が開かれ出席しました。6月定例会の日程が決定されました。6月15日開会、21日代表質問、22日、23日一般質問です。震災対応、津波対応、危機管理についての議論が活発になりそうです。

2011.6.8(水)(議会で用務)

議会で、議案の調査、整理をしました。6月1日から、県入札制度が改正されたので、その内容を担当者から説明を受けました。県内業者を優先し、県産の材料を使っていく姿勢が見えます。

2011.6.7(火)(徳島県減災対策案発表)

東日本大震災を教訓にし、本県での対策として、「減災対策プロジェクトチーム」がまとめた案が示されました。津波対策を中心に延べ271項目の対策案を盛り込んでいます。国や県、民間などが取り組むべき対策案を提示しています。

実現時期を「1年以内」「3年以内」「中長期(おおむね10年以内」に分けて工程表をつくっています。

「1年以内」・・地震と津波想定の見直し・情報提供。防災教育の徹底。物資の備蓄。地域や児童生徒の保護者と連携した避難経路などの再確認。復興用木材供給など農林水産業の復興支援制度の整備。

「3年以内」・・想定外の津波を踏まえた津波避難タワーなどの整備。化学物質貯留施設などの耐震・津波対策。広域防災拠点の確立。教員派遣など児童生徒への広域的な支援体制の構築。情報データなどのバックアップの強化促進。

「中長期(約10年以内)」・・高規格道路への津波避難場所の設置・確保。災害拠点病院や福祉施設の安全地域への移転・高層化・ライフライン対策としてのメガソーラーの導入。GPSの配備。自主防災組織などにおける捜索・救助機材の確保。家畜・ペットの救護体制の確立など。

抜粋ですが、やらなければならないことがたくさんあります。一つ一つ丁寧に進めていかなければなりません。県議会でも、県民の声をよく聞き、反映させるために大いに議論していきたいと思います。

2011.6.6(月)(議会準備)

6月9日に議会運営委員会が開かれます。そこで、6月議会の日程が正式に決められます。今のところ、6月10日は、各常任委員会(事前審査)、そして、13日は、関西広域連合、人権少子高齢化対策の特別委員会、14日は、防災対策、環境特別委員会(事前審査)です。

そして、15日は、6月定例議会の開会日です。今議会は、23年度予算案が示されます(安心・安全対策)防災・津波対策、(経済・雇用対策)など、生活に密着した課題が山積しています。我が会派からは、21日の代表質問は黒川会長、22日の一般質問は黒崎副会長が行います。

2011.6.5(日)(フレッセ大会)

全建総連フレッセの定期大会があり出席しました。飯泉知事、高井美穂代議士、中谷智司参議院議員、吉川さおり参議院議員も出席し挨拶がありました。私も、挨拶をさせていただきました。

統一地方選のお礼や、個人住宅への、耐震リフォーム助成(耐震、バリアフリー、エコ住宅への改修)の制度化について、6月議会に提案されることなどを紹介しました。仕事確保が重要です。

午後からは、民主党徳島県連の幹事会があり出席しました。不信任案の状況など中谷代表から報告がありました。

2011.6.4(土)(アジア・アフリカ救援米田植え)

毎年恒例の、食とみどり水を守る徳島県民会議主催の「救援米の植え付け、田植え」を行いました。徳島市応神町の休耕田をお借りし、県民会議構成組織員、そのご家族も参加し、手植え、機械植えをしました。

子供達も、はだしで田んぼに入り、楽しそうに稲苗を植え付けました。9月くらいに収穫です。飢餓に苦しむ方々への支援になればと思います。もう20年くらい続いています。

2011.6.3(金)(会派研修in高知)

午前9時に高知県議会着。委員会室にて、高知県南海地震対策課より、津波対策について、担当者から説明を受けました。地域防災力の強化をはじめ、市町村との連携、避難タワー、浸水対策、避難所の見直しや、一時避難できるマンションへの協力依頼などをお聞きしました。

また、午後からは、五台山にある、県立牧野植物園を見学、視察しました。薬草園も整備され、今後、地域活性化への希望がふくらみます。案内していただいた、稲垣様ありがとうございました。

2011.6.2(木)(会長幹事長会)

県議会、会長・幹事長会が開かれ、出席しました。夏の電力消費を抑えるための、県庁のサマータイム制導入の説明がありました。方針には賛成ですが、職員の超過勤務の増にならないか。県民サービスの低下にならないかなど、少し質問しました。

その後、議会改革検討会議が開かれ、各会派からの意見が報告されました。その後、会派総会です。総会途中、不信任案の国会での投票が行われているのが中継されました。結果は大差で否決でした。

否決は、当たり前だと思いますが、その後の報道で火種は残っている模様です。情けないですよ。

会派総会が終了したのが、午後4時30分。明日3日は、会派研修です。高知県議会、牧野植物園にいきます。そのため、ジャンボタクシーで、高知市に移動しました。

2011.6.1(水)(政治は国民のためのもの)

政治は、国民のためにあるべきなのに、今の政治の状況はそうなっていないことに悲しみさえ感じます。自民、公明、たちあがれ日本の3党から内閣不信任決議案が提出されました。

決議案をめぐり、野党そして与党民主党からも同調の動きが報道されていますが、全く国民の声、感情を考えない行為だと思います。未曾有の震災、原発事故に対して何もやっていないと批判する前に、自ら一つでも二つでもボランティアや、支援の行動を起こすべきです。

「あなたがやめれば復興がすすむ」などという議論をする前に、協力すべきです。全くもって、国民の意見を無視した空虚な動きはなさけない。

2011.5.31(火)(内閣不信任案)

菅内閣に対して、不信任案の動きが取りざたされています。自公に加え、民主党内からも賛同の動きがあると伝えられています。大震災と原発事故が起きている中、なんとも嘆かわしい限りです。

与野党一丸となって復興支援、原発事故の収束を図っていかなければならないのに、揚げ足取りの国会論戦、政治利用、党内抗争、国民は不信任案なんか望んでいないと思います。被災者支援、避難者支援に真剣に立ち向かう政治家の姿を求めていると思います。

2011.5.30(月)(掃除)

台風は、熱帯低気圧になりましたが、一晩中大きな風が吹きました。家の周辺も、木の囲いが倒れていたり、昨夜の風の影響が出ていました。福井の実家にもいき、掃除、片付けを行いました。

2011.5.29(日)(フレッセ祝賀会)

全建総連フレッセの新会館が完成しました。祝賀式典、祝賀会がグランヴィリオホテルであり、出席しました。台風の接近により、雨で大変でしたが、多くの方々が出席し、盛大な祝宴でした。

2011.5.28(土)(野球大会は中止)

あいにくの雨です。野球大会は中止になりました。バスで、一路徳島に帰ってきました。

2011.5.27(金)(愛媛県に出発)

今日は、雨。台風2号が北上しています。そんな中ですが、夕刻に開かれる、四国4県議会林業活性化議員連盟の総会があり出席します。観光議連総会も開かれます。明日(28日)は、四国4県議会議員野球大会です。

雨が心配ですが、意見交換を行ってきたいと思います。

2011.5.26(木)(徳島県獣医師会45回通常総会)

午前中、県議会防災対策特別委員会が開かれ、委員として出席しました。各部局より、予算、重点事項などの説明がありました。

午後から、社団法人徳島県獣医師会第45回総会があり、出席しました。当会の顧問として挨拶もさせていただきました。また、功労者表彰ということで、林会長より、賞状をいただきました。ありがとうございました。

2011.5.25(水)(会派総会)

会派総会を行い、議会活性化検討会議での議論項目について協議しました。委員会での発言時間の確保、議会基本条例の制定、など多くの項目が議論されました。松崎副幹事長がとりまとめ明日提出します。

2011.5.24(火)(サンライズ計画)

菅首相は、G8サミットにおいて、設置可能なすべてのビル、住宅に太陽光パネルを設置する「サンライズ構想」を表明するとしています。大歓迎です。福島の原発事故の影響ははかり知れません。

脱原発、そして、自然エネルギーの割合を増やしていく努力をみんなで考えていかなければなりません。

2011.5.23(月)(徳島市戦没者追悼式)

徳島市戦没者追悼式が開かれ、出席しました。戦後66年が経過し、戦没者のご家族の参加もだんだんと少なくなってきています。これからも、戦争の悲惨さを風化させることなく、語り継いでいかなければなりません。

2011.5.22(日)(ライオンズクラブ地区年次大会)

第37回336A複合地区年次大会が、徳島市アスティー徳島で開催されました。中国・四国地区から2000人の方々が集合し盛大に開催されました。私の所属する徳島眉山ライオンズクラブのメンバーも朝早くから準備、受付と役目を果たしました。

東日本大震災で被災された方々へのお見舞い、義援金のことなども議論されました。

2011.5.21(土)(勝占中部コミュニティー協議会総会)

地元地域の協議会総会がありました。協議会は、地域の敬老会をはじめ、夏祭りや文化活動など多くのお世話をしています。今日は、町内会長さんも多く参加し、活動報告、予算承認、活動計画、予算案などが審議されました。

今後、津波対策、地震対策、避難所までの移動、避難所をどこにすればいいのか。など、様々な課題があります。地域の方々の声をお聞きし、県に要望する部分はしっかりと連携して頑張っていこうと思います。

2011.5.20(金)(文教厚生委員会)

県議会文教厚生委員会が開かれました。教育委員会関係では、3.11震災を踏まえて、学校の耐震化、避難場所としての機能強化などが議論されました。私も、学校の屋上を地域の避難場所にしていく必要性を訴えました。

保健福祉部関係では、震災直後からすぐに、宮城県の方へDMAT医療チーム、そのほか多くの職員さんなどが派遣された状況が報告されました。頭が下がります。今後、息の長い復興支援が必要となります。

2011.5.19(木)(産直市)

小松島市の「あいさい広場」、阿南市那賀川町の道の駅「公方の里」には、私もたまに買い物に行きます。白菜、キャベツ、きゅうりなど野菜はもちろん、イチゴ、ミカンなどの果物、お米、パン、肉に魚、花、など、新鮮で、値段も安くいつも大勢のお客さんでにぎわっています。

これからの産業として、一次産品で売る方法と、加工して、付加価値をつけ、安定的に売り出すものも増えてくると思います。第6次産業で町おこしを模索する地域も増えてくると思います。

19日の徳島新聞に、徳島市の中洲市場に、農業大学校の学生が運営する産直市が登場したと言います。毎週水曜日の午後2時から「朝取り、昼売り」で新鮮な野菜などを売っています。いい取り組みだと思います。

しっかりと、成長していってもらいたいです。

2011.5.18(水)(国策の被害者)

菅政権の原子力災害対策本部(本部長・菅直人首相)は、福島第一原発事故に対する政権の今後の取り組みを示した「原子力被災者への対応に関する当面の取り組み方針」を決定した。原発事故の被災者を「国策による被害者」と明記しています。

国が最後まで責任を持って対応する姿勢を示しました。当然のことですが、東電と共に、全力を傾注してもらいたいです。

県議会は、今日から、常任委員会、特別委員会の所管事項の説明が行われます。今日は、総務委員会、19日は経済委員会、20日は、文教厚生委員会、23日は、県土整備委員会です。

2011.5.17(火)(臨時県議会)

改選後初の臨時県議会が開かれました。議長に岡本氏、副議長に森田氏が選出されました。又、関西広域連合議員選挙も行われ、竹内議員、福山議員が選出されました。

常任委員、特別委員の選任も行われ、委員会を開催して、正副委員長を決めました。私は、議会運営委員、文教厚生委員、防災対策特別委員となりました。しっかり、勉強して頑張りたいと思います。

2011.5.16(月)(県議会会長・幹事長会)

17日の臨時議会を控え、会長・幹事長会が開かれました。議会改革検討会議のメンバー構成についての議論、臨時会のスケジュールなどが議論されました。議長、副議長選挙、関西広域連合議員の選挙、副知事人事も行われます。

2011.5.15(日)(計画避難開始)

福島第1原発事故により、計画的避難区域に指定された福島県5市町村のうち、飯舘村と川俣町で、15日、計画に基づく初の避難がはじまりました。指定が唯一全域に及んだ飯舘村は、人口6500人の内2100人がすでに自主避難しています。

家を離れざるを得ないその気持ちを思うと、非常に悲しい気持ちになります。東電、そして政府は、あらゆる支援をするべきです。また、国民も、すべてに優先して、支援をすべきだと思います。

2011.5.14(土)(UIゼンセン政治研修会)

今日は、昼から、UIゼンセン同盟の政治研修会があります。私が講師に依頼されています。政権交代の意義、東日本大震災の現状などを話しようと思っています。それにしても、福島県のことが心配です。

2011.5.13(金)(福島県での家畜処分)

福島第一原発事故は、本当に深刻な状況です。県民202万人の約1.5%にあたる約3万人が県内を離れ、全国に散らばっているという。また、原発から半径20キロメートル以内の避難指示区域には、78000人。30キロ以内の自主避難指示区域には、約141000人の方住んでいました。

この中の多くの方々が避難所生活を余儀なくされています。心からお見舞い申し上げます。本当につらいとですね。家畜も飢え死にしている様子。つらいです。何とかしてあげたいと思います。

そんな中、原子力災害対策本部長(内閣総理大臣)から福島県に対し、警戒区域内で生存している家畜について、当該家畜の所有者の同意を得て、当該家畜の安楽死処分を行うよう指示しました。

また、私も、できる限り協力しようと思っています。(農林水産省によると、福島第1原発から半径20キロの警戒区域内の家畜数は、東日本大震災前の時点で牛が約3400頭、豚が約3万1500頭、鶏が約63万羽)

12日、東電は1号機で、3000度の燃料がほとんど融解。メルトダウンが発生したことを認めました。この溶解した3,000度を超える融解した高温の燃料棒が圧力容器底部に落下。底部に直径数センチの穴を開けたと発表した。

おそれていたことが現実に起こりました。

2011.5.12(木)(食とみどり・水を守徳島県民会議幹事会)

食とみどり・水を守る徳島県民会議の幹事会を開催しました。議題は、アジアアフリカ救援米の作付け、田植えについてです。日時は、6月4日10時から、徳島市応神町のJAに集合し、応神町の田んぼに植え付けます。

ご家族での参加をお待ちしています。毎年、子供さんも大勢参加して手植えをしています。お米がどのようにしてできるのか。いい勉強の機会にもなると思います。

夕刊で、普天間移設「非現実的」との見出しを発見。内容は、米国上院軍事委員会のレビン委員長(民主党)と共和党のマケイン筆頭委員は、普天間移設を名護市にするという現計画は非現実的で、あり、機能せず、費用負担もできない。と指摘し、東日本大震災を受けた日本の厳しい財政状況にも配慮する必要があるとしている。

その上で、嘉手納基地への統合、グアムや沖縄以外への移転についても言及し、国防総省に求めたという。米国の有力議員の提案は、かなりインパクトがあり、私は、その方向に向けて日本政府も努力してもらいたいと思います。

2011.5.11(水)(土のう袋送りました)

朝、荷造りをして、東松島市災害ボランティアセンター(〒981−0604 宮城県東松島市小松字上浮足256−1)あて、土のう袋を送りました。少しですが、役に立てばと思います。

夜は、徳島眉山ライオンズクラブの例会に出席しました。東松島市のボランティア活動について、少し話をさせていただきました。

2011.5.10(火)(県議会、会長・幹事長会)

会長・幹事長会が開催され、出席しました。新風・民主クラブは、黒川会長、臼木副会長、庄野幹事長、松崎副幹事長、会員は、黒崎、長池議員です。17日に臨時議会を開き、議長、副議長選挙、関西広域連合議員選挙を行うことを決めました。

また、常任委員会、特別委員会の会派別割り振りも決めました。午後からは、会派総会を開き、常任、特別それぞれ所属委員会をどこにするのか、協議しました。私は、文教厚生委員会、防災対策特別委員会の所属となります。

土のう袋を買ってきました。早速、東松島市に送ろうと思います。

2011.5.9(月)(浜岡原発停止決定)

静岡県御前崎市にある、浜岡原発(中部電力)は、政府からの要請を受け入れ、全面停止とすることを決めた。夏場の電力不足を懸念する声もありますが、賢明な判断だと思います。今後、原発に依存してきた我が国の、エネルギー政策を抜本的に見直していく必要があると考えます。

小規模、分散型のエネルギー確保(ソーラーパネル、風力、地熱発電、小水力発電など、エコエネルギー)が重要となってくるでしょう。また、電力に過度に頼った社会構造を見直していく必要があるでしょう

私たちの生活も、見直していく必要があると思います。省エネを進め、建物、構造物も建てるときに工夫していく必要があると思います。

2011.5.8(日)(徳島へ)(宮城県の地図) (ボランティアに行った東松山市の地図)

午前5時に高崎を出発。吉井ICから高速に乗り、更埴JCT、岡谷JCT、小牧JCTを経由し、名神高速へ。渋滞を予測していましたが、順調に走れました。途中少し、琵琶湖を見学し、徳島に到着したのが午後4時でした。

帰ってから、長靴や、スコップなどを洗い、片付けに少し時間を要しましたが、家族全員元気です。これからも機会をつくり、また、できる支援に出かけたいと思います。また、東松島市では、大量がれきが発生しており、「土のう袋」が不足しています。

土のう袋を送ろうと考えています。

2011.5.7(土)(高崎で起床)

無事に、到着して良かったです。すこし、肘、腰が痛いですが、元気に朝を迎え、美味しく朝食をいただきました。パソコンとにらめっこしながら、作業の状況などを思いだしながら、書き込みました。今夜は、高崎で泊まり、明日早朝徳島に向かう予定です。

2011.5.6(金)(ボランティア3日目、午前、午後、2件の被災宅の支援)

午前7時に、朝食をいただきホテルを出発。8時30分にボランティアセンターに到着。指示を受け、午前中の作業に出発。場所は、昨日の午前中に行った新東名で、昨日のおうちの近くにある、Hさん宅です。築8年の家も床上浸水し、大補修が必要とのことでした。

又、車は、3台が流されたそうです。被災した当時から、毎日家の中の泥だしや掃除で、腰も痛くなるし大変だったそうです。付近には、亡くなった方も発見されたそうです。将来を悲観して、せっかく助かったのに、自殺する方もいることをお聞きし、愕然としました。

また、その方の畑には、軽自動車がどこからか流れてきており、ナンバープレートはついていますが、持ち主は現れてはいないそうです。畑のゴミ、汚泥の撤去作業も行いました。

午後は、東松島市下江戸原牛網のIさん宅です。家具などは運び出されていましたが、部屋の中の泥を雑巾で何度も拭き取る作業を「チーム庄野」で行いました。壁のクロスは、仕上げにアルコールで拭きました。周囲を見ても、がれきの山です。大きな被災です。

午後4時にボランティアセンターに戻り、手続きを済ませ、前にある東松島市の災害対策本部を訪問しました。今後、息の長い支援活動になりますが、みんなで力を合わせて頑張っていかなければならないと強く思いました。

夕刻、仙台に到着し、妻のおばさんご夫妻と食事をしました。久しぶりの再開でしたが、大いに盛り上がりました。

午後9時に、仙台を出発。午前1時前に高崎に到着し、少し休んで就寝です。

2011.5.5(木)(今日も、被災地に向かいます)

朝5時に起床。とてもいい天気です。昨日の写真などをアップし、朝ご飯をいただきました。今日も、東松島市で頑張ります。今日はこどもの日です。子ども達も一緒に頑張ります。

午前8時20分にボランティアセンターに到着。午前中に行くお宅の説明を受けました。被害が甚大だった野蒜地域の隣町、新東名のSさん宅での作業となります。Sさん宅では、庭の汚泥の除去作業です。汚泥を土のうに詰め、搬出しました。

午後は、野蒜地域のKさん宅の清掃と、庭のがれきの搬出です。大変な作業でしたが、頑張りました。家族一丸となって、頑張りました。

夕方、5時すぎにホテルまで帰ってきました。すがすがしい、疲れです。ホテルで、風呂に入り、夕食をみんなでいただきました。ホテルの主人も、一段落したのか、声をかけて下さり、しばらく、大変だった話をしました。又、きてみたいです。

2011.5.4(水)(宮城県東松島市に向かう)

午前4時に高崎を出発し、宮城県仙台市、そして東松島市に向かいました。高速道路は、3.11地震の影響で、うねっているところあり、段差ができて、補修しているところありで、注意を喚起する表示が至るところでありました。

スピードも80キロ、ところによっては50キロ制限のところもありました。渋滞もなく、仙台駅について、朝食、そして、ボランティアセンターの見学をし、親戚の方と久しぶりに会い、地震時の状況を聞きました。

マンションも、すごく揺れたそうです。マンションも、亀裂が入っていました。その後、東松島市に向かい、災害ボランティアセンターに行き、指示を受け、家族5人で、被災家庭に出向き、庭などに積もった、汚泥、泥などを土のうに詰めて、出しました。

被災家庭の方に当時の様子をお聞きしました。車も流され、命がよく助かったことを感慨深げに話されました。1階部分は、1週間も水没していたのでこれからの補修が大変だとお聞きしました。早期の復旧を願っています。

それにしても、津波被害は悲惨です。手が回らないのか、まだ手つかずで、車もそのまま放置されていました。復興まで、かなりの時間を要します。

宿泊は、車で30分くらい離れた、松島町のホテル(ホテルニュー和楽)です。又、明日も、頑張ります。

2011.5.3(火)(無事高崎市に到着)

昨日の午後4時に徳島を出発し、鳴門ICから本州四国高速道路に乗り、三木町、山陽道、名神高速、小牧JCTから中央道に入り、長野県更埴JCTから、軽井沢を通り、吉井ICで高速を降りました。京都付近で少し渋滞にあいましたが、3日午前1時30分に高崎市の妻の実家に到着しました。

少し、話をして、2時過ぎに就寝。朝は、普通に起床し、朝ご飯を高崎の父母と私たち4人で一緒に食べました。高崎の実家も、3.11大地震時に、被害を受けていました。ブロック塀が崩れ、家の中もかなり揺れ、大変だったようです。

でも、無事で何よりでした。

その後、午前中に、父と一緒に高崎市箕郷町(みさと)の「みさと芝桜公園」に車で行きました。広大な敷地に広がる芝桜の明るい色彩。大変素晴らしかったです。写真をアップします。今日は、長男が夕刻にきます。

明日は、早朝高崎を出発し、宮城県東松島市の「災害ボランティアセンター」に向かいます。そこで、指示を受け、個人宅の清掃などのボランティアに向かう予定です。

2011.5.2(月)(県議会初会同)

先の県議選挙で、当選をした、県議41名と県の幹部職員との初会同が本日午後1時30分から県議会で行われます。いよいよ、新しい4年間の任期の始まりです。その前段、会派の役員体制を決めるための総会を開催します。

議会基本条例の制定、震災、防災対策の強化、雇用確保、子育て支援等、頑張っていきたいと思います。

そして、震災復興のボランティアに向け、夕刻に出発します。車で家族4人で向かいます。群馬県高崎を経由して東松島市で清掃活動に従事する予定です。そのほか、情報収集も行いたいと思います。

2011.5.1(日)(メーデー そして映画上映)

徳島中央メーデーに参加しました。今年は、東日本大震災の復興支援という意味も込めて、デモ行進は行わず、岩手、宮城、福島の物産品を直売し、収益を義援金として送ります。労働者の団結で、復興支援を!!

その後、徳島ホールで、明石知幸監督の映画「オボエテイル」の上映会があり、準備に向かいました。第1回上映は、170名、第2回上映は70名の方々が見に来てくれました。ありがとうございました。

2011.4.30(土)(明石知幸監督映画上映)

阿南市コスモホールにて、明石監督の作品「オボエテイル」の上映会がありました。私は、トークショーから参加しました。明石君は富岡西高校の同級生で、美波町阿部の出身です。高校の同級生が上映の実行委員会をつくり、上映が行われました。

昨日は監督出身の、美波町で上映、そして今日は、阿南市、5月1日は徳島市の徳島ホールで、上映です。午後1時30分からと、午後5時からの2回上映です。そのあと、トークショーもあります。当日券は1000円です。

阿南市コスモホールでのトークショー

2011.4.29(金)(フレッセ中央支部定期大会)

全建総連フレッセ中央支部の定期大会があり、出席しました。中谷参議院議員、仁木衆議院議員、そして、市議会議員に初当選した加村ゆうじ氏も出席し、お礼、そして、今後の決意を述べさせていただきました。これからも、連携して頑張ります。

2011.4.28(木)(タケノコ掘り)

タケノコ掘りに出かけました。かなり、大きく成長しています。タケノコ山を上へ下へと、いい運動になります。竹林の中の作業はとてもいい気持ちになります。ウグイスが囀っています。風もさわやかです。

 

2011.4.27(水)(議会で用務)

鷲敷町のKさんが、震災を受けた地域での避難所生活改善のための提案を持ってきてくれました。議会で、政策監と共にお聞きしました。避難所生活を余儀なくされている方への、お風呂の提供です。

非常にいい提案であり、政策監も、現地での情報収集をすすめるとのことでした。様々な方々が、本当に心配をして下さっています。私も、5月2日の夕刻に徳島を出発し、群馬を経由し、宮城に向かいます。

2011.4.26(火)(タケノコ掘り)

阿南市福井町の実家の竹林に行き、タケノコを掘り、皮をむいて、大きな釜で野外で茹で上げ(古い竹が燃料です)水で冷やして、薄皮などをきれいに掃除して完成です。福井のタケノコは柔らかくてとても美味しいと好評です。

2011.4.25(月)(福島での支援活動を検討)

福島県の家畜保健衛生所に勤務する友人に久しぶりに電話しました。原発から20キロ以内、30キロ以内の家畜(牛、豚、ニワトリ)の状況を聞きました。助けたくても助けられなかった状況などを聞き、本当に悲しくなりました。

福島では、今後、半径20キロ以内の避難指示区域内にも、家畜保健所の職員が入り、死亡家畜への消石灰の散布、ブルーシートでの被覆、畜主の許可を得ての殺処分をするの報道もなされました。

これを受けて、私も、宮崎県での経験を生かして、殺処分等のお手伝いができないものか。と考え、本県畜産家に問い合わせたところ、福島県庁畜産課に聞いていただきました。その結果、現状では、大変危険な地域に入るので、当面は福島県の職員、市町村の職員で対応していくとのことでした。

今後、要請があれば、私は、お手伝いに参加したいと思います。

2011.4.24(日)(統一地方選後半投票日)

後半戦の投票日です。町長選、徳島市議選、小松島市議選など、いくつかの投開票が行われました。徳島市議選では、「加村ゆうじ」候補が上位で当選を果たしました。また、民主党の公認、推薦候補も全員が当選を果たすことができました。

これから、防災対策、子育て支援、雇用確保問題、社会保障の充実強化などについて、県市協調して頑張りたいと思います。

2011.4.23(土)(市議選最終日)

統一地方選挙後半戦、24日が投票日です。今日は、マイク納めの日です。私は、上八万町西山にある、「加村ゆうじさん」の選挙事務所で、マイク納め式に出席しました。日焼けした、加村候補が、運動員や支援者の方々にねぎらいの言葉をかけ、お礼の挨拶がありました。

「24日の勝利を目指し、頑張ろう!」を三唱し、マイク納めは終了しました。

2011.4.22(金)(原発20キロ圏警戒区域に)

本日22日午前0時から、福島原発の半径20キロ圏内を災害対策基本法に基づく「警戒区域」に設定し、立ち入りが原則禁止となりました。これは、大変なことです。

警戒区域に設定されたのは、福島県双葉町、大熊町、富岡町の全域と、南相馬市、田村市、楢葉町、浪江町、葛尾村、川内村の一部地域の計9市町村となります。(原発事故の対応に当たる東京電力職員や政府関係者、市町村長が認めた一時帰宅者を除き、立ち入り禁止となりました。震災前の域内人口は約7万8千人です。

厳しい避難生活が続きます。まことにつらい状況です。今日、東電清水社長が避難所を訪れお詫びして回った。避難住民からは厳しい言葉が社長に浴びせられました。「原発を東京に持って帰れ」「子供が毎日泣いている」

早期解決を切望します。

今日は、思いがけないプレゼントがありました。私の大好きな細川たかしの直筆のサイン色紙をいただいたのです。友人の太田さんが、19日、20日と何時間もかけて、細川たかしさんを待って、やっと徳島空港でサインを書いてもらったのです。

{庄野先生へ、「北酒場」2011.4.20}と書いていただきました。本当にうれしいです。ありがとうございました。

2011.4.21(木)(菅直人首相福島入り)

原発事故で苦しむ、福島県に菅首相が入りました。佐藤雄平知事、原発周辺の5市町村の首長と面会しました。また、避難されている方々にも会い、ねぎらいの言葉をかけていました。未曾有の原発事故ですから政府の対応に対する批判はあると思いますが、一生懸命収束に向け頑張っていこうとする姿は、評価できると思います。

これからも政府一丸となって、原発事故の収束に取り組んでいただきたいと思います。

2011.4.20(水)(ライオンズクラブ例会)

議会で少し用務を行いました。また、4年間一生懸命誠実に頑張ります。夕刻からは、久しぶりに眉山ライオンズクラブの例会に出席しました。「ウイ サーブ」私たちは、奉仕する。をモットーにこれからも奉仕の心で、世の中が幸せに、明るくなるように努めてまいります。

2011.4.19(火)(福島県民の苦悩)

福島第1原発事故は、チェルノブイリ原発事故と同様のレベル7となり、非常に危険な状況が続いています。津波での被災に加えて、放射能汚染の脅威があり、住民の避難が続いています。

何とか、放射能の放出を食い止めれないものか。歯がゆい思いです。また、悔しい思いです。安全神話は何だったのか。小規模分散型のエネルギーの構築が必要です。同時に、電力に過度に頼らない社会作りが必要なのかも知れません。

2011.4.18(月)(企業局労組定期大会)

企業局労組の定期大会があり出席し、挨拶をさせていただきました。企業局は、水力発電、工業用水道事業などを行っています。これからも、県民生活の安定、安心のために頑張っていただきたいです。

夕刻からは、議会で、新しいメンバーと共に今後の議会運営について協議をおこないました。しっかりと頑張ります。

2011.4.17(日)(市議選告示)

統一地方選後半の市議選が告示されました。朝、9時から「加村ゆうじ」候補の出発式に出席しました。200名を超える方々が参加してくださり、大いに盛り上がりました。当選に向け頑張ろう。

又、大松長寿会の定例会があり、出席しました。これからもお元気で笑顔で頑張っていただきたいです。午後から、福井町の竹林にて、タケノコの収穫です。掘って、ゆがいて、水で冷やし、これで食べられます。

阿南のタケノコ、もっともっとメジャーにしたいものです。

2011.4.16(土)(事務所整理)

今日も、頑張りました。

2011.4.15(金)(事務所整理)

事務所の整理もだんだんと進んできました。お世話になった方々のことを思い出しながら掃除、整理しています。少し、ほっとしています。

2011.4.14(木)(挨拶、事務所整理)

久しぶりに、議会に行き、今後の活動について、協議しました。大震災の支援活動について、5月3日から、宮城県に行ってこようと考えています。これから長期の支援が必要となりますが、一生懸命一緒に頑張りたいと思います。

2011.4.13(水)(事務所整理、挨拶)

朝は、川内町にある会社にご挨拶にお伺いしました。その後、今まで大変お世話になりました、全国一般労働組合、岡島委員長の葬儀があり、ご焼香にお伺いしました。いままで、働く労働者のために本当に頑張ってこられました、岡島氏に心から敬意を表し、ご冥福をお祈りします。

2011.4.12(火)(大松幼稚園入園式)

徳島市立大松(おおまつ)幼稚園の入園式に出席しました。かわいい園児、保護者の方々の笑顔に私まで元気をいただき、とてもうれしい気持ちになりました。未来を担う子ども達、すくすくと、元気な成長を心から期待しています。

午後からは、挨拶、事務所の整理など行ってます。

2011.4.11(月)(当選御礼の報告です)

公職選挙法では、お世話になった皆さんに、「当選御礼」を述べる事は禁止されていますので、ホームページでは当選報告だけとさせていただきます。ご寛容のほどお願い致します。

これからも、「共生・共助も社会を目指し頑張っていきます。「安心・安全の社会を目指し頑張っていきます」これからもご指導をお願いいたします。

これから、大松小学校の入学式に行ってまいります。震災対策、子育て支援、雇用確保、社会保障制度の充実強化など、課題は山積していますが、皆様方と共に頑張っていきます。

2011.4.1(金)(県議選告示)

事務所に行く前に書いています。震災の影響で選挙が延期された、宮城県、岩手県、福島県の3県をのぞき、予定どうり県議選が行われます。4月10日が投票日です。

この間は、ホームページの更新が公選法上できなくなりますので、又10日に更新したいと思います。「共に助け合い、共に生きていく社会」をつくっていくために頑張っていきます。

今までお支えをいただきましたすべての皆様に御礼を申し上げます。力一杯頑張ります。

2011.3.31(木)(明日は告示)

明日の告示をひかえ、最後の訴えを行いました。天気にも恵まれました。頑張ります。どうかよろしくお願いいたします。

2011.3.30(水)(後援会活動)

天候にも恵まれ、元気いっぱい活動を続けています。大震災により非難されている方々のことを思いつつ自分にできる支援を力一杯していこうとこころに決め、がんばり抜きます。

2011.3.29(火)(新年度予算成立)

一般会計総額92兆4116億円の予算が成立しました。11年度予算には震災対策は含まれてはいないようですが、当面、予備費1兆1600億円を活用することが可能となりました。

震災の惨状を伝える映像やニュースを見聞きしているうちに、ストレスを感じ、心理的障害が出ていると言います。見ている人がこんな状況です。実際に被災された方々のことを思うと、胸が詰まります。

こんな状況ですが、統一地方選挙は、福島県、岩手県、宮城県をのぞいて予定どうり行われます。つらい状況ですが、がんばり抜くしかありません。よろしくお願いいたします。

2011.3.28(月)(被災地のことを思いながらの後援会活動)

大震災被害と、原発の放射能汚染問題が重なった福島県は特に厳しさを増しています。風評被害で、野菜の値段が下がったり、牛乳の廃棄も続いています。原発から半径30キロ以内の避難指示、屋内待機の問題も深刻です。

畜産農家などでは、牛をほったらかしにして、避難するわけにいかない様子が報道されていました。こんな状況から一時も早く脱却できるようにみんなで力をあわせて復興支援を行っていきたいと思います。

2011.3.27(日)(城南高校甲子園初勝利)

21世紀枠で創部以来136年ぶりの初出場を果たした、徳島県立城南高校が、強豪の報徳学園を相手に、8対5で勝利しました。挨拶の途中で試合経過が気になりましたが、事務所に帰ってきて勝ったことを聞いたときには「よかった」「やった」という気持ちでした。

私の子供も4人城南高校でお世話になりました。一番上の子供は、甲子園に応援に行き、大いに盛り上がったそうです。震災、津波、原発事故でつらく、悲しいニュースが多い中、本県にとっては朗報でした。これからも、さわやかな試合を期待しています。

2011.3.26(土)(大震災被害深刻)

東日本大震災から、2週間がたつ。もっと長い時間が経過しているように私は思いますが、すごい被害です。被災地では、約20万人が避難所生活を強いられています。毎日新聞のまとめでは、死者は1万人を超えて1万102人に上り、1万7053人が行方不明。といいます。

大量のがれきに阻まれ、浸水したままの地域もあり、収容されていない遺体が多数あるとみられています。本当にむごいことです。できるだけ早い解決を祈ります。

又、東京電力福島原発の放射能汚染が深刻です。作業員が被爆しましたが、正確な情報伝達が作業員に行われていない可能性があり、何ともつらい話です。きちんとしてもらいたいです。

2011.3.25(金)(後援会活動)

福島原発事故の修復中、3人の方が、被爆したことが報じられています。一時も早い回復を願います。水道水の汚染が報じられ、乳幼児へのミルクの水については水道水を使わないようにというニュースが流れたため、徳島県でも、ペットボトルの水の不足が現実のものとなっています。

建築資材も不足しているとのことです。本県でも、大変厳しい状況となってきました。心配しながら、後援会活動を行っています。

2011.3.24(木)(後援会活動)

今日は、知事選挙の告示日です。飯泉知事は出陣式は自粛しました。私は、今日も、支援の方々に支えられ、活動を行うことができました。ありがとうございます。

2011.3.23(水)(後援会活動)

後援会活動一生懸命です。夜は、部落解放徳島地方共闘会議の定期総会がありました。

2011.3.22(火)(後援会活動)

今日も、1日頑張りました。多くの方に支えられながら、活動ができています。元気で活動できることはありがたいです。原発の、放射能の影響が深刻になってきました。

2011.3.21(月)(春分の日)

3連休の3日目です。東日本大震災、福島原発の状況を心配しながら、日々、後援会活動に取り組んでいます。

2011.3.20(日)(徳島眉山ライオンズクラブ50周年記念事業)

徳島眉山ライオンズクラブは、徳島県で2番目に結成されたクラブです。50周年記念事業として、今回は、40回目の小学生、中学生剣道大会でしたが、全国でも有名な剣道の先生をお呼びして、盛大に開催されました。

2011.3.21(土)(徳島眉山ライオンズクラブ50周年記念レセプション)

早朝から、徳島市立体育館にメンバーが集合し、剣道交流会の準備をしました。剣道模範試合、そして、剣士による指導などもありました。また、午後3時30分からは、記念式典、記念講演、そして、祝宴がありました。

大いに盛り上がりました。姉妹クラブの愛知県江南ライオンズクラブの方々も、大勢で参加していただき、盛り上げていただきました。

2011.3.18(金)(大松幼稚園終了式)

地元の幼稚園の終了式でした。もうすぐ、ぴかぴかの1年生ですね。保護者の皆様も、大変うれしそうでした。元気いっぱい、健康で頑張ってもらいたいです。夕方は私の所属する「徳島眉山ライオンズクラブ」主催の剣道大会の準備でした。

2011.3.17(木)(大松小学校卒業式)

地元の小学校の卒業式です。74名の卒業生全員が出席し、厳粛かつしとやかに行われました。式に先立ち、東日本大震災で亡くなられた方々にたいして、1分間の黙祷を捧げました。心から哀悼の真を捧げます。

又、午後3時から、徳島環状線川内工区の一部開通を祝し、開通式がありました。知事、県議、地元地権者をはじめ、多くの方の参加がありました。テープカット、くす玉割、の時には、雨、雪が降り、大変寒かったです。でも、無事開通式が行われました。

2011.3.16(水)(寒い日でした)

今日も、被災地域は大変厳しい状況です。福島原発も厳しい状況です。20キロメートル圏内の避難指示が行われました。使用済み核燃料プールの冷却水の低下を、何とか食い止めてもらいたいです。

徳島県も、厳しい寒さでした。

2011.3.15(火)(徳島文理大学、短期大学卒業式)

文理大学の卒業式があり、出席しました。大地震、大津波の被害を心配しつつ、厳かに行われました。又、午後3時から臨時の会長・幹事長会が招集され、出席しました。

審議事項は、東日本大震災への義援金についてです。全会一致で、被害の大きい宮城県、岩手県、福島県に対して100万円づつ、計300万円を当面の支援として、送ることを決めました。

また、県議会に義援金受付所をつくり、募金活動を行うことを決めました。寒さと、食糧難、大変厳しい避難所の状況です。早急な支援が求められています。

2011.3.14(月)(地震、津波被害甚大)

これほどまでにひどいのか。映像を見ているとつらくなります。人間が造った構造物の脆弱さ、自然の力のすごさ、人類は、自然に対して畏敬の念を忘れてはいけないと思いました。

福島県の原発も大変心配です。

2011.3.13(日)(東日本大震災)

被害が、どんどん深刻になってきました。こんな事が日本でおきているのか。映像が信じられません。又、福島県の原子力発電所が、深刻な状況です。電気について、今一度みんなで考えなければなりません。

大量生産、大量消費、大量廃棄、飽食、みんなで、一度立ち止まり、資源の少ない日本が今後どのようにしていけば、持続可能な生活ができていけるのか考えなければなりません。

心から、お見舞いを申し上げます。

2011.3.12(土)(地震、津波被害深刻)

だんだんと状況が明らかになってきましたが、とてつもない被害状況です。直視できないような映像が流れています。被災された方々に対し、心から哀悼のまことを捧げます。また、心からお見舞いを申し上げます。

国をあげて、支援を行わなければなりません。できることをみんなで考えていきましょう。不安な状況におかれている方々の心中を察すると、早急な支援が必要です。

2011.3.11(金)(2月定例県議会閉会)

県議会閉会日です。各常任委員長報告のあと、採決が行われました。、「350万人ウイルス性肝炎患者の救済を求める意見書」は、全会一致で採択されました。意見書は、総理大臣、厚生労働大臣などに送付されます。

午後、挨拶にお伺いしているときに、宮城県沖にて地震発生の報道がありました。そして、その後、津波の状況が報道され、これは大変な事が起こったと認識しました。事務所に帰り、情報の収集、対応を協議しました。

2011.3.10(木)(議会運営委員会)

閉会を明日に控え、議会運営委員会が開催されました。意見書が3本可決の予定となりました。

2011.3.9(水)(挨拶)

精力的にまわりました。日々の支援に感謝いたします。

2011.3.8(火)(県議会は11日が最終日です)

2月定例県議会は、10日が議会運営委員会、そして、11日が最終日、閉会をむかえます。今議会は、「350万人ウイルス性肝炎患者の救済を求める意見書」について、文教厚生委員会で、全会一致で採択されたことが大変うれしいです。

やさしい、共生の社会をみんなでつくっていきましょう。

2011.3.7(月)(国会が心配です)

前原外務大臣の辞任は、ショックでした。国会状況がどのようになるのか、本当に心配です。国民のために、与野党問わず、しっかりと議論していただきたいと思います。

2011.3.6(日)(徳島眉山ライオンズクラブ眉山中腹休憩所清掃)

眉山ライオンズクラブ恒例のアクトです。眉山中腹にある、休憩所の清掃です。会員が早朝集まり、草刈り、付近の清掃に汗を流しました。散歩をする方にたくさん会いました。

又、その後は、後援会活動です。

2011.3.5(土)(あいさつまわり)

今日は、お天気にも恵まれ、積極的に動くことができました。感謝です。

2011.3.4(金)(人権・少子高齢化対策特別委員会)

私の所属する特別委員会(人権・少子高齢化対策特別委員会)が開かれ出席しました。私は、特別支援教育の充実強化について、質問しました。新しく小松島市の日赤跡地に建設される、みなと高等学園の内容について質問しました。

また、夕刻からは、連合徳島春闘総決起集会が徳島市藍場浜公園で開催され、出席しました。雇用・賃上げ、そして、統一地方選挙勝利に向け頑張ろうと、意気をあげました。

2011.3.3(木)(文教厚生委員会2)

文教厚生委員会2日目、保健福祉部関係です。病院局の塩谷管理者が3月いっぱいで、移動です。感謝の気持ちを込めて、お礼と、激励の言葉を私の方からも申し上げました。「お世話になりました」

中央病院の建築が進んでいます。県民医療の最後の砦となるように、これからも一丸となって頑張っていこうではありませんか。

2011.3.2(水)(文教厚生委員会)

文教厚生委員会1日目、教育委員会関係です。私は、県立高校での農業教育の重要性を訴えました。城西高校(以前の徳島農業高校)には、以前の施設が残っており、有効利用、活用すべきであると、申し上げました。

2011.3.1(火)(いよいよ3月)

ニュージーランドの地震の被害者の事が心配です。人生どうなるかわかりません。今日を精一杯生きなければなりません。亡くなられた方々、ご家族に心から哀悼の意を表します。

早いもので、今日から3月です。あと30日で、県議選の告示を迎えます。議会と同時進行ですが、一生懸命頑張っていきます。よろしくお願いいたします。

2011.2.28(月)(あいさつ回り)

今日も、徳島市内をかけずり回りました。途中、大きな雨が降り、大変でしたが、加村ゆうじ徳島市議候補者とともに、頑張りました。

2011.2.27(日)(徳島県女性協議会30周年レセプション)

夕刻より、クレメントホテルにて、30周年記念レセプションがあり、出席しました。中谷参議院議員、高井衆議院議員、県議、知事、また、多くの関係者が出席し、盛大に開催されました。これからも、みんなで力を合わせて、男女共同参画社会の実現に向け、頑張っていきましょう。

2011.2.26(土)(あいさつ回り)

一日、多くの方にお世話になり、挨拶をさせていただきました。頑張ります。

2011.2.25(金)(中央テクノスクール起工式)

念願でありました、中央テクノスクールの起工式が徳島市末広町の予定地で行われ、出席しました。神事のあと、知事からお礼の挨拶がありました。技能を身につけ、仕事確保につなげていく、非常に大事な施設となります。

その後、県職労中央委員会、電機連合役員会、徳水労学習会に参加し、お祝い、連帯のご挨拶をさせていただきました。そして、今までお世話になった、瀬々さん、八木さん、井村さんのご苦労さん会があり、出席しました。

長い間、ご苦労様でした。これからも、ご指導をお願いいたします。

2011.2.24(木)(県議会一般質問)

一般質問2日目です。扶川議員、そして、今期で引退を表明している、遠藤議員の質問がありました。なかなか、経験を生かした、味のある質問でした。

その後、会派総会を開催し、今議会での対応を協議しました。

2011.2.23(水)(県議会一般質問)

県議会一般質問です。岡本議員、木下議員、三木議員、そして、新風・民主クラブからは、臼木議員が登壇しました。60分の持ち時間、それぞれ、持ち味を生かし、熱い議論でした。

ニュージーランド、クライストチャーチ近辺の地震の様子が報道されています。日本から研修などに行っている方々も被災されたようです。早い救出と、復旧を祈ります。亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたします。

2011.2.22(火)(県議会代表質問)

県議会4会派の代表質問です。新政会からは、南議員、明政会からは、森田議員、交友会からは児島議員、そして我が会派、新風・民主クラブからは、若手のホープ、吉坂議員でした。70分をフルに使い、3選を目指す飯泉知事に、思いをぶつけていました。

午後6時からは、徳島地区協委員会があり、出席し、挨拶をさせていただきました。

2011.2.21(月)(議会他)

明日から、代表、一般質問です。議会で、議案の調査です。そして、挨拶です。

2011.2.20(日)(早朝より活動)

今日も、元気で早朝から活動です。「しっかり頑張れ」との激励をいただきながら、頑張っています。22日からは、県議会本会議が始まります。県民の暮らしの安心・安全の確保のため、頑張ります。

2011.2.19(土)(挨拶まわり)

小松島市議選に挑戦する、「前川ひでき」さんの後援会事務所開きがあり、出席しました。ともに頑張りましょう。又、県教組の委員会、地区労学習会、社保労連の大会にも出席し、連帯と激励の挨拶をさせていただきました。

ありがたいです。頑張ります。

2011.2.18(金)(議会等)

挨拶、支援のお願いを続けながら、各種大会にも出席し、挨拶をさせていただきました。議会用務も多く、頑張らねばなりません。

2011.2.17(木)(議会で用務)

2月議会が開会し、議会で、少し議案の調査をしました。私は、日本オストミー協会徳島県支部の顧問をしていますが、トイレ改修・オストメイト対応トイレの設置を求めてきましたが、この度、2月補正予算で、大幅に県営施設に設置されるようになり、うれしく思います。

又、少人数学級も、全国に先がけて、小学校3年生までの35人学級、中学1年の35人学級が新年度から実施されます。教育の充実は喫緊の課題です。

2011.2.16(水)(2月定例会開会)

2月定例県議会が開会し、飯泉知事が骨格編成となった2011年度一般会計予算案は4238億5800万円など53議案を上程しました。また、2月補正予算も示され、県営施設のトイレのバリアフリー改修(オストメイト対応トイレが大幅に増えます)

22日は代表質問、23日、24日は一般質問です。私も、委員会頑張ります。夜は、徳島眉山ライオンズクラブの例会に出席しました。3月19日は、眉山ライオンズクラブの結成50周年記念レセプションが、ホテルクレメントで行われます。

2011.2.15(火)(救援米発送式・飢餓と貧困の撲滅を)

「食とみどり、水を守る徳島県民会議」の大きな取り組みとして、休耕田を利用した農業再建運動と、平和的・人道的な国際貢献として、飢餓に苦しむ、アジア、アフリカの人たちにお米を送る活動を行っています。

今年度は、徳島からアフリカのマリ共和国とカンボジアに480sのお米を届けます。全国では約40dのお米を予定しています。

世界の人口は69億人と言われており、2050年には91億5千万人に達しようとしています。国連世界食糧農業機関(FAO)は、毎日2万5千人が死亡し、その内1万4千人が5歳以下の子供たちと試算しています。

世界的な食料、水、エネルギー不足と環境破壊から、人類の共存・共生に向けた持続可能な循環型社会をつくる必要があります。私たちは、取り組みを進めます。

2011.2.14(月)(特別委員会)

県議会特別委員会が開かれました。私は、人権・少子高齢化対策特別委員会に出席しました。議案、新年度予算、2月補正予算の説明がありました。今日は、朝から徳島市でも雪が降り出し、かなり多くの雪が降り積もりました。

交通も一部でマヒするなど、混乱した模様です。お気をつけて下さい。

2011.2.13(日)(SO総会)

午前中は、あいさつ回りでした。寒い中お世話になりました。午後は、民主党徳島県連幹事会、とくしまマニフェスト2011お披露目会がありました。お披露目会には仙谷さんも出席し、記念講演がありました。多くの方にご参加いただき、まことにありがとうございました。

夕刻からは、スペシャルオリンピックス日本・徳島総会、そして、新年の集いがあり、アスリートの皆様、ファミリーの皆様、支援の皆様が集結し、盛大に開催されました。これからも、「共にみんなで助け合いながら生活ができていける社会」を目指していきましょう。

2011.2.12(土)(あいさつ回り)

今日も、寒い日です。朝から、徳島市議会に初挑戦する、「加村ゆうじ」さんと一緒に、あいさつ回りです。JP労組には、大変お世話になりました。

2011.2.11(金)(2.11集会)

今日は、建国記念の日です。朝から雪が降り、大変寒い日となりました。予定されていた、日の丸君が代天皇制を考える徳島集会に参加しました。大阪教育大学教授の中尾健次先生による、講演でした。

その後、板野郡選挙区、臼木春夫県議の事務所開きに出席しました。無風と言われていましたが、選挙になりそうです。臼木議員は4期目の挑戦です。共に頑張っていきましょう。

2011.2.10(木)(文教厚生委員会)

今日は、議案の説明のための事前の4常任委員会が開催されました。私は文教厚生委員会に出席です。オストメイト対応トイレ設置予算が2月補正に提案されました。県の施設に順次設置していきます。今まで、訴えてきただけにうれしいです。

また、オストメイト対応トイレの設置マップの策定を要望し、いい回答が得られました。今日は、気温が低く、鼻水が出ています。

また、徳島市ふれあい健康館で開催されている、徳島市名東郡中学校特別支援学級作品展「さくら作品展」を見にいきました。どれも、力作で、素晴らしいです。13日までやっていますので、見に行っていただけるとありがたいです。

2011.2.9(水)(議会運営委員会)

2月定例議会の議案などが示されました。いよいよはじまります。那賀町において、フクロウの死骸から高病原性鳥インフルエンザ感染が疑われたため、その対策に家畜保健衛生所、畜産家をはじめその対応に追われています。

鳥インフルエンザに関する問い合わせは、県畜産課(088−621−2419)となっています。平日、休日戸もに24時間対応となっています)ご苦労様です。

2011.2.8(火)(今日もあいさつ回りです)

本庁支部の春闘学習会に参加しながら、あとは、加村ゆうじさんと一緒にあいさつ回りです。頑張ります。また、ご支援に感謝です。

2011.2.7(月)(とくしまのジビエ普及試食会)

あいさつ回り、春闘学習会に続き、阿波観光ホテルにて、とくしまのジビエ(シカ肉)普及試食会に出席しました。試食会の前段に、那賀町の四季美谷温泉平井支配人から、シカ肉の加工および流通についての講演がありました。

また、美馬市のシカ肉加工施設の整備計画についても説明がありました。鳥獣害対策として、人工的に処分された、シカを有効活用するための手段です。かわいそうですが、シカの天敵である、オオカミが絶滅してしまった以上、人間が個体数の管理をしなければならないのです。

講演の後、一般県民も参加して試食会が行われました。阿波観光ホテルの元木達二総料理長の腕によりをかけた、素晴らしい料理でした。味も良かったです。

2011.2.6(日)(春節を祝う会)

日中友好協会など、9団体による祝う会があり、出席しました。県からも政策監が出席し、メディカルツーリズム、上海事務所開設、徳島空港発着の中国便など、大きな動きが今あります。これからも友好交流が更に進むようにとの挨拶がありました。

昨年は、尖閣問題もありましたが、友好交流が進むことを期待しています。その後、フレッセ徳島市連のボーリング大会に参加し、私も、久しぶりに2ゲームを投げました。わいわいがやがやと楽しいひとときでした。ありがとうございました。

2011.2.5(土)(あいさつ回り)

早くも、土曜日です。1週間が早いです。元気で頑張っています。

2011.2.4(金)(あいさつ回り)

今日も元気で、走りました。春闘学習会に出席したり、地元の、ふるさとチームミーティングの新年会、フレッセの会議などにも出席しました。もうすぐ、議会が始まります。

2011.2.3(木)(あいさつ回り)

今日も、元気であいさつ回りです。少し気温も高くなってきたようです。しかし、福井県などでは、大雪で大変な状況です。雪下ろしや、道路の積雪、渋滞など今年の雪は厳しいです。四国はまだ、過ごしやすいです。

節分でした。巻き寿司を食べました。

2011.2.2(水)(会長・幹事長会)

徳島県議会、会長・幹事長会が開かれました。16日開会、22日代表質問、23日、24日一般質問となります。また、会長幹事長会がはじまる前に、各会派を回り、C型肝炎患者会の代表の方々と共に、2月議会での請願採択、国への「救済を求める意見書」の提出を求めました。

夕刻からは、フレッセ西徳島支部の定例役員会に出席し挨拶をさせていただきました。また、その後、全農林、徳島分会の旗開きに出席し、お祝いの挨拶をさせていただきました。

大相撲がピンチです。メールで、八百長らしきものが出てきたというのです。本当ならば、ひどいです。しっかりと真相究明してもらいたいです。

2011.2.1(火)(今日から2月)

早くも、1月が終了。2月にはいりました。今日は、あいさつ回りと、夜は、9リジョン・1ゾーンのライオンズクラブ合同例会が、ホテルクレメントで開催され、出席しました。「ウイサーブ」私たちは奉仕する。これからも頑張っていきたいと思います。

徳島県立城南高校が、21世紀枠での甲子園出場が決まりました。私の子どもも城南高校でお世話になりました。頑張ってもらいたいです。

2011.1.31(月)(議会で用務)

2月定例会が近づいてきました。議会で、請願などの準備を行いました。任期最後の定例議会です。新年度予算は、骨格予算となりますが、しっかりと議論していきたいと思います。

高病原性鳥インフルエンザが発生しています。本県でも、対策に追われています。どうか、防疫対策頑張って下さい。日夜の業務に敬意を表します。

2011.1.30(日)(子ども俳句の会表彰式)

午前中は、佐那河内村で開催されている「佐那河内ふれあいまつり」に参加しました。雪が舞う、非常に寒い中でしたが、大勢のお客さんでにぎわっていました。モモイチゴ、やキーウイ、ミカンなどの農家の表彰なども行われていました。

また、フレッセの皆様も、木材を使った、手作りの本棚や、まな板などを販売していて、購入さしていただきました。三軒屋町の事務所に置きました。やはり、木の台は、優しい感じがします。

午後からは、徳島子ども俳句の会表彰式に出席しました。子ども俳句の会は、私が所属する徳島眉山ライオンズクラブも後援しており、会長も来賓で出席しました。子どもの感性はすごいです。

2011.1.29(土)(加村ゆうじさん事務所開き)

今春の統一地方選、徳島市議選に立候補予定の「加村ゆうじ」さんの、後援会事務所開きが、徳島市上八万町西山(しらさぎ台)の事務所で行われました。私も出席して、応援の挨拶をさせていただきました。

加村さんは、現在、連合徳島副事務局長として、反戦平和、人権の確立に向け、頑張っています。なんとしても、一緒に勝利して、県民、市民の皆様の安心、安全の確保、福祉の向上のために頑張っていきたいと思います。

夜は、日本郵政グループ労働組合(JP労組)徳島支部の旗開きがあり、出席して日頃のお礼も含め、挨拶をさせていただきました。

2011.1.28(金)(あいさつ回り)

寒さが厳しくなってきましたが、今日も、県政レポート24号を配りました。少しでも議会での、活動状況を知っていただくための重要なことだと思っています。これからも、頑張ります。

また、夕刻からは、連合徳島、女性委員会の皆様との意見交換会がありました。

2011.1.27(木)(県立みなと高等学園起工式)

小松島市の、日赤跡地において、全国でも少ないといわれていますが、支援学校の高等部の学校が建設されます。本当に素晴らしいことだと思います。「ノーマライゼーション」の社会を構築していくために私たちは、全力をつくさなければなりません。

2011.1.26(水)(あいさつ回り)

新年のあいさつに回っています。寒いですが、頑張ります。心配していた、鳥インフルエンザが愛知県で発生しました。おそらく野鳥からの感染だといわれていますが、空気が乾燥しているし、風も強いし、他県に飛び火しないか心配です。

県庁でも、対策会議が開かれています。消毒と、野鳥の進入防止が有効です。

2011.1.25(火)(鳥インフルエンザ心配)

宮崎県、鹿児島県で、死んだニワトリから、強毒性の鳥インフルエンザウイルスが検出され、発生が確認され、養鶏場のニワトリが全羽数が処分されました。宮崎県は昨年の口蹄疫に続き、畜産農家に大打撃です。

沈静化を願います。大規模化飼育する畜産の形態ですが、ひとたび、伝染病が発生すると全頭(羽)処分となるので、危険性もつきまといます。昔のように、小規模、分散飼育、の時代が懐かしく思うときがあります。

2011.1.24(月)(食・みどり・水を守る徳島県民会議22回総会)

歴史と伝統のある県民会議総会が開かれました。私は今議長を務めさせていただいています。経過報告として、アジアアフリカ救援米の植え付け、刈り取り、親子サマーキャンプ、世界食料デーでの街宣活動、全国集会参加の状況などが報告され、承認。

活動方針についても、承認され、新しい役員体制が確認されました。私は引き続き議長という任務に就くことになりました。食、みどり、水は非常に重要な課題です。これからも頑張りたいと思います。よろしくお願いします。

2011.1.23(日)(庄野昌彦事務所開き)

午前9時から(徳島市三軒屋町下分47−1)バイパス沿いの事務所にて、開所式を行いました。神事のあと、仙谷由人代表代行、中谷智司県連代表、連合徳島斎藤事務局長、竹内後援会長から激励とお祝いの挨拶をいただき、私も決意表明をさせていただきました。

今後、この事務所を拠点として、4月10日の県議選投開票に向け全力で頑張っていく覚悟です。どうかよろしくお願いします。お近を通られた時はお気軽にお立ち寄り下さいますようお願いいたします。

2011.1.22(土)(こもれび・・KOMO塾に出席)

アシスト(ボランティア)養成講座「KOMO塾」「ポジティブなコミュニケーションのはかりかたを考える」が、開催されました。勝瀬代表をはじめ、スタッフの皆様や、阿南高専の学生さんなども参加していました。

阿南市見能林公民館で開催され、私も出席し、挨拶をさせていただき、、そして、午前中の講座を受けました。「特別支援学校におけるコミュニケーション指導を通して」と題して、阿南支援学校ひわさ分校の小川聡太教諭から、講演がありました。大変良かったです。お世話になりました。

午後からは民主党県連幹事会が開催されました。久しぶりに仙谷由人衆議院議員が帰ってきました。統一地方選の対応などが協議されました。その後、フレッセ入田支部の新年会に出席しました。非常に走り回った1日でした。

2011.1.21(金)(JP労組徳島連協2001旗開き)

事務所の整備、電話の導入や、コピー機の搬入、掃除、挨拶回り、あわただしい1日でした。夜は、JP労組(日本郵政グループ労働組合)徳島県連絡協議会の2001旗開きがあり、出席して挨拶をさせていただきました。

春の統一地方選挙は、今まで5期20年間市議会議員として頑張ってこられた「三木明」先輩が勇退することになりました。惜しまれながらの勇退です。今までお疲れ様でした。また大変お世話になりました。

後継者として、連合徳島副事務局長の「加村ゆうじ」君が市議会議員選挙に初挑戦することになりました。県議、市議共に力を合わせて頑張りますので、どうかよろしくお願いします。

2011.1.20(木)(事務所開き準備)

事務所開きに仙谷由人代表代行が来てくださることになり、警備の関係で、県警との現場の打ち合わせなどがありました。事務所も、フレッセの皆様のおかげで、だんだんと美しくなりました。ありがとうございます。

2011.1.19(水)(徳水労旗開き)

17日の朝、事務所掃除をしていたときに、不注意で頭に裂傷を負いました。大したことはなかったのですが、病院で治療していただき、頭に大きなガーゼを今、貼っています。新年会が続くなか、「頭どうしたん?」と言われています。

早く、ガーゼがとれることを望んでいます。でも、考えようによっては、神様からの「注意して頑張れ」とのエールだったのかも知れません。大難を小難にしてくれたのかも知れません。

さて、今日は、徳島市水道局労働組合の旗開きでした。連合会長も出席し、今春の統一地方選に向けて全勢力を結集して頑張ろうとの激励をいただきました。ビンゴゲームもあり、楽しい一時となりました。ありがとうございました。

2011.1.18(火)(イドム新年会)

後援会事務所も、だんだんと事務所開き(1月23日午前9時から、徳島市三軒屋町下分47−1)に向けての準備が整ってきました。フレッセの職人さんには本当にお世話になっています。

さて、午後からは恒例の、株式会社イドム(後藤眞人社長)の2011年度新年互礼会がホテルクレメントで開催され、私も出席させていただきました。仙谷由人衆議院議員のVTRでのお祝いの言葉、飯泉嘉門徳島県知事、高井美穂衆議院議員のお祝いのご挨拶の後、社長さんからの社員表彰があり、ご挨拶がありました。

イドムは、一番亭、タンタン麺、情熱ホルモン、鉄板焼き「一休さん」など外食産業のトップランナーであり、良い品をより手頃な価格で提供しています。私も時々食べに行っています。盛り上がったいい会でした。これからもよろしくお願いします。

2011.1.17(月)(フレッセ知事との協議)

今日は、阪神淡路大震災から16年目のメモリアルデーです。ご家族が被災され亡くなった方のコメントなども報道されていましたが、いつまでも、心に大きな傷として残っています。地震対策、津波対策は、自助、共助、公助が重要です。

本県でも、耐震診断、耐震補強工事への助成などが行われていますが、工務店や、大工さん、職人さんなどで構成する、全建総連(フレッセ)の小泉委員長さん以下三役の方々、飯泉知事、そして新風・民主クラブの議員6名が参加し、意見交換会が開かれました。公契約条例の制定や、リフォーム助成などの要望がありました。

その後、私は県庁漁友会の60周年記念誌の座談会に出席しました。大先輩の竹内氏、川村氏も参加していただき、当時のご苦労などをお聞きし、新しい発見もありました。ありがとうございました。

2011.1.16(日)(大松長寿会新年会)

恒例の大松長寿会の新年会が、集会所で開かれ、出席しました。「元気が一番」です。博愛記念病院の先生から、筋力アップ講座や、運動の大切さ、転倒すると、骨折につながるので、家の中でも、段差や、コードなどに注意して下さいとの報告がありました。

その後、みんなで、美味しいお弁当をいただき、カラオケや、エイサーや、フラダンスがありました。いつまでもお元気でいて下さい。

また、夕刻から、阿南市において、同級生の明石君が映画監督を務めた映画が東京でも上映されル運びになり、地元でも上映に向け取り組もうという趣旨で、同級生が集まり、実行委員会を結成しました。オムニバス映画、3部作で、「オボエテイル」という題です。香川照之も出ています。

2011.1.15(土)(仙谷由人衆議院議員花の会新年会)

今日は、仙谷さんの恒例の花の会新年会(お誕生日の会)です。午後4時30分から、阿波観光ホテルであります。昨日の内閣改造で、官房長官の職を解かれ、党の代表代行ということになりました。これからも頑張っていただきたいものです。私も、支えていきたいと思います。

その後、フレッセ西徳島支部の新年会がありますので、花の会終了後、今度は蔵本に向かいます。今日も元気で頑張るぞ!

2011.1.14(金)(部落解放同盟旗開き)

今日は、午前中、新春の議会報告の校正でした。23日の後援会事務所開きに間に合うようにできあがる予定です。よろしくお願いします。

又、今日は、夕刻から部落解放同盟徳島県連合会の旗開きがありました。知事代理、市町村長、そして、中谷智治参議院議員、高井美穂衆議院議員、仁木博文衆議院議員も出席し、連帯と激励の挨拶をしました。

県議は、新風民主クラブの臼木さん、松崎さん、私の3名が参加しました。人権侵害救済法の制定、そして、石川一雄さんの再審無罪を勝ち取らねばなりません。今年は重要な年となりそうです。

2011.1.13(木)(連合徳島新年互礼会)

新年の挨拶回りをしています。そして、夕刻からは、恒例の連合徳島、労働福祉団体の互礼会が徳島市の阿波観光ホテルで行われ、出席しました。県知事も出席して挨拶、私も、連合議員ネットワークを代表して挨拶をさせていただきました。

人口減のことが話題になりましたが、とにかく雇用の場をつくっていくことが重要です。

2011.1.12(水)(旗開き)

今日は、挨拶回り、そして、出身の県職員連合労働組合の旗開きがあり、出席し、挨拶をさせていただきました。県知事はじめ、連合徳島会長、多くのご来賓のp出席を得て、盛大に行われました。今年もよろしくお願いします。

2011.1.11(火)(挨拶)

素晴らしい朝日で、目が覚め、朝食をいただき、洲本から徳島へと帰ってきました。お世話になりました。ありがとうございました。帰ってきてからは、県議会や県庁、組合などで少し仕事です。

2011.1.10(月)(新年会)

フレッセ中央支部の新年会に出席しました。淡路島の洲本市のホテルで開催されました。久しぶりに、温泉に入りました。そしてその後、夕食、ゆっくりとさせていただきました。ありがとうございました。

2011.1.9(日)(徳島市南部地区成人式)

南部中学校区の成人式が、丈六町のコミセンで開催され、出席しました。新成人の皆様は、真新しいスーツや、振り袖をまとい、輝いていました。希望に胸をふくらませていました。大人として、責任も重くなってきます。しっかり頑張って下さい。

また、恒例の大松小ジュニアバレーボール監督さんを激励する意味で始まった、桑ちゃんカップ争奪バレーボール大会(今年で14回目)にひるから参加しました。私も、久しぶりにバレーボールにふれ、おまけにアタック、ブロックまですることになりました。やはり、常に練習をしていないので、思ったようにはいきませんでした。

これからも、バレーボール頑張って下さい。おでんも、カレーも美味しかったです。ありがとうございました。

2011.1.8(土)(分権自治フォーラム主催・第8回政治セミナー)

午前中、毎年恒例の「徳島分権自治フォーラム」主催の政治セミナーが開催され、出席しました。講演1として、「民主党政権が成し遂げたこと」と題して、中谷智治参議院議員から政権交代後の政治状況について講演がありました。

講演2として、「ねじれ国会の行方」と題して、高井美穂衆議院議員から、子ども手当、高校授業料無償化、など、詳しくお話がありました。通常国会での審議がどのようになっていくのか、注視していますが、国民のための予算審議を期待しています。

2011.1.7(金)(徳島駅伝)

恒例の徳島駅伝は、徳島市が優勝しました。おめでとうございます。選手の皆様ご苦労様でした。新年の箱根大学駅伝も心を打つシーンがたくさんありますが、徳島駅伝も、数々のドラマがあったことと思います。関係各位に敬意を表する一人です。

今日は、午後から、自治体議員連合総会、引き続き、自治労県本部の旗開きです。地域主権の確立、良質な公共サービスを進めていくために共に頑張っていきます。

2011.1.6(木)(国際森林年)

今日の朝日新聞、「天声人語」によると、今年は「国際森林年」だそうです。世界各地で追いつめられる「緑」の実情を知り、守り育てる意志を確かめ合う1年にしようと呼びかけています。森林は、木材の生産だけでなく、洪水や土砂崩れの防止などの国土保全機能があります。

さらに二酸化炭素を吸収し、酸素を排出する炭酸同化作用、温暖化同士機能、また、私たちに大きな安らぎを与えてくれる「癒し」機能も備えています。地球の存続、人類や、地球上の生物の存続には欠かせないものです。しかし、毎年、日本の国土の2割にあたる森林が地上から消えているといいます。大きな危機が迫っていると行っても過言ではありません。

人工林も、きちんと間伐し、光が地表に差し込めば、下草も生え、森林としての機能は回復するといわれています。徳島県でも、この10年で、木材使用量を2倍にするという目標を立て、林業の再生、振興につとめていくとしています。川下対策(木造住宅建設促進)が必要です。

2011.1.5(水)(新年会)

年始の挨拶を行いながら、事務所の整理なども行いました。夕刻からは、アライフーズさんの新年会があり、出席させていただきました。「元気をだしていこう」「信頼関係」「よい品物の供給」社長さんも、社員の方々も、元気で今年も頑張ろうとの熱い新年会でした。

2011.1.4(火)(挨拶回り)

今日は、県庁など仕事始めです。議会事務局、連合、自治労などに年始の挨拶をさせていただきました。今年は、4月に大きな試練が待っています。議員として、誠実、清潔をモットーに、「共生・共助の社会をめざし」頑張りたいと思います。

2011.1.3(月)(挨拶)

朝、お餅を食べ、活動開始です。内政、外政共に厳しさが予想されますが、しっかりと地に足をつけた活動を続けて行きたいと思います。明日は、官公庁などの仕事始めです。挨拶回りです。

2011.1.2(日)(早朝、徳島へ)

天気予報では、長野県や、北陸など雪の予想になっており、帰りの道、高速道路の凍結など心配していましたが、除雪作業のおかげで、無事、徳島に帰ってきました。高速道路のメンテナンスをしていただけるおかげで安全に通行できます。多くの方に感謝しながら、10時間ほどかかりましたが、到着しました。

帰ってきて、年賀状の整理など、大忙しでした。

  2011.1.1(土)(あけましておめでとうございます)

2011のスタートとなりました。「あけましておめでとうございます」今年は、高崎市で新年を迎えました。家族みんなでお雑煮を食べ、新年の挨拶をし、近くの神社にお参りに行きました。

今年も、健康で、がんばれますようにお願いをしてきました。また、今年は、統一地方選、県議選があります。私にとって、5期目のチャレンジとなります。初心を忘れず、県民生活の安定、向上に向けがんばりたいと思います。

どうか、ご指導よろしくお願いいたします。