日々雑感2010  (2003年11月11日より)

2010.12.31(金)(大晦日)

いよいよ、今年も最終日です。掃除や片付け、そして買い出しなど精をだしました。来客もあり、妻の実家は父母2人暮らしですが、あわただしい日であったと思います。夜は、紅白歌合戦を見ながら、久しぶりにゆっくりと歓談しました。

今年1年ありがとうございました。

2010.12.30(木)(西日本は大雪)

テレビのニュースでは、寒気団が西日本を覆い、九州や四国、中国、北陸、東北など、大雪の様です。関東は寒いですが雪はありませんでした。

今日は、宇都宮まで足をのばしました。

2010.12.29(水)(早朝群馬へ)

早朝、車にて、妻の実家がある、高崎市へ向かいました。雪も少なく、順調に走ることができました。久しぶりに両親とお会いし、元気そうで安心しました。

2010.12.28(火)(仕事納め)

県庁は今日が仕事納めです。わたしも、組合や事務所などに挨拶回りでした。たくさんの方々にお世話になり、お支えをいただき、活動させていただきました。ありがとうございました。

2010.12.27(月)(徳島地方自治研究所からの報告)

我が県議会の会派「新風・民主クラブ」が依頼をしていました、本県農業の現状と課題について、自治研の中野氏と大輪氏から、研究成果の報告を受けました。会派の議員は、黒川会長、松崎副幹事長、臼木議員、吉坂議員、そして私の5名が参加しました。

中野氏からは、有機農業、産直市など、今後の課題などについて詳しく報告がありました。ありがとうございました。その後は、挨拶回りでした。

2010.12.26(日)(後援会事務所清掃など)

年末を迎え、大掃除です。今年は特に1年が早く感じます。多くの方にお世話になり、元気で活動ができたことは、ありがたいことです。

2010.12.25(土)(挨拶回り)

今日は、非常に寒かったです。一日挨拶回りをいたしました。頑張ります。今後とも、ご指導のほど、よろしくお願いいたします。

2010.12.24(金)(ライオンズクラブ眉山山頂LED点燈式)

徳島眉山ライオンズクラブの50周年記念事業として、眉山山頂にLED万華鏡を設置し、今日、徳島市に寄贈しました。先日は、横綱、白鵬関を迎えて、入魂式をしましたが、徳島の観光スポットとして、多くの方に訪れていただきたいものです。

2010.12.23(木)(クリスマス会)

私の所属する徳島眉山ライオンズクラブのクリスマス家族会があり、出席しました。影絵パフォーマンスあり、ビンゴゲームあり、競り市ありの大変楽しいクリスマス会でした。子どもさんも大勢参加し、和気あいあいの会でした。

2010.12.22(水)(挨拶回り)

年末の挨拶まわりです。今年もあとわずかになってきましたが、年々、1年が過ぎていくスピードが速くなってきました。今年は今までで一番早く感じました。お世話になった方々に感謝を申し上げると同時に、健康で働けたことに感謝いたします。

2010.12.21(火)(春闘結団式)

連合徳島の2011春闘共闘会議の発足、結団式があり出席しました。内需を拡大するためにも賃金を上げる、また、雇用を拡大していくこと確認しました。また、来春の統一自治体選挙勝利に向け頑張ろうと意思統一しました。

頑張ります。

2010.12.20(月)(食・みどり・水を守る徳島県民会議幹事会)

来年の総会に向けての日程や、アジアアフリカ救援米の発送などを幹事会で協議しました。総会の記念講演は、TPPについて現状報告をしてもらうことになりました。この国の自給率をできるだけ上げるために何をすべきなのか。しっかりとした議論と、農家への支援が不可欠です。

2010.12.19(日)(事務所掃除)

地元の方のご理解を得て、後援会事務所をお借りすることができました。その開設準備として、後援会の方に、お手伝いをいただき、掃除を行いました。場所は、徳島市三軒屋町、バイパス沿いです。来年の1月に事務所開きを行いたいと思います。

2010.12.18(土)(師走に走る)

今年もあとわずかになってきました。議会は閉会しましたが、挨拶回り、お見舞い、後援会事務所の準備、クリスマス会など、あわただしくなってきました。来年の4月10日は県議選挙投票日と決まりました。頑張ります。ご指導よろしくお願いします。

2010.12.17(金)(寒い日です)

全国的に寒波到来です。徳島も寒い日でした。風邪などひかないように、マスク着用、外から帰ったら手洗い、うがいをして、防護しましょう。

最高裁で、諫早湾の締め切られていた潮受け堤防を開けるよう判断がなされ、それを上告しないと現政権が判断し、開門されることになりそうです。私は歓迎です。有明海で操業する漁師さんは大変喜んでいました。海苔や、タイラギなどの魚介類は川からの栄養が不可欠なのです。

農業者の反発も予想されますが、締め切ったこと自体が間違っていたと思います。菅さんしっかり頑張って下さい。

2010.12.16(木)(ライオンズクラブ計画委員会)

眉山ライオンズクラブの計画委員会に出席しました。恒例のクリスマス家族会が23日に予定されており、その準備の会でした。メンバーが知恵を出し合い、又、買い物に行ったり、みんなが仲良く協力しながら進める姿はとてもいいです。

また、大変お世話になっていた方が、昨日亡くなり、お通夜に行ってきました。人生を終えるときのはかなさ、あっけなさ、つらいけど仕方ありません。安らかにお眠りください。合掌。

2010.12.15(水)(東京都の青少年の健全な育成に関する条例の改正案が可決)

漫画界などから、表現の自由を侵害するとして、条例案に反対の表明がされていましたが、都議会で可決されました。「作品を創作した者が当該作品に表現した芸術性、社会性、学術性、諧謔的批判性等の趣旨を酌み取り、慎重に運用すること」との付帯決議がついていますが、漫画界は大きな反発をしています。

本県でも、漫画をコンテンツにした街の活性化策なども検討、実施されており、県内でも心配する声もあります。今後どのような条例の影響が出るのか、注視していきたいと思います。

2010.12.14(火)(県議会閉会)

関西広域連合が発足し、本県議会としても2名の広域連合議員を選出するため、選挙がありました。結果、竹内氏、木下氏の2議員が選出されました。任期は、来年の統一地方選までとなり、選挙後に改めて選挙ということになります。

広域連合は、全国でも初の取り組みであり、メリット、デメリットいろんな角度から審議されてきましたが、これからが正念場です。関西に吸収されてしまわないよう、本県の魅力を大いに発信して、農林水産業の振興、観光での本県活性化等、がんばってアピールしていく必要があります。議員の役割は重要です。

2010.12.13(月)(議会運営委員会)

会長幹事長会、引き続き、議会運営委員会が開催され、明日の閉会日においての議事順序、議員提案の意見書案などが示されました。その後、午後からは、新風・民主クラブに対して、要請があり、みんなで受けました。

「全ての肝炎患者の救済を求める徳島の会」代表の酒本さんを始め、6名の方から、つらい現状の話をお聞きしました。国への意見書の採択に向け、来年の2月議会で他の会派にも呼びかけて、いきたいと思います。

その後、会派総会、TPP勉強会もあり、大変忙しい一日でした。

2010.12.12(日)(LED通電式)

私の所属する徳島眉山ライオンズクラブの50周年記念事業の一環として、徳島市の眉山山頂にLEDをふんだんに使った、万華鏡の通電式が行われ、出席しました。通電式には、横綱白鳳ご夫妻、徳島市長、商工会議所会頭、報道関係者、市民も出席していただきました。

寒い中でしたが、横綱も参加していただいたおかげで、盛り上がりました。今月24日が正式なLED万華鏡点灯式になります。末永く愛される施設になってもらいたいです。

又、今日は、地元の大松長寿会の忘年会があり、集会所において、踊りや歌を楽しみました。私も数曲歌わせていただきました。これからもお元気で楽しみましょう。

2010.12.10(金)11(土)(食みどり・水を守る全国集会)

東京都の教育会館において、10日11日の2日間、全国集会が開催されました。徳島からも、県民会議のメンバー、9名が参加しました。集会テーマは、「東京から発信!見つめ直そう 食・みどり・水〜消費者・生産者の提携で新たな一歩を」でした。

全国47都道府県から700名を超える方が参加しました。全体集会では、棚村実行委員長挨拶、来賓として、篠原孝副大臣から、挨拶がありました。続いて、平和フォーラムの藤岡一昭集会事務局長から情勢と運動の提起がありました。

続いて、分散会にはいりました。私は、第2分散会「食料・農業・農村政策」に参加しました。報告者として、山口靖農林水産省上席企画官、堀井修元自治体農ネット代表、白川祥二北海道農民連盟書記長の3氏から報告を受けました。

コーディネーター兼講師として、東京大学の谷口信和教授から、TPP問題や食糧自給率問題などについて提起があり、報告者も交え、又会場からも意見交換しながら、内容の濃い2日間でした。県議会は、13日(月)が議会運営委員会、14日(火)は閉会日となります。

2010.12.9(木)(関西広域連合特別委員会)

12月1日、全国初の広域行政組織「関西広域連合」が発足しました。防災や産業振興などの共通課題に、近畿を中心とした2府5県(四国では徳島県のみ参加)連携して取り組み、国の事務権限の大幅な移譲を目指します。

1年半の間、県議会の特別委員会にて、関西広域連合への参加の是非について議論してきましたが、今日が最終の委員会になりました。2重行政になりはしないか。など、縷々議論してきましたが、これから徳島が飛躍するきっかけとしなければなりません。これからが勝負です。

夕刻、5時の飛行機で、東京にきました。10日、11日と、「第42回食とみどり、水を守る全国集会」に参加するためです。千代田区の「日本教育会館」で開かれます。徳島県からも、9名が参加します。しっかりと、勉強します。

2010.12.8(水)(ジョンレノン命日)

今日、12月8日は、ジョンレノンの命日です。30年前の今日、熱狂的なファンによりニューヨークの自宅マンション前で射殺されました。ジョンレノンは、オノヨーコさんと結婚し、反戦平和の活動を歌をとおして訴えました。「イマジン」今でも、多くの方に愛され、歌い継がれています。

平和が一番です。また1941年12月8日は、日本軍が、ハワイのオアフ島のアメリカ軍に対して攻撃した日であり、一般には、この攻撃で太平洋戦争が始まったとされ、開戦記念日として、戦争の悲惨さを忘れないために、今でも、この日に反戦の意見広告を新聞に出しています。

平和は、日頃は気づきにくいですが、悲惨な状況になって初めて、平和の尊さに気づきます。

2010.12.7(火)(人権・少子高齢化対策特別委員会)

あらゆる人権を尊重し、守っていくということは、大変重要な課題です。今、児童虐待や、高齢者の孤独死など、大きな社会問題になっています。人権の世紀といわれていますが、あらゆる差別を撤廃するためにがんばっていきましょう。

午後からは、介護保険について、当局と協議しました。

2010.12.6(月)(文教厚生委員会)

保健福祉部関係の文教厚生委員会が開かれ、出席しました。関西広域連合がスタートし、徳島県は広域医療を担当します。ドクターヘリの、広域運行など、これからが大事です。また、第一次産業の振興にもつなげていかねばなりません。

委員会では、グループホームの安全の確保について質問しました。本年3月の札幌市内のグループホームの入所者が、火災で亡くなるという悲惨な事故をうけて、グループホームへのスプリンクラーの設置が求められていましたが、23年度で、県内すべてのグループホームに設置されることになりました。好かったです。

2010.12.5(日)(退職者会忘年会)

県庁退職者会、徳島第一支部の忘年会がホテルクレメントであり、出席しました。お世話になった先輩の方々と、久しぶりに、お話をしました。カラオケもあり、楽しいひとときを過ごしました。これからも健康で、ご指導お願いします。

2010.12.4(土)(眉山園、もちつき)

恒例の、社会福祉法人徳島県身体障害者連合会 眉山園のもちつきです。自治労関連評議会青年部が毎年、ボランティアとして参加しています。私も、声をかけていただき、参加しました。一生懸命蒸し上がった餅米を臼と杵でつきました。

ついた餅は、あんこを入れたり、丸めたり、いろんな餅がいっぱいできました。入所者の方も、一緒についたり、食べたり、楽しい1日でした。天気にも恵まれました。ありがとうございました。共生のまちづくりを進めましょう。

2010.12.3(金)(文教厚生委員会)

文教厚生委員会(教育委員会関係)が開かれ、出席しました。私は、1.コミュニティースクールについて、その意義と、本県での実績、今後の目標。2.学校見守り隊について。また、最近の、声かけ事象について、質問しました。

また、3.校内での、いじめに対処する対策も質問しました。また、鳥インフルエンザが島根県で発生したことを受け、県内の、学校飼育動物に関して、幼小中での、鳥類飼育の現場での対策について、質問しました。防鳥ネットの設置や、飼育舎の清掃管理などきちんと飼育すれば大丈夫です。

2010.12.2(木)(鳥インフルエンザ発生)

島根県安来市の農場で、鳥インフルエンザが発生しました。10月に北海道で糞便から高病原性鳥インフルエンザウイルスが発見され、心配していましたが、現実のものとなりました。

島根県は、ウイルスが検出された鶏舎の金属製防鳥ネットなどに不備があり、少なくとも2カ所で野鳥などが侵入できる状態があったそうです。2日の朝、全羽の殺処分を完了。処分された鶏は約2万1500羽となりました。農家のご心痛を思うと、心が痛みます。しかし、防疫上の対策のため、仕方がありません。

口蹄疫もそうですが、鳥インフルエンザも大変怖い伝染病です。本県でも、鶏舎の清掃、防護ネットの徹底、消石灰の散布など、対策を進めています。農家の方々も大変ですが、進入防止に努めていただきたいと思います。また、作業にあたる、家畜保健所の方々も、健康に気をつけてください。

2010.12.1(水)(師走です)

早いもので、いよいよ、12月です。今年1年、ほんとに早く感じます。政権交代しましたが、税収の不足などもあり、思ったような政策が実行できないむなしさ。また、鳩山さんから菅さんになり、参議院選挙をたたかいましたが、惨敗し、ねじれが生じてしまう結果になってしまった。

尖閣問題での国民の不支持など、厳しい状況の連続です。しかし、地方分権、地域主権の時代です。地域(徳島県)の課題、中小企業対策や、第1次産業の振興、など、本県の活性化に向け、努力していきたいと考えています。よろしくお願いします。

2010.11.30(火)(TPP勉強会)

県議会において、勉強会があり、参加しました。何も対策が国内でされないまま、自由化に踏み切った場合の、農林水産物に与える影響などが示されました。また、商工業においては、アメリカや韓国がTPPに参加して、日本が参加しない場合の、損失予測なども示されました。・・いずれも内閣府の資料で説明を受けましたが、もっと踏み込んだ将来予測も必要だと感じました。

2010.11.29(月)(県議会一般質問)

県議会本会議、一般質問があり、寺井議員、岩丸議員、山田議員、長尾議員の4名が登壇しました。農水ブランドの拡大や、森永乳業の工場存続、浄化槽、TPPの問題などが議論されました。

2010.11.28(日)(朝鮮半島緊張感高まる)

米韓軍事演習がはじまりました。緊張が一層高まっています。北朝鮮のヨンピョン島への砲撃、交戦があって以降、両国はもちろん、日本、アメリカ、中国も含め、緊迫の状況です。黄海には、空母ジョージワシントンも集結しています。

それにしても、今の時代に北朝鮮は、なんてことをするのだろう。ひどいと思います。民間人にも、被害、災害が及んでいます。元々同じ民族なのだから、国民のために、お互いが努力してもらいたいものです。

徳島県からの「徳島発の政策提言」要望を民主党の地域戦略局で受けました。中谷新代表も出席し、徳島市内のホテル千秋閣で会を持ちました。政策提言は、@「地域主権型」の経済・雇用対策の推進・・・6項目、A「地域の強み」を活かす新成長戦略の加速・・・6項目、B「地域のくらしを守る安全・安心の確保・・・6項目です。

中谷代表からは、しっかりと、政府、党に伝えていき、実現できるようがんばっていきたい。との決意がありました。

2010.11.27(土)(県職員釣り大会)

釣りクラブ県庁漁友会と職員組合の共催で、毎年行われている、釣り大会が、今年も海部郡日和佐町の磯で行われました。36名の釣りを愛する方々の参加をえて、50周年の記念大会は行われました。

天気にも恵まれ、グレ、アイゴ、ブダイなど、たくさんの釣果がありました。わたしも、今日は久しぶりに、磯釣りをすることができ、思い出深い1日となりました。イサギ、ブダイ、グレを釣りました。参加された皆様、お疲れ様でした。

2010.11.26(金)(代表質問)

職員給与の臨時的削減、公共サービス基本条例の制定、第1次産業,2次産業,3次産業を融合した,6次産業化による地域活性化を目指そう、県産材の利用拡大に向け,個人住宅に対する県からの直接支援を進めるべき。

本県でのシカ駆除対策をさらに踏み込むべきと思いますが,狩猟期の捕獲報奨金制度や,肉加工及び販売について、県民の雇用を守るという視点から,中小企業への支援策について、家畜伝染病の発生に備えた防疫体制の充実強化について。

学校獣医師制度について、やさしい共生のまちづくりについて(オストメイト支援)、について、質問しました。県知事はじめ、理事者の方々からは、精一杯の回答をいただきました。特に、県産材を使った個人住宅への件からの支援策については、実現する運びとなりました。川下対策を進めることで、木材の需要を喚起し、林業振興につながります。

2010.11.25(木)(質問準備)

議会の控室にて、質問の準備です。途中、連合徳島、高退連の総会があり、出席し、お祝いのご挨拶をさせていただきました。社会保障制度の充実が求められています。

2010.11.24(水)(質問準備)

朝から議会の会派控室にて、質問項目の整理などおこないました。本会議、代表質問は質問、答弁含めて70分ですから、オーバーしないように、また、少なすぎないように、質問を書いています。

項目については、9から10項目位を考えています。公共サービス基本条例の制定、口蹄疫防疫活動に参加した経験を生かした、防疫体制の強化を求めます。林業振興のために、川下対策として、県産木材を使った住宅建築を進めていくための誘導策を求めます。

代表質問は、26日(金)です。私は4番手です。時間は大体午後4時開始となります。よろしくお願いします。

2010.11.23(火)(民主党徳島県連大会)

今日は、勤労感謝の日です。働けることのうれしさ、大切さを再認識する日にしたいものです。

午後4時から、徳島市のホテルクレメントで、民主党徳島県連の定期大会がありました。私は議長に選任され、進行に努めました。高井代表から、挨拶。そして来賓として、、飯泉知事、小松連合会長から祝辞をいただきました。

そして、新たに中谷智司参議院議員を県連の新代表に選出し、新体制が発表されました。私はひき続き副代表で頑張らせていただきますので、よろしくお願いします。

大会の後、パーティーがあり、多くの方にご参加いただきました。ありがとうございました。来春の統一地方選の公認、推薦候補の紹介もあり、私もご挨拶をさせていただきました。

2010.11.22(月)(質問準備)

今日は、1日、26日の代表質問の準備でした。職員の給与カット問題、中小企業対策、公共サービス、宮崎での口諦疫発生をうけての本県での対策など、質問をかんがえています。

2010.11.21(日)(松崎県議の後援会事務所開き)

同じ会派の、松崎清治県議の事務所開きが阿南市であり、出席し、激励の挨拶をさせていただきました。阿南選挙区は、4人区で、現在自民3、民主1ですが、民主新人が1名立候補を表明しており、激戦が予想されています。

松崎県議は、会派の要です。頑張るしかありません。よろしくお願いします。

2010.11.20(土)(民主党県連、幹事会)

幹事会の前に、徳島大学から予算増に対する要望をうけました。教育予算の増が求められます。

幹事会では来春の統一自治体選挙、県議選、市議選、等の候補擁立について話し合われました。県議空白区に候補者を立てる作業も少しずつ進んでいます。私も頑張ります。

国会の状況は、法務大臣の発言で大変です。

2010.11.19(金)(11月定例会開会)

11月定例議会が開会しました。開会前に、会長幹事長会、議会運営委員会を開き、追加議案を決定し、いよいよ開会。知事から、所信表明がありました。財政健全化、関西広域連合、ネーミングライツ制度、中小企業者に対する、年末の資金繰り対策、徳島木材利用指針、温暖化対策、など今後の方針が示されました。

26日は代表質問、29日は一般質問です。私は、16日の4番手です。頑張ります。

本会議終了後、議員在籍15年表彰を受けました。藤田議長から、手渡されました。支援をして下さっている皆様方のおかげです。ありがとうございます。

終了後、連合徳島小松会長さんらと共に、県知事に対して、「公共サービス基本条例」制定を求める要望書)署名1万944筆分をそえ)手渡しました。

2010.11.18(木)(議会の準備)

代表質問を26日に控え、現在の徳島県の現状を分析しつつ、知事への質問を考えています。雇用問題、財政問題、環境問題など多くの課題があります。19日の知事の所信表明を聞き、さらに深めていきたいと思います。

2010.11.17(水)(人権少子高齢化対策特別委員会)

事前の委員会が開かれ、議案が説明されました。今回は、指定管理者制度の選定について2件の提案説明がありました。指定管理者制度は、県の施設管理や、施策の遂行を、民間やNPO団体に管理委託する制度です。

しかし、3年から5年で、選定し直しがあるため、そこの労働者にとっては、不安定な就労体系となっており、また、選定の旅に、賃金も低下しており、いい制度ではないと思います。今日は、委員会でそのことを少し述べました。

その後、議会で26日の本会議での質問について、パソコンに向かっていました。午後3時からは、連合徳島、高退協と県知事の話し合いがあり、私と臼木県議も傍聴に出席しました。後期医療制度の制度改定における課題などが話し合われました。

2010.11.16(火)(尖閣ビデオ流出問題)

海上保安庁の職員が、ユーチューブに投稿した問題。職員を擁護する意見も、マスコミ報道ではあるようですが、私は、とんでもない行為だと思います。公務員が自身の判断で、公開が禁止されているものを公開した、行為が許されるということはあり得ないと思います。

組織自体が成り立たなくなります。

2010.11.15(月)(マニフェスト会議)

今日は、母の病院の付添、そして、民主党のパーティー券の販売、議会の準備に続き、マニフェスト会議に出席しました。雇用の確保、教育、環境保全など、多くの課題があります。

2010.11.14(日)(同窓会)

道後温泉での楽しかった昨日の宴会を思い出しつつ、今日は、松山城を見学し、そして、昼食をいただき、徳島に帰ってきました。1年ぶりの再会。ありがとうございました。

2010.11.13(土)(ボランティアサポート終了式)

最終講座として、防災センターの次長さんにお越しいただき、南海地震の対策などについて、講義をしていただき、その後、終了証書が手渡されました。今年は、私は7回中5回の出席であり、無事証書をいただきました。

昼からは、大学の同窓会が愛媛県の道後温泉であり、妻と2人で、出かけました。夕食懇談会は、和気あいあい、笑顔いっぱいの会になりました。お世話をいただいた愛媛の皆さんありがとうございました。

2010.11.12(金)(常任委員会)

事前の常任委員会が開かれ、それぞれの担当から説明がありました。私は、文教厚生委員会に出席しました。その後、連合徳島の22回中間期大会に出席し、挨拶をさせていただきました。ご推薦ありがとうございます。

夕方は、駅前で連合徳島の皆様方と、なんでも相談ダイヤルの件で、街宣活動を行いました。

2010.11.11(木)(議会運営委員会)

11月議会の日程、議案説明のための委員会が開催され、出席しました。11月19日開会し、代表質問は26日、一般質問は29日となりました。私は、26日の4番手で登壇します。頑張ります。

2010.11.10(水)(分科会)

分科会は、「狭山事件と司法民主化」に参加しました。会場に着くと、石川一雄さんの奥さまのさちこさんに会いました。石川さん本人からの挨拶のあと、狭山事件再審弁護団主任弁護士の中山武敏さんから「狭山第三次再審請求の現状と課題」について、報告がありました。

一日も早い再審の扉がひらくことを期待しています。

2010.11.9(火)(朱鷺メッセ)

全体集会が開催され、全国から5000人を超える方々が参加しました。記念講演として、「人権侵害救済法制定に向けた新たな動向ー障害者権利条約と救済制度」と題し、日弁連・国際人権問題委員会委員の大谷美紀子氏から講演。

さらに、地元報告2本がありました。雨と強風で大変でした。

2010.11.8(月)(部落解放研究第44回全国集会)

部落解放運動を大きく前進させ、制度確立に向けた協働の取り組みをすすめよう!をテーマに、第44回全国集会が、新潟県新潟コンベンションセンター「朱鷺メッセ」において開催されます。全体集会は9日、分科会が11日まで開かれます。

私も、集会に参加します。今日仲間と一緒に出発です。10日の夜帰ってきます。11日は議会運営委員会です。

2010.11.7(日)(眉山園運動会)

今年で28周年を迎える眉山園・「働く意欲と能力を持ちながら、障害のため一般の企業に雇用されることが困難な人たちが入所し、必要な訓練と働く機会と場所を得て、作業訓練費により自活すること、将来の職業自立を目的として設立されました」 県内では唯一の入所型の授産施設です。

この眉山園は、当初から地域の方々との協力関係を重視しており、地域の小学校や周辺のみなさまと一緒に運動会を行っており、今年で25回目となりました。私は、ボランティア(連合徳島ボランティアサポートチーム40名の方と一緒に)として、参加しました。

パン食い競争、綱ひき、リレーなど、施設入所者と共に、加茂名南小学校のグラウンドいっぱいを使い、走りまわりました。良い1日でありました。これからもテーマは「共生」です。

2010.11.6(土)(日中友好協会理事会)

午前中は、日本中国友好協会の理事会があり、出席しました。これからの行事などについて、協議しました。尖閣問題もあり、不安もありますが、民間友好交流は大事にしていきたいです。

午後から、民主党県連の幹事会がありました。来春の統一地方選のことや、11月23日の県連大会のことを話し合いました。

2010.11.5(金)(第54回社会福祉大会)

郷土文化会館(阿波銀ホール)にて、徳島県主催で開催されました。県下各地から地域で福祉活動をされている、民生児童委員さんや、ボランティア団体など、多くの方が出席し、盛大に開催されました。

知事から、ねぎらいの言葉があり、表彰式がありました。おめでとうございました。みんなで協力して、あたたかい社会を築いていこうではありませんか。

2010.11.4(木)(県議会会長・幹事長会)

11月定例会に向け、日程を決める会長幹事長会が開かれ、出席しました。11月19日開会、26日代表質問、29日一般質問となります。私は、26日に会派を代表して、質問に立ちます。午後からは、会派総会。

提出議案の説明、連合、自治労との協議もありました。また、民主党のマニフェスト会議にも参加しました。

2010.11.3(水)(文化の森総合公園内に、徳島県立鳥居龍蔵記念博物館開館)

鳴門市妙見山にあった、鳥居博士博物館が、今日から文化の森に移転しました。9時からオープンセレモニーがあり、知事、教育長、県議、関係者などが集まり、オープンを祝いました。私も出席しました。

鳥居は日本における人類学の草分け的存在で、彼ほど東アジアをくまなく駆け巡った学者はいない。鳥居の研究テーマの根幹にあったのは「日本人のルーツ」であり、その研究は人類学のみならず、考古学・民俗学・民族学にまでひろがり、対象も非常に広範であった。そのため、鳥居は後に「総合人類学者」とも呼ばれている。

鳥居博士は、1870年、現在の徳島県徳島市東船場町でうまれた。東アジアの各地で観察学的にはこれほど綿密な調査がほかになかったため、鳥居の研究報告と写真は現在でも第一級の資料となっている。

是非、一度、文化の森総合公園内にある、鳥居龍蔵記念博物館にいらしてください。

2010.11.2(火)(駐ロシア大使一時帰国)

菅内閣は、ロシアのメドベージェフ大統領が北方領土の国後島を訪問したことを受け、河野雅治駐ロシア大使を一時帰国させせることを決めた。対抗措置ではないとしているが、ロシアへの抗議のメッセージだと思います。

北方4島の返還問題は、私が小学校の時に標語をみんなで書いた記憶があり、長い間、双方が荒っぽいことをしないで紳士的な話し合いを模索してきただけに、今回の大統領の行動は、首をかしげざるを得ない。

外交問題は、国の根幹をなすものだけに、今の民主党政府にはどうか頑張っていただきたい。

2010.11.1(月)(国後島)

ロシアのメドベージェフ大統領が、1日、日本との係争地であり、歴代最高指導者も入らなかった、北方領土の国後島を訪問したことが報じられた。国会でも取り上げられ、菅首相は、「4島は我が国の領土であり、遺憾」を表明、又、前原外相もロシアのベールイ駐日大使を呼び、「日本の原則的立場と相いれず、我が国民感情を傷つける」と抗議したといいます。

メドベージェフ自身は、これまで、領土問題は互いの歴史や国民感情と複雑に結びついており、解決が極めて難しく、静かな環境で話し合う必要性を言ってきたのに、今回の突然の訪問と、開き直りには、頭をかしげます。

大統領選をにらみとか、尖閣諸島問題にからみ、とか言われていますが、紛争ではなく、平和的、友好的に解決してもらいたい。日本政府も、毅然とした態度が望まれるだろう。

2010.10.31(日)(四国88か所お参り)

久しぶりに88か所参りを再開しました。高速道路を利用し、66番札所・雲辺寺(うんぺんじ)、67番札所・大興寺(だいこうじ)、68番札所・神恵院(じんねいん)、69番札所・観音寺(かんのんじ)、70番札所・本山寺(もとやまじ)、を参拝しました。

雨が降り、寒い中でしたが、身が引き締まりました。

2010.10.30(土)(COP10閉幕)

国連地球生き物会議(生物多様性条約第10回締約国会議=COP10)が閉幕しました。今回は、植物や微生物の遺伝資源を利用して生まれた医薬品などの利益を、原産国に還元する国際ルールづくりをつくることが、大きな目的でした。

議定書は、利益配分の対象範囲など、解決出来ず、先送りされた部分もありますが、世界規模で生態系の破壊が進む中、先進国と発展途上国が利害を超えて合意が出来たことは、良かったと思います。最大の争点だった利益配分の対象範囲は、遺伝資源そのものだけでなく、それを基に新たに合成した物質にも対象範囲拡大の方針が出ましたし、さらに、ワクチン開発に欠かせない病原体を入手する時も、途上国の利益に配慮する内容が盛り込まれました。

未開発国の大自然、生物多様性のおかげで人類も生存出来ていけるということを再認識すべきだと思います。

2010.10.29(金)(狭山県内集会)

朝、名古屋を出発し、新幹線、バスを乗り継ぎ、昼過ぎに徳島に到着しました。夕刻から、狭山事件の再審を求める集会があり、出席し、連帯の挨拶をさせていただきました。石川一雄さん御夫妻も出席し、参加者と共に頑張る決意を固めました。

その後、県土連労組の大会、懇親会に出席し、意見交換しました。

2010.10.28(木)(生物多様性交流フェアーinCOP10)

台風の影響か、今日は1日雨でした。COP10会場に隣接した白鳥地区における、各企業、行政、NPOなどが出店しているブースを見学しました。出店は208を数えます。雨の中大変でしたが、大いに勉強になりました。

会場内での昼食後、隣接する、名古屋学院大学体育館において開催されたCOP10自然農フォーラム「自然農から学ぶ、生物多様性の哲学」に参加しました。自然農を奈良県にて実践している、川口由一氏の自然農の実践ビデオを元に学びました。

「川口氏は、1939年 奈良県桜井市に、専業農家の長男として生まれ、中学卒業後定時制高校で3年、天王寺美術研究所で6年間学びつつ、農家の主たる働き手として、当時はごく当たり前の農薬を使った農業を営む。1978年 農薬で体をこわし、自然農に切り換えるべくその方法を模索し始める。同時に漢方医学と出会い、「生命の営みに沿った農」を目指す。」・・自然農の心と実践 『川口由一』著より引用

田んぼを耕さず、農薬を使わず、生き物との共存、草を大切にする。そんな稲作りをしています。

その後、タクシーに乗って、ラムサール条約登録湿地である、「藤前干潟」を見学に行きました。あいにくの雨でしたが、野鳥はいました。干潟を一望できる、環境省稲永ビジターセンターを訪問し、ビデオ、環境学習の様子などを見ることができました。ありがとうございました。

2010.10.27(水)(普通会計決算委員会)

4日目を迎えた委員会、最終日です。公安委員会関係、企画総務部関係、教育委員会関係の審議がなされました。私は、駐車違反における、未収金対策、オストメイト内部障害の方々に対する、緊急時の駐車について、要請をしました。

終了後、午後5時、徳島駅前発の高速バスで、新神戸まで行き、そこから新幹線で名古屋に向かいました。名古屋で1泊し、28日は、COP10・生物多様性交流フェアーに参加です。

2010.10.26(火)(市老連8ブロックの集い)

徳島市老人クラブ連合会第8ブロック会員の集いが丈六コミセンで開催され、私も参加しました。150名の方が出席し、和やかな1日でした。高齢者の交通安全対策として、県警察の方から、横断歩道の渡り方など、実際に体験しながら、指導をしていただきました。その後、みんなでお弁当を食べて、その後は、アトラクションでした。

アトラクションは、踊り、カラオケ、など、総勢21名の方の素晴らしい演芸があり、大いに盛り上げりました。各地区の世話人の方々、大変ご苦労さまでした。

2010.10.25(月)(普通会計決算委員会)

今日は、保健福祉部、危機管理部、県土整備部の決算審査がありました。私は、関空への出資金、阿波踊り空港周辺の緑化について質問しました。潜在自然植生による緑化促進をすべきと思います。

2010.10.24(日)(岡田民主党幹事長来徳)

民主党の岡田幹事長が、徳島入りし、民主党県連、連合徳島との意見交換会がありました。来春の統一自治体選挙において、空白区はもとより、複数区への複数人の擁立を求めた。厳しさは増すが、頑張りたい。

また、全国一般労働組合の定期大会があり、出席し、お祝いの挨拶をさせていただきました。デフレ経済の中、労働者にとって厳しい状況は続きますが、団結して共にがんばります。

2010.10.23(土)(家畜評議会40周年レセプション)

早朝、2010奥島健康福祉祭とくしまねんりんピックの開始式があり、吉野川グランドに出かけました。1500人を超える方々が、県下各地から集結し、グランドゴルフなどの競技に汗を流します。

午後からは、家畜保健衛生評議会結成40周年記念レセプションがあり、私も出席し、お祝いのご挨拶をさせていただきました。処遇改善など、課題は多いです。これからも一緒に頑張っていきます。

2010.10.22(金)(普通会計決算認定委員会)

本日は、農林水産部、商工労働部、県民環境部についての審議でした。21年度決算について、各委員は、持ち時間40分でしたが、いろんな角度から質疑が行われました。

2010.10.21(木)(普通会計決算認定特別委員会)

今日から、4日間、決算委員会です。平成21年度決算について、審査します。

午後6時からは、10.21反戦集会があり、出席して連帯の挨拶をさせていただきました。今年の8月9日に長崎の平和祈念式典に参加したことなどを報告し、戦争も貧困もない平和な世界を築いていきましょうと訴えました。

2010.10.20(水)(V−サポートチーム報告会)

宮崎県で発生した口蹄疫の防疫作業の支援に本県からも多くの獣医師や、畜産関係者がワクチン接種や、殺処分などの業務に参加しました。発生からちょうど半年が経過した本日、宮崎県での作業について、従事した獣医師職員らが報告会を開き、農林水産部長をはじめ、40名が出席しました。

私も、獣医師会からの要請で、5月24日から29日まで牛、豚の殺処分に従事しましたので、その時の状況などを報告しました。思い出しては、悲しくなりますが、思いを述べました。宮崎県では、これから復興に向けて取り組みますが、出来る限りの支援が必要です。

本県における今後の防疫体制、初動体制、にとっても、大きな力になると思います。

2010.10.19(火)(議会閉会)

9月定例県議会は、9月補正予算34億5700万円など19議案と関西広域連合の設立規約案等を可決し、閉会しました。関西広域連合は、以下の通り、付帯決議つけました。

付帯決議は、@広域連合が道州制に転化するものではないことを前提に、新たな広域行政モデルとして取り組むA四国と近畿の結節点という本県の特性が生かされ、成果が中心部に偏ることなく、全体の発展につなげるものとするB県民への周知を図り、県民が成果を実感できるようにするーの3項目です。

閉会後、県立文化の森に移転し、11月3日にオープンする「鳥居龍蔵記念博物館」の視察を行いました。鳥居博士は、徳島の出身で、すごく貴重な資料がたくさん収蔵されています。

2010.10.18(月)(議会運営委員会)

19日の閉会日に向けた議会運営委員会が開かれました。議事順序等について説明があり、各会派了承しまし。JR四国などの公共交通を守るため、意見書の送付を求める請願については、委員会では継続審議となっていますが、採択すべきとの立場で、討論に立つことになりました。

その後、会派総会を開き、意見交換をしました。

2010.10.17(日)(徳島商業高校創立100周年)

徳島商業高校100周年記念式典に出席しました。マーチングバンドの演奏でスタートし、校長先生からあゆみについて紹介がありました。歴代校長、同窓会長などの表彰もあり、厳かな式典でした。

中国で半日デモがエスカレートしています。日本の販売店などのガラスが割られたり、日本車が襲撃されているといいます。日本と中国は隣人であり、友好関係にあります。民間の友好交流は良好に進んでいると思います。冷静な対応を期待する一人です。

2010.10・16(土)(世界食糧デー)

農協労連主催の「世界食料デー」アピール行動に私も参加しました。午後2時から徳島駅前で徳島産の、新米2合を市民に配りました。世界食料デーは、1979年の第20回FAO総会の議決に基づき。1981年から世界共通の日として制定されています。

食料自給率の向上、食物を無駄にしない、世界には飢餓に苦しむ方が、10億人以上いる、こんなことを訴えました。今一度、日本の食を考えてみようではありませんか。

2010.10.15(金)(ディーセントワーク)

ディーセント・ワーク(働きがいのある人間らしい仕事)の実現に向け、徳島駅前で連合徳島の方と一緒に街宣活動を行いました。

「1999年に国際労働機関(ILO)総会において21世紀のILOの目標として提案され支持された。英語のdecentは「きちんとした」「まともな」「適正な」といった意味がある。

ディーセント・ワークとは、人間らしい生活を継続的に営める人間らしい労働条件のことである。直接的な労働条件としては労働時間(1日あたり1週あたり)、賃金、休日の日数、労働の内容、などが人間の尊厳と健康を損なうものでなく、人間らしい生活を持続的に営めることが求められる。さらに、それを保障する労働条件として、結社の自由・団体交渉権・失業保険・十分な雇用・雇用差別の廃止・最低賃金などが確保されている(つまり、労働者保護が十分である)ことが求められる。後半の労働条件は前半の直接的な労働条件を改善・維持するために必要な条件である。この両方の労働条件が確保された場合ディーセント・ワークが実現されたといえる。」・・ウィキペヂアより引用

今、日本の働き方でいえば、非正規労働者が増え、ワーキングプアーという言葉までうまれています。最低賃金の引き上げや、労働者派遣法の改正なども必要です。

2010.10.14(木)(南米チリ落盤事故 全員救出)

明るいニュースです。予定より早く、全員の救出が完了しました。チリ北部サンホセ鉱山で8月5日に起きた落盤事故で地下に閉じ込められていた、作業員33名の救出です。関係者のご尽力に心から敬意を表します。

リーダーのルイス・ウルスアさんの冷静なリーダーシップが讃えられています。また、救出用の縦穴掘削技術の高さが言われていましたが、大いに学ぶことがあると思います。

2010.10.13(水)(関西広域連合特別委員会)

委員会に知事の出席を求め、知事への集中審議でした。各会派、持ち時間を決め、それぞれ順番に関西広域連合への参加の意義、メリット、なぜ初めから入るのか、費用対効果は、などが活発に議論され、共産党を除く賛成多数で、規約案、ぶんぷ金について、承認、可決されました。

19日の閉会日に本会議の議決となります。設立してから、これからの頑張りが大切です。農林水産業の発展や、観光での入込客の増加など、本県の活性化に向けて、大いに戦略的に頑張っていかなければなりません。

2010.10.12(火)(会派総会)

関西広域連合委員会を明日に控え、会派総会で意見交換をしました。概ね、今まで懸案事項については、委員会の中で質してきました。屋上屋の問題や、費用対効果の問題、県民への周知の問題。また、他府県2府5県の議決状況なども総合的に勘案し概ね賛成の方向で行くことを確認しました

2010.10.11(月)(生物多様性会議開幕)

いよいよ、生物多様性条約国際会議が名古屋市で開幕です。鹿野道彦農林水産大臣は、カルタヘナ議定書会議の開会式で「日本は四季折々の豊かな恵みを享受し、多様な文化を形成してきた。条約と議定書の意義を世界に発信していきたい。生物多様性を次世代につなぐことは我々の責務だ。」と挨拶しました。

18日から29日には、多様性保全の国際目標や遺伝資源の利益配分を話し合う生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)が開かれます。生物多様性の中で人類も存在出来ていることを再認識するいい機会だと思います。

2010.10.10(日)(勝占神社お祭り)

昨日までの雨が信じられないくらい、いい天気に恵まれ、お祭りが盛大に行われました。私は、午前7時から、サッセー(乗り子4人が勇神楽に乗って太鼓をたたきながら家をまわります)をひっぱりました。

途中休憩しながら、昼過ぎに馬場にて、サッセーを上げ、昼食です。その後は、何度かサッセーを上げ、午後5時前に終了し、懇親会に参加しました。年に一度のお祭りですが、世代を超えたつながりがあり、伝統文化です。これからも大切にしていきたいものです。

2010.10.9(土)(民主県連幹事会)

幹事会が開かれ、出席しました。高井代表、中谷代表代行も出席です。来春の統一地方選について、現状報告がありました。徳島選挙区、名西選挙区は激戦の模様です。私も、頑張ります。

また、県連の定期大会は、11月23日(火)勤労感謝の日に決定しました。これから、来春の統一地方選挙に向けて、熱い戦いがはじまります。

2010.10.8(金)(人権少子高齢化対策特別委員会)

特別委員会が開かれ出席しました。私は、日本オストミー協会徳島県支部の組織強化対策について要望しました。大腸がんや、膀胱がんなどで、人口肛門や、人口膀胱を設置している方々へのあらゆる支援を求めました。

その後、県職連合定期大会、企業局労組定期大会、病院局労組定期大会に出席し、お祝いの挨拶をさせていただきました。

2010.10.7(木)(文教厚生委員会2日目)

教育委員会関係の委員会が開かれました。私は、石川県子ども総合条例を参考にしながら、小中高校での携帯電話の使い方や、フィルタリングの重要性などを質問しました。また、

徳島県が生んだ人類学・考古学・民族学の先覚者である、鳥居龍蔵博士の新しい博物館が2010年11月3日、「鳥居龍蔵記念博物館」としてオープンしますので、このことについて質問しました。また、文化の森は今開園20周年事業展開中です。

多くの県民に来ていただきたいものです。

2010.10.6(水)(文教厚生委員会)

県議会文教厚生委員会・保健福祉部関係が開かれました。委員として出席し、子育て支援策、がん対策などについて質問しました。また、B型肝炎の救済を求める請願については全会一致で採択し、閉会日に議決されることになりました。良かったです。

2010.10.5(火)(全国すし連大会)

アスティー徳島にて、全国すし連大会が開催され、全国から多くのすし関係者が集まりました。私も出席させていただきました。国会議員は、民主党の高井美穂衆議院議員、中谷智司参議院議員も出席し、祝辞を述べました。

すしは、日本の伝統食品です。また、地場でとれる魚介類を使ってのヘルシーな食品です。これからも盛り上げていきたいものです。

その後 、県職労税務評議会の定期大会があり、出席し、祝辞を述べさせていただきました。

2010.10.4(月)(和歌山県議会訪問)

午前10時から、議会運営委委員会があり、出席しました。その後、11時発の南海フェリーに黒川会長と共に乗り込み、午後1時過ぎに和歌山県議会に到着しました。議会では、民主党の山下大輔県議が待っていてくれました。

今回の訪問は、関西広域連合への参加の議決(9月28日)に至った状況や、付帯決議などの調査、聞き取りが目的でした。議会事務局調査課稲葉班長さん、又、政策審議課栗山課長さんをはじめ、担当の方には本当にお世話になりました。

10月13日には本県での特別委員会が開かれます。しっかり議論していきます。

2010.10.3(日)(山西くにお君事務所開き)

民主党香川県連の植松えみこ参議院議員の公設秘書をしていた、石井町出身の山西君が来春の県議会議員選挙に出馬の予定です。今日は、大変な雨でしたが、石井町で、事務所開きが行われ、100名を超える方々が参加し、又、植松参議院議員、仁木博文衆議院議員も出席しみんなでガンバロウをしました。

石井町、神山町の名西選挙区(2人)は、ここ20年くらい無投票でしたが、今度は激戦となりそうです。共に頑張りましょう。

2010.10.2(土)(松崎せいじ議員総会)

新風・民主クラブの松崎議員(阿南選挙区)の後援会総会、議会報告が阿南市のホテルであり、出席しました。多くの方々の参加を得て、大いに盛り上がりました。まじめで、実直な松崎さん。これからも共に頑張っていきましょう。

2010.10.1(金)(自治労徳島県本部定期大会)

美馬市、脇町の会場にて、定期大会が開かれ、出席しました。代議員、傍聴者200名を超える方の出席を得て、熱気がありました。私は、議会報告の中で、自治体議員連合の仲間と共に挨拶をさせてもらいました。

競争で、較差が拡大する中、地域公共サービスは最後のセーフティーネットとして、重要です。地域、職場で団結して頑張ってもらいたいとエールを送りました。今日は昨日とは打って変わって大変暑い日でした。

2010.9.30(木)(県議会一般質問)

本会議3日目、古田議員、大西議員、長池議員、川端議員、が登壇しました。それぞれ持ち味を発揮しました。今日も、会派総会で、意見書の取り扱いについて協議し、尖閣諸島関連の意見書は、3権分立の主旨が間違って理解されているおそれがあり、文言がふさわしくないと判断し、賛成しませんでした。

国会では、衆議院予算委員会が開かれ、集中審議でした。仙谷官房長官頑張ってください。

2010.9.29(水)(県議会一般質問)

本会議2日目、丸若祐二議員、岡田理絵議員、喜田義明議員、そして、我が会派の松崎清治議員が登壇しました。松崎議員は、貧困対策、栽培漁業の振興や、藻場の造成などを通じての水産振興などを訴えました。

また、意見書の取り扱いをめぐり、会派総会の連続です。

2010.9.28(火)(県議会代表質問)

代表質問に先立ち、議場にて、徳島文理大の桐野学長が「これからの地域と大学」と題して包括連携協定の締結を記念しての講演があった。@元木議員A重清議員B岸本議員に続いて、新風・民主クラブの黒崎議員が質問に立ち、職員給与の復元、子宮頸がん予防ワクチンの接種対象年齢の拡大等について理事者に対して質問しました。

2010.9.27(月)(全農林定期大会)

食・みどり・水を守る徳島県民会議で大変お世話になっています、全農林労働組合徳島分会の定期大会があり、出席し挨拶をさせていただきました。同僚の臼木県議、広瀬市議もかけつけました。

食料自給率の向上、地産地消の推進、米の消費拡大、米粉パンの普及など、課題はたくさんありますが、共に頑張っていきたいと思います。

2010.9.26(日)(大松幼稚園・小学校合同運動会)

素晴らしい秋晴れの中、大松幼稚園・小学校の運動会が開催されました。私も、出席し応援させていただきました。児童生徒、保護者一体となった素晴らしい運動会でした。子どもの笑顔は素晴らしいです。ありがとうございました。

2010.9.25(土)(国保労組大会)

今日は、大変あわただしい1日でした。午前8時30分からは、国保労組の定期大会に出席し、連帯のご挨拶をさせていただき、次に、10時、食みどり水を守る徳島県民会議主催の「アジア・アフリカ救援米」の稲刈りを行いました。

そして、12時からは、「JR不採用問題解決集会」の出席し、お祝いのご挨拶をさせていただきました。2時からは、JP労組徳島連絡協議会の総会に出席し、激励と連帯のご挨拶をさせていただきました。これからもよろしくお願いします。

2010.9.24(金)(自治労第41回町村評議会総会)

表記総会が、海陽町(徳島県の一番南の町)の遊遊NASAで開かれ、出席して、お祝いのご挨拶をさせていただきました。今、地域間格差が大きくなり、過疎の町は大変ですが、地域住民は非常に頼りにしています。セーフティーネットの構築にみんなで団結して、頑張って下さいと激励しました。

県下各地から、ご苦労様です。

2010.9.23(木)(動物愛護のつどい)

動物愛護週間です。今日は、県主催の動物愛護のつどいが、神山町の動物愛護管理センターで行われました。私も出席して、お祝いの挨拶をさせていただきました。18才以上の高齢犬や猫を飼育されている方の表彰に引き続き、動物愛護絵画のコンクールの表彰が行われました。

雨の中でしたが、多くの方々が来てくれました。ありがとうございました。

2010.9.22(水)(議会で準備)

昨日の知事の所信表明を受け、議会で、資料の準備などを行いました。保健福祉部関係、教育委員会関係、いじめ、虐待、介護保険、など多くの課題があります。

マリナーズのイチローがブルージェイズ戦で、4安打の固め打ちで、10年連続200本安打まで、あと3本としました。すごい記録です。心技体、すべてそろわなければできません。これからも頑張って下さい。

2010.9.21(火)(9月議会開会)

9月定例会の開会です。飯泉知事から所信表明がありました。円高対策として、企業向けの相談窓口設置、経済変動対策資金の融資要件を緩和しました。又、景気対策として、5億6千万円の県単独公共事業、2億5千万円・200名の雇用確保資金等の補正予算提案がありました。

関西広域連合の設立規約案も提案されました。広域行政化のメリットは何なのか。具体的な施策について知事に聞いてみたいと思います。

尖閣諸島沖での日本巡視船と中国漁船の衝突事件により、日中関係に緊張が走っている。上海万博への日本人学生の参加も見送られているし、大人気グループ「スマップ」の初中国公演もあやしくなってきています。関係改善に向け、あらゆる努力をすべきです。

今日は、この他、JR四国労組徳島支部24回定期大会がホテルクレメントであり、出席して、お祝いのご挨拶をさせていただきました。また、民主党自治体議員フォーラムがあり、来春の統一地方選のマニフェストについて、意見交換をしました。多くの意見がでました。頑張ります。

2010.9.20(月)(敬老会)

今日は、敬老の日。勝占中部地区の敬老会が大松小学校の体育館にて行われました。勝占中部地区(勝占町、西須賀町、大松町、三軒屋町、雑賀町)の76歳以上の方、全部で621人が対象です。出席者は、109名でありました。出席者の最高齢は98歳の女性でした。

私も、挨拶をさせていただきました。人生100年時代です。(徳島県では369名の100歳以上の方がおいでます)これからも元気でご指導をお願いしたい。と祝辞を述べました。そして、祝宴に入り、踊りやら、カラオケで盛り上がりました。

私も、飛び入りで、北島サブちゃんの「まつり」をうたわせていただきました。

2010.9.19(日)(敬老会準備)

朝、敬老会の準備で、大松小学校に行き、イスを出したり、看板の設営をしたり、各地域のボランティアの方と共に汗を流しました。午後は、地デジ対策について、マンションの方々との協議があり、出席しました。地デジ移行はいろんな意味で大変です。

2010.9.18(土)(朝の風はさわやか)

早朝窓を開けていると、吹いてくる風が心地よい。というか少し寒いくらいです。日中は日差しが強くても、段々と秋の気配を感じるようになってきました。夏の疲れをいやし、元気に頑張っていきましょう。

さて、年に1回開催しています、私の後援会総会が今日6時30分から開催です。仙谷官房長官、高井政務官は多忙で来れませんが、中谷参議院議員、仁木衆議院議員は出席してくれます。ご出席してくださる皆様方と親しく交流が出来ればと思っています。お世話になります。

2010.9.17(金)(関西広域連合調査特別委員会)

2府5県(当初は2府8県の予定だったが、奈良県、三重県、福井県は当初からの参加を見送る)大阪府、京都府、兵庫県、和歌山県、滋賀県、鳥取県、徳島県による関西広域連合・・・地方自治体、の規約案そして、分ぷ金(負担金)が今議会に提示されました。

今まで、2年弱委員会で議論してきましたが、いよいよ、規約案が出てきました。費用対効果、2重行政の不安など問題提起してきましたが、今度の付託委員会では知事も出席するので、決意を聞いて判断したいと思います。

2010.9.16(木)(民主党役員人事)

本県選出の仙谷由人衆議院議員が、官房長官再任が決まったようです。これからも内閣の要として、難しい政局ですが、スポークスマンとして、情報発信を期待しています。また、幹事長に岡田克也外相の名前があがっています。

国民の生活は今大変厳しさを増しています。国民の声に耳を傾け、しっかり頑張っていただきたいと思います。

2010.9.15(水)(人権少子高齢化対策特別委員会)

事前の委員会が開かれ、補正予算の説明を受けました。その後、会派総会を開き、関西広域連合について規約案などの説明を受けました。続いて、県職労の役員の方々と意見交換会を実施し、アンケート調査結果について、内容の共有をしました。

賃金カットによる、モチベーションの低下、人員削減による超過勤務の増加。メンタル部分での病気休暇の増大など、職場は心配な状況です。職員が元気で業務にあたることこそが、県民サービスの向上につながります。

2010.9.14(火)(菅直人代表再選)

今日は、県議会4常任委員会の事前委員会が開かれました。私は、文教厚生委員会に出席しました。主に、21日に先議が予定されている、子宮頚がんワクチンの接種の公費助成について、質問しました。学校現場での啓発の大切さなど述べました。

委員会が終了したのが午後4時30分。控室に戻ってくると、菅氏再選のニュースが飛び込んできました。私も応援していたので、ホットしました。これからが又大変ですが国民のため、頑張っていただきたいと思います。

国会は、合意形成の場であります。与野党問わず、国民の生活の不安解消、安心のために頑張ってもらいたいです。

2010.9.13(月)(議会運営委員会)

9月議会の開会を21日に控え、議会運営委員会が開かれ、出席しました。県からは、総額116億2千万円の補正予算の説明がありました。@子宮頚がんワクチン接種補助として、5900万円(対象者は、中学3年女子生徒全員で、10月1日にスタートする予定)が提案されました。21日に先議の予定です。

他にも、運転免許センター移転費用・25億円、緊急雇用対策2億5千万円、シカの駆除費2千万円などが計上されています。今後、事前委員会、本会議、付託委員会がはじまります。しっかり頑張ります。

2010.9.12(日)(民主党代表選)

いよいよ、終盤戦です。マスコミなどの予測によると、国会議員票は、やや小沢氏優位。地方議員、党員サポーターは菅氏優位。非常に接戦の様です。私は、菅氏に投票しましたが、予断を許しません。14日に決まれば、問題山積ですので、一致団結して国民のために頑張っていただきたいです。

2010.9.11(土)(ボランティアサポートチーム講座)

中国四国農政局の講師先生お二人から、「食と農の知っ得講座」を受けました。@食料自給率と日本型食生活について。A気をつけていますか?毎日の食事ー徳島県版食事バランスガイドー。の2講座でした。

分かりやすくたっぷり2時間の講演でした。自給率を増やしていかなければこの先大変なことになる。又、食事については、脂質を摂りすぎている今の食生活を変えていく必要性がありそうです。

大阪地裁は、村木厚子元局長に無罪判決を行いました。「私の時間をこれ以上奪わないでほしい」この村木さんの言葉が身にしみました。

2010.9.10(金)(運転者評議会大会)

県職労の運転者評議会の大会があり、出席し、連帯と激励の挨拶をさせていただきました。全国的にも、職種替えの要請などがあり、厳しい実態がありますが、良質な公共サービスの提供、又、家族の生活を守っていくためにも、団結して頑張っていきましょう。

2010.9.9(木)(戦没者追悼式)

徳島県終戦65周年記念事業として、徳島市郷土文化会館にて、開催され、出席しました。知事の式辞、県議会議長の追悼の辞の後、献花をおこないました。もう2度と戦争をしてはならない。強く思いました。

2010.9.6(月)〜8(水)(人権・少子・高齢化対策特別委員会行政視察)

台風が日本に接近している中、かねてより計画していた、委員会の視察に行ってきました。6日は、飛行機を乗り継ぎ、青森県庁を訪問し、少子化対策、子育て支援対策等について教えていただきました。

2日目の7日は、青森県弘前市の特別養護老人ホーム「おうよう園」を訪問し、施設も見学させていただきました。午後からは、秋田県にバスで移動し、大館市にある認定こども園「大館ホテヤ幼稚園、エンジェル保育園」を訪問しました。

3日目の8日は、秋田市の中央男女共同参画センターを訪問しました。NPO法人が指定管理に選定され、運営していました。

帰りは、台風が福井県に上陸し、飛行機が飛ぶのかどうか心配しましたが、秋田、羽田、徳島と無事に帰ってこれました。

2010.9.4(土)(四国地区獣医師大会)

四国四県が、毎年持ち回りで開催している、獣医師大会が今年は徳島で開かれました。日本獣医師会長の山根先生もお越しくださり、記念講演をしていただきました。県などに勤務する獣医師の確保対策や、処遇改善を求める決議なども行われました。

夜は、麻布大学の同窓会があり、懐かしい方々との交流もありました。

2010.9.3(金)(会長・幹事長会)

会長・幹事長会が開かれ、9月定例県議会の開会日が21日と決定されました。さらに、議会活性化策として、徳島文理大学との協力提携が提起されました。その後、郷土文化会館にて、「徳島県敬老県民のつどい」に出席しました。米寿のお祝いなど、受賞された方々、おめでとうございました。

午後からは、会派総会を開催し、財政課から9月補正予算、提出議案の説明を受けました。又、関西広域連合の規約案が提出予定となっており、説明を受けました。さらに、子宮頚ガンワクチンの接種(費用は県、市町村が2分の1づつ負担)について、説明を受けました。中学3年生の女子で、希望する方に無料で接種します。

ワクチンは、合計3回接種します。学校現場での周知が今後必要となってきます。

2010.9.2(木)(議会で用務)

暑い日が続きます。お身体ご自愛くださいませ。9月定例議会を控え、議会で調査にあたりました。頑張っていきます。

2010.9.1(水)(今日から9月です)

9月に入りました。新学期のはじまりです。もっぱら会う方との会話のはじまりは、「暑いなー」「いつまで続くんやろなー」です。35度、36度当たり前になっています。温暖化を実感します。今年の私の地域の敬老会は9月20日ですが、体育館(クーラーなし)ですので、暑さが心配です。

さて、民主党の代表選挙がはじまりました。菅首相、小沢前幹事長の両氏が立候補しました。談合一本化ではなく、きちんと選挙戦になったことは評価したいと思います。これから2週間、暑い日が続きますが、国民の前で、しっかりと政策を述べていただきたいと思います。

同時に、菅首相は現在大きな問題となっている、円高対策、経済・雇用対策をしっかりとやらなければなりません。国民第一の政党であることを忘れてはなりません。

2010.8.29(日)〜31(火)(群馬県高崎市へ)

早朝、徳島を車で出発し、高崎市へ向かいました。妻の実家があり、二人暮らしの父、母に会いに(暑中見舞いも兼ねて)行ってきました。久しぶりに、父母と一緒に食事をしました。今年の夏は、酷暑で身体が大変だとも言っていました。

30日は、少しは涼しいだろうということで、新潟県境の谷川岳(1977メートル)に向かいました。高速道高崎ICから乗り込み、水上ICで降りて、土合口駅で、ロープウェイに乗り、天神平駅で降り、峠リフトに乗り換え、天神峠駅(1502メートル)まで行き、素晴らしい景色を眺めながら、おにぎりを食べました。

日差しは強かったですが、気温はかなり低く、すがすがしく感じました。31日は、高速を利用して、徳島に帰ってきました。お父さん、お母さん元気でいて下さいね。又行きます。

2010.8.28(土)(獣医師と意見交換)

私の先輩や、元同僚の獣医師さんと意見交換しました。宮崎での口蹄疫まん延防止作業などについて、勤務獣医師の処遇改善の必要性などについて、語り合いました。

2010.8.27(金)(議会で用務)

会派研修のまとめや、9月議会に向けての準備をしました。関西広域連合の規約案が9月議会に提案されそうな状況になってきました。2重行政にならないかとの懸念も表明してきましたが、しっかりと議論します。

2010.8.26(木)(郵政退職者会定期大会)

郵政の退職者会の大会が、市内のホテルであり、出席しました。暑い中でしたが、活気にあふれていました。高井美穂衆議院議員、中谷智司参議院議員も出席し、激励の挨拶をしました。これからも共に頑張っていきます。

2010.8.25(水)(会派研修3日目)

午前中、富山市中心市街地活性化策としての、ライトレールなどに試乗し、現場を視察しました。大変暑い中でしたが、大いに参考になりました。

夕方に徳島帰ってきました。夜は、コミセンで、敬老会の準備会があり、出席しました。今年の夏は暑いです。

2010.8.24(火)(会派研修2日目)

午前中は、石川県議会を訪問し、「いしかわ子ども総合条例」について説明を受けました。石川県は小中学生の携帯電話所持の規制条例を制定しており、大いに参考になりました。

午後からは、富山市役所を訪問し、中心市街地の活性化策について詳しく説明を受けました。その後、富山県立中央病院を訪問し、ガン対策、緩和ケアー等について院長先生から説明を受け、院内を見せてもらいました。

お世話になった方々に心から感謝いたします。

2010.8.23(月)(会派研修)

今日から、3日間、会派(新風・民主クラブ)の研修です。今日は、福井県県議会を訪問し、学力向上対策等について、教育委員会、義務教育課の方から、取組について説明を受けました。

2010.8.22(日)(県職員ファミリー釣り大会)

県庁漁友会と、職員組合の共催で釣り大会が開かれ、私も参加しました。場所は、鳴門市ウチノ海のいかだです。サビキ仕掛けでアジや、いわしを狙います。100名ほどの参加を得て、盛大に開催されましたが、期待の釣果はいまいちでした。

大変暑い中、参加の皆様方、ご苦労様でした。これに懲りずに又参加をお願いします。

2010.8.21(土)(家畜衛生評議会総会)

私の出身であります、県の家畜保健衛生所の職員で構成している、組合の評議会の総会があり、出席しました。宮崎の口蹄疫の封じ込めに多くの獣医師が支援に参加してきました。獣医師の確保が重要です。

処遇改善も含めて、勤務獣医師の役割は今後ますます重要になってきます。

2010.8.20(金)(委員会視察から帰ってきました)

この3日間の研修は、天候に恵まれ、雨は全然降りませんでした。しかし、北海道でも暑さは厳しく、連日30度を超えました。札幌、旭川の移動はバスでした。長時間の移動はこたえましたが、旭川赤十字病院(ドクターヘリ)、旭川医科大学病院遠隔医療センターでは、旭川医科大学の吉田晃敏大学長から説明を受けました。

徳島県も、ドクターヘリの導入を検討していますが、大いに参考になりました。

2010.8.18(水)(文教厚生委員会視察)

今日から3日間、委員会の視察に出かけます。今日は、北海道立特別支援教育センターです。2日目は、北海道大学アイヌ先住民研究センター、旭川赤十字病院、3日目は、旭川医科大学病院です。ドクターヘリなどの状況を調べてきます。

2010.8.17(火)(議会で用務)

暑い日が続きます。水分補給、休息、水浴び等、行いながら、夏バテ、熱中症にならないように気をつけて下さい。議会に行き、たまっていた仕事をしました。9月に入れば定例議会がはじまります。

2010.8.15(日)(田井の浜海水浴場)

徳島県には水質が抜群の海水浴場が多くあります。その中の田井の浜海水浴場(美波町木岐)に、久しぶりに、行きました。ちょうどお盆に息子や甥、娘と友人が来ており、一緒に行きました。日差しがきつく、少しの時間でしたが、日焼けしました。

2010.8.12(木)14(土)(阿波踊りに参加)

麻布大学徳島県同窓会は、毎年12日と14日に阿波踊りに参加しています。今年も、先輩をはじめ、同窓の方々、ご家族、学生さん等が参加し、元気に踊りました。天気にも恵まれ、多くの見物客に麻布大学のアピールをすることが出来ました。

ご参加の皆様方、お疲れ様でした。

2010.8.7(土)〜8.10(火)(「連合徳島平和行動in長崎」に参加)

戦後65周年の節目の年です。連合徳島主催の平和行動に私も、議員ネットワークの立場から一緒に参加させてもらいました。平和の折り鶴を長崎へをスローガンに取組をすすめ、組合員や家族などに折っていただいた7万羽の折り鶴。(思いがこもっています)

その鶴を、総勢40名(労働組合員、平和学習に取り組む阿波市の林小学校児童など)が1台のバスに乗り、長崎爆心地の慰霊碑のとどけるために7日の夜8時に徳島を出発しました。

高速を走り、八幡浜からフェリーに乗り、大分県に着き、夜を徹してバスは走り、午前7時に長崎に到着しました。朝食をとり、原爆投下中心地公園に向かいました。そこからは、連合長崎の方の案内で、浦上天主堂の遺壁などを案内していただきました。その後、全員で長崎原爆資料館を見学。

午後からは、2010ピーストークin長崎(2010年NPT再検討会議の検証および核兵器廃絶へ向けた更なる取組みについてを傍聴しました。

9日は、長崎に原爆が投下された日です。みんなで、折り鶴を持って、平和公園に行き、鶴をおさめました。11時2分、平和式典に参加されている方々と共に、徳島からの参加者も一緒にみんなで黙祷しました。

10日は、ホテルを8時に出発し、高速道路を走り徳島に着いたのは夜の7時30分でした。みなさん本当にお疲れ様でした。又、ご苦労様でした。私にとっても、初めての長崎記念式典でした。みんなで核兵器の廃絶を訴えていきましょう。

2010.8.6(金)(病院局大会)

病院局労働組合女性部、青年部の定期大会があり出席し、連帯と激励の挨拶をさせていただきました。みんな頑張っています。その後は、民主党県連にて、畜産課からの要望(獣医師の確保について)を受けました。

16時30分からは、社会福祉評議会の定期大会があり出席し、挨拶をさせていただきました。

2010.8.5(木)(木々の剪定)

庭の木々の剪定、草刈りに精を出しました。暑い中でしたので、汗びっしょりです。その後、私の後援会幹事会があり、みんなで、次期総会のこと等について、話し合いました。

2010.8.4(水)(徳島地方自治研究所通常総会)

公益社団法人となった、自治研究所の第1回目の総会です。山本理事長の挨拶の後、経過報告、方針などが提起され、満場の拍手で承認されました。その後、記念講演として公益財団法人 地方自治総合研究所 所長の辻山幸宣氏より、「自治基本条例の意義と論点」と題して、講演がありました。

夕刻からは、徳島眉山ライオンズクラブ、徳島藍ライオンズクラブの合同例会があり出席しました。徳島を流れる新町川に浮かぶ、桟敷の上での納涼例会でした。素晴らしかったです。

2010.8.3(火)(暑い日が続きます)

今年の夏は、例年にまして暑いです。熱中症に注意しましょう。国会では、予算委員会が開かれていますが、菅内閣は、一生懸命答弁しています。与野党共に、国民生活安定に向けて頑張ってもらいたいです。

2010.7.30(金)〜8.2(月)(北海道へ)

かねてより計画していました、北海道への旅に妻と二人で出かけました。30日夕刻、神戸空港を出発し、新千歳空港を経由し、旭川に到着。ホテルで宿泊後、31日は、レンタカーを借りて、富良野、美瑛、旭山動物園とまわりました。

富良野、美瑛では、ラベンダーの時期は少し過ぎていましたが、多くの観光客でにぎわっていました。TOMITAファームは、大変美しかったです。夕刻札幌に到着し、レンタカーを返却しホテルに到着。夕食は、キリンビール園にて、ジンギスカン料理に舌鼓を打ちました。

8月1日は、北海道大学校内を散策。時計台、ラーメン横丁など、札幌市内を回りました。8月2日は、札幌駅からJRで、小樽に向かいました。小樽運河を散策、昼食をとり、新千歳空港に向かい、夕刻7時30分発の飛行機で神戸空港に向かい、車で帰ってきたのは夜の11時30分でした。

小樽での運河や、レトロ感覚での観光戦略、また、富良野、美瑛、旭山動物園の戦略など大いに参考になりました。

2010.7.29(木)(民主党両院議員総会)

参議院選の総括会議が、開かれました。会議では、菅代表、枝野幹事長らの責任を問う意見が出たといいます。又、擁護する意見も出たようです。唐突な消費税導入論については、菅代表も謝罪をした模様です。

しかし、1人区での惨敗の原因は、消費税議論だけではなく、政治と金の問題、マニフェストの後退(約束違反)、普天間問題での無責任発言など、多くの要因が重なり合い起きたものと思います。ここは、各議員が真しに受け止め、国民のために団結して頑張っていただきたいと思います。

2010.7.28(水)(県庁漁友会総会)

歴史と伝統のある、県庁漁友会の総会がありました。釣り好きの仲間が集まり、徳島県釣り連盟にも加入しています。アユ釣り大会、イサギ釣り、グレ釣り、県外遠征など、行事は多彩です。8月22日には、鳴門市のウチの海のいかだにて、ファミリーフィッシング大会も開催されます。

海、川などと親しむのもいいと思います。一緒に釣りを楽しみませんか。

2010.7.27(火)(鳴門高校優勝)

高校野球、徳島県大会は鳴門高校が優勝。甲子園では、実力を出し切れる様に、平常心で頑張ってください。

菅政権の来年度予算編成方針が少しずつ明らかになってきました。社会保障費が毎年1兆円以上増えるといわれる中、厳しい編成となります。その中で、どこを減らしていくのかが、注目されます。そんな中、公開型の「政策コンテスト」を導入することにより、政策の優先順位を決めていこうとするものです。

国民の声をよく聞き、政策の決定判断の一助となればいいと思います。

2010.7.26(月)(土用の丑の日)

暑い夏です。高校野球徳島県大会は、準決勝2試合が行われ、鳴門高校と小松島高校が決勝に進みました。決勝では、実力を出し切り、好プレーを期待しています。

参議院選後、しばらく会派総会をしていませんでしたが、議会基本条例や、会派研修の打ち合わせのために議会に集合しました。選挙の苦労話など意見交換をしました。選挙、勝ちたかったです。

今日は、ウナギをいただきました。

2010.7.25(日)(救助ヘリ墜落)

埼玉県秩父市大滝の山中、山岳遭難の救助活動にあたっていた埼玉県の防災ヘリ「あらかわ1」が墜落したとの報道がありました。5人が死亡するという悲惨なニュースです。救助に向かうほうも、命がけだということを改めて感じました。

本県でも、防災ヘリが導入されています。また、ドクターヘリの導入も検討されていますが、危険と隣り合わせということを肝に銘じ、十分な安全確保、救助に努めていただきたいと思います。

大相撲名古屋場所が千秋楽を迎え、横綱白鳳が、3場所連続の全勝優勝を飾りました。場所前、場所中、野球とばく等で、揺れに揺れた場所だったですが、よく頑張ったと思います。

2010.7.24(土)(ボランティア、下草刈り)

美馬市木屋平村にある、中尾山高原において、連合の森での植樹を1週間後に控え、連合徳島ボランティアサポートチームのメンバー25名で植樹がしやすいように、草刈機や、かま、なた等を用いて、下草などの刈り取りを行いました。

徳島市内から、車で2時間、標高1000メートルくらいの中尾山高原です。風が涼しく感じられ、快適に作業を行い、昼食をとり、帰ってきました。帰りに、神山町の道の駅に立ち寄り、野菜などを購入しました。やはり、山と違って暑いです。

2010.7.23(金)(ロータリークラブ卓話)

今日は、阿波徳島ロータリークラブの例会に呼んでいただきました。卓話ということで、30分間、「宮崎県での口蹄疫防疫作業に従事して」というタイトルで話をさせていただきました。約20人のメンバーの前で、5月25日から28日までの獣医師としての、仕事の状況を伝えました。

それにしても、暑いですね。

2010.7.22(木)(いきもの地球号)

生物多様性の保全には、企業はどうするのか。10月の名古屋で開催されるCOP10を控え、多様性とビジネスという視点で書かれています(朝日新聞21日)。フランスは無農薬地帯づくりに力をいれ、世界有数のミネラルウオーターの水源地を守っている。

日本の事例では、滋賀県多賀町での木材販売事例をあげています。また、開発で破壊時に別の場所で相殺する、「生物多様性オフセット」の取組も重要であることが示されています。開発一辺倒から、生態系の保全へと転換すべき時です。そんなことを考えさせられました。

2010.7.21(水)(猛暑)

夏の高校野球、子ども野球、中学校県総体が行われています。全国的にも今年は猛暑であり、35度、36度は当たり前になっています。熱中症に気をつけながら、頑張って下さいと、エールを送ります。私の母校、富岡西高校は、惜しくも敗れました。しかし、又チャンスはあります。日々の精進が大事です。 

臨時国会が30日召集の方向でまとまったようです。衆参がねじれる中、国会運営は厳しくなりますが、十分審議しtえ、国民のための結果を出して欲しいです。

2010.7.20(火)(宮崎口蹄疫発生3カ月)

4月20日第1例の発生から今日で3カ月。今月4日を最後に感染拡大はなく、県内全域での移動・搬出制限解除に向けた光がようやく見えてきました。今後は、畜産経営の再開に焦点が移ってきます。

発生した農場に残っているふん尿は42日間置いた後にたい肥化(2〜3週間かかる)。家畜を再び飼うのは多くの地域で、9月上旬になるとみられています。なお、再開しても、家畜は急には増えません。元の状態に戻るのは数年を要します。

牛の妊娠期間は約10カ月、豚は約4カ月です。牛の繁殖農家では、母牛となる子牛を仕入れて、種付け、出産、子牛を市場に出して販売代金を得るまで、2年以上はかかります。その間は、無収入であり、今までの借金返済は残りますので、大変な状況は続きます。

なんとか、国、県、農協など、あたたかい支援が必要です。

2010.7.19(月)(口蹄疫問題)

口蹄疫問題で、宮崎県の川南町の大規模農場の牛に、県への通報の6日前によだれの症状がでていたことが判明しました。4月20日に都農町での口蹄疫1例目が公表され、その大規模牛農家では、24日になって、家畜保健所に通報しています。

結果的に、川南町では、感染が拡大し、牛、豚、農家のほとんどが殺処分となってしまいました。口蹄疫は感染力が極めて高いため、早期発見、封じ込め(殺処分)が極めて大切です。今後、異常を感じたら早急に通報し、早急な対応が極めて重要です。初動が重要です。

又、今日は、徳島市立高校の新校舎完成記念式典があり、出席しました。PFI方式での建設となりました。暑い中でしたが、益々、伸びていってもらいたいです。

2010.7.18(日)(四国地方梅雨明け)

気象庁は17日に梅雨明けを発表しました。東北、九州南部はまだ梅雨あけとはなっていません。しかし、ここ数日の集中豪雨により、広島県などで、大規模な土砂災害が発生し、全国的にみると、死者9人、不明6人(朝日新聞)

となっています。ゲリラ豪雨という言葉がありますが、近年の雨の降り方は、一部地域に集中的に時間雨量何10ミリもの雨が降ります。一応、梅雨は明けましたが、備えましょう。これからは、四国徳島も、暑くなります。水分補給、休息、大事です。

今日は、私の母校、麻布大学の徳島県支部の同窓会があり、出席しました。約100名の会員のうち、40名が出席し、盛会でした。宮崎への口蹄疫防疫作業に参加した、鈴木君から現地での作業についての発表がありました。

2010.7.17(土)(農家戸別所得補償申請は132万戸)

山田正彦農林水産相は、コメ農家を対象にした戸別所得補償制度の加入申請件数は、約132万戸と発表しました。集落営農を1件としてカウントしているので、参加農家戸数は150万戸位との見通しです。

戸別所得補償は、生産調整(減反)に参加するコメ農家に対し、10アールあたり1万5千円を一律に支払うものです。2010年産のコメ価格が農水省の設定価格を下回れば、赤字分が追加支給されます。民主党の目玉政策です。

来年度からは、コメ以外の農産物にも、この制度を導入する予定となっています。参議院が与野党逆転してしまいましたので、今後の制度設定がどうなるのか少し不安ですが、第一次産業を守り、後継者が生まれる産業にすべきです。

2010.7.16(金)(各地で、大雨による被害続出)

山口県、岐阜県などで、土砂崩れ、増水による車やトラックなどの流出などが起きています。本県でも、過去には大きな被害も出ています。自助、共助、公助、みんなで備えたいものです。

2010.7.15(木)(口蹄疫問題)

宮崎県での口蹄疫、なかなか終息しないのでやきもきしています。民間農家飼育の種牛の処分を巡り、宮崎県と農林水産省の意見が対立しています。ワクチン接種を拒否して、今度は、殺処分を拒否しています。

気持ちは、痛いほどわかります。なんとか守ってあげたいと思います。しかし、ことは、国家防疫です。1つの例外をつくると、今後例外が「了」となり、防疫体制を組み、封じ込め対策が不可能となります。ここは、涙をのんで、処分すべきだと思います。

私も、5月に宮崎に行き、獣医師として殺処分にあたってきたものとして、一時も早い封じ込めが牛を救い、豚を救い、農家を救うと思います。 

2010.7.14(水)(振興銀・木村前会長逮捕)

木村前会長は、小泉政権下で竹中平蔵金融相の知恵袋として不良債権処理の加速策「金融再生プログラム」の立案に大きくかかわったと報じられています。その木村前会長が逮捕されたと聞き、驚きました。

2004年に、日本振興銀行を設立、「大手銀行が相手にしない中小企業救済」を旗印にしていたようですが、新聞などを読むと、当初はペイオフ制度を宣伝し、資金集めに成功しまいたが、貸し付けが伸びず、経営が悪化する。

そこで、貸金業法の改正で経営が悪化していた、消費者ローンや商工ローン相手の、卸し金融にのめりこみ、中小企業救済の理想から離れていったといいます。ここから、転落がはじまったようです。なさけない。

2010.7.13(火)(議会で用務)

久しぶりに議会に出向き、調査活動をしました。今日からまた新たな気持ちで頑張ります。

2010.7.12(月)(選挙戦を振り返る)

今日はさすがに疲れがでました。新聞や報道で、全国状況などを見ましたが、本当に厳しい結果です。1人区での接戦を制していれば、かなり違ったものになっていたのですが、残念です。

これからの、国会の運営が心配されますが、国民のための議論を与野党ともすべきだと思います。

2010.7.11(日)(参議院選挙投票日)

徳島市大松町の事務所には、午後8時過ぎから多くの方々がつめかけてくれました。祈るような気持ちで、吉田ます子候補の開票結果を見ていました。しかし、最終的には自民新人に僅差で敗れました。

選挙は、本当に厳しいです。この悔しさをばねにこれからも、誠実に頑張っていかなければなりません。よろしくお願いします。

2010.7.6(火)から7.10(土)(参議院選挙)

吉田ます子候補と一緒に選挙カーに乗務して、県内を駆け回りました。菅直人総理大臣、仙谷由人官房長官、前原誠司国土交通大臣、内閣のど真ん中にいる方々が吉田ます子候補の応援にこの徳島に駆けつけてくれました。

明日は投票日、接戦が予想されていましたが、吉田ます子候補の勝利を願います。

2010.7.5(月)(選挙カー頑張りました)

朝から、選挙カーに乗務です。反応は段々と良くなってきました。午後、4時からは、菅直人総理が、徳島駅前に吉田ます子候補の応援に入ってきてくれました。熱気あふれる屋外での集会になりました。菅直人総理はやっぱりかっこいいです。

応援の演説も素晴らしかったです。この勢いで勝利のゴールへまっしぐらです。

2010.7.4(日)(選挙カー頑張っています)

今日は、ライオンズクラブの吉野川一斉清掃があり、私も、参加し、アクトを行いました。朝7時前から8時くらいまででしたが、きれいになりました。

その後、午後から吉田ますこ候補の選挙カーに乗り、マイクで支援を訴えました。頑張ろう!

2010.7.3(土)(選挙カー乗務)

今日は朝から小雨が降るなか、選挙カーに乗り吉田ます子候補と共に訴えました。徳島市、小松島市、阿南市、勝浦町、上勝町を回りました。民主党の幹事長代理の、細野剛志衆議院議員が来徳され、吉田候補の応援をいただきました。

雨で、大変でしたが、しっかりと訴えました。

2010.7.2(金)(県議会閉会)

午前10時に開会し、各常任委員会での審議状況の報告があり、議案採決、請願の採決が行われました。我が会派の、臼木議員が、生活保護の老齢加算の復活を求める意見書を提出すべきとの立場で討論を行いました。

また、私は、農業農村整備事業において、長寿命化やライフサイクルコストを重視した施設整備がさらに重要であり、さらに、環境への配慮が進められてきましたが。、国際的にも「生物多様性」の重要性が叫ばれていることから、公共事業として、さらにこの点も踏まえた整備を推進する必要があると訴え、新風・民主クラブ提出の意見書を採択すべきと主張しました。

午後0時散会となりました。その後、会派で記者会見し、議会基本条例の草案を発表しました。いよいよ参議院選挙一色です。

2010.7.1(木)(議会運営委員会)

議会運営委員会があり出席しました。明日の閉会日の議事日程などを決めました。私は、「農業農村整備事業予算確保を求める意見書」を衆参議長、内閣総理大臣、財務大臣、農林水産大臣、県選出国会議員に提出すべきであるとの立場で、討論を行います。

その後、会派総会を開き、明日の会派の態度について協議しました。いよいよ、明日は閉会日です。

また、公立小中学校の耐震化工事について、「地産地消」の見地から、県内業者への発注を優先するよう、県知事、教育長に求めました。

2010.6.30(水)(選挙)

参議院選も公示から1週間目です。暑い中、又雨の中、みんな一生懸命「吉田ます子」候補の勝利に向け奮闘中です。頑張りましょう。

2010.6.29(火)(特別委員会)

朝、選挙カーを見送りました。暑くなりそうですが頑張ってください。帰ってきて、議会へ行く準備をしました。今日は、関西広域連合特別委員会があります。今から行ってきます。その後、会派総会があります。

2010.6.28(月)(選挙カー)

今日は、1日選挙カーに乗りました。候補者の吉田ます子さん、高井美穂衆議院議員、中谷智司参議院議員ともども、選挙カーから吉田候補の支援をうったえてまいりました。大変暑い中でしたが、みんな一丸となって闘っています。

2010.6.27(日)(結婚式)

いとこの結婚式が徳島市内のホテルであり、出席しました。親族を代表してお礼のご挨拶をさせていただきました。また、お祝いの歌(坂本冬実・・祝い酒)をうたわせていただきました。結婚式はめでたいです。うれしいです。末永くお幸せに・・。

2010.6.26(土)(選挙カー)

今日は、朝から雨です。吉田ます子候補の選挙カーに乗り込み、徳島市内を中心に支持を訴えてまいりました。雨の中、沿道から手を振ってくださる方もおいでます。頑張ります。

夜は、フレッセ徳島市連合会の大会があり、出席し、参議院選挙のお願いなどをさせていただきました。

2010.6.25(金)(特別委員会開催)

県議会の人権・少子・高齢化対策特別委員会が開かれ、出席しました。私は、少子化対策として、企業内保育所、そして、県庁職員に向けての(特に県立病院)託児所、保育所の充実強化を求めました。

又、県職労研究職員評議会の大会に出席し、連帯のご挨拶をさせていただきました。夜は、南部地域青少年健全育成協議会総会に出席しました。その後は、吉田ます子選挙事務所で、選挙カーの帰りを待ち、激励とねぎらいでした。頑張ろう!!

2010.6.24(木)(参議院選挙公示)

いよいよ、参議院選挙公示です。徳島選挙区は民主党から公認の吉田ます子氏が立候補です。小宮山洋子衆議院議員が応援に来てくれました。勝利に向け頑張ろう!!

2010.6.23(水)(県議会文教厚生委員会2日目)

今日は、教育委員会関係の委員会が行われました。私は、公立小中学校の耐震化予算について質問しました。当初予算は少なかったわけですが、この度、政府で予備費の支出を決めていただき、本県にも予算が配分されました。

今年度予定されていた耐震工事は実施可能となり、夏休み期間中など、集中的に工事が実施されることになります。一安心です。

2010.6.22(火)(文教厚生委員会)

今日は、県議会の常任委員会文教厚生委員会・保健福祉部、病院局関係)が開かれ、出席しました。本会議でも大きな議論となった、子宮頚ガンワクチンの公費助成について、踏み込んだ議論がなされ、14歳で接種、市町村と折半し、全額公費負担を行い、今年中に接種を始めるということになりました。

当然、国の助成も必要なことから、全会一致で国に対して、公費助成を求める意見書を送付することを決めました。

夜は、吉田ます子総合選対会議を開き、必勝を期して最後の最後まで頑張ろうとの意思一致を行いました。

2010.6.21(月)(参議院選にむけて)

参議院選のマニフェストがそれぞれの政党から示されました。消費税の議論がクローズアップされています。参議院選後に、与野党の税制改革会議を開き、そこでの議論を待って、総選挙で国民に示すという道筋が仙谷官房長官から示されています。

強い経済、強い財政、強い社会保障を実現していくために、財政の確立は避けてとおれません。増税は反対ですが、しっかりと、国民のまえに現状を明らかに示しながら議論をすることは必要なのだと思います。

2010.6.20(日)(フレッセ入田支部定期大会)

フレッセ入田支部の定期大会が、神山町の栗本料理屋さんであり、出席し、お祝いと連帯の挨拶をさせていただきました。いつも本当にお世話になっております。ありがとうございます。

相撲界がピンチです。野球とばくに関わった力士などの実名がパラパラと出てきています。名古屋場所の開催が危ぶまれています。ここまで危機感がなかったのかと、失望です。

2010.6.19(土)(民主党枝野幹事長来徳)

新しく、民主党の幹事長に就任した、枝野幸男衆議院議員をゲストに迎えて、阿南市市民会館において、「吉田ます子笑顔の集いin 阿南」が開かれました。1000人を超える聴衆の中、枝野氏は改革を続行していくために、もう一度、民主党にチャンスを与えて欲しいと、訴えました。

地元の仁木博文衆議院議員、高井美穂代表、中谷智司参議院議員も出席し、吉田ます子候補の支援を訴えました。又、仙谷由人官房長官からは、激励のビデオメッセージがありました。

2010.6.18(金)(連合徳島地方委員会)

朝、徳島市の防犯灯設置にかかる手続きでコミセンに行き、市の担当者から説明を受け、書類を提出しました。その後、連合徳島地方委員会があり、出席し挨拶をさせていただきました。

民主党県連から、高井美穂代表、仁木博文衆議院議員、中谷智司参議院議員、吉田ます子副代表(参議院予定候補者)も共に出席し、挨拶がありました。参議院選の勝利をみんなで確認しました。

2010.6.17(木)(大相撲ピンチ)

大相撲が、存続の危機を迎えています。野球とばくで、大関を含む現役力士、親方も名前があがっています。国技として、愛されてきた大相撲。私も、小学校、中学校、の頃から大好きで、特に、先代貴乃花のファンでした。

いったい、どうなっているのでしょうか。全部オープンにして、しっかりうみを出し切り、再起をはたして欲しいです。

夜は、徳島市医師会政治連盟の先生方と民主党県連との意見交換会があり、出席しました。大いに勉強になりました。

2010.6.16(水)(本会議2日目)

今日は、本会議2日目、一般質問です。木南議員・・農林水産物の輸出について。喜多議員・・木材産業の体質強化について。福山議員・・バロン薩摩の資料保全について。森本議員・・特別会計を含めた県債残高について。などの質問がありました。

本会議終了後、会派総会を開き、委員会での対応を協議しました。夜は、「吉田ます子」総合選対会議でした。いよいよ、参議院選挙公示(24日)です。

2010.6.15(火)(サッカーワールドカップ・日本先勝)

南アフリカで開催のワールドカップサッカーは、対カメルーン戦で、1対0で勝ちました。初戦勝利は初めてということで、予選突破が期待されます。頑張ってください。

今日から、県議会は代表質問です。4会派4名の質問が行われます。

県議会代表質問要旨@自民党新政会、竹内議員・・財政構造改革基本方針について。林業再生プロジェクトについて。A明政会、嘉見議員・・子ども手当について。四国横断自動車道について。

B自民交友会、西沢議員・・地震防災対策について。ミミズ糞土の活用推進について。C新風・民主クラブ、黒川征一議員(我が会派会長)・・糖尿病対策の推進。木材自給率の高い目標設定について。口蹄疫対策の充実、強化を求めました。

2010.6.14(月)(国会代表質問)

菅総理の所信を受けての代表質問がありました。政治と金の問題や、普天間基地移設問題でのやりとりはあまり噛み合っていないとの評もあります。景気対策や雇用対策など、政策議論についてもっと活発な議論が必要と思います。

口蹄疫対策の特別措置法が設置されようとしています。全額国費でウイルスの封じ込めに要した費用を負担するものです。700億円規模といわれていますが、一日も早い封じ込めを祈ります。

2010.6.13(日)(日本オストミー協会徳島県支部総会)

(社)日本オストミー協会は、オストメイト(人工肛門・人工膀胱保有者)が安心して暮らせる社会を目指しているオストメイトによるオストメイトのための障害者団体です。徳島市内のホテルで、県支部の総会が開かれ、出席しました。

オストメイト対応トイレ 直腸がんや膀胱がんなどが原因で臓器に機能障害(内部障害のひとつ)を負い,手術によって,人工的に腹部へ人工肛門や人工膀胱の「排泄口(ギリシャ語でストーマ)」を造設した人を「オストメイト(ostomate)」と言います。国内には約20万〜30万人のオストメイトがいると言われています。

 オストメイトの人は括約筋がないため便意や尿意を感じたり,我慢することができないため,便や尿を溜めておくための袋=「パウチ」を腹部に装着しています。パウチに溜まった排泄物は一定時間ごとに便器や汚物流しに捨てる必要があります。このときに,パウチや腹部を洗浄する必要があります。

 そのための特別な設備を備えたトイレが,最近では設置されるようになってきました。

内部障がいのため、外見では分からないため、緊急時の駐車駐車の理解が必要です。

午後からは、フレッセ南徳島支部の定期大会があり、出席し、挨拶をさせていただきました。

2010.6.12(土)(菅総理所信表明)

力の入った所信表明であったと思います。@改革の続行・・事業仕分け、公務員制度改革、政治主導の改革、地域主権の徹底を行う。A強い経済、強い財政、強い社会保障を一体的に立て直す。・・グリーンイノベーション、ライフイノベーション、アジア経済戦略、観光立国・アジア活性化、科学技術立国戦略、雇用・人材育成(ディーセントワーク)

等々、さすが菅さんと思いました。しかし、普天間基地の移設問題など、難しい課題も山積しています。内閣が力を合わせて、国民のために頑張っていただきたいと思います。

午前中は連合徳島ボランティアサポートチームの講習です。救命救急について、徳島東消防署の署員さんからロープの結び方、三角巾の使い方などを教えていただきました。午後から、徳島駅前で参議院選挙などの街頭宣伝活動を行いました。

2010.6.11(金)(口蹄疫感染拡大・・まことに残念です)

口蹄疫感染が都城市でも、確認されました。まことに残念です。発生農家では、208頭すべてが処分されたといいます。全国から獣医師やスタッフが終結し、ウイルスの封じ込めに努力していただけにつらいです。

このウイルスの伝播力の強さは脅威です。しかし、基本は感染源の封じ込めと、徹底的な消毒です。ウイルス自体は消毒薬に対しては弱いですから、基本に忠実にみんなで、危機感をもって取り組むしかありません。

参議院選挙日程はほぼ6月24日公示、7月11日投票で固まりそうです。郵政改革法案は選挙後に、臨時国会でじっくり議論して採決したほうがいいと思います。

2010.6.10(木)(県議会開会)

6月定例県議会が本日開会です。10時30分から、本会議場で知事の提出議案説明があります。口蹄疫防疫対策、など、議論となりそうです。6月8日の朝日新聞に、先日獣医師会から派遣された、宮崎での口蹄疫防疫作業の様子が掲載されました。

県議会は、午前10時30分開会し、2010年度一般会計補正予算案(33億5799万円)など、16議案について、知事から提出者説明がありました。また、議員提出議案として、意見書2本「口蹄疫の発生に伴う総合的な支援対策を求める意見書」「神戸淡路鳴門自動車道の新料金制度の見直しを求める意見書」を全会一致で可決しました。

2010.6.9(水)(国会終盤)

国会会期末を16日に控え、会期延長となるのかどうか、いま気になるところです。終盤ばたばた感をもって、採決するより、選挙後、臨時国会を開き、じっくり議論し採決するほうが国民には分かりやすいと思います。

予定通り、6月24日公示、7月11日投票すべきだと私は思います。さて、今日は、「吉田ます子」さんと一緒に県内各地を回りました。菅新内閣、仙谷官房長官に期待する声が大きかったです。吉田さん当選に向け頑張ります。

2010.6.8(火)(菅内閣誕生)

菅直人新首相に対して、国民の期待は上がっているようです。共同通信社が行った世論調査では、期待するが57%となり、民主党支持率も20%から36%に上がったといいます。一定のけじめをつけたと、判断していただいたのだろうと思います。

菅さんは、徳島にも何度も来ていただいています。四国88か所お遍路さんでも有名です。仙谷官房長官と二人三脚でこの難局を乗り切っていただきたいと思います。

「最小不幸の社会」を目指すという。戦争や貧困など、日本の国民や世界の人々が不幸になる要素を少なくしていくのが政治の役割です。・・(ほんとうにそうだと思います)本県での、参議院選挙も重要です。

2010.6.7(月)(人権・少子・高齢化対策特別委員会)

事前の特別委員会が開かれました。委員として出席し、説明を聞きました。本会議の開会は10日です。菅内閣となり、はじめての県議会です。宮崎で発生した口蹄疫問題や、高速道路新料金、社会保障制度、などについて議論がなされると思います。

政治では、菅内閣の閣僚候補の名前が報道されています。仙谷由人氏の官房長官就任が確実視されています。「おめでとうございます」大変、重いポジションですが、国のために頑張っていただきたいと思います。健康に気をつけて下さい。

2010.6.6(日)(フレッセ佐那河内支部、定期大会)

県内で唯一の村、佐那河内村。スダチ、ももイチゴ、大河原高原など有名なものがいっぱいあります。いい所です。今日は、嵯峨という地名にある、「鍍月」という料理屋さんで、支部の大会があり出席しました。

村長さんも出席し、フレッセ支部大会は盛り上がりました。参議院選挙での「吉田ます子」さんの勝利に向け頑張ることをみんなで確認しました。私も、ひさしぶりにじっくりとお話をお聞きしました。

官房長官に内定している、仙谷さんのことで話が盛り上がりました。

2010.6.5(土)(食・みどり・水をまもる徳島県民会議)

県民会議主催の、恒例のアジア・アフリカ救援米の作付(田植え)を徳島市応神町で行いました。組合員と家族、子どもさんも含め、総勢50名で、植え付けました。子どもは裸足になって手植えをしました。その後、みんなでカレーライスを食べました。

子どもたちにとって、いい経験になったと思います。

2010.6.4(金)(菅直人新首相誕生)

鳩山総理辞任を受け、民主党代表に菅直人氏が選出され、その後の衆参両院本会議で第94代首相に指名されました。普天間問題など難問は山積していますが、全員野球で頑張ってもらいたいと思います。

又、本県選出の仙谷由人衆議院議員が内閣官房長官に就任する予定です。内閣の要職、大変重要なポジションです。身体に気をつけて頑張っていただきたいです。

また、今日は、県議会事前の4常任委員会が開かれました。私は、今年度は、文教厚生委員会の委員となりました。教育委員会関係、保健福祉部関係、病院局関係の審議の場です。今日は、子宮頚ガンワクチンの接種促進について、公費負担を要望しました。

2010.6.3(木)(議会運営委員会)

6月議会に向けての議会運営委員会が開かれました。補正予算の概要や、開会日(10日)に提出される、2本の議員提案の意見書(高速道路の新料金について。口蹄疫対策について)について議論し、先決することを決めました。

午後5時からは、部落解放徳島地方共闘会議と、新風・民主クラブの議員団との意見交換会を行いました。特別措置法が切れ、その後の経過措置も終了し、各団体は、予算も厳しい状況が続く中頑張っていますが、今なお、差別事案は発生しています。

今日も、悪質な落書き事案があったことが紹介されました。人権が尊重される社会の実現をみんなで目指していきましょう。

2010.6.2(水)(鳩山首相辞任)

朝、自治研究集会に行く途中、臨時ニュースが飛び込んできました。首相辞任。耳を疑いましたが、少しは予想していた面もありました。普天間問題が命取りとなりました。事業仕分けや、労働法制、子ども手当など、成果も着実に表れてきていただけに、残念でなりません。

しかし、国民の生活は待ったなしです。早急に体制を整え、与党としての責任を果たしていかなければなりません。参議院選挙も候補者は各地で歯を食いしばって頑張っています。これからも、日本の将来の安心のため、一緒に頑張ります。

自治研究集会の記念講演は、「自治体の公共サービスと公契約条例」と題して、兵庫地方自治研究センターの兵藤宏主任研究員からありました。大阪市の清掃委託を受けた会社の労働者が生活保護を受けていた事実から公共が発注する業務については発注者責任がある。公契約条例の必要性を訴えられました。

全国初の条例制定市である、千葉県野田市のことも紹介されました。

2010.6.1(火)(今日から6月)

今日は朝からいい天気です。6月といえばアユ漁の解禁です。また、衣替えの日でもあり、県庁などでも、クールビズとなります。これから、梅雨入り、初夏となりますが、体調に気をつけて頑張っていきましょう。

今日は、午後から、「吉田ます子さん」と一緒に、支援のお願いに回ります。民主党にとって、逆風ですが、しっかりと声をお聞きし、国民、県民の生活の安定、安心のために頑張っていきます。よろしくお願いします。

2010.5.31(月)(議会で用務)

6月議会を控え、議会にて、情報収集等を行いました。3日に、議会運営委員会があり、その後、会派総会を開き、今議会の対策を協議します。口蹄疫対策を国に求める意見書を送るための議決が開会日に行われる予定となっています。

口蹄疫は本当に怖い伝染病です。伝説の種牛「安平」らも、処分されてしましました。処分された農家では、7割が畜産業の再開を希望しています。生活支援、再開支援を国をあげてやっていく必要があります。

2010.5.30(日)(社民党連立離脱)

普天間問題で、社民党が連立政権から離脱するということになってしまいました。一番重いテーマに真っ先に取り組んだ鳩山政権は、大きなダメージを受けることになりました。普天間基地の移設問題・・重く苦しいテーマです。

JR不採用問題の解決、母子・父子手当の特別加算、子ども手当、など、大きな成果もあげてきている途中だけに、残念です。政権の中で、共に解決を模索することはできなかったのか・・。しかし、めげていてはいけません。

前向きに民主党は頑張るしかありません。参議院選挙も近づいてきました。候補者は歯を食いしばって、頑張っています。徳島でも、吉田ます子予定候補を中心に、「弱肉強食の自民党時代に戻してはならない」こういう気持ちで訴えていきます。

2010.5.29(土)(徳島に帰ります)

朝、現地に向かうバスを見送りました。宮崎は今日もいい天気となりました。暑さとのたたかいですが、仲間の無事と終息を心から願います。今日の、11時の飛行機で伊丹空港に向かい、それからバスで帰県です。

伊丹空港からバスで三宮まで移動、そこから定期バスにて徳島に帰ってきました。一時的にほっとしましたが、宮崎の厳しい状況、又、今後の困難さを考えると、暗い気持ちになります。

感染拡大を防止し、ウイルスを完全に封じ込めることに成功し、農家の再建が一歩ずつ進んでいくことを願います。

2010.5.28(金)(口蹄疫対策。4日目)

今日も、朝、5時20分に起床。朝ご飯を食べて、バスに乗り込みます。8時30分に川南町役場に到着し、今日の仕事を確認します。私は、今日も、サブリーダーでした。

今日は、肉牛の一貫農家。繁殖から肥育までの230頭が対象です。獣医師10名、スタッフ総勢35名で一日がかりで完了しました。終了後、「黙祷」を行い、伝染病の終息と、冥福を祈りました。

時々、これは現実なのかと、悲しくなります。でも、現地のスタッフは連日です。朝から、夜まで寝る間もないくらいです。現地の家畜保健所の責任者の言葉はとても身にしみました。「夢であってほしい」本当にそう思います。

2010.5.27(木)(口蹄疫対策。3日目)

今日も、朝5時20分に起床。今日は眠いです。宮崎は快晴です。今日も蔓延防止のため頑張ります。(午前6時記)

今日は、養豚農家へ入りました。繁殖豚200頭規模の一貫経営農家です。豚の農家に入ったのは、今回初めてとなりましたが、症状が出ていました。「口蹄疫」の病気の恐ろしさを改めて感じました。

防護服2枚がさね、完全防護のスタイルでの作業はかなりこたえますが、全国から集合したスタッフは、団結して頑張っています。明日も、現場に向かいます。

2010.5.26(水)(農家に入る。2日目)

今日も、午前6時55分に集合し、川南町に向かいます。今、6時44分です。行ってきます。(AM6時45分記)

川南町役場に到着したのが、8時30分。今日、入る農家の状況を知る。今日は、川南町の繁殖牛農家2軒です。私はサブリーダーとなりました。私の班は、獣医師8名、総勢16名のチームです。

獣医師昨日も9件の新たな発生があったと、農林水産省対策本部の方から報告を受けました。ワクチン接種を行っていますが、まだ発生は続いています。今回の口蹄疫ウイルスは感染力が非常に強いです。

防護服を着て、慎重に消毒をしながら、川南町の農家に向かいます。処分はつらいですが、蔓延防止のため仕方がありません。2軒目では、畜主の方のやりきれない訴えも耳にしました。

2件とも、処分終了後、スタッフみんなで畜舎の糞だし、清掃を行い、「黙とう」を行い、引き上げました。このあと畜舎は、自衛隊の協力で、消毒が行われると聞きました。

川南町対策本部に帰ってきたのが、6時、その後ミーティングがあり、あす以降の対策について、農林水産部から要請がありました。宿舎に到着したのは午後8時でした。あすも頑張ります。

2010.5.25(火)(農家に入る)

ワクチン接種は、順調に進んでいるようです。今日は、朝7時にバスで、川南町役場に向かい、そこで、説明を受けました。私の任務は、新富町の和牛農家で、薬液を注入し、処分をするというものでした。

新富町役場に到着し、そこから任務地まで移動し、感染防護のための服を2重にまとい、ゴーグル、マスク、頭も完全に覆い、農家に入って行きました。もう出荷近い、立派な黒毛和牛から、まだ2カ月位の牛まで処分しました。

もう完全に、この世のものとは思えません。仕事とはいえ、むごいです。口蹄疫の恐ろしさを痛感しました。それでも、全国から集まった、獣医師、国、県、市町村の職員、農協などの民間の方々をはじめ、関係者は、頑張っています。

このことで、ウイルスの伝播を、食い止めることが出来るように祈ります。封じ込めが、成功するように祈ります。

2010.5.24(月)(口蹄疫ワクチン支援に行ってきます)

今日から、宮崎に出発します。バスで、三宮に向かい、そこから伊丹空港、宮崎空港、宮崎県庁には、午後5時前に着く予定です。そこで、指示を受け、農家に入っていくことになると思います。

今日は、朝1番で、林獣医師会長、塩本副会長から激励の電話をいただきました。私の先輩の岸さんと一緒に頑張ってきます。

午後、5時位に着く予定でありましたが、三宮から、伊丹空港までのバスが、遅れまして、結局、一便遅れて宮崎に着きました。県庁で、注意事項等をお聞きし、ホテルには午後、8時過ぎに着き、明日の打ち合わせを兼ねて、夕食をとりました。

明日は、午前6時55分にロビー集合です。もう今から寝ます。

2010.5.23(日)(全建総連・フレッセ定期大会)

いつも、大変お世話になっている、フレッセの定期大会が徳島市内、農協会館であり、出席しました。仕事確保、木造住宅の建築促進、公契約条例の制定に向けた取り組みの必要性などが、訴えられました。

その後、民主党県連の幹事会が開かれ、参議院選挙の取組を確認しました。最後は、吉田ます子必勝に向け、団結頑張ろうをみんなで三唱しました。

さて、獣医師会からの依頼で、明日から、宮崎県に行きます。口蹄疫のワクチンを接種したり、消毒作業を支援するために行ってきます。口蹄疫がこれ以上拡大しないように、獣医師としてしっかり頑張ってきます。

2010.5.22(土)(四国4県議会野球大会)

1年に一度、四国の議員が意見交換をし、そして、親睦を深める意味で行われている、野球大会が香川県の野球場で開催されました。多くの議員は、昨日から参加していますが、私は、今日の朝、出発し、高速を使って、参加しました。

結果は、1勝1敗、第3位となりました。久しぶりの野球でした。なかなか、バットにボールがあたりません。でも、いい汗をかきました。

2010.5.21(金)(県庁退職者会総会)

退職者会総会があり、出席しました。(私も会員です)懐かしい方、お世話になった方々と、お会いすることが出出来ました。新政権に対して、年金制度を安心のものにしてもらいたい。社会保障制度をもっと充実してほしい。等の要望も受けました。

今年は、参議院選挙が予定されています。もうすでに、前哨戦が始まっていますが、改革の流れを続行するためにも、民主党の「吉田ます子」予定候補の必勝を目指します。頑張ろう!!

2010.5.20(木)(徳島県獣医師会総会)

第44回社団法人徳島県獣医師会総会が徳島市のホテルで開かれました。挨拶の機会があり、私は、獣医師の業務の重要性、口蹄疫など、伝染病感染拡大阻止・防疫対策に大きな役割を果たされている会員の皆様方に敬意と感謝をのべさせていただきました。

宮崎の口蹄疫対策は、これからも、非常に重要なものとなってきます。私も、獣医師の一人として、出来るお手伝いはなんでもしたいと思います。

2010.5.19(水)(口蹄疫、ワクチン接種へ)

政府は、発生農家から半径10キロ以内のすべての牛、豚、ヤギ、ひつじにワクチンを接種し、防波堤をつくり、順次殺処分の方針をきめました。20万頭にも上る牛や豚が新たに処分されることになるといいます。

壊滅的な被害を、畜産農家は受けることになります。再起不可能な農家も出てくると思います。国などの行政からの救済が欠かせませんが、宮崎県では、14日から、義援金を募っており、各市町村を通じて、被害を受けた畜産農家へ配分を予定しているといいます。問い合わせは、事務局の県共同募金会(0985−22−3878)です。

宮崎県の問題だけではありません。なんとか終息できるように、力を合わせていこうではありませんか。

2010.5.18(火)(口蹄疫の脅威)

宮崎県で感染が拡大する家畜伝染病の口蹄疫(こうていえき)。18日、牛、豚などの殺処分対象数が11万頭を超え、県は非常事態宣言を発令した。(以下インターネットで調べたことを載せます)

口蹄疫は、家畜の伝染病の中では最も伝染力の強い疾病でもあり、感染動物からの体液、分泌物、糞便との接触だけでなく病原体が付着した塵により空気感染もする。潜伏期間は2−14日であり、3−5日の場合が多く、犬や猫は口蹄疫に感染しないが、ウイルスを運ぶ可能性があり、移動制限を受けます。

人への感染 は、厳密にウイルス学の立場から言えば、濃厚接触がある場合、稀にウイルス感染することがあるが、軽い発熱や口内炎になる程度で完全に回復するため、臨床学的な立場からは感染しないとされる。また科学的に実証される死亡例は報告されていない。ヒトからヒトへの感染例は報告されていない。感染した家畜の肉を食べて感染する事は無い。

ただし、感染による症状自体は問題とはならないものの、ヒトがウイルスの保有者(無症候性キャリア)となり、他の動物への感染源となるため、感染源との接触は極力避けなければならない。 なお、ヒトの手足口病 (hand-foot-mouth disease) とはまったく関係ない。

本県では、口蹄疫の防疫業務を支援するため、県職員の獣医師50人で緊急支援チームを設置し、獣医師を順次宮崎県に派遣し、防疫業務をサポートします。終息を願います。

2010.5.17(月)(生物多様性シンポジウム大盛況でした)

昨日のシンポジウムは、予定通り、宮脇昭先生、池谷奉文先生、の講演に続き、田島一成環境副大臣、飯泉嘉門徳島県知事をむかえて、パネルディスカッションを無事に終えることができました。

300名を超える方におこしいただき本当にありがとうございました。あらゆる生命体、と共に人類は共生しています。本物の木を植え、エコロジカルネットワークをつなげていくことの大切さを学びました。環境教育の大切さも痛いほどわかりました。

2010.5.16(日)(生物多様性シンポジウム本日開催です)

今日はいい天気に恵まれました。かねてから準備を進めてきた、シンポジウムが、開催されます。場j所は、徳島県文化の森、21世紀館です。開会時間は、午後1時20分からです。宮脇昭先生、池谷奉文先生、の講演に続き、田島一成環境副大臣、飯泉嘉門徳島県知事にも出席していただき、パネルディスカッションも行います。

非常に楽しみです。今から、両先生を迎えに、徳島阿波おどり空港に迎えに行きます。成功しますように。

2010.5.15(土)(高島副幹事長来徳)

今日は、各所を駆け回りました。午前中は、地元のコミュニティー協議会の総会があり、出席しました。この地域の行事全般について、多くの事業をやっています。皆様の頑張りに敬意を表します。

午後から、連合徳島の政治セミナーがあり、私も参加しました。民主党筆頭副幹事長の、高島良光参議院議員から今の政治情勢について、講演がありました。その後、徳島市渋野町で産業廃棄物施設建設反対の集会に参加し、連帯の挨拶をさせていただきました。

夕刻は、徳島駅前で、吉田ますこさん(民主党参議院選挙予定候補者)と共に、街頭宣伝活動を行いました。時計の針を逆に戻さないように頑張りたいと思います。

2010.5.14(金)(食・みどり・水を守る徳島県民会議幹事会)

朝から、議会で、シンポジウムの準備です。パネルディスカッションの進行役を私がすることになっているので、進行シナリオについて、頭をひねっています。素晴らしい、パネリストの方々の意見を引き出せるようにしっかりしなければと思います。

夕刻からは、食・みどり・水を守る徳島県民会議の幹事会があり、出席しました。議題は、毎年恒例の、アジア・アフリカ救援米の植え付け(田植え)の日程を決めました。6月5日(土)徳島市応神町で行います。子どもさんの参加もお待ちしています。

2010.5.13(木)(議会で用務)

シンポジウムの準備で、大忙しです。

2010.5.12(水)(文教厚生委員会県西部視察)

10時に県議会をバスで出発し、吉野川子育て支援センター(ちびっこドーム)・・旧川島町議会議場を活用。池田支援学校美馬分校、三好高等学校を視察しました。三好高校では、サギ草のバイオ苗、ホンシメジの育成、ダチョウの飼育・・商品化など、特色ある地域の学校として頑張っています。

夕刻に議会に帰ってきてから、シンポの打ち合わせ等行いました。いよいよ迫ってきました。

2010.5.11(火)(議会で用務)

シンポジウムの準備で、議会、県庁内、文化の森、連合などあわただしく動き回りました。宮脇昭氏の「緑の証言」という本を読みました。その中の一文を紹介します。

「裸の大地をおおっている生きている緑は、たんに生態系の生産者の役割を果たしているだけでない。また、山の森林は人間生活にとって木材生産の場としてだけあるのではなく、まして緑は、都市の装飾品としてあるわけではない。緑とは、生物としての人間が地球上に生きていくことができるかぎり、時代がどのように変わろうと永遠に古くて新しい、われわれの本質的な共存者である。同時に緑とは、人間固有のすぐれた知性や豊かな感性によって、地域固有の文化を創造する生きた環境母胎としてあることが理解されなければならない。」

人間は自然を征服できるという考え方は、愚かなことであり、あらゆる生物、生態系の中で人類は生存出来ている。という考え方が必要だと思います。

2010.5.10(月)(連休明け、議会で用務)

16日に予定している、新風・民主クラブ主催の「生物多様性シンポジウム」の準備を行いました。パネルディスカッションの内容について、進行について、まだまだやることがあります。あと1週間しっかり頑張ります。

当日は、どうか皆様多くの方のご来場をお待ちしています。(内容は、トップページに張り付けてあります。

2010.5.9(日)(母の日)

母の日(ははのひ)は、日頃の母の苦労を労り、母への感謝を表す日。日本やアメリカでは5月の第2日曜日に祝うが、その起源は世界中で様々であり日付も異なる。例えばスペインでは5月第1日曜日、北欧スウェーデンでは5月の最後の日曜日に当たる。

アメリカでは南北戦争終結直後の1870年、女性参政権運動家ジュリア・ウォード・ハウが、夫や子どもを戦場に送るのを今後絶対に拒否しようと立ち上がり「母の日宣言」を発し、ジャービスの死後2年経った1907年5月12日、その娘のアンナは、亡き母親を偲び、母が日曜学校の教師をしていた教会で記念会をもち、白いカーネーションを贈った。これが日本やアメリカでの母の日の起源とされています。

ジャービスの母への想いに感動した人々は、母をおぼえる日の大切さを認識し、1908年5月10日に同教会に470人の生徒と母親達が集まり最初の「母の日」を祝った。アンナは参加者全員に、母親が好きであった白いカーネーションを手渡した。このことから、白いカーネーションが母の日のシンボルとなった。アンナ・ジャービスは友人たちに「母の日」を作って国中で祝うことを提案。1914年に「母の日」はアメリカの祝日になり、5月の第2日曜日と定められた。  (出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

戦場に我が子を送りたくないという、母の気持ち、愛情が母の日の期限となったようです。戦争は最も愚かなことです。平和が基本です。そのための努力をみんながしなければなりません。

2010.5.8(土)(吉田ますこ氏後援会事務所開き)

民主党参議院議員予定候補者(徳島選挙区)、吉田ますこさんの、後援会事務所開きが、行われました。事務所住所は、徳島市大松町榎原外84−1−1 電話088−626−1059です。中谷智司事務所、仙谷由人事務所も、吉田さんの事務所に移転しました。

事務所開きには、仙谷国家戦略担当大臣、高井県連代表、中谷参議院議員も出席し、吉田さんを応援していただける支援の方々、500名が参加し、盛大に行われました。民主党の支持率は低下していますが、国民の生活支援の政策は、着々と実行されています。国民のための改革の流れをいまここで止めてはなりません。

参議院選挙での民主党の勝利を目指します。

2010.5.7(金)(民主党全国研修会2日目)

午前中は、分科会があり、「地方組織の活動事例交流ワークショップ」に参加しました。組織委員長の細野衆議院議員も参加し、各県の取組などが紹介され、会場からも発言がありました。

午後からは、県議会の各会派代表者と合流し、高速道路料金新制度について、全国一律にすべきとの要望活動を国会内外で行いました。前原国土交通大臣にも面会し、私からも要望しました。

2010.5.6(木)(民主党全国研修会)

6日、7日と東京にて、2010年度地方自治体議員フォーラム全国研修会が都内のホテルであり、参加しました。全国から500名を超える自治体議員の皆さんが参加し、意見交換をしました。鳩山首相挨拶。そして、松井孝治内閣官房副長官、原口一博総務大臣、神野直彦地方財政審議会会長から講演を受けました。

2010.5.5(水)(こどもの日)

少子高齢化が言われていますが、子どもは宝です。未来の社会を担います。その子どもを社会全体で支えていこうとする取組は重要です。自然の中で、のびのびと成長していってほしいものです。

普天間基地の移設問題が大きく報道されています。鳩山首相が沖縄県知事と会談しました。沖縄からすべてを移設するのは難しい旨の考えを示しました。もっと、基地縮小、沖縄の負担軽減に向け、努力すべきです。沖縄の声は、苦しいい歴史の声です。

2010.5.4(火)(四国88か所お参り再開)

少し中断していましたが、今日は、早起きして、車で愛媛県に向かいました。60番横峰寺 (よこみねじ)、61番香園寺 (こうおんじ)、62番宝寿寺 (ほうじゅじ)、63番吉祥寺 (きちじょうじ)、64番前神寺 (まえがみじ)、65番三角寺 (さんかくじ)を参拝しました。

いい天気に恵まれ、順調でした。南無大師遍照金剛。合掌

2010.5.3(月)(憲法記念日)

日本国憲法施行から、63年となります。憲法は国民主権、平和主義を基本理念として、基本的人権の尊重、戦争放棄などをうたっています。九条  日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。

2  前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。 この崇高な理念は私たちが持ち続けなければならないものだと改めて思います。

今、普天間基地の問題で、沖縄をはじめ、政府も苦悩の日々が続きます。沖縄の負担をどうにかして少なくしてもらいたいです。辺野古の海を埋め立てるようなことは、地球への冒とくです。なんとか基地縮小にならないものなのでしょうか。鳩山首相もその思いでいっぱいなのだろうと思います。

2010.5.2(日)(五月晴れ)

4月は、雨が多く、寒い日が多かったですが、5月になり、昨日のメーデーも晴天、今日も大変いい天気です。今年のゴールデンウイークはラッキーです。今日は、友人とかねてから予定していた、タケノコ狩りIN福井に出かけました。

もうタケノコも大きくなりすぎて、竹に近いものもありますが、収穫し、皮をむき、大きな窯で、ゆで上げ、少し薄皮等を除き、水に冷やし、タケノコの水煮の出来上がりです。とれたては非常においしいです。大いにすがすがしい汗をかきました。

2010.5.1(土)(労働者の祭典・メーデー)

今日は、メーデーです。10時から、徳島市の藍場浜公園で、中央メーデーが開かれます。私も、出席し、自治体議員連合を代表して、連帯の挨拶をさせていただきます。今日は、大変いい天気です。素晴らしい、天気に恵まれました。今から、行ってきます。(AM:8.27記)

2010.4.30(金)(議会で用務)

午前中は、大変お世話になっている方の奥さまが亡くなり、告別式があり、出席し、弔辞を読ませていただきました。心からご冥福をお祈りいたします。

その後は、県議会にて、5月16日の会派主催の「生物多様性シンポジウムIN徳島」(文化の森、21世紀館)準備をスタッフと共にしました。順調に進んでいますが、どのくらいの方が参加してくれるのか、これから、周知を本格化させようと思います。

2010.4.29(木)(昭和の日)

今日は、各種行事がありました。フレッセ中央支部第10回定期大会が、徳島市内のホテルで開かれ、出席しました。民主党の徳島県連代表の高井代議士、仁木代議士、中谷参議院議員も出席し、盛大に開かれました。

懇親会では、大いに盛り上がり、カラオケもみんなで歌いました。

その後、民主党県連まで、歩き、徳島県獣医師会と共に、民主党の高井氏、仁木氏、中谷氏に獣医師会としての要望を伝えました。いつもとは、逆の立場で今回は要望をいたしました。快く聞いていただき、対処していただけるということで、安心しました。

2010.4.28(水)(文教厚生委員会県南部視察)

今日は晴天に恵まれ、視察向かいました。富岡東高校に併設された、県立中学校、高齢者施設の阿南荘、美波町の日和佐小学校、県立海部病院を視察しました。途中の阿南市、海部郡では、昨日の大雨の爪痕が散見されました。

議会に帰ってきてから、少しシンポジウムの準備をスタッフと行いました。

2010.4.27(火)(議会で用務) 

朝から、雨が降り風もあり、春の嵐の様でした。夕刻には警報が出ました。阿南、美波町では激しい雨が降っているとの情報もあります。

そんな中、議会で、シンポジウムの準備等、行いました。5月16日は天気が良ければいいのですが。

2010.4.26(月)(議会で用務)

政府の行政刷新会議の事業仕分け(独立行政法人)がはじまりました。今まで、あまりその内部事情などは明らかにされていませんでしたが、天下りの温床になっていたり、随意契約が多かったりする部分が明らかになっています。

無駄を省き、スリム化、誰が見ても公平な運営を心がけるべきだと思います。

今日は、朝から、議会で要望事項の整理、要請などを行いました。夜は、公民館運営委員会に出席しました。

2010.4.25(日)(徳島マラソン)

第3回目の徳島マラソンは、7000人を超える方々の参加を得て、盛大に開催されました。私は、スタート式に参加し、7000名のランナーの応援をしました。坂本龍馬に扮したランナーやぬいぐるみのランナーなど、それぞれの個性を発揮し楽しいスタートでした。

又、その後、民主党県連主催の「政治塾」があり、環境大臣政務官の大谷信盛衆議院議員をむかえ、環境問題、温暖化対策、ゴミ対策、生物多様性等々について、講演を受けました。

2010.4.24(土)(阿波木偶箱回しを復活する会15周年を祝う会)

徳島県における祝福芸能などの調査研究を行っていた国府町芝原文化研究所の辻本一英氏が、姿を消した「えびすまわし」の復活や「三番そうまわし」を伝承し再評価しようと、1995年に箱廻し「三番そう」「えびす舞」を復活する会を組織しました。

その後、現役の三番そうまわし芸人と出会い、聞き取り調査、会員が弟子入りし、師匠の門付けに同行し技術を学び、2001年に師匠が廃業した後は、復活する会のメンバーが門付け先を受け継ぎm現在では1月1日から旧正月にかけて約850軒を門付けしているといいます。

いまや、海外にも出向きその文化的評価も大いにうけています。これからも、みんなで支えあい、伝統的芸術、文化を発展させていこうではありませんか。非常にいい会でした。

2010.4.23(金)(議会で用務)

生物多様性シンポ関係、子育て支援、障がいを持った方の支援体制、施設の在り方など、議会で担当者の方と議論いたしました。ノーマライゼーションの考え方の浸透が望まれます。

2010.4.22(木)(生物多様性シンポ準備)

5月16日までまだまだ日があると思っていたら、あと1カ月を切ってしまいました。環境副大臣田島氏にも来ていただくので、秘書官の方との連絡など、議会で用務を一生懸命おこないました。シンポ当日はご参加をお待ちしています。

2010.4.21(水)(会長・幹事長会)

臨時の会長・幹事長会が開かれ、出席しました。議題は、高速道路の新料金に関して、四国だけが割高になっているので、見直しを政府、国土交通省に求めていこう。というものです。審議の結果、全会派一致して、求めていくことになりました。

その後、経済委員会の視察で、JA徳島多家良支所を訪問し、菌床シイタケの栽培について説明を受けました。徳島県は、シイタケの出荷量が全国で1位です。LEDの照射による、収量増加試験なども行っており、素晴らしい取組に感心しました。

本県は、一次産業で雇用を生み出すことが求められています。

2010.4.20(火)(文教厚生委員会県内視察)

委員会視察に出席しました。神山町にある、徳島県立動物愛護管理センターを午前中に訪問しました。不幸な犬や猫を少しでも少なくしていこうという、取組、動物愛護思想の普及啓発など、熱心な取り組みが行われていました。

午後からは、障害福祉作業所、「れもん」視察、阿波国分寺庭園、県立板野高校の耐震改修について、視察を行いました。それにしても、雨がよくふります。

2010.4.19(月)(委員会視察)

今日は、県議会、県土整備委員会視察があり、出席しました。今月8日に運航開始になった「徳島あわおどり空港」(松茂町)、東環状大橋、企業局総合管理センター等をみせていただきました。あわおどり空港は、県の空の玄関です。

利用客が減少していますが、官民挙げてPRにつとめ、県の活性化につなげていってもらいたいです。飛行機と言えば、アイスランドの火山噴火により、多くの国で飛行機の運航が停止状態になり、大きな混乱がおきています。

地球の自然現象には、人類が開発したものはかないません。

2010.4.18(日)(龍馬の高知へ)

NHK龍馬伝で脚光を浴びている、高知へ向かいました。高速1000円というのもありましたが、日曜市や、桂浜、など、観光客の入込み等も、見てみたいと思ったからです。日曜市の「ひろめ広場」では、ちょうど昼食時間というのもありましたが、超満員で、座る席がないくらい、大盛況でした。

次は、桂浜です。駐車場にたどりつくまで、かなりの渋滞です。浜には、大勢の観光客で賑わっていました。龍馬人気はすごい。

2010.4.17(土)(春の味覚、タケノコ)

今日は、少し肌寒いですが、いい天気にめぐまれました。徳島大学の学生さんも参加して、福井でタケノコを掘り皮をむいて、大きな窯でゆで上げ、きれいな形に整え、一連の作業を行いました。

竹林の中での作業は、大きなタケノコを土から掘り出し、それを運搬し、かなり重労働ですが、爽やかな風のなかで、汗を流すことは、大いに心身に好影響を与えます。

2010.4.16(金)(寒い1日)

日本全国寒い1日となったようです。雪が降ったところもあります。寒い雨が降り、人も、草花も、野菜も凍えそうです。野菜の値段が、高騰しているようですが早く、通常に戻ってほしいです。

昼からは、獣医師会の会議に出席しました。

2010.4.15(木)(新党への動きか?)

先日の、与謝野氏らの新党結成から、今回も、自民党から離脱するのかどうかは分かりませんが、今回は、舛添氏が、大阪府知事や宮崎県知事との連携を表明しました。新党にまで至るのかどうか注目されていますが、自民党内からは、冷やかな目で見られているようです。

このことはさておき、連立政権、与党第1党の民主党も頑張らねばなりません。高校無償化がスタートし、6月には、子ども手当も支給されます。教育、人への支援は大きく評価されてしかるべきです。又、政官業の癒着構造を質し、税金を無駄使いさせない取組が進んでいることは、大きなポイントだと思います。

夕刻からは、吉田ますこ選対、企画会議を開き、吉田ますこさんの必勝に向け頑張っていこうとの確認をしました。

2010.4.14(水)(田植え)

早朝から、福井で田植えです。昼過ぎには終了し、一息つきました。午後3時からは、阿波市からの要望を民主党徳島戦略局で受けました。その後、議会にて高速道路関係の議論等を行いました。今後、新料金体制の話題が増えそうです。

2010.4.13(火)(生物多様性シンポのビラができました)

生物多様性シンポジウムIN徳島(新風・民主クラブ主催)の広報ビラが出来ましたので、連合、自治労にお願いに行ったり、準備で、多忙な午前中でした。午後からは、阿南市福井町の実家で田植えをしました。途中、雨が降りましたが、大丈夫でした。

2010.4.12(月)(会派勉強会)

午前中、地元の大松幼稚園の入園式があり、出席し、お祝いのご挨拶をさせていただきました。ぴかぴかの子どもたちが、笑顔や少し不安な表情をしながら、先生の話を聞いていました。保護者の皆様も、喜びいっぱい、ビデオカメラがいっぱいでした。これからも元気で成長していってください。

又、午後からは、会派の勉強会でした。生物多様性保全についての、徳島県の取組みについて、西條課長さんからお聞きしました。続いては、徳島地方自治研究所の中野常務から、委託研究の成果について、報告を受けました。

2010.4.11(日)(ライオンズクラブ地区年次大会)

ライオンズクラブ国際協会336−A地区第56回地区年次大会が徳島市アスティー徳島で行われました。四国各地から3000人が集まり、盛大な会でした。本県城山ライオンズクラブの武久一郎地区ガバナーをはじめ、役員の皆様方、ご苦労様でした。

午後3時半からは、民主党県連で、徳島県飯泉知事から、高速道路の料金について、要望を受けました。本四道路だけが、普通車で3000円上乗せされるというのは、厳しいと私も思います。しっかりと要望していきたいと思います。

2010.4.10(土)(吉田ますこ総合選対)

民主党の徳島選挙区参議院議員候補予定者、吉田ますこさんの総合選対会議が徳島市内のホテルで開催されました。仙谷由人大臣も忙しい中、帰ってきてくれました。高井県連代表、仁木衆議院議員、中谷参議院議員、国会議員も勢ぞろいして、必勝に向けた意思統一を行いました。

2010.4.9(金)(大松小学校入学式)

桜の花が少し散り始めている中、入学式が行われました。ぴかぴかの1年生、これからも元気ですくすくと成長していってもらいたいです。

2010.4.8(木)(議会で用務)

会派研修の報告、生物多様性シンポジウムの準備等、議会で行いました。また、生物多様性シンポの会場である、文化の森、21世紀館の下見に行ってきました。あわただしい1日でした。

2010.4.7(水)(会派研修3日目)

朝、新幹線で移動です。東京から静岡県袋井市役所を訪問しました。テーマは、「メロン栽培農家におけるハウスの温水ボイラー燃料のA重油から木質バイオマスへの転換によるCO2削減事業について」袋井市産業環境部環境政策課環境企画係の山本主任から、パワーポイントで、説明を受けました。

又、NPO法人、静岡森林エネルギー研究会の酒井専務理事から、バイオマスを使った、メロンハウスの加温の有効性について、丁寧に教えてくれました。又、遠州木質燃料利用組合を作り、実際にメロンを生産している、小林さん宅を訪問し、実際に、ボイラーを見たり、ペレットも見せてもらいました。ありがとうございました。

2010.4.6(火)(会派研修2日目)

電車を利用して、埼玉県庁へむかい、10時から11時30分まで、「生物多様性保全県戦略」について、環境部自然環境課野生生物担当の安藤主幹、森田主査から説明を受けました。埼玉県は、環境基本条例において、「環境優先」の理念を取り入れている、環境先進県です。

緑の再生、川の再生を目指した取り組みを進めています。

埼玉県での調査終了後、電車で千葉県庁に向かいました。15時から16時30分まで生物多様性ちば県戦略」について、環境生活部自然保護課生物多様性戦略推進室生物多様性センターの熊谷主幹から、パワーポイントを用いて、丁寧に説明をしていただきました。千葉県の素晴らしい、取組は大いに参考になりました。

2010.4.5(月)(会派研修)

今日から、3日間会派「新風・民主クラブ」の研修に出かけます。生物多様性地域戦略を策定している、兵庫県、埼玉県、千葉県を訪問し、地域生態系保全に向けた取り組み、戦略を調査します。又、木質バイオマス調査で、静岡県袋井市役所を訪問します。しっかり勉強してきます。

高速バスで、三宮に向かい、地下鉄で兵庫県庁、県議会を訪問し、「生物多様性ひょうご戦略」について、農政環境部環境創造局自然環境課副課長の瀬渡氏より、説明をうけました。1年間の策定期間をへて、21年3月に策定しました。先進県です。大いに参考になりました。

終了後、新幹線で、東京へ向かいました。

2010.4.4(日)(スタジオジブリ、レイアウト展)

素晴らしい天気の中、徳島県立文化の森に向かいました。桜が満開で、とてもきれいでした。文化の森では、20周年を記念して、スタジオジブリレイアウト展が開かれています。私も、見に行きました。会場は、入場するまで20分待ちで、超人気です。

「もののけ姫」「風の谷のナウシカ」など、宮崎作品の繊細な、絵コンテなどが、二つの会場一杯に展示されており。アニメ映画が出来上がるまでの、苦労がつたわってきました。多くの県民に愛される、施設になるようにみんなで盛り上げていきましょう。

2010.4.3(土)(タケノコ掘り)

阿南市福井町で、長男、弟3人で、タケノコを掘りました。肌寒い気候ですが、竹やぶのなかを、上に下に移動しながら、「ハセバ」という、細長い鍬(くわ)を使って掘りました。掘ったタケノコを運ぶのが一苦労です。でも、働く、汗をかくというのは、何とも言えない喜びがあります。

2010.4.2(金)(県青少年センターリニューアルオープン)

県初のPFI事業により、青少年センターが、とくぎんトモニプラザとして、リニューアルオープンしました。式典に出席しました。玄関正面には、県内30種の植物を見事に配置し、第一印象は、植物との共生、自然派であると思いました。

これからも、県民に愛される施設となってもらいたいです。

2010.4.1(木)(新年度初日)

今日は大変風の強い1日でした。春の嵐と言ってもいいほどの強風。飛行機も欠航が相次ぐほどでした。さて、今日は県庁や市役所、会社などでは、入社式、辞令交付式です。厳しい、就職状況ですが、フレッシュマン、フレッシュメンの皆様方、がんばってください。

私は、今日は、福井の実家でタケノコを掘りました。例年よりも、タケノコの成長は早く、大分掘ることができました。今、放置竹林が増えていますが、タケノコは、本年の素晴らしい資源だと思います。ブランド品として、活性化することを望みます。

2010.3.31(水)(年度末)

21年度も今日で最終日です。県庁も人事移動等で大忙しです。退職された職員の皆様方、お疲れさまでした。今後とも、健康でご活躍くださいませ。お祈りしています。国会では、高校無償化法が成立しました。子ども手当と合わせて、少子化対策として、子育て世代の負担軽減策の実行です。期待されます。

2010.3.30(火)(春の訪れ)

阿南市福井町の実家で、タケノコをゆでました。今年はタケノコの成長が例年より早く、もう立派なタケノコを収穫しました。大きな窯で、ゆで上げました。私は小さいころからタケノコが大好きで、はごたえのあるタケノコを食べると、春の訪れを実感します。

また、季節の花もたくさん咲いていました。花は、心を和ませます。

2010.3.29(月)(花冷え)

大変、寒い一日でした。花冷えを通り越して、冬に逆戻りのような一日です。今年は桜の開花が例年より早いといわれていますが、この寒さで、つぼみも震えているのではないかと勝手に思っています。

県庁も、人事異動がありました。今年は、団塊の世代の部長さんが多く退職しました。ご苦労様でした。県庁も、職員数が段々と減少しており、仕事上の個人負担の増大が心配です。メンタルな部分での病気も増えていると聞いています。職員が元気はつらつで仕事をすることは、県民サービスの向上につながります。

2010.3.28(日)(食の安全・日中合意)

中国製ギョーザ中毒事件は記憶に新しいですが、食の安心、安全を確保するという大きな課題解決には至っていませんでしたが、この度、ギョーザ事件容疑者拘束により、合意の条件が整ったとして、日本政府は「食の安全」対策に関する日中合意締結に向け(・・食品関連施設への立ち入り検査を相互に認めるなど・・)大きく動きそうです。

食については、日本と中国は深い関係にあり、このことで、一定の安心安全についての相互理解が進むものと考えます。

2010.3.27(土)(吉野川可動堰は造らない)

前原国土交通大臣は、吉野川可動堰計画について、「可動堰を造らず、現行の第十堰を残す前提で、吉野川の治水対策を検討する」と会見で述べられました。第十堰可動化計画が持ち上がり、徳島市では、住民投票が行われました。あれから、10年、ようやく可動堰にストップの判断が下されたもので、感慨深いです。市民運動の粘り強い活動、行動が大きく国を動かしたのです。

2010.3.26(金)(足利事件再審無罪)

菅家さんの無罪が確定しました。菅家さんの笑顔と苦しかった気持ちが映像からつたわってきました。無罪確定本当に良かったと思います。冤罪がどれほど人権を踏みにじるものか。今もなお、冤罪事件を闘っている、石川一雄さんの再審開始、無罪確定が一時も早く来るよう祈っています。

2010.3.25(木)(部落解放徳島地方共闘会議総会)

第31回部落解放徳島地方共闘会議総会が、徳島市の阿波観光ホテルで開かれ、出席しました。総会は、60名を超える代議員の出席を得て、盛大に開催されました。人権侵害救済法の制定を目指すことや、狭山事件の再審目指す取組み等が議決されました。

あらゆる差別を許さない闘いをこれからも連帯して取り組む必要があります。

2010.3.24(水)(2010年度予算成立)

24日、関係法案の成立を前提に、新年度予算が成立しました。目玉政策の@子ども手当・月13000円の支給。A公立高校無償化、私立は年約12万円から24万円支給。をはじめ、雇用面では、非正規労働者向けに雇用保険加入要件緩和。コメ農家の生産費と販売額の差額を支給する戸別所得補償制度の導入。など、新しい政策が新政権の下で、実行に移されます。

国の財政も、大幅な税収不足の中、厳しい運営ですが、マニフェストを1つ1つ実行し、国民の暮らしの改善につなげていく必要があります。

2010.3.23(火)(議会で用務)

2月定例議会は閉会しましたが、5月16日(会派主催の生物多様性シンポジウム)の準備等で議会で仕事です。今日は、雨も降り、寒さもぶり返し、花冷えというような天候でした。三寒四温と言いますが、桜も咲き始め、春近しです。

夜は、フレッセの保険証交換会に参加させていただき、議会報告などをさせていただきました。

2010.3.22(月)(小水力発電シンポジウムINとくしま)

今日は、午前10時30分から、民主政治塾が徳島市内(ホテル千秋閣)であり、出席しました。今日の講師先生は、藤村 修衆議院議員(現:衆議院厚生労働委員長)でした。「若者政策へのパラダイムシフト」民主党マニフェストから観る視点。と題して、12時まで、90分間の講演でした。

現在130万人にまで生活保護世帯が増えている中、失業=生活保護ではなく、トランポリンネットという、2重のセーフティーネットの重要性を訴えられました。又、「子ども手当法案」「高校無償化法案」についてもその重要性をのべられました。

午後3時からは、小水力発電シンポジウムが、県郷土文化会館で開催され、参加しました。講演は、全国小水力利用推進協議会事務局長の中島大氏、茨木大学の小林久氏、元岩手大学教授の古賀康正氏、の講演のあと、上勝町長の笠松氏も交えて、パネルディスカッションが行われ、会場からの意見もあり熱い討論会でした。5時40分閉会でした。

2010.3.21(日)(強風と黄砂)

黄砂の影響で、視界が悪く、眉山も見えないほどでした。徳島空港発着の飛行機にも欠航などの影響が出ました。しかし、毎年、この時期に中国からの砂が飛んでくるわけですが、中国の表土はどんどん無くなっているわけです。

砂漠化、表土消失、が進んでいますが、食料を生産する基本は表土です。人口増大が進む中国では、今後食料の生産は大丈夫なのだろうかと少し心配しました。日本は多くの食料を中国から輸入していますが、ずっとは続かないと思います。

日本は、食料自給率をもっと向上させねばなりません。

2010.3.20(土)(暖かい1日)

初夏並みの1日でした。この陽気で、桜の花の便りが例年より早く訪れそうです。徳島市のシンボルである「眉山」中腹の花見桟敷が今日オープンです。眉山の桜は、昼はもちろん美しく、きれいですが、夜も大変美しく、夜桜を見ながら、桟敷でお酒を頂くのもいいですよ。

2010.3.19(金)(県議会閉会)

新年度予算を決める議会の閉会日です。県から提案のあった議案については承認。議員定数については、原稿を維持する代わりに、議員報酬のカット、そして、政務調査費のカットが議員提案されました。私どもの会派は、政務調査費の削減は、議員の調査権、を縮小するものであり、経費を減らそうとするならば、本来からの議論である、議員の削減を行うべきであると、私が反対討論しました。

その他、議員提案の意見書案、16本を議論しました。新風・民主クラブが提案した5本については、1本が可決されました。意見書については、それぞれ、主旨説明があり、午後4時45分閉会でした。午後、6時からは、県職連合主催の、県庁退職者(県職労組合員)感謝の夕べがあり、私も出席し、お礼の挨拶をさせていただきました。

2010.3.18(木)(議会運営委員会)

今日は、朝、9時から大松小学校の卒業式があり、出席しました。6年間学んだ学校を旅立つ卒業生の皆さん。どうかこれからも、元気で、苦しいときは助け合って、生きていってもらいたいものです。

10時30分からは、議会運営委員会に出席しました。議長、副議長が辞任したい旨の発言をし、明日の本会議に議長、副議長選挙が日程に加えられました。ここのところ、1年、1年の議長、副議長の途中辞任が続いています。

たらい回しと言われても、反論ができない状況です。もっと、重みがあるべきです。また、意見書については、我が会派からは、5本の意見書を提出しましたが、自民系からは、9本の意見書が提出されました。明日の審議は長くなりそうです。

また、選挙区等検討委員会が議長に報告した内容の中で、議員定数、区割りは現状のままとし、経費面で、削減するために、政務調査費をカットするやり方は、本末転倒として、私が反対討論することになりました。

2010.3.17(水)(議会で用務)

閉会を19日に控え、議会で意見書等の準備を行いました。又、会派主催の「生物多様性シンポジウム」の後援頼文の発送、そして、依頼に各所を回りました。宮脇明先生、池谷奉文先生の記念講演、そして、田島環境副大臣、県知事を迎えてのパネルディスカッションも予定しています。

シンポジウムは、5月16日、文化の森、で行います。よろしくお願いします。

2010.3.16(火)(会長・幹事長会)

県議会会長・幹事長会が開催され、来年度の各会派の委員会振り分けが行われた。その後、新風・民主クラブの総会により、常任委員会、特別委員会、議会運営委員会、会派の役員体制を決めました。

私は、文教厚生委員会、人権少子高齢化対策特別委員会、議会運営委員会の委員となる予定です。又、会派の役員は、現体制を維持し、黒川会長、黒ア副会長、庄野幹事長、松崎副幹事長体制となります。

2010.3.15(月)(文理大学卒業式)

午前10時から徳島文理大学の卒業式に出席しました。大学院博士課程修了者をはじめ、大学短大の卒業生、保護者らが、体育館に集合し、厳かに行われました。

午後からは、国からの補正予算の提示があり、そのための常任委員会が開かれました。私は、経済委員会に出席しました。間伐促進のための予算が提示され、了解されました。

その後、会派総会を開き、意見書の取り扱い等について協議しました。明日は、会長・幹事長会があります。

2010.3.14(日)(ワシントン条約締約国会議)

カタール・ドーハで開催しているワシントン条約会議、今、国際的に大きな問題。焦点となっている、クロマグロなど、水産物への関心が高まりをみせているといいます。マグロが現在危機的状況なのか、そうではないのか十分に分かりませんが、一斉取引禁止となれば、生活ができなくなる方々は、日本だけでなく、EU諸国にも多いと聞きます。

今、マグロは「畜養」が進み、地中海などでもマグロ取引の主流を占めていると聞きます。日本でも、近畿大学のマグロ養殖は有名で、卵からふ化させたマグロの稚魚を畜養し、出荷しています。こういった技術を駆使しながら、最善の方法を求めていってほしいものです。

2010.3.13(土)(ハーモニークラブ吉野川清掃)

朝7時から清掃活動に参加しました。徳島市、吉野川北岸での作業です。空き缶、ビニールゴミなどを回収しました。眉山全景を見ることができました。みんなで河川環境を守っていきましょう。、ゴミの不法投棄は絶対だめ!

つくしが顔をだしていました。春の息吹が感じられます。

2010.3.12(金)(関西広域連合調査特別委員会)

調査特別委員会では、費用対効果、将来の人口動向、中小企業がどのような恩恵を受けるのか、徳島ブランド農産物にとっての利益、などについて質問しました。広域連合は、新たな自治体をつくるため、二重行政になるのではないかとの指摘もあります。

その後、議会運営委員会、選挙区検討委員会、会派総会を行いました。スケジュールびっしりの一日でした。

2010.3.11(木)(環境対策特別委員会)

委員会では、川等への一般廃棄物、産業廃棄物の不法投棄対策について質問しました。私の近くの大松川にも多くのゴミが捨てられています。ボランティアが清掃を予定していますが、県としての支援と協力を求めました。また、パトロールの強化、啓発にも力を入れてほしいと訴えました。

また、徳島版グリーンニューディールとして太陽光パネルの設置の推進、生物多様性確保に向けた取組強化を強く求めました。明日は、関西広域連合調査特別委員会、議会運営委員会、選挙区検討委員会、会派総会など、びっしり予定が詰まっています。

2010.3.10(水)(議会で用務)

今日は特定交通対策特別委員会、人権少子高齢化対策特別委員会が開かれています。私は、明日の環境委員会委員です。議案調査のため議会で、調べものをしました。グリーンニューディール政策で、経済活性化、雇用の拡大を図らねばなりません。

2010.3.9(火)(議会で用務)

今日は、文教厚生委員会、県土整備委員会の日です。私は、議会で情報収集、意見書提出の準備、5月16日に予定している、新風・民主クラブ主催の「生物多様性シンポジウム」の準備をしました。

2010.3.8(月)(普天間の行方)

沖縄の米軍基地、普天間飛行場の移設をめぐり、多くの報道がなされています。今の普天間飛行場は世界の米軍基地の中で最も危険な基地と言われています。一時も早く撤去されなければなりません。沖縄県民の悲願は移設ではなく基地の撤去です。

民主党政権は、悲願である基地の縮小、撤去を粘りづよく求める必要があります。大きな課題です。

2010.3.7(日)(新高齢者医療制度)

非常に評判が悪かった後期高齢者医療制度を廃止した後の、新たな制度の案が報道されています。2013年度4月から導入予定となっており、今後、その制度内容が検討されることになります。高齢者の尊厳が保たれる様な制度設計が重要です。

2010.3.6(土)(農業政策)

政府が新しく改定する食料・農業・農村基本計画の素案について、新聞報道がありました。案では、これまでの農協を経由する政策を大幅に見直し、農家自身による取組を重視し、農家への直接支援に切り替える農政の大転換を図ろうとするものです。

農業の大規模化路線は転換し、小規模を含めた多様な農家の育成に力をいれ、自給率向上に力を入れていきます。徳島県でも耕作放棄地が増大しています。今の政府の政策を有効に活用し、耕作収入の少ない、飼料用米、や、米粉用米の作付を増やし、自給率の向上と共に、農地を保全して行くことは、環境面でも大変有効です。

2010.3.5(金)(経済委員会・農林水産部)

経済委員会2日目、農林水産部関係の審査です。私は、新年度からモデル事業が実施される、個別所得補償制度についてその取り組みと、効果について質問しました。

米の販売農家に対して、生産費の一部(10アール当たり、1万5千円)を直接補償する部分と、転作し、飼料用米や、大豆などを作付した場合に、上乗せの助成をし、自給率の向上を目指すものであり、大いに期待できるものであります。

夕刻の6時からは、連合徳島主催の春闘総決起集会があり、参加しました。今春闘は、定期昇給を勝ち取り、デフレスパイラルに陥っている状況を打ち破るべく、団結して闘うことが重要です。可処分所得を増やし、購買力を向上させ、内需拡大を図ることが重要です。

2010.3.4(木)(経済委員会・商工労働部)

今年度最終の委員会です。商工労働部関係の委員会が開かれました。私は、緊急雇用対策、観光と、医療を合体した事業(医療ツーリズム・特に糖尿病対策)について質問しました。また懸案事項でありました、JR問題の早期解決についての意見書について、全会一致で採択され本当にうれしかったです。

委員会終了後、ミニバスケットの県大会優勝チーム(男子・論田ミニバスケットチーム、女子・TJミニバスケットチーム)による、県知事表敬訪問があり、私も、同行しました。全国大会、頑張ってきて下さい。応援しています。

2010.3.3(水)(桃の節句)

3月3日は「桃の節句」です。桃という字は木へんに「兆(きざし)」と書きますが、昔は「兆」のひと文字で女性の妊娠を意味していたのだそう。だから桃が女の子のお節句の花と決められていったそうです。桃にまつわる豆知識。

県議会は、4日、5日と私の所属する経済委員会が開かれます。今日は議会で調査をし、委員会に備えています。国会は、衆議院で22年度予算案が通過し、今日から参議院予算委員会ですが、閣僚の遅刻などもあり、波乱の幕開けです。しっかりとした議論を期待しています。

民主党の参議院第一次公認候補が発表されました。徳島選挙区の吉田ますこさんをはじめ、87人です。しっかりと頑張っていきます。

2010.3.2(火)(県議会一般質問)

本会議3日目、一般質問2日目、二人が登壇しました。質問終了後、県議会選挙区等検討委員会第6回会合が開かれました。新風・民主クラブからは、黒川会長と私が参加しています。

委員長試案について、各会派から意見があり、自民系会派、公明、などが定数、区割り維持に賛成、費用縮減のため、報酬、政務調査費をカットすることを認めるとしました。私は、政務調査費は、全国最低、この上削減するということは、議員活動を大きく制限することになる。あくまでも、議員の定数を削減すべきだ。と主張しました。

その後、会派総会を開き、委員会での対応、意見書の提案について、などを相談しました。

2010.3.1(月)(県議会一般質問)

今日から3月です。一般質問が行われ、4名の議員が登壇しました。川端議員、三木議員、我が会派からは、Kア章議員、最後は古田議員が質問しました。Kア議員は、農家の戸別所得補償制度の対応について知事に迫り、知事は「県水田活用強化戦略」を策定すると答弁しました。

なかなか聞き応えのある、中身の濃い議論でした。

2010.2.28(日)(政治塾・SO総会)

チリでの大地震、津波で被害を受けた方々に心からお見舞いを申しあげます。また、日本でも大津波警報が17年ぶりに出るなど、不安の大きい1日でした。魚の養殖場での被害などが出ていますが、お見舞いを申し上げます。

民主党県連主催の「政治塾」があり、参加しました。石森久嗣衆議院議員(栃木1区)を講師に迎え、医療の再生について講義をうけました。石森氏は脳外科医であり、多いに参考になりました。その後、スペシャルオリンピックス日本・徳島の総会、懇親会があり、出席しました。

2010.2.27(土)(生物多様性シンポジウム)

5月16日に予定している、新風・民主クラブ主催の表記シンポの打ち合わせを行いました。講師先生は、宮脇明先生、池谷奉文先生、の講演。田島環境省副大臣を招いてのパネルディスカッションを行います。

これから、後援をお願いしに、各団体を回ろうと思います。今年10月に名古屋で開催されるCOP10に向け、地域での生物多様性の確保、生態系の保全の重要性を訴えていけたらと思います。

2010.2.26(金)(代表質問)

県議会各会派の代表質問が行われました。新政会・藤田議員、明政会・森田議員、交友会・喜田議員、そして我が会派「新風・民主クラブ」は臼木春夫議員の4氏が登壇しました。臼木氏は、野生シカの食害防止対策、公共交通特に過疎地の路線バスの存続を求めました。

4氏共に、持ち味を発揮し、知事、理事者に迫りました。

2010.2.25(木)(議会で用務)

26日は、代表質問、3月1日、2日は一般質問です。2月議会は、新年度予算審議の議会であり、大変多くの資料が示されます。予算が縮小される中、貴重な税金の使われ方をしっかり審議していきます。

2010.2.24(水)(県職労中央委員会)

私の出身の県職労中央委員会があり、出席しました。県職労を代表して、森本委員長から、春闘、政治闘争などの提起があり、続いて、連合会長、自治労委員長から来賓の挨拶がありました。今夏の参議院選挙闘争の重要性を述べられました。

私も、挨拶をさせていただきました。昨夏の衆議院選挙のお礼や、県議会の12月定例会の質問内容報告、そして今夏の参議院選挙立候補予定者の吉田ますこさんを紹介し、お金のつかいかたを根本から変えるために、政治の流れを途切れさせないように共に、頑張っていきましょうと、訴えました。

夜は、全農林労働組合徳島分会旗びらき、春闘決起集会があり、出席し、激励と連帯の挨拶をさせていただきました。

2010.2.23(火)(阿南市長さんに要請)

動物愛護の観点から、県獣医師会として、犬、猫の避妊手術の助成を行っていました。今までは、徳島市、佐那河内村からも独自の助成をしていただき協力して行っていましたが、21年度より、徳島県からも、なんとか処分される犬、猫を減らしていくために、助成する制度を設けました。

1頭あたり、5000円の助成(県2500円、市町村2500円)となります。今日は、徳島県生活衛生課の西條さん、県獣医師会副会長の塩本さん、、阿南選出の松崎県議、そして私とで、阿南市市役所を訪問し、岩浅市長さんに、50頭の助成をお願いいたしました。

市としても、現在新年度予算を提案したばかりですが、前向きに考えたい。旨のお返事をいただきました。神山町の動物愛護センターを拠点にして、処分される犬やねこをゼロに近づけていこうではありませんか。

塩本獣医師会副会長、西條氏、岩浅市長、松崎県議(市長室)

2010.2.22(月)(2月定例県議会開会)

今日は、2が5つ並ぶ記念すべき日です。この記念日に議会の開会です。9年ぶりに増額予算となり、経済、雇用対策に重点をおいた予算案(4509億円)となっています。これから、代表質問、委員会が開かれ、案を審議します。

又、これらの他、議員提案として、「核兵器の廃絶と恒久平和の実現を求める意見書」を全会一致で可決し、鳩山首相や、各大臣、県選出国会議員に提出しました。

夕刻は、連合徳島徳島地域協議会第10回総会に出席し、今春闘、賃上げに向かって一緒に頑張りましょうと激励と連帯の挨拶をさせていただきました。デフレ脱却は、賃上げからです。

2010.2.21(日)(四国88か所お参り再開)

高速道路割引を利用して、早朝縦貫道を通り松山市へ向かいました。この日は52番札所太山寺、53番札所円明寺、54番札所延命寺、55番札所南光坊、56番札所泰山寺、57番札所栄福寺、58番札所仙遊寺、59番札所国分寺をお参りしました。

若い方々とも、途中多く出会いました。お天気にも恵まれ良き一日となりました。四国88か所お参りクリックしていただきますと、当日の写真を掲載しています。

2010.2.20(土)(生物多様性講演会)

徳島市のアスティー徳島で環境省主催の講演会、レポート報告、ディスカッションがあり、私も聞きに行ってきました。本年10月に名古屋で開催されるCOP10(生物多様性条約第10回会議)に向け、各地でシンポジウムなどが開催されています。

生物多様性を確保、保全するということは、人類の存続のうえでも、大変重要なことですが、国民への認知度は低く推移しており、もっとみんなで盛り上げていくことが重要だと考えています。今回は、環境省、日本自然保護協会の他、県内各地からのNPOの報告があり、今後の地域戦略策定が重要になってきます。

2010.2.19(金)(関西広域連合特別委員会)

関西広域連合特別委員会(事前)が開かれ、1月8日の知事会議の概要が報告されました。2月議会への提案は、各県の足並みがそろわないため、なされませんでした。本県にとってのメリット、デメリットなど、もっと深く議論すべきです。

又、その後、選挙区検討委員会が開かれ各会派から意見を述べた後、委員長から試案が示され、各会派持ち帰り検討することになりました。

2010.2.18(木)(環境対策特別委員会)

事前の特別委員会があり出席しました。生物にやさしい農業の推進、環境創造センターの新設など、新たな施策も展開されていきます。これからも生活環境の向上を目指し頑張っていきます。

2010.2.17(水)(第30回部落解放・人権徳島地方研究集会)

節目となる、30回大会(1日目・全体集会)が徳島市文化センターで行われました。県下各地から、1400名の参加がありました。川越実行委員長の挨拶、来賓挨拶の後、「ムラは宝の山」と題し、辻本一英氏を中心とした、阿波箱回しを復活する会の中内さん、南さん辻本さんによる、三番叟まわしが披露されました。素晴らしいものでした。

その後、組坂解放同盟委員長の基調講演、そして、辛淑玉さんによる講演「在日の立場と部落差別・人権を考える」があり、王貞治さん、朝青竜さん、拉致問題、カミソリ、アイヌ問題など、体験をもとに講演をいただきました。

2010.2.16(火)(事前常任委員会)

今日は、4常任委員会が開かれました。私は、経済委員会です。2月議会に提案される議案、予算案が示されました。農業政策、観光政策など、新しいものも多く出されています。

夕刻からは、県議会超党派の勉強会・ウイング21の総会がありました。そして、引き続き、勉強会を開きました。今回は、私が講師先生の依頼をさせていただきました。講師先生には、徳島県獣医師会林会長をお招きし、獣医師会の幅広い役割について、1時間講義をしていただきました。ありがとうございました。

2010.2.15(月)(議会運営委員会)

2月定例県議会を控え、開会日の日程などを決める委員会が開かれ出席しました。22日開会、26日代表質問、3月1日、2日が一般質問となりました。又、開会日に全会一致で、核兵器廃絶に向けた意見書を先議することになりました。良かったです。

その後、昼食をとりながら会派総会を開き、議案について協議しました。終了後、県知事に会派としての予算要望を行いました。全部で5項目、公契約条例の制定や、子宮頚がんワクチンの公費助成、職員の給与カットの廃止などを求めました。

知事室での様子(左)   黒川会長から要望書を知事に手渡す。(右)

2010.2.14(日)(ライオンズクラブ家族会)

徳島眉山ライオンズクラブの恒例の家族会があり、午前7時にマリンピアを、徳島バスで出発し、兵庫県香住へカニを食べに行ってきました。お昼前に到着し、おいしいカニをいたきました。久々の日本海でしたが、雪も少なく、順調に帰ってきました。

2010.2.13(土)(春節を祝う会)

日中友好協会など10団体合同で、春節を祝う会が開かれ、参加しました。100名余りが参加し、盛大な会でした。冒頭、そして乾杯の後のステージで、二胡の演奏(美梅・めいめい)がありみんな聞き惚れました。今年は上海万博があり、本県もブースを用意する予定ですが、これからも友好交流が続くことを願っています。

二胡の演奏(左)と、生田会長挨拶(右)

2010.2.12(金)(議会で用務)

15日は、県議会の議会運営委員会が開かれます。2月議会の準備で今日は議会で仕事をしました。核兵器廃絶を求める意見書の採択について、広島、長崎市長から依頼が議長にあり、15日の委員会でその取り扱いを議論します。

開会日に全会一致で採択できる可能性が高くなってきました。私たちも以前から意見書採択すべきだと主張してきただけに、うれしく思います。

また、徳島市佐古地区において、地デジの件で心配しているとの電話をいただきお話をうかがいに行ってきました。今まで、4チャンネルや6チャンネルが映っていたのに、デジタルになると1,3チャンネルしか映らなくなるのはおかしい。ケーブルテレビに加入するには多額のお金がかかり、私たちには厳しい。との指摘をうけました。

その通りだと思います。総務省、県、市いろんなパターンを探ってみたいと思います。

2010.2.11(木)(2.11日の丸・君が代・天皇制を考える徳島集会)

午前10時から12時まで、表記集会が開催され、講師に新崎盛暉氏を迎え、「戦後日本における沖縄の位置ー普天間問題の根底にあるもの」と題して、講演を受けました。在日米軍基地の75%が沖縄にあり、普天間基地は、世界一危険な基地と言われている。

普天間からの基地撤退は、県民の悲願であり、基地縮小が求められている。又、名護市辺野古への基地移設ではなく、縮小を求めていくべきだとも述べられました。海兵隊基地が今本当に必要なのかという議論が必要だ。とも述べられました。

午後からは、ホテル千秋閣にて、民主党県連と連合徳島との意見交換会、引き続き、県教組、県商工会連合会からの要請を受けました。これからも頑張って行きたいと思います。

 

2010.2.10(水)(人権集会から、車で帰徳)

車で、約7時間かけて高速道路を通り帰ってきました。夜は、11日の講師先生(新崎盛暉・あらさきもりてる元沖縄大学学長)との夕食会に出席し、沖縄の現状など、意見交換をすることができました。

2010.2.9(火)(第24回人権啓発研究集会)

表記集会が。福岡市、福岡国際センターで開催され、参加しました。全国から3000人以上の参加があり、会場は熱気にあふれていました。全体集会では、部落解放同盟福岡県連書記長の吉岡氏より「福岡における部落差別の現状と課題」と題して、講演。

続いて、奥田知志氏(キリスト教会牧師、NPO法人北九州ホームレス支援機構代表)から「絆が、人を活かすから・ホームレス支援の現場から日本社会を見つめる」と題して、熱い講演がありました。ホームレスは自己責任問題なのか?との問いかけがあり、社会がサポートしていく必要性を訴えました。大変勉強になりました。

2010.2.8(月)(会長・幹事長会)

今日は、2月議会に向けての会長・幹事長会が開かれます。その後、明日から2日間福岡市で開催される、人権研究全国大会に参加するため、車で乗り合わせ、福岡に向かいます。しっかり、勉強してまいります。

2010.2.7(日)(参議院選挙勝利に向け頑張ろう)

政治と金の問題は、民主党にとって、大きな打撃となりましたが、小沢幹事長不起訴という結末を迎え、一応の決着がもたらされたものと思っています。疑惑をもたれるようなことは、今後決してあってはなりません。国民のためにやさしい政治を展開せねばなりません。国民は、そのことを期待して、政権交代が起こったのだと思います。

2010.2.6(土)(熊本県からfax)

先日、会派新風・民主クラブで、熊本県を訪問し、民主党熊本県連にお世話いただき、荒瀬ダムと、五木村、川辺川ダム予定地とされていたところを視察させていただきました。荒瀬ダムの撤去を求める住民の会の方々ともお話をさせていただき、ダム撤去が悲願であることを再認識しました。

前知事の潮谷知事は撤去を約束していたのに、現蒲島知事は、存続を主張しており、住民は大変がっかりしていましたが、この度、知事は、撤去を決断したと、熊本県連から、通知があり、大変驚くと同時に、うれしく思いました。

住民の粘り強い、闘いが、実を結んだものといえます。公共事業の在り方は、住民参加、情報公開の下で、進めなければなりません。

荒瀬ダム撤去を求める会との、意見交換。新風・民主クラブメンバーと、バックは荒瀬ダム(2010.1.27)

2010.2.5(金)(日本獣医師会を訪問)

社団法人 日本獣医師会は、東京都港区南青山にあります。私も会員ですが今まで訪問したことはなかったのですが、昨年の12月定例議会で、県庁勤務獣医師の処遇改善を訴え、閉会日には全会一致で、処遇改善、獣医師確保を求める意見書が可決され、関係大臣などに送付された関係で、獣医師会長にもそれらの一連の動きを報告し、これからの取組について、意見交換をするために、初めて訪問させていただきました。

獣医師会では、尾崎総務主任さん、大森専務理事、山根義久獣医師会長が出迎えてくださり、午前中、勤務獣医師の全国での状況や、家畜保健衛生所の全国状況、鳥インフルエンザ、狂犬病予防注射の状況、動物愛護センターの状況などの意見交換。

又、獣医の職場は職域が広いけれども、国の認識は少し狭い。獣医局を設置してもいいくらいだと、おっしゃっていました。又、地震時の対策として、獣医師の体制作りの必要性も述べられました。

これからも獣医師の一人として、社会貢献も含め、多方面での国民への浸透が重要であると感じました。山根会長ありがとうございました。

午後、2時55分羽田発の飛行機で帰ってきました。夜は、午後7時から、市内のホテルで県職労耕地評議会の結成35周年記念パーティーに出席し、お祝いと日頃お世話になっているお礼を述べ、歴代会長さんや、会員の皆様と、お酒を酌み交わしました。

山根義久獣医師会会長と一緒に

2010.2.4(木)(参議院議員会館にて調査)

午前9時30分発の飛行機で東京に向かいました。羽田について、モノレールなどを利用して、お昼に参議院会館に到着しました。今日は、農林水産省、と厚生労働省のヒアリングです。参議院議員中谷智司事務所には大変お世話になりありがとうございました。

まず、農林水産省関係では、今春から導入予定の米の戸別所得補償制度モデル対策について、生産局農業生産支援課の今野課長補佐、菊地企画専門から説明を受けました。来年度は、戸別所得補償制度に関するモデル対策として、5618億円が計上されており、@自給率向上のための戦略作物等への直接助成(麦・大豆・飼料作物など)に2167億円。A水田農業経営への助成(交付単価10アール当たり1万5千円)3371億円。となっており、本県では、22年産米の生産数量目標は、60,880トンとなっています。

全国では、生産数量目標は813万トンであり、21年度の830万トンより少なめとなっています。次に、畜産部の金澤課長補佐から、畜産・酪農をめぐる情勢について、生乳乳製品関係、食肉鶏卵関係について説明を受け、意見交換しました。

次に、水産庁大久保課長補佐から、赤松水産政策の展開方向と題して、今後の水産振興について意見交換をしました。詳しく説明をいただきありがとうございました。

引き続き、厚生労働省のヒアリング(平成21年度介護報酬の改定について、介護職員処遇改善交付金についての現状・・事業所の80%位の応募。公共職業訓練・・離職者訓練の拡充、「働きながら資格を取る」介護雇用プログラム、福祉・介護人材確保対策の拡充等)について、説明を受けました。老健局からは、老人保健課川瀬事務官、振興課岸係長、遠坂係長。社会・援護局からは、森田係長、藤原係長。職業安定局からは、荒木課長補佐、土岐係長。多くの担当者からそれぞれの分野の説明をしていただきました。

これからの本県において、雇用の拡大が見込まれるのは、介護職場であろうと思います。途中での離職を少しでも少なくする取組み・・たとえば介護職場で働く労働者の処遇改善。等も必要になってきます。

2010.2.3(水)(節分)

今日は、節分です。寒い1日でした。節分は読んで字の如く、節・季節を分けると書きます。明日からは、暦の上では春となります。すなわち立春です。明日は高校入試があると聞いていますが、受験生の皆様にがおとずれることを祈念しています。

明日(4日)は、中谷智司参議院議員にお世話になり、参議院会館にて、農林水産省から、戸別所得補償制度について、第一次産業の振興について等、又厚生労働省から、介護職場への雇用促進誘導策などの調査をいたします。

又、5日は、午前中、社団法人日本獣医師会を訪問し、勤務獣医師の処遇改善に向けた取り組みや、獣医師会の取組などについて調査をいたします。

2010.2.2(火)(議会で用務)

議会で、朝日新聞の取材を受けたり、2月定例会の準備として、いろいろ調べ物をしたり、又、阿南市福井町協議会の要請に同行しました。阿南市福井町福井川上流域に、産廃の最終処分場計画が持ち上がっており(過去からあったが、規模拡大での申請がされようとしている)、福井の住民は絶対反対の姿勢で臨んでいます。

阿南選挙区の松崎清治県議と共に、福井町の方々と、県の環境局長、環境整備課長との話し合いに臨みました。処分場の許認可は、法定受託事務として、県知事が行います。将来に禍根を残さないよう十分な調査が必要です。

2010.2.1(月)(食・みどり・水を守る徳島県民会議総会)

午前中は、阿南市福井町土佐谷地域を通過予定の福井道路予定地の視察にでかけました。鎮守の森である金比羅神社を2分し、盛り土の道は流水を阻害し、洪水時孤立のおそれがあることなどを地元の方々からお聞きしました。今後、県など関係機関に問い合わせしようと思います。

又、夕刻からは、「食・みどり・水を守る徳島県民会議」総会があり、出席しました。寒い中でしたが、たくさんの方々が出席してくれました。議長として、お礼を兼ねた挨拶をさせていただきました。食料・水・山を守ることは大変重要です。

総会後、コープ自然派の佐伯氏より、「生物多様性の取組み」について1時間の講演をいただきました。ミミズフン土を使った土壌づくりの効能などが紹介されました。有機農法は今、大きな注目を浴びています。

2010.1.31(日)(松山市) 

かねてから予定していた、産業カウンセリングの試験が松山市であり(妻が受験)、早朝に出発しました。午前9時に会場に到着し、私はその間、温泉で、身体を癒しました。昼前に終了し、四国88か所のお参りにでかけました。

今まで、47番札所まで終えており、今日は、48番から51番までの4札所を巡ることができました。雨の中、大変寒かったですが、前に向かって進んでいます。南無大師遍照金剛。

2010.1.30(土)(仁木博文新年互礼会)

午前中は、NPO法人クレエールの定期総会に出席しました。障害のある人(身体・知的・精神)に対して、調理による職業能力の開発などを行っています。主な活動場所は、県庁前のレストランクレエールです。

ヘルシー、地産地消を実践しています。私もよく議会でお弁当をとります。配達してくれます。おいしいですよ。

また、夕刻からは、徳島3区選出の仁木博文衆議院議員の新年互礼会に出席しました。阿南のロイヤルガーデンホテルで、400名余りが参加し盛大に開催されました。仁木代議士は、産婦人科の医師であり、医療政策に精通しています。

深刻化する医師不足、医療の機会均等に向け、今後民主党の中で、リーダーシップを発揮してくれるものと確信しています。共に頑張ろう。

2010.1.29(金)(議会で用務)

熊本、大分の会派視察状況の整理を議会でまとめました。それにしても、車での移動は大変長く、有意義でしたが、腰が痛くなる程の移動距離でした。改めて、視察先でお世話になった皆様方に感謝申し上げます。

又、今日は、国会での鳩山首相の施政方針演説が行われました。「友愛」「いのちを守る政治」を主張し、人にやさしい政治を目指す姿勢を改めて主張しました。景気、雇用対策、普天間問題など多くの課題が山積していますが、国民のために頑張っていただきたいと思います。

2010.1.28(木)(熊本県議会訪問)

朝9時に県議会を訪問し、川辺川ダムについて、荒瀬ダムについて、それぞれ、お話をお伺いしました。川辺川ダムについては、知事がダム建設中止を表明しており、又前原大臣も中止を宣言、後は地元合意だううです。

荒瀬ダムは、住民の悲願(撤去)が新知事の判断によっていま、瀬戸際にたたされています。このダムは県が発電用として作ったもので、水利権は今年の3月いっぱいです。この更新には地元漁協の同意が必要です。地元の漁協は同意はしないようなので、更新はむづかしいと思います。

今回の研修の締めくくりとして、大分県大山町農協が経営する、木の花ガルテンを訪問し、有機野菜中心、地元で獲れた食材を地元のおかあさん達が家庭料理の様に調理し提供しており、人気があります。私達も昼食をそこで頂きました。

統括店長の藤原精三氏から、NPC運動を通じ、収益性の高いものを目指し、昭和36年から梅を植え、又、栗を植え、組合長は信州から学び、エノキを杉のオガ粉で菌床栽培をし、成功している様子が伝わってきました。

2010.1.27(水)(川辺川ダム予定地視察)

民主党熊本県連の山下副幹事長、鎌田聡代表代行に大変お世話になりました。案内をいただき、まず最初に、球磨川下流の県営荒瀬ダムを見学しました。現場では、荒瀬ダムの撤去を求める会の本田進会長さんなどからお話をうかがいました。

前熊本知事は、撤去を約束していたのに、かばしま知事は約束を反故にしたとい怒っていました。ダムの近くの住民は放流時の振動に悩まされ、アユは激減し、少し上流では、バックウオーターによる水害にひどい目にあっています。1日でも早い撤去を求めます。

又、川辺川ダムについては、早くから反対運動を続けてきた球磨川漁協の方、水害にあわれた方などからお話をお聞きしました。又、建設予定地を見学し、転居した役場や、住宅地を見ました。ただ一人転居せず、ご夫婦で農業をしながら頑張ってこられた、尾形茂さん(82歳)ともお会いすることができ、頑張って下さいと激励させていただきました。

その後、エネルギー自給率全国ナンバー1である五木村の小水力発電について調査しました。九州電力人吉発電所の益田守課長さんから現場で説明を受けました。

2010.1.26(火)(今日から会派研修)

早朝、トラ猫の「とら」が我が家にやってきました。(一時預かり)かわいいです。

さて、今日から、会派研修です。朝の飛行機で福岡空港に向かい、そこから車で、熊本に向かいます。午後には、熊本市動物愛護センターを視察します。明日は、民主党熊本県連の方と共に、荒瀬ダム、川辺川ダム、小水力発電所、住民団体との意見交換会に臨みます。

明後日(28日)は、熊本県庁で、ダム関係について調査し、午後は、大分県の大山町農協にて、木の花ガルテンを調査します。頑張ってきます。

熊本市動物愛護センターでは、松ア正吉所長さんから説明を受けました。処分される犬や猫をできるだけ少なくしようという取組に心を打たれました。犬を持ってくる人には、時間をかけて説得し、引き取った犬は、訓練をして、譲渡します。

今年度は、処分は1頭だけだそうです。本県も、動物愛護センターが中心となり力を入れています。大きな参考となりました。

2010.1.25(月)(選挙区検討委員会)

県議会の選挙区、定数などを決めていく検討委員会が開かれ、私も出席しました。国会で県議会の議員定数の上限撤廃に向けて、議論がなされようとしているなか、もう少し、慎重に議論していきましょう。ということになりました。

2010.1.24(日)(名護市長選)

今回の名護市長選は、大きな問題、課題となっている米軍普天間飛行場の移設候補地(キャンプシュワブ沿岸部・辺野古)を巡り、注目された。結果、移設計画反対を打ち出した新人の稲嶺氏が当選した。鳩山首相は、「ゼロベースで国が責任を持って5月末までに結論を出す」としています。

名護の海、辺野古は大変貴重な海域です。できれば、名護市の市民の民意を斟酌し、名護への移転は断念し、規模の縮小、県外移設を実現してもらいたい。

2010.1.23(土)(10年目の123)

2000年の住民投票から10年目の今日、吉野川を愛する方々が集合し、記念イベントが行われました。私も参加しました。会場は超満員でびっくりしました。俳優の近藤正臣さん、カヌーイストの野田知佑さん、歌手の加藤登紀子さんも参加され、トークやディスカッションも聞き応えがあり、非常にいい会でした。

吉野川第十堰の可動化をストップさせた住民の力は大きく、日本の今後の公共事業の大きなお手本になる。政権交代したこれからの10年も又非常に重要となるであろう。

夜は、日本郵政労働組合(JP労組)徳島連絡協議会の新年旗開きがあり、出席しました。本県選出の仙谷国家戦略担当大臣も出席され、力のこもった激励の挨拶をされました。他にも、高井美穂政務官、仁木博文衆議院議員、中谷智司参議院議員も挨拶をしました。

川ガキと歌う加藤登紀子さん(左) 語り合う、姫野さん、近藤さん、野田さん、大熊さん(右)

2010.1.22(金)(解放同盟旗開き)

徳島市、センチュリーホテルで、解放同盟県連の2010年旗開きが行われ、私も出席し、挨拶をさせていただきました。中央本部の組坂委員長も出席され、人権救済法の制定、石川一雄さんの再審開始、無罪を勝ち取ろう、参院選での松岡徹氏の必勝を期そう。との挨拶をされました。

人権が尊重される社会の構築が求められています。

2010.1.21(木)(07年度県民経済計算)

徳島県が2007年度の県民経済計算を発表しました。06年度比1.1%減、4年連続マイナスです。県内総生産は2兆6437億円、第1次産業は8.9%減の620億円。農業が10.3%減の495億円、水産業も5.6%減。第2次産業は2.3%減の8207億円。建設業が、17.9%減の1306億円となり、製造業は1.3%増の6878億円。第3次産業は、0.1%減の1兆8975億円。

07年度は、原油高騰があり、農林水産業に大きな影響があったと言います。本県の基幹産業である第1次産業の足腰を強化し、農商工連携で、第6次産業化で県民所得を増やしていかなければなりません。

2010.1.20(水)(国会論戦)

昨日の衆議院に続き、参議院本会議が開かれた。国民生活、景気回復、雇用確保など重要課題の議論ではなく、ほとんどが政治と金問題に時間が割かれていることにいい加減うんざりしています。早期な真相解明、解決を求めます。

そして、今の日本が抱えている問題に真っ向から取り組んでいただきたいです。日本航空(JAL)の破綻は大きな問題です。負債2.3兆円、会社更生法の申請、不採算路線からの撤退による地方空港への影響、ジャンボ機ゼロなどが報道されていますが、本県の場合、滑走路が2000メートルから2500メートルが完成間近であり、効果が実感できるのか不安であります。

民主党は政治と金にクリーンを訴えてきただけに、この状態が長く続けば、国民の支持はだんだんと遠ざかっていく危険性があります。早期決着を一地方議員として切望いたします。

2010.1.19(火)(過疎法延長合意)

本年3月末で期限が切れるとして、延長を求める要望が県内の対象市町村長さんからも要望を受けていた過疎法の6年間の延長が、与野党で合意に至ったようです。超党派の議員立法で、今国会に提出され、成立すれば、4月1日施行になる予定です。

従来のインフラ整備だけでなく、図書館、太陽光発電など自然エネルギーを利用する施設の整備などにも過疎債対象範囲が拡大され、医師や生活交通の確保などソフト事業なども加えられることになりそうです。

2010.1.18(月)(フレッセと知事との話し合い)

全建総連・フレッセ(家づくりにたずさわる建設労働者・職人の組合です。仕事確保や仲間の労働条件の維持改善・共同福祉の増進などを図ることを目的に取り組んでいます。ひとりの力ではどうにもならないことでも力を合わせることでさまざまな要求を実現することができます。フレッセは、そうした仲間の仕事や暮らしをサポートする組合です。・・フレッセのホームページより)

の小泉委員長はじめ、3役の皆様方、そして、新風・民主クラブの議員が出席し、飯泉知事との話し合いが行われました。要望事項は3点あり、@仕事確保・・発注は地元業者に。A労働者の賃金確保・・公契約条例の制定を。B住宅の耐震工事の普及促進を。

これらの事について、意見交換をいたしました。知事からは、前向きな発言も多く見られました。

2010.1.17(日)(阪神淡路大震災15周年)

徳島市内の自宅で、早朝大きな揺れを感じて目が覚めたが、ほとんど何も対応がとれなかった自分を思い返しています。その後、報道で火災も起き、6千人以上の命を奪ってしまったこの地震は、私にとっても、社会にとっても大きなインパクトを与えました。

建物の倒壊の下敷きになって亡くなった方が多い事がわかり、自治体も力を入れています。しかし、耐震補強工事は思ったように進んでいません。費用負担が重荷になっているのです。予算の付け方が大いに課題になってきます。

2010.1.16(土)(激震)

中南米のハイチ大地震による死者数は、数十万人に及ぶのではとの報道がありますが、ご冥福をお祈りすると同時に、一時も早い復興を願います。耐震化が進んでいない建物も多くあり、今後も不安は続くといえます。

日本においても、本県においても、地震、津波はいつ起こっても不思議ではない状態です。耐震化を進め、災害に備えることは喫緊の課題です。

政治の世界にも激震が走りました。現職国会議員が逮捕されました。国会開会前にこのような事が起こるのかと、驚いています。今後の推移を見守りたいと思います。

2010.1.15(金)(新風・民主クラブ主催公開講演会)

我が会派「新風・民主クラブ」主催の講演会、「徳島県ガン対策推進条例を考える」を、午後6時から午後8時まで、徳島市内の阿波銀ホールでを開催しました。60名の方の参加を得ました。

パネルディスカッションに先立ち、日本医療政策機構の埴岡健一・がん政策情報センター長が「がん対策における全国の動きとこれからの方向性」と題して、講演があり島根県の例も紹介しながら大いに参考になりました。

条例制定は、まず一歩であって、これから各業界や、行政など一緒になって頑張っていく事が必要だと述べられました。7位一体(@患者、市民A立法府、議員B行政府、県・市町村C医療関係者D民間企業、団体などEマスコミF有識者、大学教授など)となってがん患者の立場に立った取り組みを進めるべきである。との示唆をいただきました。

第2部のパネルディスカッションでは、「希望をつくる、徳島県のガン対策のこれから」という題で、3名のパネラーに参加いただきました。一人は、県医療総局次長の石本寛子氏、二人目は、患者の会として、がんフレンド代表の勢井啓介氏、三人目は、緩和ケアーを実践している現場の病院から、近藤内科病院院長の近藤彰氏、から、それぞれお話を伺いました。

時間が本当に短く感じられた2時間でした。ご協力いただいた方々に心から感謝申し上げます。

2010.1.14(木)(株式会社イドム新年互礼会)

一番亭、みよし野、一休さん、情熱ホルモンなどを経営している、「イドム」の新年互礼会が、ホテルクレメントで開催され、私も出席しました。後藤社長は、本当に従業員を大切にしています。「みんなで不況下ではあるけれども、力を合わせて、頑張っていこう」

こんな気持ちが、伝わってくる会でした。

2010.1.13(水)(連合徳島新年互礼会)

毎年恒例の互礼会が、阿波観光ホテルで開催されました。私も出席し、連合議員ネットワークを代表して、挨拶をさせていただきました。「今後、新政権の元で、地域主権、地方分権が加速されます。そうなると地方の自治体の議会の重要性は一段と増してきます。しっかりと住民ニーズを受け止め、議論していきたいと思う」

こんな挨拶をさせていただきました。

2010.1.12(火)(過疎法の早期成立に向けて)

今年度で法律の期限が切れる、過疎法の延長を求める陳情がありました。昨年末に、国会への陳情、要望に私も一緒に行きましたが、今回は、民主党徳島県連、地域戦略局でお受けしました。

飯泉知事、上勝町長、美波町長など10数名から、新過疎法の制定において、延長期間は10年程度の長期間にしてほしい。ということや、ソフト対策の推進。などについて、要望を受けました。

県連からは、戦略局長の中谷智司参議院議員、県議4名、橋本幹事長などが対応しました。中谷局長からは、おそらく、議員立法になると思うが、早期成立に向け、頑張っていきたい。と述べました。

2010.1.11(月)(仕事確保・雇用確保)

新成人へのアンケートのことが報道されていましたが、一番希望が多いのは、雇用確保でした。就職難民などという言葉も出ていましたが、仕事の確保、就職を心配している方が多いのが目にとまりました。

他にも、年金の不安なども出ていましたが、政治が、これからしっかりとこれらの課題解決に向けて取り組むことが必要です。長期自民政権の中、雇用不安、将来不安が増幅されていますが、新しい政権が、雇用確保や、安心して暮らしていけるような、グランドデザインを提示し、実行に移していくことが期待されています。

2010.1.10(日)(成人式に出席)

今日は、徳島市の南部中学校校区、勝占・多家良地区合同成人式が挙行され、私も出席しました。袴、スーツ姿の初々しい男性、振り袖に身を包んだ女性、これからの未来が明るいものである事を祈念しています。

その後、桑ちゃんカップ・バレーボールのOB・現役の交流会があり、私も、3セット試合に参加しました。久しぶりにバレーボールで汗を流しました。

2010.1.9(土)(とくしま分権自治フォーラム)

午前9時から、徳島市内のホテルで表記フォーラムが開催されました。前半の講演は「永遠なる未完のプロジェクト”教育”への挑戦」、講師は、高井美穂衆議院議員。後半の講演は「行政刷新で希望をつくる」、講師は仙谷由人行政刷新担当大臣。豪華な講師を迎えて盛り上がりました。

仙谷氏は@産業構造を変換しなければならない。Aサラ金的財政運営を続ける訳にはいかない。B国民に納得してえもらえる行政をつくる。このことが必要だと述べました。又、大臣就任時に職員(官僚)を前に5つの事を言ったといいます。

@失敗すればあやまる。A縦割りをやめよう。B先例踏襲主義をやめよう。C国民目線を意識する。現場におりよう。Dありがとうと言われる公務労働に。・・なるほど、さすが仙谷さん。

夕刻は、フレッセ南徳島支部の新年会、夜は、仙谷大臣の後援会・花の会の新年会に出席し、仙谷さんのお祝いをしました。

2010.1.8(金)(自治労旗開き)

朝9時に、民主党県連に戦略局のメンバーが集結し、各種団体への挨拶回りを行いました。弁護士会や、農協歯科医師会、など訪問しました。引き続き、自治労自治体議員連合総会、自治労旗開きがあり、出席しました。

仙谷大臣、高井政務官、仁木代議士、中谷参議院議員、吉田益子参議院議員候補者も出席し、会場は大いに盛り上がりました。私は、自治体議員連合の代表として、挨拶をさせていただきました。

左は、私(庄野)、右は。仙谷大臣です。

2010.1.7(木)(中谷参議院議員と県庁挨拶)

朝から、県庁内を挨拶回り。中谷智治参議院議員(民主党県連代表代行)と共に。精力的に回りました。多くの方々と話ができたことはうれしい限りです。これからも頑張ります。

2010.1.6(水)(県職連合旗開き)

私の出身である、県職連合の旗開きが、徳島市内のホテルであり、出席しました。職員の臨時的給与カットが継続し、職員にとっても厳しい年明けですが、県民福祉の向上を目指し、みんな頑張っています。

今年が、良い年でありますように。

2010.1.5(火)(元気に始動)

午前11時から、友人父の葬儀、午後1時から議会控え室にて、県隣協の方々との協議、終了後、八万団地での現地協議、そして夕刻からはアライフーズの新年互礼会に出席しました。景気が後退していますが、元気に社員一同頑張っています。

藤井財務大臣が辞任の意向というニュースが流れ、びっくりしました。藤井大臣の体調が心配です。これから(1月18日)予算審議の国会が開かれる事になっており、心配です。

我が家に、トラ猫がやってきました。一時預かってほしいと言うことなのですが、すごくかわいいです。

2010.1.4(月)(今日から御用始め)

県庁は今日が御用始めです。知事の年頭の挨拶があり、いよいよ2010年の仕事がスタートします。厳しい経済、社会状況ですが、みんなで知恵をしぼり、頑張っていこうではありませんか。私は、今から、挨拶回りに行ってきます。

恒例の徳島駅伝も今日からスタートです。

2010.1.3(日)(徳島県糖尿病医療ツアー)

今朝の徳島新聞に詳しいことが載っていますが、2010年度から実施する糖尿病医療観光のモデルツアーの内容が固まったようです。3月に中国からの患者や、旅行業者をまづ招き、感想を反映してツアー商品を完成させ、5〜10月に中国・上海市で開かれる上海万博で全世界に売り出す予定になっています。

本県は、糖尿病死亡率が極めて高く、県内大学や企業と連携して進めている糖尿病研究とも連動させ、糖尿病治療なら徳島。というねらいがあるといいます。非常に興味深い取り組みですが、県民意識の向上も共に必要だと思います。

2010.1.2(土)(新年会)

私の母校(富岡西高校)のバレーボール部のOB・OG会があり(富岡町・ロイヤルガーデンホテル)出席しました。私が一番年上でした。若い方々も多く参加しており、にぎやかな会でした。今後とも、現役の支援をOB会として、サポートしていきたいと思います。

2010.1.1(金)(あけましておめでとうございます)

新年あけましておめでとうございます。なごやかな、元旦となりました。本年が皆様方にとりまして、幸多き年となりますよう、お祈りしています。

昨年は「政権交代」に象徴されるように、変化の年でありました。厳しい経済、社会状況の中、生活をしていく上での苦しさが増してきています。「国民の生活が第一」です。鳩山政権、難題山積ですが、国民目線で頑張ろう。

今年も、ご指導の程、よろしくお願いいたします。